6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビヤント、いつかまた・・・@星組ムラ楽報告

ついに、トウコさんが宝塚大劇場をご卒業されてしまいました・・・。

行ってまいりました、星組のムラ楽。
涙あり、笑いありの、あったかい楽でした。
つか、サヨナラショーでしっかり笑いを入れてくるトウコさんに最後まで脱帽です(泣笑)

・・・まだ公演そのものの観劇レポも新公レポも書けていないのですが、記憶が薄れないうちに、とりあえず千秋楽について書きたいと思います。


お芝居は、アドリブを入れられるような内容ではないので、いつもの通り進んだのですが、でも、トウコさんやあすかちゃんのソロなどのところでは、万雷の拍手でした。
トウコさんのサヨナラが露骨に重なる内容なので、「Music is My Life」のソロとかやっぱり観てる方がグッときちゃって・・・(涙)
ラストの教会で、ジョー・コールマン@真風くんが「僕はあなたのようになりたいんです」(セリフうろ覚え)って言って、ジョイ@トウコさんがポンと肩をたたく、露骨な星組新旧スター引き継ぎ場面があるのですが、今日は真風くんが今にも泣きそうな顔で、その辺りからトウコさんもかなりつらくなってきたようで。
「My Dear New Orleans」の全員合唱の時は、なんとかトウコさんも持ちこたえたかな、という感じだったのですが、最後、一人になって、去っていく直前、客席の方を見渡した時に、右目から涙がこぼれて頬が光っているのが見えました。

ショーは・・・まず、千秋楽アドリブで爆笑。
途中、トウコさんの女装(?)シーンがあるのですが、せり上がり(確か・・・)で登場した金髪ボブのトウコさんの右頭に何か乗ってる・・・!

オペラでのぞくと、そう、それは、ひこにゃんではありませんか!(笑)

ひこにゃんって、関西以外の方はお分かりでしょうか。
トウコさんの故郷・滋賀県の彦根城のマスコットキャラで、「ゆるキャラ」として去年、大ブレイクしたのですが・・・全国的な知名度はどうなんでしょうか。
でも、とにかく、ムラの観客は大爆笑!
トウコさんがわざとらしく顔を動かしてひこにゃんが付いてる方の頭を正面に向けてよく見えるようにするたびに爆笑。
で、ここはシャンソン風の歌なのですが、歌詞まで「・・・移り気な私は、ひこにゃーーーん♪」って歌い上げて大爆笑。
いや、さすがです、トウコさん。

あと、プロローグの後の場面で、トウコさんが銀橋を降りて、戻る時に1列目のお客さんに腰、っつーかおしりを押してもらう場面があるのですが、今日は・・・たぶんどなたかご家族、お母様? だったのでしょうか。銀橋に上がった後で「今までありがとう!」とアドリブで言っておられて、大拍手でした。

ショーは、みんな意識して泣かないようにしてたのかな?
思ったほど湿っぽさはなくて。
あすかちゃんが「遅かったのね」「もう一度夢を見せて♪」と歌った後、再び幕が上がって大階段の中央にトウコさんがいるのをあすかちゃんが見た瞬間、が一番泣けました。

幕が下りて、英真組長の登場。
「退団発表を聞いた時から、ゴールの日が来るのは分かっていましたが、時間は止まってくれないんだなぁ、と思います」
「今日も皆、本当に元気で、安蘭けいにいたりましては、元気を通り越して絶好調で・・・。図に乗るな、と注意したところでございます」(会場爆笑)
こんな調子で、終始しみじみと語りながらも随所にツッコミや笑いを入れてくる組長、さすがエマ・エージェンシーの創立者です(笑)

まず5人分のお手紙紹介。

まひろくん。
組長からのコメントは「初舞台は2002年星組『プラハの春』。あのころの可愛らしさは今も変わっていません」
子天狗、アイーダ、オスカル、ダゴベール、「アンナ・カレーニナ」のヴィロンスキーを挙げていました。

一輝慎さん。
組長コメント「新潟県加茂市の出身で、お肌がつるっつるの新潟美人。毛穴はありません」(会場笑)
ずっと自信がなかったが、わたるさんのコンサート「Across」で初めて自信を持つことができた。

和くん。
組長コメント「彫りの深い美しいお顔で、いつも、『しみこハーフ? クオーター?』とからかっていましたが、実は大阪府豊中市の出身です」(会場笑)
宙組時代の役に「ファントム」の従者と新公キャリエール、「炎」のマンリーコ。
組替えの時はTCAとアキコ・カンダ先生のコンサートの稽古も重なり、体力的にも精神的にも死にそうでしたが、わたるさんが面倒を見てくださり、星組の皆さんに助けていただいた。
わたるさんのサヨナラショーで、大好きだった「ミレニアム・チャレンジャー」の「大漁ソーラン」を1列目で踊れたことがとても嬉しかった。
星組での役は、「ハレルヤ」のブライアン、「エル・アルコン」のキャプテン・ブラック、「スカピン」のアルマン、そして「ブエノス」を挙げていました。

エレナさま。
組長コメント「外人さんのように大胆でフランクですが、意外と恥ずかしがり屋で大和撫子です」
中国・韓国公演に参加できたこと、「サザクロⅡ」のカルナバルの女王、「イーハトーブ」のエロス、「長安」の・・・役はなんだったっけ、「ヘイズ」のルーシー、「エル・アルコン」のエリザベス1世を挙げていました。

涼乃かつきさん。
組長コメント「洗練されて美しいダンスを踊るのに、時折出る鹿児島弁がキュートです」
「花のいそぎ」「龍星」、「王家」と「スカピン」の大コーラスが心に残る、「ハロダン」「ブエノス」では最上級生としての責任を学んだ。
鹿児島公演はできませんでしたが、一昨年夏の博多座公演でたくさんの友達に観てもらえて嬉しかった。

ここまででいったん切って、サヨナラショー。
ショーの詳細は公式その他でも既にアップされていることと思うので略しますが、なんといっても圧巻はグラパンでしょう!(爆)

トウアス以外の退団者たちが銀橋で「妖しいまで美しいお前」を歌った後、おもむろに舞台中央にせり上がるグラパン。
「妖しいまでに美しい・・・グラパン」という第一声に会場大爆笑。
観客の拍手のタイミングが遅れ、「・・・拍手がおそーい!」とダメ出ししていました(笑)

ここについては、後の記者会見で「どうしても『妖しいまでに美しいお前』でグラパンを出したかったので、藤井先生にお願いしました(笑)」と言っておられました。

最後から2曲目、「龍星」の曲で、トウコさんが銀橋から客席に白い花(薔薇?)を投げたのですが、ここでも、ショーでトウコさんのおしりを押していた最前列のお客さんには直接、手渡していて、周囲は拍手していました。

・・・つか、観ていて思ってしまったことがあるんですけど、ここはこんな僻地ブログなので、本音トークしていいですか?

・・・やっぱ、組内順当引き継ぎっていいなぁ・・・落下傘短期トップはつらいものがあるなぁ・・・(爆)

トウコさんのサヨナラショーを観ていると、どうしても近い将来行われるゆうひさんのサヨナラショーのことを考えずにいられなかったのですが。
正直、どう考えても、ゆうひさんの任期はそう長くはないわけで。
とすると、サヨナラショーで宙組の曲って、下手すると博多座の主題歌くらいしかできないかもしれないですよね・・・。
あとは、「LIFE」と「Hollywood Lover」と「銀ちゃん」の曲どれかと・・・月と花の曲ばかりで。
組子たちを絡めるのも難しいですよね。かしちゃんの時はどうだったかなぁ・・・。
そりゃ、私たちゆうひファンは、どんな構成でもどんな曲でも号泣できますが。
組子たちにも宙組ファンの皆さんにも馴染みのない曲ばかりが続くサヨナラショーって、やっぱ寂しすぎる・・・。

・・・って、ちょっとブルーになってしまいました。


すみません、気持ちを切り替えて、サヨナラショーの後。退団者のお手紙続きです。

しいちゃん。
組長コメント「星組には5年ですが、もっと長い間いたような、優しい思い出がたくさんあります。温かい笑顔に癒されてきました」
研1の時、「ブルボンの封印」の新公でトウコさんの役だった。その後もトウコさんの役をやることが大打て、トウコさんへの尊敬のまなざしはこのころから始まりました(会場笑)。
「ノバボサ」の新公主役、初舞台生だったチエたちにも支えてもらいました。

