6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jにまつわる幾つもの妄想@月組「SAUDADE」観劇報告

・・・やられました。

昨年末の「タカラヅカスペシャル」に続き、セナジュンさんに完敗です。

とりあえず・・・。
ナホさまファンは絶対に見るべし!

そして。

セナさんに客席降りさせちゃだめーーーーーっ!!!!!(爆)

大変です!!! 
セナさんが通った後が焼け野原になってますYO!
絨毯爆撃でもあったかのように無数の女たちの屍が・・・(笑)


なかなか都合がつかず、やっと観られた17日14時の回。
例によって、ほとんど予備知識なく観ました。

まず作品全体についての感想を真っ正直に書くと、「稲葉くんのやりたいことは分かる。でも、それは決してタカラヅカ向きではないし、それをやり遂げる力もまだ足りなかったね」(←上から目線でごめんなさい)ってことでした。

「群像劇」が好きなんですね、きっと。
今思えば、デビュー作の「アパルトマンシネマ」も、ちょっとそれっぽい要素が入ってたもんね。
私も、群像劇は結構好き。
でも、それは、タカラヅカのスターシステムとは根本的に相容れないスタイルですよね。
「歌劇」の座談会とか読むと、「全員が主役で」というのはアサちゃんの意向も汲んだものだったのかもしれませんが・・・でも、ヅカファンは、というか、やっぱりこの公演は(他の12人の出演者がいるとはいえ)セナジュンの、セナジュンによる、セナジュンのためのショーであることを当然のように期待された公演だと思うのですが、その主な観客であるアサちゃんファンが観たいものがこういうものだったとは、どうしても思えません。
(まあ、観てしまえば、どんなことをしてもアサちゃんはカッコイイ、ということを再確認するというか・・・スポットライトの当たらない暗いところで小芝居するアサちゃんも新鮮だわ! みたいな気分になるのかもしれませんが)
私のような、ライトな組子ファン、というスタンスだと、とても楽しめたんですけどねぇ・・・。

それから、やっぱり最後に「サウダージ」を口で説明しちゃったのは、あまりにもカッコ悪い・・・というか、作品としての敗北ではないでしょうか。
あれ聞いた瞬間、ああ、やっちゃったなー、すべて台無しだよ、と思っちゃいました。
それを口で説明することなく表現するのがショーなのではないかと私は思うのですが、いかがでしょうか。

・・・とはいえ、場面場面はイイな、と思ったところや萌えツボもいっぱいあったし、2幕の芝居部分はもちろん1幕のショーですら13人全員にきちんとアテ書きがしてあって、稲葉くんが日ごろから下級生にいたるまでちゃんと見ていて、愛情を持っていることが伝わってきて、好感が持てました。

ショーを作ったのは初めてなんですよね。
これを教訓に、次回以降もっと頑張れ! と思います。


では・・・感想を場面ごとに書くか人ごとに書くか迷ったのですが、場面ごとでいきます。
(1回観ただけなので、記憶違いがあったらごめんなさい・・・ご指摘くださいませ)
アサちゃん+12人、とにかく「精鋭」って感じでした。

<第1幕>

【第1場 プロローグ】

紗幕の向こうに見える薄暗いセット。床の模様は、チェスの盤上なんですね・・・黒と白、ではなくライトで黒と赤、になっている。
舞台には、上手と下手に階段があり、奥に二階があり、(・・・って説明下手ですみません)
二階の下にオケメンバーがいる。なので、平場は狭い。

女たち、男たちが登場して踊る。皆が大きなチェスの駒を腕に抱えている・・・のは最初からだっけ、途中からだっけ(既に記憶があやふや・・・(汗))

つか、ですね。
オープニングから、ナホさまの色気が全開なんですが。
エロ過ぎ。いいんでしょうか、あれで。

そして、上手側壇上に立つアサちゃん。
カッコイイのですが・・・大変残念なことに、ロン毛です(爆)
・・・・・・。
やっぱり私は「セナジュン短髪推進委員会」会員だわ・・・。
耽美を狙っているのは分かるのですが、アサちゃん、いい加減、自分にはあーゆーロン毛が似合わないってことに気付いてー!(爆)

やがてアサちゃんが上手階段を降りてきて、皆の間に入っていきます。

たぶんこの場面の最後だったと思うのですが、ナホさまの声でナレーションが入ります。
この最後のセリフにいきなり激萌え。

「J・・・私の、大切な、駒」

やーん!!!
なんて破廉恥なのーーーーー!!!!!
思わず、J様を思いのままにいたぶり翻弄するナホさま・・・をぐるぐる妄想しちゃいましたよー(爆)
アダルト過ぎて、ついていけましぇん・・・。

