6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3時間の恋@岡村靖幸ライブツアー2015「愛の意味」大阪感想

行ってきました、半年に1度の岡村ちゃんとのDATE!

相変わらずサイコーでした。いや、パフォーマンスとか、また進歩してた気がする!
普段はそんなに「岡村ちゃんLOVE♥」っていうタイプの盲目ファンではないつもりなのに、いざDATEが始まると、「キャーッ、ヤスユキ~~~!!!」ってなっちゃって、一瞬でも多く私を見て、こちらに手を振って……って前のめりのベイベになっちゃうのは、どーゆー岡村ちゃんマジックなんですかねぇ(照)
3時間、完全に岡村ちゃんに恋しちゃうんだよねぇ~。
つか、あんなに多くの女子に(いや、男子もですが(笑))異性としてキャーキャー言われてる50歳ってすごいわ…(爆)

※以下、セトリなど完全ネタバレの感想です。


続きを読む »

スポンサーサイト

苦しいほどのキスをして@岡村靖幸ライブツアー2014「ファイヤー」大阪感想

皆様、大変ご無沙汰しております。
ありえないほどの放置っぷりで、申し訳ございません(汗)
こんな状態なのに、覗きに来てくださっていた方、ありがとうございます。

この4カ月、観劇も観戦もその他の趣味も合間を縫ってちょこちょこと頑張ってはいたのですが、物理的にブログを書く時間がなかなか取れず…。
何でこのくそ忙しい年末に選挙なんかするかな~。
なにしろ、うちの業界は「選挙は祭り!」状態なので、えらいことになっております。
宙組新公の日に公示なんて…せっかくチケット取ってたのに(涙) もうそれだけでも○民党は支持しないわっ!(爆)

…そうこうする間に、ゆうひさんの舞台の初日が明日に迫っています(汗)

とりあえず、リハビリ(苦笑)を兼ねて、岡村ちゃんとの半年ぶりのDATEの感想など書いてみたいと思います。
ツアーファイナル、最っ高に盛り上がりました!!!

続きを読む »

再生の灯@オペラ「死の都」びわ湖ホール日本初演感想

あれから3年。

いつもミツオが言うように、現地では復興が進んでいる面もあれば、遅々として進まない面もあり、すべての被災者が「日常」を取り戻す日はまだまだ遠いのだ、と思います。
せめて、大切なひとを、ものを、形のない、けれどかけがえのない何かを喪った方々の心に、たとえささやかでも確かに灯がともりますように…と祈ります。



…そんな、今の時期に見たからこそ、より胸に迫った舞台の話をします。

J開幕、ちぎみゆ、物議を醸すラインナップ発表、雪全ツ…と、相変わらず書くべき話題は満載なのですが、びわ湖ホールのある街に暮らす音楽ファンとして、これは記録にも記憶にも残しておかなければ。

コルンゴルトのオペラ「死の都」日本初の舞台上演となった3月8、9日のびわ湖ホール、両日とも観てきました。

オペラに関しては、まだまだ素人同然の私ですが、でも、素晴らしかった。
特に、ラストの演出。
蠟燭の小さな灯りが、主人公の再生を照らす灯であるとともに、愛するひとを喪ったすべての人々への再生への祈りのように見えて、「3月11日」を目前にしたこの時期の日本で上演する意味のあるオペラなのだ、と胸を打ちました…。


続きを読む »

世界で一番素敵なDATE!@岡村靖幸ツアー「アイボリー」大阪感想

10月からまた仕事が少し増えてしまい(職場の人員が実質0.5減になってしまったので、今までの仕事に加えて別の仕事も持つことになっちゃって…)、バタバタしている毎日です。
チケット取ってた真風DCも、当日急な仕事で行けなくなっちゃったし。
すんごく楽しみにしていた宙組新公も、前日夜に急に仕事が飛び込んできてしまい、急遽キャンセル。
りくちゃんの最後の新公、見届けたかったなぁ…(しょぼん)


そんな中ではありますが、行ってきました、大阪DATE!

ああ、やっぱ岡村ちゃんサイコー!!!



※以下、120%ネタバレレポです。ご注意ください。




続きを読む »

あきらめたくないハッピークリスマス!

遅ればせながら、クリスマスも間近、ということで、クリスマス風のテンプレに変更してみました。

例年、この時期は、タカラヅカのクリスマスCDを車の中でヘビロテしているのですが、

(それにしても、久しぶりに聴くたび、かなみんの「クリスマスリスト」に鳥肌が立ちます。ホンモノの歌手の、ホンモノの歌だよねぇ…。素晴らしいです)

(ちなみに、お友達が今年は「クリスマスキャロル」を聴くのはちょっとつらいかも、って書いてらっしゃるのを拝見しましたが、私は意外と大丈夫でした。
それはきっと、あの歌声のゆうひさんと、今現在のゆうひさんがまだそんなにかけ離れていない、っていうこと、そしてたぶん、この先も、ゆうひさんはゆうひさんのままだ、っていうことが分かっているから。
私はあのCDで、毎年ダンゼンつらいのは、アサちゃんの歌です。この最高級のイロオトコが、もうこの世のどこにも存在しないのだ…とあらためて突きつけられるようで、もう3年も経つのにいまだに複雑な気持ちになります…)

今年はそれに、岡村ちゃんの「Peach Xmas」も加わっています。

実は、この曲が最初に出た時には、あまり良さが分かっていなかったんですけど、今年久しぶりに聴いてみたら、なんていい曲なんだろう! って震えました。

プリンスのとある曲にそっくり(爆)、って知って聴き比べてみたのですが、確かにイントロが似すぎではあるんだけど(爆爆)、でも、サビに持っていく切なさの高まり具合とか、サビの切なさ最高潮な感じは、岡村ちゃんにしか作れないものだと思います。

そして、なにしろ、あの歌詞だし。

あの時代。
…そう、「メリークリスマスがない青春なんて青春じゃないんだぜ」っていう時代を経験した私たち世代には、本当にたまらない歌詞なんですよねぇ。

ああ、いつか、ライブで聴きたいなぁ…

…なんて思っていたら、岡村ちゃんから一足早いクリスマスプレゼントがありました。

なんと、来年3~4月に、またツアーをやってくれるんですよぅ!!!

下の子が来年1年生になるので、なにかと忙しい時期ではあるのですが、絶対行くー!!! と今からワクワクしています。

今年のツアー、レポ書いてませんが(汗)、もちろん参戦してきたんですけど、ホールは開場時間とか気にせずゆったり観られてありがたかったのはありがたかったけど、やっぱりライブハウスの熱狂感には及ばないなぁ…と少し物足りなかったので、次回は頑張ってチケ取りして、がっつり前方でガンガン踊ってきたいと思います!(笑)

あ、ちなみに、某ようつべさんでピーチクリスマスを検索すると、当時のPVが見られます。
いちばん色っぽかった時代の岡村ちゃんですので(笑)、ご興味のある方はぜひぜひ見てみてください♪

 | HOME |  »

 

プロフィール

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。