6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

死ぬまで好きだよ、ずーーーっと@宙組ムラ楽報告

昨日は宙組さんのムラ楽を観てきました。
新型インフルの嵐にさらされる中、ムラだけはそんな現実とは何のかかわりもないかのように、すべて無事に終わりました。
(それにしても、さすがに客席はマスク姿が多かったですが、劇場側の危機意識の薄いことといったら! 同業他社の先輩方は、事務所でリジチョーを見つけると口々に意見してましたよw)

タニちゃんは最後までタニちゃんらしく、大劇場を去って行きました・・・(涙)


タニちゃんの開演アナウンスに、ものすごい熱い拍手が送られて、ああ、本当にいよいよ千秋楽の幕が開くんだなぁ、とうるうる。

お芝居は、ハリー作品なので基本的にはアドリブなしでしたが、そんな中、蘭寿センパイが頑張ってくれました。

まず、タニちゃんの会社で2人がじゃれ合うとこ(笑)、歌いながら机に仰向けに寝そべるタニちゃんを蘭寿センパイがのぞきこむような振りがあるのですが、いつも以上に顔を近付けてました(照)
とむタニ派のお姉さま方が泣いて喜ぶような確信犯的ファンサービスでした(爆)

それから、モニーク@退団者の華凛もゆるちゃん相手に調査結果報告の練習をするところ、最後のモニークの「頑張れ!」に「君も頑張れよ!」と返して客席から泣き笑いが。

そして、アルヌー家の祝いのパーティーで、侯爵夫人@これも退団者の彩苑ゆきさんとダンスするところで、踊りながら胸ポケット(? たぶん・・・)から一輪の薔薇を取り出してプレゼント。
侯爵夫人は、踊り終わって下手端で談笑している時も、薔薇を手に嬉しそうに話していて、周りの貴族たちも薔薇のことを話題にしているようでした。

全体的に、タニちゃんは芝居に熱が入りすぎで、イヴェットに対してもせりふが怒鳴るみたいになっちゃってて、ちょっと怖かったです(泣)
ああ、最後までタニちゃんはエネルギー放出のベクトルの向かう先がどこか独特なんだよなぁ・・・でも、まあ、それがタニちゃんらしさかもなあ、と思いながら見守りました。


ショーは、「ラモーナ」の場面から後は、ほとんど全場面で退団者はお花をつけていて。
今まで、フィナーレ+1場面くらいでしかお花をつけたところを見たことがなかったので、あんなに中盤以降ずーっと皆がお花をつけているのは初めてでした。


ショーが終わり、カーテン前にすっしーさんが登場。
ウメちゃん、タニちゃんの経歴とお手紙朗読です。
すっしーさんが読む間、カーテンにそれぞれの思い出の公演映像が流れるサービスつき。
これはものすごく良かったと思います。
退団者10人全員分あったんですけど、これだけの映像を編集するのは結構手間がかかったはず・・・岡田センセとスタッフの愛を感じ、胸が熱くなりました。

ウメちゃんの映像は、ちえちゃんとの新公映像とかが多くて、チエウメファンには涙ものだったことでしょう。

タニちゃんの月組時代の映像には、何かで一瞬ゆうひさんも映ってた気がするのですが、一瞬だったので何の公演だったか記憶にありません(泣)


【サヨナラショー】

すっしーさんがタニちゃんのお手紙の最後の方を読んでいるうちに、上手袖からピカピカ光るあの触覚をつけたアスカルゴ@華凛もゆるちゃんが登場!
読み終わった原稿を奪い取り、白い分厚い本をすっしーさんに渡します。
ああ、なんて心憎い演出なんでしょう(涙)

幕が上がる中、すっしーさんが本を開いて王子誕生のくだりを読み始めると、本舞台にスタンバッている組子たちが「コスモ、コスモ、ファンタージスタ♪」と唱え出し・・・。
卵のセットはありませんでしたが、タニちゃんが(確か)せり上がりで登場。
あの、キラキラソラソラ、新生宙組への希望に満ちたショーのプロローグでサヨナラショーが始まるなんて、なんて泣ける演出なんでしょう(涙涙)

サヨナラショーの詳細については、曲目などもたぶんどこかに紹介されていると思うので、私が印象に残ったところだけ。

「愛のボレロ」はタニちゃんのを聴いたのが初めてだったので、思わずトウコさんのお歌を思い出してしまいました(爆)
実はお手紙の中で、「愛のボレロで歌い終わった後、上着を脱いでネクタイを緩める瞬間が大好きでした」という一節があったのですが、最後に本当におもむろに上着を脱いで、ネクタイをぐいっと緩めてポーズ、だったので、あー、タニちゃん、よっぽどこれがやりたかったんだなぁ、と微笑ましくなりました。

