6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2014-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生に乾杯!!!@「LaVie」初日観劇感想

行ってきました、ゆうひさんセルフプロデュース公演「LaVie」の初日。

…脱帽しました。
ここまでクオリティの高い、エンタテインメント性にもあふれた作品を見せてもらえるとは。
想像していた以上に素敵な舞台でした。


…懺悔します。
私、オオゾラユウヒというひとを、ちょっと見くびっていたのかもしれません。

タカラヅカ時代、ゆうひさんの一番の得意分野はいわゆる「男役芸」だと私は思っていました。
その延長線上に「お芝居」の上手さももちろんありましたが、でも、芝居の上手い下手には観る方の好みもあるので、私はすごく好みで上手いと思うけれど、万人に認めてもらえるかどうかは分からない。
歌やダンスはどちらかというと不得手な方。
そういうジェンヌさんは、外部では、なかなかツブシがきかないタイプです。
だから、ゆうひさんは外部では、ストレートプレイに生きるしかないのではないかなぁ、と勝手に思っていました。

今回、歌、ダンス、マイムまで入れた舞台をつくる、ということで、どうなんだろう、とちょっと心配だったり。
事前の情報などから、こだまっちといろいろひねくりまわした小難しい舞台だったらやだな、と危惧したりしていたのですが。

そーんなちっぽけな心配など一瞬で吹き飛ばしてしまうくらい、ゆうひさんは情熱的な「表現者」で、かつ理性的で客観的な「プロデューサー」でした。

歌もダンスもマイムもそこに必要不可欠なもので、しかもきちんと水準を超えたクオリティで、そして演技は予想よりも遙かに素晴らしかった。

「滝の白糸」も「天守物語」もそれぞれに素敵でしたが、ゼロから作り上げたこの作品でのオオゾラユウヒ、これが本当の「女優・オオゾラユウヒ」の第一歩だ、と思いました。
そして、私は今回の作品が一番好きだ、って思った。
やっぱり歌やダンスがある舞台って楽しい! こんな楽しさを再び味あわせてくれて、ありがとうゆうひさん、って嬉しかった。
こんな舞台なら、何回だってリピートできます(笑)

大成功の初日、あの空間に一緒にいられたことが幸せです。
タマラ・ド・レンピッカの、そしてオオゾラユウヒの人生(ラヴィ)に、乾杯!!!



※以下、ネタバレありの感想です。ご注意くださいませ。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。