6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

なんとはかなげな・・・@こっそり月報告

昨日はムラに行ってきました。

実は、ひと足早く、月エリザの舞台稽古をちょこっとのぞいてまいりました。

以下、こっそりご報告させていただきます。
言うまでもなく完全ネタバレですので・・・っていうか、エリザだからネタバレも何もないのですが、私が見聞きした印象をいろいろ書きますので、公演が始まって自分の目で観るまで何の先入観も持ちたくない、という方は、お読みにならないでください。
どうぞよろしくお願いいたします。




**************************************


観たのは1幕2場の途中、シシィパパが退場した後シシィが一人残って「パパみたいに~生きたい~♪」って歌い終わるところから、フランツとゾフィが謁見の間を退室して「お見合いに行かれるのですよ」のところまでです。

ほんの短い場面をブツギリで観ただけの印象なので、通しで見た場合、また、もちろん本番とはかなり印象が異なるかもしれません。
その点をご理解のうえ、お読みいただけるとありがたいです。


全体の印象は、「みんな若いなー」 でした。
特に前回の月エリザ(私は実は生では観ていなくて、DVDでしか観ていないのですが)を見慣れた目には、まるで新公を観てるような錯覚にとらわれちゃったりして・・・(笑)
まあ、でも、キャストがみんな相当若いわりに、よく頑張っているのではないでしょうか。


シシィが木から落ちた後の冥界の場面。
これまで椅子に乗って舞台下手後方から黒天使に付き添われて登場していたトートは、今回、一人で椅子ごと盆せり上がりで登場します(椅子も今までのより、周りがゴツゴツと岩っぽい感じに装飾されて、よりデコラティブな感じになっていました)

アサちゃんトート。
椅子に半ば体を深く沈めて座る姿は、「アパショナード」のヴァレンチノのせり上がり登場を思い出します。

その顔が見えた瞬間、なんだか胸がキューッと苦しくなってしまいました。

なんてはかなげなトートなんだろう。
はかなくて・・・まるでこのまま透き通ってしまいそうな、繊細なトート。

・・・私の目には、そんな風に見えました。

制作発表の時、小池センセは今回のトートの特色は「パッション」とおっしゃってましたが、この場面のトートに限っていえば、情熱的というよりも、孤独な魂を持った永遠の少年トート、のように見えました。
そんな寂しい少年が、初めて光り輝くものを目にし、恋に落ちる・・・。
なんだか、そんな物語の始まりのような気がしました。

(もちろん、この先場面が進んでいけば、より情熱的なトートになっていくのかもしれません。あくまでも第一印象ということで)

私ですら、あのアサちゃんトートの表情を観ていると涙があふれてしまいそうになったので、きっとアサちゃんファンの方々は、あの登場の一瞬だけで心を鷲掴みにされること間違いなしだと思います(笑)

・・・えーと、私の非常に主観的な感想をものすごーく正直に言うと、椅子から立ち上がってあらためて全身像をはっきり見ると、「ああ、やっぱり私はロン毛のアサちゃんがそんなに好みというわけではないなー」と思いました(爆・・・ごめんなさい)
純粋にビジュアルの美しさ、という点に限れば、私はポスターの方が好きです。
といっても、何回か観劇して見慣れてきたら、きっとやっぱりカッコイイと思うかもしれません。


カチャシシィは、まだ少女の格好をしている場面しか見られませんでしたが、普通に可愛らしかったです。
ただ、シシィは「私だけに」を聴いてみないことには、まだなんとも言えない・・・。


キリヤンフランツは、ビジュアル的にはいつものキリヤンでしたが(爆)、声が・・・話し方が、ものすごーく優しかった。
穏やかで優しい性格のフランツ、という役作りなのでしょうか、重臣たちに問いかける時の声が、なんだか春風のように優しいの。
シシィはきっと、「ハンサムな若き皇帝に恋をした」というよりも、彼の優しさに包まれて惹かれていったのだろうな、と思わせるようなフランツでした(笑・・・ビミョーにキリヤンに失礼でごめんなさい(汗))


あいちゃんゾフィは・・・見た目は、ハマってます。
確かにかなり若いっちゃ若いけど、威厳があってキツそうな皇太后にぴったり。
お歌は、直近の比較対象がハマコなだけに、そして月の前回が前回だけに、やはり弱いなとは思いますが、それでも、若い娘役としてはかなり頑張ってるのでは・・・。
(ま、今回、どうしてもあいちゃんには判官びいきというか、肩入れして見ちゃうわけですが)
「冷酷に~♪」とかのところも、あいちゃんの歌唱力に合わせて、あまり「に~♪」の音を伸ばさず、わりと強めに出して短く切るような歌い方なのですが、それがかえって強い感じが出てていいと思いました。