七帆くんのソロは反則ですね。
バウ主演作「UNDERSTUDY」から「舞台」だったのですが・・・私、この公演は生で観ましたが、今この場面で聴くと、なんて切ない歌詞なんでしょう。
「好きだから ただそれだけで舞台に立つ♪」とか「明日も演じ続けよう♪」とか、舞台への愛を歌い上げる曲なんですが・・・この歌詞を、いまタカラヅカの舞台を降りようとしている七帆くんが歌っているのを聴くのはつらすぎるわぁ・・・(涙)
七ファンの方々の心中は察するに余りあります。

タニちゃんが「雨に唄えば」を銀橋で歌い終わり、上手端に着くと、袖から出てきた下級生がラグビーボールをぽーんと投げて。
それをキャッチしたタニちゃんが、ボールをいとおしそうに抱きしめ、頬を寄せながら歌い始めます。
・・・「Life」。
ゆうひファンにとっても特別なこの曲。正直、タニちゃんが歌うのを聴くのは耳慣れなくて・・・(ごめんなさい)
前楽では泣いてしまって途中まで歌えなかったそうですが、昨日は一応ちゃんと歌えてました。でも、頬が涙で光っていました。
ああ、ゆうひさんと同じで、タニちゃんも、この曲を本当に大切に想っているんだね。

(・・・ついつい、近い将来行われるゆうひさんのサヨナラショーに思いを馳せてしまって。ゆうひさんも絶対にこの曲を歌うはずですが、きっと宙組子とファンの皆さんにとっては、ゆうひさんが歌う「Life」の方こそ耳慣れないんだろうな、とちょっと哀しくなってしまった・・・(爆))


【退団ご挨拶】

咲真たかねくんには、みーちゃんと同期の誰かがお花を渡してました。

萌野りりあちゃんには、アリスちゃんと同期から。

香翔なおとくんには、同期のせーこちゃんと・・・もう一人は誰だったかな。

美牧冴京くんには、みっちゃんと、退団した同期の咲花杏ちゃんから。杏ちゃん可愛かった!

華凛もゆるちゃんには、たっちんが来てました。渡しながらたっちんもニコニコ何かしゃべってて、可愛かった。

次は七帆くん。
お名前を呼ばれて、「はぁい!」と返事する声が、なんというか、母親に「ごはんよー」と呼ばれて「はぁい」と返事する男子高校生みたいな(笑)素の声だったので、1階席後方におられた七帆ファンの皆さんから思わず笑いが起こります。

お花はともちんと同期の大海亜呼ちゃんから。いりすくんからじゃなかったのでちょっと「あれ・・・?」という空気が流れる十七好きの客席(爆)

ご挨拶は・・・泣けました。
とてもシンプルだったのですが。
「悔いはありません。ただ、別れがつらいです」
七帆くんがそう絞り出すように言った瞬間、さっき笑い声が起こった同じ一角から、耐えかねたように「ウーッ」と嗚咽が漏れて。
本当に・・・どうして行ってしまうの、あなたは(涙)

まちゃみには、同期のいりすくんと誰かから。
さばさばした、男前なご挨拶でした。
もともと綺麗なひとですが、今日のまちゃみはショーの時から本当に光り輝くように綺麗でした。

彩苑さんには、組の誰かからと同期のアサちゃんから。
すっしーさんが「月組の瀬奈じゅんからです」と紹介してアサちゃんが登場した瞬間、客席から小さくキャーッ!と歓声が。
でも、アサちゃんは、自分があまり目立ってはいけないと思ったのか、笑顔少なめの表情で、そそくさとお花を渡して、伏し目がちに客席にお辞儀して、めっちゃ急ぎ足で袖に入って行きました。
黒のスーツに白シャツ、白いふわっとしたスカーフ? タイ? を垂らしていて、相変わらず反則だよ! というくらいの色男でしたが、また一段と痩せたような・・・横から見た時に体がホント薄かったです(爆)

ウメちゃんには、鈴奈さんと同期のあかしから。
あかしはニコニコウメちゃんに何か話しかけてて、ウメちゃんも笑顔でちょっとスキンシップしてました。
最後に皆に感謝の言葉を述べる時に、その場でくるりと一周して後ろに立っている仲間たちも見渡してから「ありがとうございました!」って言うのがめっちゃ可愛かったです。

そして、タニちゃん。
黒燕尾で大階段を降りてきます。
お花渡しはらんとむとあーちゃんから。元月ファンにとっては懐かしく嬉しいツーショットでした。
ご挨拶は、まるで本を朗読しているかのように、ゆったりとタメてせりふを言っていて、なんだか最後まで「大和悠河」を演じているかのようでした。