ますみさん。
組長コメント「重なる組替えで苦労もあったでしょうが、そのたびに役者として味わいを深めてきたのではないでしょうか」
中学生の時に「ミーマイ」を観てタカラヅカに入りたいと思ったが、両親に言うと「タカラヅカは観るところ」と反対された。
「若き日の歌は忘れじ」で初ゼリフ、紫苑ゆうさんとお芝居できて幸せだった。
「ロミオとジュリエット」の薬屋、声のトーンやメイクなど工夫した。
組替え直前の「マノン」のホアン、同期の瀬奈じゅんの主演公演で兄役をできたのが嬉しかった。
「キーン」のソロモンは大好きな役でした。

キンさん。
組長コメント・・・ごめんなさい、忘れちゃいました。
「若き日の・・・」で初ゼリフだった。
男役だったが、研7の終わりに女役になった。今思えば無謀だったが、そのおかげでタカラヅカ生活を2倍楽しむことができました。

あすかちゃん。
組長コメント「(組替え経歴を紹介し決して平坦な道ではなかったかもしれませんが、そのたびに真摯に向き合ってきたからこそ、今こんなに美しく輝いているのだと思います」
初舞台のころは一人で劇団に行けないほど臆病な私だった。
クロスロードで初ヒロイン。
花に組替えした時は研4で、大きな役をいただくようになり、戸惑いと苦しみの日々だったが、外部出演した「シンデレラ」で意識が大きく変わった。OGの方々を見て、演じることの楽しさを思い出した。
「Nakid City」、「マラケシュ」のイヴェット、「アーネスト」のグウェンドレンは大好きな役。
「コパカバーナ」で初めて安蘭さんとご一緒させていただけた。
長い道のりを経て星組に、トウコさんに出会えたことは最高の幸せでした。

トウコさん。
組長コメント「滋賀が生んだ2大スター、ひこにゃんと安蘭けいです!(会場笑)・・・今日、ひこにゃん言うね、ってトウコに言ったら、『私もひこにゃんやるの!』って(会場笑)・・・ちょっと感動してます」
4回目の受験で合格。思えば、私の長く険しい宝塚生活はこの時から始まっていたのかもしれません。
「JFK」、ルドルフ少年と新公のトート、「イカロス」・・・演じる楽しさを教えてくれた作品。
苦しんでいた時に「雨に歌えば」とアイーダに出会い、演じることの喜びを再び見いだした。
そして「ヘイズコード」でお披露目。
それなのに、ああそれなのに、それなのに(会場笑)。
体調を崩してしまった私。
支えてくれたあすかをはじめ、皆の愛を感じました。
安蘭けいをここまで育ててくださった皆様に、ありがとうございました。

再び幕が開いて、退団者が緑の袴で大階段を降りてきます。
10人もいるので時間がないと分かっているからか、全体的に皆、ごくごく短いご挨拶でした。

まひろくん。
お花はさゆみちゃんと水輝くんから・・・だったと思う。
「舞台人として本当に幸せな7年間でした」

かずきさん。
「はい!」って勢いよく返事する男前な声が素敵でした。

和くん。
同期のお花はもちろんあかしから。あかしみ解散、寂しいです(涙)
「この大劇場の空間が大好きでした。今日でお別れと思うと寂しい気持ちもありますが、元気に前に進んでいきたいです」

エレナさま。
「グレーの制服を着て音楽学校の門をくぐったあの日のことをはっきり覚えています」

かつきさん。
お花はすずみんとコトコトから。コトコトはご挨拶の途中、目を押さえていました。

しいちゃん。
同期のお花はみきちぐから。
「ついにこの時がやってきました。最後まで笑顔で頑張ろうと思ってきました」

ますみさん。
同期のお花は宙組の彩苑ゆきさんから。つか、次の公演で彩苑さんも辞めちゃうなんて・・・悲しい(涙)
「憧れ、夢見てきたタカラヅカは私にさまざまな経験を与えてくれました」

キンさん。
同期のお花はすっしーさん。すっしーさん、超スマートでカッコイイ!
「初舞台のころは、まさか自分がこんなにも長い間、タカラヅカにいると思っていませんでした。そしてこの数年前からは、自分が辞める時がくることが想像もできませんでした。でも今、とても幸せな気持ちで卒業することができます」

あすかちゃん。
ねねちゃんと美城れんさんからお花。
つか、10人の中で、あすかちゃんに一番泣かされました。
「12年間、ここでたくさんの方を見送ってきて、残される方がつらいものだなと思っていましたが・・・今、この場所に立って・・・・・・(涙をこらえて蚊の泣くような声になって)本当にさびしいです(涙)」