【第2場 夜の蝶】

下手側の階段上、女(蝶)@萌花ゆりあちゃんの周りに群がる男たち。
男A@もりえちゃんと、れんかくん、としちゃん、煌月爽矢くん、私の(笑)鳳月杏くん。
この場面を観て、稲葉くんに感心しました。
5人の男の衣装がね、ちゃんと持ち味に合ってるの。
もりえちゃんは、あーゆーちょっと禁欲的な感じの軍服(ナチスっぽい?)がホント似合う。
れんかくん、煌月くん、鳳月くんはベージュ系の軍服(確か・・・)
で、としちゃんだけ紺系の軍服で。確かにとしちゃんはベージュより紺だよね、って頷けるの。
5人の男を翻弄した蝶は、Jに射止められてしまう。
さすがJ様、と思ったのも束の間、さらにウワテな方が・・・そう、ナホさまです

男(主)という役名ですが、まさに闇の帝王の風情で。
ソファに横たわってJを眺める姿がホントエロ過ぎて正視できないんですが、どうしたらいいですか(爆)
ここでさらに稲葉くんに感心。
ナホさまのエロさをホント分かってるよ。
つか、ここまでナホさまの色気が十二分に活用された作品がいまだかつてあったでしょうか。GJ過ぎて、お子様には決してお見せできないものに仕上がっております(爆)

【第3場 人形の家】

どこからが3場になるのかな・・・2場からつながっててはっきり分からないんですが・・・ゆりあちゃんが退場した後からなのかな。

えっと、まず最初にひとこと。

ソノカのロン毛、マジ無理(爆)

アサちゃん以上にナシだから、ソノカのロン毛!
どなたかファンの方、言ってあげてくださいー!

で・・・ですね。

壇上に立つ闇の帝王ナホさまのエロいこと。
そして、帝王のオンナ、として寄り添い、宛然と微笑むあーちゃんの美しいこと。

月の組長・副組長コンビは反則だよね。
強力すぎ。

なんとなく、組長とか副組長って、こう、トップスターさんの両親とか、そういうちょっと枯れた役が合う人・・・というイメージがあったんですが、この二人が醸し出すバリバリの「現役感」はどうよ。

しかも、あーちゃんって綺麗だけどいつまでも清純派というかお人形みたいというか、ファム・ファタル的な色気を持ち合わせない女役だなー(でも、生身のオンナのいやらしさ、というか歪みというか、ある種の醜さは抱えていて、そういう点で「ハリラバ」のマギーは驚異的に核心をついたアテ書きだったと思います)とずっと思っていたのですが、歩く18禁(爆)ナホさまの隣に立つことで、そういう性的な匂いのする色気が発生していますよ(汗)

途中、ナホさまが姿を消して、あーちゃんが下に降りてきて、J様と恋に堕ちる・・・みたいな感じになって。
そこでJ様の視線を受け止め、彼に抱き締められるあーちゃんがあまりにも春の乙女のような可愛らしい幸せそうな笑顔だったので、「あれ? 実はナホさまのオンナというポジションは不本意で、本気でJ様を愛してしまったのかしら?」と信じ込みそうになったのですが、最後、J様が手中に堕ちると、コロリと態度を変えて、ナホさまのもとに戻っていく。

再び壇上のナホさまの横に立ち、何事もなかったかのように聖母の微笑みを浮かべるあーちゃんを見て、思わず呟きました。

す、すげーオンナだ・・・、と(爆)

この場面、私は「ホフマン物語」の3つめの夢の場面を連想したんですが。
水の街で、ホフマンを翻弄し、ゴンドラに乗って去っていく悪魔とその女ジュリエッタ。
でも、ナホさまの闇の帝王は、もりえちゃんやマギーよりも一枚も二枚も・・・つーか百枚くらいウワテでした(爆)
そして、「ホフマン」のジュリエッタは、みちるちゃんもねねちゃんもみっぽーも、悪魔の命でホフマンを誘惑しつつも、ホフマンを真実いとおしく想う気持ちも少しはあった・・・ような演じ方だったのですが、あーちゃんは違います。
完全に駒としてJ様を誘惑し、自分の胸の中に堕ちた彼を切って捨てることに何の疑問も抱いていない。虫けら以下の扱い。
彼女には、ナホさまだけが意味のある存在。
あの優しい慈母のような微笑みだけに、怖さ倍増、エロさ倍増。
なんか、副組長になってから、ものすごい勢いでオンナ度アップの階段を上っている気がします。
もうあーちゃんとは呼べない感じ・・・(笑) 「あーさま」って感じです。
そんなあーさまが大好き!