最後の歌は「フォーエバー・タカラヅカ」でした。

カーテンコールは6、7回あったのかな。
最後の方は「君は僕の薔薇・・・いつ、どこにあろうとも」とかお芝居のせりふをファンに向けて言っていて、歓声が上がっていました。


【会見】

一問一答は、たぶん公式かどこかに出るでしょうから、こちらも印象に残った部分のみ。

・黒燕尾について

男役のシンボル。これぞ男役というのは燕尾服だと思います。私も男役としてカッコ良く綺麗に着こなせるようになりたいと思ってやってきたので、最後はそれで・・・と思いました。

・思い出の作品

バウ初主演「シンデレラ・ロック」・・・まだ研4の時。夢に向かって真っすぐ進んでいく青年シドが当時の私と本当に合っていて、演じるというより私そのものでできた貴重な役でした。

宙組に来て初めての主演作「ラスパ」・・・フィッツジェラルドのもがきと自分の舞台人としてのもがきが重なった。男役として前進したいと思っていた時だったので、フィッツジェラルドと共にもがきながら前進した作品でした。

「コパカバーナ」のリコ・・・宝塚に入ったらこういう役がやりたかった、という役。ようやくこういう役ができるようになったんだ、と思った。

・涙腺が緩んだ瞬間は

「Life」は本公演の当時も、この曲になるとなぜか涙が出るという曲で・・・昨日も今日も涙が出てしまいました。

・これからの宙組について

下級生が公演ごとに成長しているのが分かって頼もしいなと思っているので、これからどういうふうに成長していくか楽しみにしています。

(・・・これは、質問者は明らかに次期に対してのコメントを期待していたのですが、立場や状況上言いづらいのか、こういうコメントでした。
が、初日前の別の機会では、ゆうひさんのことについてもちょっと話してくれていました。
次期に決まった時(発表があった時、かな? 正確には分からず・・・)、ゆうひさんから電話をもらいました。ゆうひさんとは月組でずっと一緒にやってたので・・・下級生の私が言うのもなんですが、「宙組をよろしくお願いします」と言いました、とのことでした)

【パレード】

みんな本当に美しく、笑顔で去って行きました。

まちゃみとウメちゃんが特にさばさばと男前でカッコ可愛かった。
まちゃみはミニタイプのツーシーターの車だったのですが、車高がすごく低くて、乗り込んだ時に天井に頭をぶつけて「イテッ!」とか言ってて、笑いが起きていました。
ウメちゃんの車もBMWのミニタイプ(? 車種がよく分からないのでこんな説明ですみません)で、ドアのところにお花模様と「TAKARAZUKA MON AMOUR」って書いてあるステッカーを張り付けててオシャレでした。

りりあちゃんもおにんぎょさんみたいに超可愛かった。

そして、タニちゃんは最後までタニちゃんでした。

もうあちこちで話題になっていると思いますが、車が前代未聞!
ベンツのオープンカーの全面に、キラキラ七色に光るクリスタル(スワロフスキー?)を張り付けた“デコカー”で。ボンネットには大きな赤いハートもつけられていて、シートもふかふかの毛皮。
まさに「ザ・スター」の車です(笑)

そして、袴に着替えて歩いてきたタニちゃんは、ファンがいる門のギリギリ前までくまなく歩き回って手を振る大サービス。
会の皆さんからの最後のお声かけは、お芝居のイヴェットのせりふを使って、
「わたしたちのこと、ずーっと好きでいて!」
これに、ニッコリ笑ったタニちゃん、「死ぬまで好きだよ、ずーーーーーーーーーーっと!!!」
ファンの皆さん、大歓声。さらに、
「キスして!」
とのリクエストに、タニちゃんは360度くまなく投げキスを送る大大大サービスで、ファンの皆さんは大興奮。
ああ、私たちが思っていた以上に、タニちゃんはファンを愛してくれていたんだなぁ、と胸が温かくなりました。

退団者がすべて出た後、らんとむの出もありました。
以前、ゲートから出るのは組内昇格の次期の場合だけ、と聞いていたので、正直、ちょっとびっくりしました・・・。


温かく、切ない、いい千秋楽でした。
体には十分気をつけて、東京公演も頑張ってください。
私はもう観ることはできないけれど、遠くから応援しています。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントくださったYさま>

ありがとうございました。
いろいろ複雑な思いにさせるような記述ばかりですみません(汗)
「Life」はね、やっぱり正直・・・ああ、違う、私の知ってる「Life」はこれじゃない、って思っちゃったんですよ。
だからきっと、宙組子やファンの皆さんからすると、逆に感じるんんだろうなーって・・・。

まあ、今から先のことを考えてても仕方ないですね。
今できることを今のうちに、悔いのないように見続けたいと思うばかりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/146-3a524e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード