6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2012-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽は分け隔てなく照らし続ける@ナビスコ初戦VS神戸観戦報告

ナビスコ初戦、今季初カシスタに日帰り遠征してきました。

いきなりごくごく限られたヅカサカ兼任ヲタの方にしか全く分からないネタで申し訳ないのですが(爆)、試合終了後、脇目もふらずに真っ直ぐノザのところにずんずん歩み寄って、キラッキラの笑顔で嬉しそうに話しかけてたモトの姿を見ていたら、私の頭の中には、タイトルに引用した ↑ の歌詞が自動的に浮かんできました。

ゆうひさんが2年前に主演したショー「ファンキー・サンシャイン」の主題歌。

  ♪太陽は 夢と現実を 分け隔てなく 照らしつーづける~♪

っていう一節なんですけど。

ああ、ホントにそうだなぁ、って。

心の狭い(爆)私たち鹿サポと違って、とびっきり優しい笑顔を敵味方分け隔てなく振りまくモトは、本当に、穏やかな春の太陽みたいなひとだよなぁ、って。



記念すべき、ジョルジの公式戦初勝利。
嬉しかったし、楽しかった。

だけど、鹿サポである前にモトヲタ(確信犯的にこう名乗りますが)の私としては、いろいろ複雑な思いをまた新たに抱え込んでしまう、ちょっぴり切ない勝利でもありました。

それでも。

モトが笑顔であの場所に立っている限り、目をそらさず彼を見つめ続けてこそ真のモトヲタ(爆)、なのです。




続きを読む »

スポンサーサイト

ほろ苦い開幕

開幕戦は黒星スタート。

NHKの中継をリアルタイムで見ていましたが、「完敗」としか言いようがなかったですね・・・。

守備も攻撃も全然形ができてなかったように見えました。

ただ、現地で見てた記者陣には、そこまで不評でもないんですよね。
何か変わろうとしている、変えようとしている・・・のはちゃんと伝わってきてたみたい。

サポも、少なくとも1カ月くらいは忍耐しつつ見守る覚悟が必要なのかもしれないですね。


ちなみに、モトの評価はサカマガ、サカダイとも5.5。
後半早々に代えられてしまいましたが、テレビで見た限りでは、モトが悪いというよりも、そもそもモトにボール入ってこないじゃん(爆)という感じ。
それが、モトが悪いのか、パスの出し手が悪いのか、と言われればどっちも上手く機能してなかったのでしょうが、下がってきてボール触ってワンタッチではたいてリズムを作ろうとしたり、ボール持った時は何かやろうとしている気持ちは見えたのですが・・・。

鹿モバによると、後日、記者陣に「どうだった? どうだった?」と「子どものように聞いて回ってた」(笑)とのこと。
モト自身もまだ手探りが続いているようです。

次節のスタメン予想では、どうやらモトは入っていないようなのですが・・・(凹)、連戦なので、どこかで出番はあるはず、と信じてます(祈)


で・・・。

続きを読む »

勇敢な乙女の物語@びわ湖ホール「タンホイザー」感想

子どものころ、わりと本格的に音楽をやっていたこともあり(結局、音楽とは全然関係ない職業を選んでしまったのですが(苦笑))、成人するまではクラシックのコンサートにはずいぶん足を運んだのですが、「生オペラ」は観る機会がないまま、今まで来ていました。
もちろん、レコード(あ、トシが分かるな・・・(苦笑))とかCDとかでは聴いていましたが。

そんな私ですが、昨秋から仕事絡みで鑑賞の機会に恵まれることになり、昨年12月のびわ湖ホールの「ドン・ジョヴァンニ」で、めでたく生オペラ・デビューしました。

で・・・瞠目しました。
オペラって、こんなに面白いもんなんだ、って。

この時の東京二期会の「ドン・ジョヴァンニ」は、結構斬新と思われる演出で、後から聞いたところでは賛否両論だったそうなのですが、凄くエキサイティングで、本当に面白くて。

世の中にオペラ・フリークがたくさんいるのも分かるなぁ、これは、ハマるとどんどん深いところまでいっちゃうんだろうなぁ・・・と思ったものでした。

そんなわけで、とても楽しみに迎えた、2度目のオペラ鑑賞。


・・・心が震えました。

オペラで、感動して泣くことがあるなんて、思ってもいなかった。
私にとってオペラとは、長年、CDなどで「音楽」を聴くものだったので、その「演奏」そのものに感動することはあっても、普段観ている普通の演劇やミュージカルと同じように登場人物に感情移入して、「物語」に心を揺さぶられるとは思っていなかったので、予想外の驚きで・・・。

門外漢なので、オペラに詳しい方がご覧になったら全く的外れの感想なのかもしれませんが、私には、「タンホイザー」は、騎士タンホイザーの物語というよりもむしろ、ひとりの勇敢な乙女の物語・・・エリーザベトの物語、のように見えました。



続きを読む »

間もなく開幕!!!

待ちに待ったJ1の開幕戦ですが、「3・11」を目前に控えたこんな日に我が業界では休みを取れるわけもなく、今日は出勤・・・。
仕事の合間になんとかTV観戦を、と目論んでおります(爆)

朝からそわそわしてスタメン発表を待っていたのですが。

モトがスタメンですよぅ~~~!!!(胸熱)(涙)

79年組5人全員そろって開幕戦スタメンなんて、本気で今年が最後かもしれないですよね・・・(爆爆爆)

・・・と思うと、現地にいたかったなぁ、とあらためて思うのですが、とりあえず、現地組の皆様に魂を飛ばします。

開幕戦はいつの年も特別なものですが、被災地クラブとして被災地で迎える今年の開幕戦は、選手たちにとってもサポにとっても、とりわけ特別な一戦。
どうかどうか、勝ってくれますように。


私の現地観戦スタートは、20日のナビからです。
ああ、どうかその時まで、モトがスタメンで出られますように(祈)

退団同期@宙組「華やかなりし日々」集合日

ゆうひさんの、宝塚人生最後の作品「華やかなりし日々」「クライマックス」のお稽古が、とうとう始まりました。

同時に、退団者が・・・ゆうひさんとすみかちゃんの“退団同期”となる組子たちが発表されました。



続きを読む »

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。