そして、トウコさん。
お花は、すっかりキレイなお姉さんになったコムちゃんと、ちえちゃんから。コムちゃんは最後、トウコさんのほっぺにチュッとキスしてました。
「19年間、長い夢を見てきました。楽しい夢、悲しい夢、壁にぶつかった夢・・・、。でもそんな時、もう一度夢を見させてくれたのは、この舞台でした。お客様の温かい拍手、仲間たち、守り、支えてくれたスタッフ。この空間にいるすべてが、私に夢を信じる力を与えてくれました。そして、新しい夢を見る力を。タカラヅカという私の夢の中に出演してくださってありがとうございます。新しい夢にも出演してください!」(大拍手)
(「トウコさんサイコー!」の声に)「皆様が最高なんです!」(大拍手)
あと、「トウコさん辞め
ないで!」って声がかかったのもこの時だったかな。トウコさん、「それは無理」と即答して、会場は泣き笑いでした。

「さよなら皆様」で幕。

カテコは6回・・・かな。
2回目からスタンディングでした。
一番最後は、下手袖から幕前にトウコさんが出てきて、
「皆様の温かい気持ちを忘れません。安蘭けいを育ててくださってありがとうございました。でも、まだ東京があります。そして、タカラヅカはまだまだ続きます。これからも星組を、どうぞ私と一緒に応援してください」(大拍手)
最後に「マイ・ディア・タカラヅカ!」「アビヤント!」と叫んで、大劇場の舞台から去っていかれたのでした。

この後、劇団事務所でトウコさんの記者会見がありました。
内容は、公式にも出てると思うので、印象に残ったお答えのみ。

「ひこにゃんは私のアイデアです。印象に残ることをしたいなと思って・・・滋賀のアイドルなので(笑)」

↑のグラパンの話に続いて、
「ショーが、サヨナラショーのように作ってくださって、結構皆さん毎日泣いてらっしゃったので、サヨナラショーは明るくやりたかったんです」

「今日はあまり泣かなかったけど、ぐっとくる場面は正直ありました。見送ってくれる皆の顔を見るとだめなので、本当は一人一人の顔をじっくり見たかったんだけど、ぼやっとみてました(笑)」

(カテコで「マイ・ディア・タカラヅカ」と言ったことについて)
「お芝居の中で、ニューオーリンズがどうしてもタカラヅカと重なって、毎日心の中ではそう言ってきたんですが、今日、これで最後なんだなと思うと、最後に言いたかったので・・・」

(これからの星組にひとこと、との問いに)
「私がいた星組とまた違った星組を作ってほしい。チエらしく、柚希らしくいてほしいし、星組はこうでなきゃと考えないで、自由に舞台で暴れ回ってほしいですね」

そして・・・パレード。

みんなすがすがしく美しい笑顔でした。

途中(しいちゃん辺りからだったかな)、かの有名なトウコパパが登場!
トウコ会の皆さん、大盛り上がり(笑)
トウコパパは会の最前列の端っこに一緒に座り、退団者の皆さんをお見送り。
皆さん、トウコパパに気付くとびっくりして立ち止まって、パパはニコニコ笑顔で握手を求めて、そのたびに会の皆さんは大爆笑でした。
・・・それなのに、トウコさんだけは、両手をぶんぶん振ってアピールするパパをガン無視して通り過ぎ、またまた大爆笑でした。

あすかちゃんは、私たち報道陣に向かっても「もう皆さんのお顔が見られなくなると思うとさびしいですー」なーんて可愛いことを言ってくれて、私たちも胸を打ち抜かれました(笑) 周囲から口々に上がる「カワイー!」「癒されるねー」の声(笑)

トウコさん会の最後のお声掛けは「マイ・ディア・トウコちゃん、今までありがとう。アビヤント!」。
そして、トウコさんは、白い胡蝶蘭で飾られたBMWのオープンカーに乗って、最後まで笑顔で、颯爽と去っていかれたのでした。

その後、黒のレザーブルゾンと黒パンツに鮮やかなオレンジのストールをぐるぐる巻いたちえちゃんが、トウコ会の皆さんの温かい拍手に送られて帰って行きました。
それを見て、やっぱり思いました。
・・・組内順当引き継ぎって、いいなぁ・・・orz

退団者の皆様、ファンの皆様、本当にお疲れさまでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/114-970e879c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。