そして。
あまりのナホさま(とあーさま)のエロさに、ついつい妄想にふけってしまいました。

ナホさまのチェスの駒としていたぶられるJ様の役が、もしもゆうひさんだったら・・・。

いや、あの壇上で「帝王のオンナ」としてナホさまに寄り添い宛然と微笑むお高いオンナが、ゴージャス美女ゆうひさんだったら・・・。

・・・ぶっ・・・!!!(鼻血)

いかん、刺激が強すぎる。
すみません、感想に戻ります。

J様の客席降りがあったのはこの場面の後でしたっけ、それともプロローグの後でしたっけ?

私、この日は下手側のセンター寄り、通路に近いところだったので、下手の階段を降りたJ様が真っ直ぐ私の方に向かって歩いてくるのに心臓が止まりました(残念ながら視線はいただけませんでしたが・・・)
ギャーッ、こんな至近距離でJ様と目が合ったら、確実に死ぬ(爆)・・・と思ったので、J様のあまりお似合いにならないロン毛を見つめて気をそらしました(笑)

【第4場 Underground Freedom】

突然、場面が変わって、ここは地下のサーカス?

頭にミツバチがついたハニーマン@ソノカ&もりえがコミカルに踊る。
どっちもヘタレっぽさではいい勝負(爆)

そんなヘタレズを一刀両断にする女(ザザ)@すーちゃん。
相変わらずこういうキャラは似合いますね。
ゼブラ柄のお衣装がお似合い。

で、代わって登場したマッチョマン@れんかくん、としちゃん、煌月くん、鳳月くん。
でもさあ、「マッチョマン」って言葉がちゃんと似合うのって、このメンツだと鳳月くんくらいじゃね?(爆・・・ごめん、鳳月くん)
としちゃんなんて、あんなちっちゃくて華奢なのに・・・(苦笑)

この場面で初めて書くのもなんですが、今回の公演、観劇前から、「人数も少ないし、存分に鳳月くんが観られる!」っていうのがホント楽しみでした。
プロローグから必死で鳳月くんを探したよ。
私が彼に注目しだしたのはたぶん「パリ空」新公辺りからで、本役としては「ホフマン」からなんで、あれからもう早いもので2年以上経ちますが、いまだに座組みの最下級生のポジションにいる彼がいとおしいです(爆)
(いや、でも、若手のみのバウの最下から、今ではトップさん以下精鋭13人のうちの最下、だから、一応、一段ずつではあっても着実に階段を昇っているんですよね。ファイト!)

ホフマンのころに比べると、身体はずいぶんスッキリしてきているように思いますが、お顔が・・・ほっぺやアゴのラインが真ん丸なのが惜しいですね。
でも、ゆうひさんのこの学年のころだって、ホントプクプクだもんなぁ。
お顔は、ゆうひさんに全然似てないと思う時と、すごく似て見える時が混在しています。
が、そんなお顔で、ながーい手足で伸びやかなダンスを踊っていると、一瞬「あれっ?」って思います。あれっ、足が上がってる! って(爆爆爆)
(ごめんなさい、たぶんどっちかっていうとダンサー認定の人なはずなのに(汗))
踊っている姿を見ていると、ひときわ背が高くて肩幅があって足が長くて、男役として恵まれたガタイをしてるなー、と感じます。
ダンスのことを語れるほど詳しくはないのですが、彼のダンスを観てると、「健やか」とか「伸びやか」という言葉が浮かんでくる。それほど、らくーに、自然に足が上がり、踊っているように見えます。
長い時間をかけて、もっともっとイイオトコに育ってくれるといいなぁ・・・。

閑話休題。
そんなマッチョマンたちも、ザザに言わせると「あなたたちでは話にならないわ」

で・・・満を持して登場する、われらがJ様!
上手側客席出入り口からの登場です。
セナジュン短髪推進委員会の皆様、ご安心ください。ここからはずっと短髪です!
ここは、シルバーのキラキラのお衣装でしたっけ?
出てきた瞬間、「これほどシルバーのキラキラが似合うひとはいないね」って思いました。
(以下、お衣装が変わるたびに、「これほど軍服が似合うひとは」「これほど白シャツに黒パンツが似合うひとは」「これほどグレーのスーツに赤のシャツが似合うひとは」・・・と同じことばかり繰り返し思わされます)

上手側通路を歩いていき、突然、「君と溶けてしまおう~♪」みたいなフレーズを歌いながら、通路際のお客さんの膝に座るJ様。
は、反則です、それは・・・(既に息も絶え絶えな客席)

【第5場 別れ】

アサちゃんが一人で踊っているところに、男(友人)@ソノカが出てくるんでしたっけ?
で、男同士のデュエットダンス(笑)に。

ソノカが出てきた瞬間、思いました。

やーん、ビリーだーーーーーっ!!!
ビリーにまた逢えたよぅ!!!

