6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

95人の「薔薇に降る雨」@宙組新公観劇報告

次からは「自組」になる宙組。
一足早く下級生を把握するためにも・・・と新公を観てきました。

初舞台生が全員参加し、総勢95人の大所帯での新公は、ムラでの1回限り。
小粒ではありましたが、とても爽やかで後味の良い新公だったと思います。


宙組の新公は前回のパラプリも観ましたが、代替わりして、ほとんどのメンバーはよく知らなくて。
パラプリの時は脚本のアラが目立って学芸会風味満載だったのですが(爆)、今回はそこそこ成立していた気がします。
基本的に、皆、本役さんを踏襲した演技なので、こじんまりとした感はありましたが。
ちなみに演出は田淵大輔センセイ。たぶん初めて聞く名前です。
ほぼ変更はなく、初舞台生を使うためにパーティーのモブとかコロスの人数を増やした程度。
あ、1カ所だけ、確か、イヴェットが7年前のことをジャスティンに語るところで「2回死のうとした」っていうせりふがなくなってた気がするのですが(記憶が曖昧・・・)、これは故意なのかな。


初主演の七海ひろきくん(かいちゃん)。
正直、全然知らない子だったのですが、クセのない爽やかな二枚目で、思った以上に良かったです。
タニちゃんの超絶美貌には及ばないものの、スタイルが良くてスーツがよく似合って綺麗。
演技は、タニちゃんを一生懸命トレースしたんだな、と分かるお芝居でしたが、でも、そこから七海くん自身の誠実さ、優しさがにじみ出ていて、とても好感の持てるジャスティンでした。
お歌は・・・タニちゃんとどっこいどっこいな感じでしたが(爆)

最後のご挨拶が、もう、第一声から感極まってて、どんどん高い涙声になって、何度もオーバージェスチャーで感動と感謝を表現するのが微笑ましかったです。
この学年は本来、カチャが主演の本命だったんでしょうね。
ご本人も、主演に決まって本当にびっくりしていたそうですが、これは意外と掘り出し物だったのでは・・・と思います。
今後の活躍が楽しみですね。

ヒロインの愛花ちさきちゃん(たらちゃん)は、パラプリに続いて2回目。
パラプリの時は、ウメちゃんにしか着こなせないお衣装が壊滅的に似合わなくて、ビジュアル的に厳しいな、と思ったのですが、今回の伯爵令嬢のドレスはどれも似合っていて、気品があって綺麗でした。
ウメちゃんは痛々しいほどガリガリですが、愛花ちゃんは真っ白な肌がほどよく柔らかそうで。
最初の酔っぱらいシーンの、デコルテと背中が大きく開いたドレスの時、オペラで観ると、右の胸元のギリギリのところに一つ、背中の右の肩胛骨の下辺りに二つ、ほくろがあるのがとっても色っぽくて、目が釘付けになりました(←完全オヤジ目線な私)
ただ、大人っぽい美人さんなうえに、お芝居が落ち着いているので、ジャスティンより年上に見えちゃいがちなところが難点でしょうか。

以下、プログラムの「主な配役」順に。

■オーランジュ男爵@鳳樹いちくん(本役:らんとむ)

らんとむもかなり胡散臭いけど、鳳樹くんはそれ以上に胡散臭かった(笑)
パラプリ新公の時は、いりすくんの役でしたよね。ものすごーく“リアル男子”感があって目を引いたのですが、今回も濃くて男くさくて、なかなか良かったです。
濃い男役として成長してほしいですね。

■フランシス@蒼羽りくくん(本役:みっちゃん)

初舞台から目立っていたりくくんを順当に上げて来ましたね。
やっぱ華があって綺麗。
学年が若いのも、弟役にぴったりはまってて違和感なくて、可愛い青年でした。
れーれちゃんとのカップルは眼福。
お歌はみっちゃんと比べるとキビしいですが、でも、声じたいはなかなか良かったので、今後の上達に期待。
ただ、ひとつだけ、残念なのは。
りくくん、みっちゃんのメイクを真似しちゃだめーーーっ!!!
ブルーのダブルラインの入れ方がみっちゃんまんまなんですけど、せっかくの美貌が台無し(爆)
ぜひぜひ東京までにお化粧は他の上級生に習ってください。

■ジェローム(イヴェットの父)@香翔なおとくん(本役:すっしーさん)

すっしーさんの美中年パパも素敵でしたが、香翔くんも綺麗だけどヘタレなパパを大熱演でした。
最初の出番は抑えめでしたが、場面が進むにつれてノリノリになっていって、最後の方のアルヌー家のパーティーでのご挨拶では、上級生が大爆笑でした。
コメディは難しいけど、大健闘では。

■カミーラ(イヴェットの母)@藤咲えりちゃん(本役:鈴奈さん)

