6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い海の記憶@花組全ツ「RHSⅡ」梅田観劇報告その1

先週末はようやく梅田で花組全ツを観劇することができました。
今週は「オグリ!」観たり、東京出張の合間に雪ゾロ観たりしているのですが、なかなか更新するヒマがなくて・・・。
とりあえず書けるところから書いていきます(汗)

待ちに待った全ツ。
・・・とはいえ、ポスター段階で「コルドバ」のおひげゆうひさんにあまりそそられなかったのと、博多遠征など今後のことも考えて、今回は10日昼1回のみの観劇でした。
「あかね」も「ダル」も梅田は全4回制覇したんだけどなぁ・・・(汗)

うちの娘ヨウコ6歳は「RHS」が大好きなので、どうしてももう1回生で観せてやりたくて、一緒に行きました。
全ツはやっぱ客席降りが近くで見られる席が楽しいし、きっとペドロの客席降り&帰宅場面は上手だろうから、と上手通路近くのなるべく観やすい席を押さえた母心・・・(笑)

ああ、それなのに、ヨウコときたら。
開演前にさんざん「途中で出られないからトイレ行っときなさい」と言ったにもかかわらず、「大丈夫、ないもーん!」と頑として行かなかったのですが。
コルドバに戻ったエリオとエバが密会し愛を確かめ合う緊迫のシーンで、「トイレ行きたい・・・がまんできないよー」と言い出して。
私、今回の芝居は全然予備知識がなかったので、次の場面がどんなだか分からず、とりあえず仕方なく外へ出て・・・戻ってきた時には、めおちゃんがエリオに意見しているところでした。

で・・・幕間にロビーをブラブラしていて何気なくスカステのお稽古映像を観て。

ゆうひさんがあやねちゃんをビンタしてる・・・。

・・・あれ、こんなシーンあったっけ。
私、観た覚えがな・・・い・・・

・・・・・・!!!

そう、その時点でようやく、私は噂のビンタシーンをまるまる見逃してしまったことに気付いたのでした・・・orz(←遅すぎ)

・・・というような状況だったので、確かに文芸の香り高い素晴らしい作品だなぁ、とは思ったのですが、ロメロさんにもひとつハマることができず・・・(凹)
なので、お芝居の感想は、次の守山でちゃんと集中して観てから書きたいと思います。


とりあえず、ショー感想だけでも先に。

「Red Hot Sea Ⅱ」、やっぱサイコーでした。
私、このショー、ホント大好き!!!

以前、特にヅカファンではない同業他社のお仲間に「あのショーひどかったよねぇ」と何気なく言われて凹んだ私ですが、胸を張って言うぞ、「RHSⅡ最高!」って(笑)


■第1場 序章

「すみかのすみか」だったボロ船はなくなり、舞台上手端におうちが。
フツーにドアを開けてペドロ@ひめかが飛び出してきます。
すみかちゃんのペドロは ネ申 だったけど、ひめかペドロもカワユスだなぁ・・・(笑)
狙いどおり、私たちの目の前の通路を走り抜けてくれました。

ウノ・ドス・トレスは今回2人組に。
ドス@王子が無駄に美形で素敵(笑)
妖精さん@みわっちは本公演の時と同じで可愛らしいのですが、これがさっきの芝居で暑っ苦しい男役をギラギラと演じてた人と同一人物とは思えないわ・・・(笑)
本公演では船についたはしごを「ウフフッ」とか言いながら軽やかに降りていた妖精さんですが、今回は舞台をスキップ(?)しながら上手袖にハケていきます。

■第2場 プロローグA(南の海)

そしてそして。
あのイントロが流れ、紗幕の向こうにお魚さんたちがスタンバイしている姿がうっすら見えるだけで、大興奮でオペラを構える私(笑)

そして・・・おさかなたんの登場です!!!

キャーッ!!!(笑)

いやー、相変わらずの衣装だけど、すっかり見慣れた私の目には全然OKです(笑)
とびっきりのキラキラ笑顔で踊ってる紫ゆうひさんに釘付け。
ああ、こんなカッコしてても可愛くてカッコイイってどーゆーことなんだろう(笑)

紫のペアは今回、イチカちゃんです。
今回、全編通してゆうひさんのパートナーはイチカちゃん。
リアル少女マンガのような身長差&小顔カップルで萌えでしたが、これで花組最後なので、違うカップリングもちょっと見たかった気がするなぁ・・・。

・・・そう、ゆうひさんが花組に異動した時から、一度はゆひゆまカプを見たいと思っていたのですが・・・それだけが心残りです。

■第3場 プロローグB(泪の海)

まとぶん、あやねちゃんが登場。
人間を迎えて嬉しそうなおさかなたんたちがカワユすぐる(笑)