って。

「ハリラバ」のビリー。鈍感で平凡で友達想いのいいヤツ。
愛すべきひと・・・彼が大好きでした。
あの、胸が苦しくなるほど悲しく切なかった「ハリラバ」の日々、私たちはどれほどビリーの、そしてソノカの存在に救われたことでしょうか。
・・・そんなことを思い出しました。

ああ、それなのに。
あくまでいいヤツ、本当に親友だと思っていたのに。

J様がいない一瞬のスキをついて、女(恋人)@おときちとビリー(違)がデキちゃうなんて、ひどすぎるよ、稲葉くん!

【第6場 戦場】

全国の軍服萌えの皆様が憤死しそうなステキ場面です。
若いコたちの爽やかな軍服姿もいいですが、J様の軍服姿はホントにスキがないですよね。
皆と一列になって歩いていく姿を見ていると、「ギャツビー」の回想シーンで、客席から下級生たちの後について一番最後に歩いてきた、どの下級生よりも初々しく可愛らしかったアサちゃんの軍服姿を自然と思い出しました。
つか、それを意識した演出だったのかな?
(どうもこの公演、どこまでそういう過去の作品とかを意識して重ねているのか、それとも単なる偶然なのか、稲葉くんの意図が分かりづらいんですよね・・・)

でも、ここにもJ様のさらに上を行く人がおられました。
そう、男(司令官)@ナホさまです。
ギャーッ、なんですか、そのエロ過ぎる軍服姿はーーーーー!!!!!

【第7場 幻覚(Rhapsody in Blue)】

ここは、ただただ音楽も振り付けも素敵でした。
白いシャツ、黒いパンツ。
シンプルな衣装が美しい。
踊る身体の美しさを満喫しました。

女役4人も、ホント、綺麗どころぞろいだよなぁ・・・。

【第8場 Saudade】

もはやあまりちゃんと覚えていなくてごめんなさい。
7場から8場へは流れるように場面が続いていて、息をのんで見つめている間に1幕が終わりました。

長くなってきたので、とりあえずここでいったん切ります。
続きはなるべく早く上げますね。

コメント

サウダージ・・男役J

もう何と言葉を連ねたらお礼の気持ちが伝わるのか・・。
どうもありがとうございます。

1回の観劇でどうしてそんなに把握なさってるのでしょう!
いつもみんなが賛美してるすごい頭脳ですが、もしかしてももたさんはレディ・ターミネーター?

私は、あの13人が、目いっぱい踊り、芝居してたあの時間、空間が、いつもの宝塚と違う感じで、不思議なポケットに入ったみたいでした。

いつもと違う感じだけど、
オットーに似た衣装、アレックスみたいな歌、シャンドールみたいな仕草、そしてギャツビーみたいなシチュエーションとダンス・・・
あぁ、麻ちゃんは、J様は、とうとうここまで来たんだな、と思って、嬉しいような苦しいような気持ちになりました。

ナホちゃん、すごいでしょ。持ち味、歌がここに来て大きく花開いた感あり。

鳳月君、ちなつくんは目がゆうひさんに似てませんか?
丸顔だけど、背も高くて手足が長くて、特に腰の位置が高くてかっこいいですね。

長くなりすみません。
この記事を小箱に教えていいですか?
・・っていうかすぐに教えたい。

照れ(笑)

>ジェイユさま

読み返してみると、すみれコードぶっちぎりのレポですのに、お褒めの言葉をいただいて、ありがとうございます。

やっぱりアサちゃんの過去の公演は意識して重ねている演出なんですよね?
その辺が、オギー作のコムちゃん「アルバトロス」ほどはっきりしなかったので・・・。
でも、そういう要素に関係なく、一つひとつの場面は独立して見応えがあって、ダンスショーとして楽しめました。

鳳月くん(ちなつくん、なんですよね。なんか照れ(笑))、そうなんです! 腰の位置がホント高いんですよ。
似てるのは目なのかな・・・。そうかもしれない。
私が特に似てると思うのは(今回はなかったですが)目を真ん丸にして見開いてびっくりするようなお顔をする時。パリ空のゆうひジョルジュにそっくりなんです。

2幕感想、週明けになってしまうかもしれません。
お待たせしてごめんなさい。
芝居の場面、書きたいこといっぱいあるので、忘れちゃわないように頑張ります!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/117-c02c5684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。