とにかくお歌が素晴らしい!
他のメンバーのお歌がかなりキビしいだけに、美声が突出していました。
ビジュアルも美しくて気品があって良かったです。
伯爵夫妻は、パパが尻に敷かれてるけど仲がいい感じが(本役さんもですが)チャーミングでいいですよね。

■グザヴィエ@澄輝さやとくん(本役:ともちん)/抱擁の男(本役:みーちゃん)

うーん、ともちんがあのガタイなだけに、ちょっと迫力不足だったなぁ。
声も高めで女の子っぽいので、黒幕感が全然出せなかったですね。
特に、イヴェットの家に来て話すところ、素直に嬉しそうで可愛らしすぎました。

エロダンス(爆)は、正直、れーれちゃんガン見だったのであまりコメントできないのですが、「抱擁の男」に選ばれたってことは、組的には期待されるポジションの子なんでしょうね。頑張れ。

■ヘレン@純矢ちとせちゃん(本役:まちゃみ)

せーこちゃんは普通に上手かったです。
やっぱりいい役だよねー、ヘレン。
まちゃみよりもより可愛らしい、ジャスティンに今も真っ直ぐ恋をしてるヘレンだった(まちゃみはもうちょっとつきあいの長い空気感が勝った感じ)ので、最後ちょっと泣けちゃいましたよ。
相変わらず娘役にしてはガタイが良すぎ、顔デカ過ぎなのが惜しいですが・・・。

長のご挨拶は、綺麗な声でしっかりと過不足なく優等生で完璧なご挨拶でした。

■エストール@風羽玲亜くん(本役:いりすくん)

ちょっとやさぐれた男っぽさが役に合ってて良かったと思います。

■クリストフ@星吹彩翔くん(本役:七帆くん)

正直、お顔が苦手なタイプでしたが、頼りなさげなお芝居は上手かったと思います。

■ベロニカ@れーれちゃん(本役:アリスちゃん)/抱擁の女(本役:大海亜呼ちゃん)

ベロニカはとにかく可愛い! 綺麗!
いやー、私、れーれちゃん(とらんちゃん)のお顔が好きなんですよねー。
淡いピンクのドレスが本当に似合ってて、りくくんとの並びは眼福です。
かつらも、アルバイト場面も含めて4、5パターンあったと思うのですが、どれもとっても似合ってて、娘役魂を感じます。

しかし、なんといっても、エロダンスの女(爆)でしょう!
美しくてエロくて最高!
失礼ながら私は本役さんよりれーれちゃんの方がダンゼン好みでした。

■アガサ@琴羽桜子ちゃん(本役:愛花ちゃん)

お芝居は普通にできてたと思いますが、お顔立ちはあまり好みではなかった・・・ごめんなさい。
ちょっと神経質そうな、険のある顔立ちじゃないですか?


あとは、判別できた人だけ。

■公爵夫人@百千糸ちゃん(本役:彩苑さん)

本役さんに似て、ちょっと頑固な、でもキュートなおばあさまでした。
らんとむとダンスを踊るところも可愛かったです。

■コレット(ヘレンの母)@妃宮さくらちゃん(本役:美風舞良ちゃん)

こちらも本役さんを踏襲して、ちゃきちゃきとしたおかん。

第1場のクラブで、公爵夫人と同席してる貴夫人役も綺麗でした。

■モニーク@舞姫あゆみちゃん(本役:華凛もゆるちゃん)

本役さんもキャラを作り込んでいますが、また違ったアプローチで勝負。
「アニメ声の秘書」というキャラで来ました。
その意気込みやよし。

■ボーイ長@美月悠くん(本役:みーちゃん)

上品で美しいお顔だな、と思いました。
酔っぱらいイヴェットに困り顔なのが可愛い。

■初舞台生

コロスなどでいろいろ使われていましたが、私が判別できたのは3人。

とにかく顔のインパクトがすごくて(爆)、どこにいても目に飛び込んでくるのが、ひろ香祐くん。
第1場ではボーイ4人のうちの一番下手側に立ってました。
第12場の「裏切る男」では、たぶん「裏切り者!」ってせりふも言ってた気がします。

首席の礼真琴くんは、オーソドックスな美形。
彼も第1場でボーイに入ってました。

一番私の好みにヒットしたのは、柚香光くん。
切れ長でちょっと吊り気味の瞳が印象的な、凄みのある美貌の男役くんです。
最後のアルヌー家のパーティーの場面で、下手側に客の男として出ていて。
その後、男爵とのダンスが終わって下手端に来た公爵夫人を囲んだ何人かの中にいましたよね?
ちょっと線が細いかもしれませんが、あの美貌は強力な武器ではないでしょうか。要チェックですよ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/143-c3294a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。