私が好きなのは、曲調がちょっと変わって、まとぶん以下男役だけで踊るところ。

おさかなたんなのに皆キザってる~(笑)
しかもそれがカッコイイ(爆)

ここで、妖精さんだったみわっちも青のおさかなたんになって合流。
青のパートナーはきらりん。
緑がまっつとひめか。
あとは・・・めおちゃん黄色だったっけ? ゆまちゃんも? 次回観劇で確認したいと思います。

■第4場 プロローグC(Red Hot Sea)

ゆうひさんのソロで始まる主題歌。
いつも家でCD聴きながら一緒に歌っているので(笑)、思わず歌っちゃいそうになるわ(爆)

ゆうひさんは何気に低音の音程がしっかりしてて、「寄せてはかーえすーあいのーなみー」の「あ」の低いEの音がいつもちゃんと下がって出てるのがステキです。
「すいへいせーん♪」って歌い上げた時のキラキラ笑顔も大好き!

本公演通り、ゆうひさんはここで引っ込んで、あとは全員で主題歌合唱。
あー、すでにプロローグだけで大満足です(笑)

■第5場 カモメの海A

そして、カモメのスリーアミーゴスが登場!
上手花道から出てきてましたっけ?(既に記憶が曖昧)

本公演では船のところで妖精さんからサングラスを渡されていましたが、今回は自分で持ってきたサングラスを上手舞台端(ペドロのおうちの前辺り)でかけます。

あー、ここはもう、ホント言うことないですー(うっとり)
相変わらず、なんてカッコイイんでしょう。完璧。
ゆうひさんが歌いながら一人で下手の方に行くところ、最後の下手前方端への指さしもちゃんとありましたね。あーん、ウラヤマシイ(笑)

アミーゴはまっつはそのままですが、みつるの代わりにまあくん。
ここは、ツアー後半になるにしたがって、3人の仲良し度もきっと増すと思うので(本公演でもそうだった。初日はどこかぎこちなかったけど、次第に距離が縮まって遠慮のない感じになっていくのがツボでした(笑))楽しみ。

・・・ただ。
唯一残念だったのは、私の本公演での一番の激萌えシーン、この場面ラストのサングラス手渡しがあっさりしていたことです(爆)

本公演では、ゆうひさんがサングラスを外してみつるに渡す、その一瞬に、ゆうひさんの方が背が高いにもかかわらず、微妙に上目づかいでみつるをじっと見つめて(その目つきがまた、あんな至近距離であんな顔見ちゃったら、そりゃみつるは絶対堕ちるよ! っていうよーな危険な目つきで(爆))、みつるもサングラスを受け取りながらその視線を微かな笑顔で受け止めるのが超萌えだったんですよねー。
なんつーか、ボスと舎弟の心の交感、みたいな感じで(笑)
初日にこれ見て、まだ世間の人々が誰一人言ってない時からみつるゆひ萌えしていて。
後に2人が銀ちゃんとヤスに決まって、本当にボスと舎弟を演ることになった時、私ってなんと先見の明があることよ、と自画自賛したものでした(笑)

今回は、まあくんにサングラスを渡していたのですが、萌えはなかったです・・・しょぼん。

まあくんはニコニコ笑顔で受け取ってはいましたが、目線ががっつり合ってなかったですね。
ゆうひさんの上目づかい度もイマイチだったような・・・。
まあくんの方が身長的にはみつるよりずっと上目づかいしやすいはずなんだけどなー。
つか、まあくんのキャラが健康的すぎるんですかね。
次回観劇時にどうなってるか、期待したいです。


ああ、まだこれだけしか書いてないのに時間切れだわ(涙)
とりあえず第一弾。
以下続く。

コメント

ははは♪此方では熱い!ですね。
ロメロにメロメロでなくても、これだけRHSだけで萌えられれば
大丈夫ですね?善かった♪ヨウコちゃんのお年ではトイレはしょうが無いですよね。我が家もおしめの頃から連れて行ってました。(なんて迷惑・笑)
次回、噂のビンタ(稽古時とは違うんですよ・笑)を、観てからの感想が楽しみです(ほんの一瞬芸ですが)。ロメロ様ご自身でもナウオンで、押さえの演技と仰ってますから、思い入れして、ジックリ観てみないと、魅力が伝わりにくい役なんでしょうね。後は好みの問題ですかね。

コメントありがとうございます!

トイレ・・・もしあの後すぐビンタの場面だと知ってたら、意地でもそこまで我慢させたんですけどね(笑)
次はしっかり予習して、ツボを見逃さないようにしたいと思います。

でも、ショーだけでも十分満足でしたよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/144-9eb1eb33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。