まさおルキーニは・・・まあ、まさおは上手い人なので、そこそこ出来てはいました。
私は前回雪エリザのキムちゃんの狂気をはらんだルキーニがかなり好きだったのですが、そこまではいかないかな・・・。
まあ、本番が始まればどんどん良くなると思うので、そんなに心配はしていません。
ただ、やっぱり体の線が細いよね。
生まさおを見ると本当に華奢な人なので、仕方ないかとは思うのですが、もうちょっと補正してほしいなぁ・・・。


そのかの黒天使はさすがでした。
4場、アサちゃんと黒天使の鳳月くんを観るのに忙しくて、あまりちゃんと観られてないのですが、ちらりと見ただけでもやっぱりカッコ良かったです。
ロン毛も今回は比較的成功・・・だった気がする(笑)

そうそう、黒天使がねー。
今回もかなり注目のメンバーぞろいですよね。
でも私、いつも、あまり誰が誰だかちゃんと分からないんですけど・・・暗いし(爆)
昨日は鳳月くん以外誰が黒天使だったか把握せずに観てたので、次回観劇時にはちゃんとメンバーを頭にたたきこんで、しっかりと全員を確認したいと思います。

鳳月くんは、想像以上にビジュアルがイケてた気がする。嬉しいです(笑)


重臣ズは、いやー、若いです。
だって、謁見の間にいるの、ルイスン、マギー、じゅねくん、華央あみりくん、すーちゃんなんだもの。
でもマギーはしっかり重臣らしく見える・・・あの貫禄がステキです(笑)
あ、そういえば、最後に「お車の用意ができました」(だっけ?)ってルイスンに言いに来る役がみっしょんでした。


親戚たちは・・・まず、ゆりあちゃんヘレネが激カワ!
弱々しい感じがヘレネにぴったり。
正直、私ならヘレネを選ぶな・・・と思いました(笑)

みっぽールドヴィカは、若くて綺麗なママ。
家庭教師おときちもめちゃ美人で、あれは絶対(東宝版のように)パパのお手付きだな、と思いました(笑)
親戚の中にいるとーやんは相変わらずキラキラの美貌だし、さりげなーく親戚のアルバイトをしてるあーちゃんがやっぱりとっても上品で美しくて思わず見とれました(笑)


とりあえず、こんなところでしょうか。
本番を観劇するのがますます楽しみになりました。






コメント

7回目のエリザ

おはようございます。

みんな若いな~なのですね。楽しみです。
専科の方は出演されないですし、黒天使はそのか以外はとても若い学年が多い。ゾフィもあいあいですしね。
・・でも、それだけではなく、全体の印象がそうなんですね。

「アパッショナード」の楽の翌日のエリザの会見で
小池先生が「パッション」とおっしゃったすぐ後に、
アサちゃんは「パッションばかりでも・・」と、やんわりとですが、珍しく先生の言葉を否定する発言をしました。
その時私も(そうだよね、同じイメージは避けたいよね。色々な引き出し、色を出したいよね。)と思いました。

でもきっとアサちゃんはそれ以前からもう、自分のトート感を造りつつあったのかもしれませんね。
7回目のエリザ、7人目のトート、ルキーニ・エリザも演じた瀬奈じゅんのトート。

普通に考えたら、「又エリザ?」の今ですが、アサちゃんはきっと新鮮なエリザにしてくれます。
会見の時にはきっと既に決めていた退団。
月組で組子と共に、今出来うる限りの舞台を見せてくれると思います。

鳳月くんは魅力ありますよね。観ますよ。
月の娘役もいいんですよね。・・わー、待遠しいです!
長くなりすぎてすみません。
どうもありがとうございました。6月には遠征します。

月の舞台稽古報告、嬉しいです。「はかなげな」・・なのですね?想像してみましたが、サウダージの姿が浮かんできて。雪とは登場からして違うのですね。新しい「エリザベート」の開幕なんですね。
鳳月君の黒天使・ビジュアルがいけてるのですか?壮か。東宝月・新人公演(友会で外れた・涙)観たかったのですが、本公演も楽しみになってきました。
予定どうり無事開幕できますように・祈

コメントありがとうございます

ジェイユさま>

初日も無事幕を開けたようで、まずはおめでとうございます。

舞台稽古といってもごく1部を観ただけなので、全体を見ると、またトートの印象も変わるかもしれません。

6月にいらっしゃるんですね!
私は来週2回(みりおルドとあひルド)を観て、もりえルドの回は楽近くになりそうです。

アサちゃんの覚悟の詰まったトート、楽しみにしています。

yumさま>

いつもありがとうございます。
「サウダージ」・・・そうですね。寂しげで悲しい色の瞳をしたトートでした。

新公、残念でしたねー。
私は今のところ観る予定なので、観られたらまた御報告しますね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/147-e775f92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード