6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛はどこに・・・@月組エリザベート初見辛口感想

月エリザ、26日11時の回(みりおルド)を観てきました。

プログラムもまだ買ってないのですが、とりあえず初見の感想を残しておきます。

が・・・すみません、たぶん超辛口になりそうな予感(爆)
月組の大ファン、出演者の大ファンという方は、スルーしていただいた方がいいかもしれません・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

席は1階上手の真ん中よりやや後ろ辺りでした。
もっと前方席で観たら印象が変わるかもしれません。
あくまで非常に主観的な感想ですので、勝手なことをいろいろ書き連ねますが、どうかご容赦ください。



先日、舞台稽古の一部を観て「みんな若いなあ」と思ったのですが、全編を観て一番思ったのは、やっぱり「新公みたい・・・」ってことでした。
なんというか、全体にものすごーく小粒な感じでした。

で・・・そう感じてしまう理由は、まあ、専科の出演がなくて若い組子だけでやっているとか、いろいろあるんでしょうが、一番の理由は、やっぱりシシィがカチャであること、だったと思います。
彼女は確かにそこそこ可愛らしいし、スタイル的には実在のシシィに近いと思うのですが、やっぱり、こんな大作のタイトルロールを演じるには、あまりに経験不足に見えます。
ただ単に大きな役の経験がないだけではなくて、娘役の経験じたいがないって、いわば二重のハンデでしょう。

それに、この作品って、やっぱりトートとシシィが対等に近い形で火花を散らす、というトップとヒロインのあり方が特徴だと思うんですが、やはり学年差、実力差、キャリアの差・・・がありすぎて、その構図が全く成り立ってないですよね。

そのうえ。

そこそこ可愛い。けど、絶世の美女というわけではない。
歌は、まろやかな声で、そこそこ歌える。でも、ヅカの正統派娘役らしいクリアなソプラノの声質ではないし、聞き惚れるほど上手、というわけでもない。少なくともたっちんみたいに、誰が聴いても納得、の歌姫ではありません。
芝居も別に全然下手ではないけど、特別上手いわけではない。・・・っていうか、シシィの心情が、あまり伝わってこない。

異例の抜擢をしてまで、なぜカチャがシシィでなければならなかったのか、という理由が、初見では見いだせませんでした。

確かに、あいちゃんにはシシィはニンじゃなさそうだし、しずくちゃんは歌が絶対無理だし、そう考えれば月組の路線娘役では人材がいなかったのかもしれませんが、それならいっそ、スターレイがあまりにも上品で美しかったあーちゃんシシィ見たかったな、とか、ちょっと声に癖はあるけど、すーちゃんシシィだって結構ハマったかもしれない、とか、いろいろ考えてしまいました。

カチャ、私は宙の若手男役の中では結構好きだったし、なるべく好意的に見たいと思っていたんですけどね。
少女時代はまあまあ可愛らしかったです。
でも、やっぱり年を重ねていくのが、まだまだ表現できてないかな。

それと、一番がっかりしたのが、最初の「私だけに」。
一応、だいたい音程どおり歌えてた、ラストの高音もちゃんと出た、ええ、それはもちろん、アサちゃんシシィよりはずっと楽に。
でも・・・それだけです。
あそこは、宮廷に入るということは翼をもぎ取られることなのだ、と初めて理解したシシィ、自由を失うくらいなら死んだ方がましだ、とすら思うシシィが、それでも死に逃げることなく自分の足で立ち上がり、生きて闘っていくことを決意する場面。だからこそ、観客は心を揺さぶられ、その歌声に涙するのです。
なのに・・・カチャシシィは、自由を心の底から希求してるふうにも見えないし、闘ってるようにも見えない。楽譜の表面をなぞって歌っているだけにしか聴こえないのです。

基本技術がないわけじゃないんだから、結局、大劇場という大きな大きな舞台で、役の感情を客席に届けるための技術、どうすればそれができるかという経験がないんでしょうね。
ムラの1カ月の間に、どこまで、ちゃんと心のあるシシィを演じることができるようになるか・・・少しでもそうなってほしいと願わずにはいられません。


すみません、のっけから超言いたい放題で(汗)
あとは・・・どうしようかな、とりあえずキャストごとに書いていこうかな。


アサちゃんトートは・・・綺麗、です。
でも、正直、「死」には見えない・・・普通の人間に見えます。

やっぱり私は、こないだ舞台稽古で見たせり上がり登場のけだるく椅子に座った姿が一番美しいと思いました。
立ち姿は、私の目には、なんだか意外に、あまりスタイルが良くなく見えてしまうのです。
(・・・って、超失礼な言い草で、アサちゃんファンの皆様、ごめんなさい!)
ロン毛で、しかも片方編み込みで顔を出してる部分が大きいのと、カチャが本当にありえないくらい小顔でしかも丸顔なので、アサちゃんがすごく面長に見えるんですよね・・・実物はあんなに小顔のアサちゃんなのに・・・。

他の人をオペラでチェックしていたりして、必ずしもトートをずっと見ていないので、もしかしたら的外れな感想かもしれないんですが、なんか、あまりシシィを愛しているようには見えないトートだな、と思いました。
「パッション」という言葉から思い描く、ストレートに情熱的な要素はほとんどなくて、小池センセはああ言ってたのに、このアサちゃんの役作り、演技プランに納得したのかな、とちょっと意外なほどでした。

つか、正直、トート閣下ったら、最後の昇天よりも、ルドルフの死の場面、みりおちゃんをぎゅっと腕の中に抱きしめてせり下がっていく時の方がずーっと嬉しそうに見えたんですけど・・・いいのかそれで(爆)

あ、ドクター・ゼーブルガーの場面で、シシィの胸元のリボンをスルスルとほどいて投げ捨てるのがエロかったですね。
ここは、瀬奈じゅんの真骨頂って感じで素敵でした(爆)

歌は・・・特に低音部が良くなってますね。
アサちゃんトートの歌で一番いいなと思ったのは、2幕の子ルドと歌う「ママ、どこなの・・・」の歌。
低い音が無理なくつややかな声で出ていて、余裕を持って歌いこなしていました。

・・・いろいろ感想ブログをのぞいてみた中に、「ショーみたい」っていう声があったのですが、これは私も思いましたね。
基本、トート閣下と黒天使たちのダンシングショー。合間にお芝居(爆)
でも・・・それがものすごーくクオリティが高いので、ショーでいいじゃん、って気もする(爆)
演じる人、演じる組の数だけ「エリザベート」がある。ショー仕立てのエリザ、っていう演出もありですよ。

・・・すみません、あと2回観る予定なので、アサちゃんトートに関しては、もう少し考察を深めたいと思います。


キリヤンフランツは、安定してます。
歌もいいし。
低音が苦手なキリヤン、心配だった書斎の場面の「エリーザベート、あけておくれ~♪」の出だしの「エ」の音も、ギリギリちゃんと出てました。

ただ・・・やっぱりビジュアルで夢が見られないのはつらいですね。
特に若いころの軍服が似合わないことったら・・・(爆爆爆)
ああ、あと5センチ足が長かったらねぇ。
2幕のどこかの場面で着てた、片方だけにマントを垂らしたような黒い軍服姿は比較的カッコ良かったですが。
あと、夜のボートの場面、よぼよぼしすぎじゃ?(爆)


まさおルキーニは・・・可もなく不可もなくってとこでしょうか。
もっとキレて弾けてほしいところです。まだキレイすぎる気がする。
キッチュのアドリブは、「そこのマスクをしてないあなたですよ」「流行り病には気をつけて」でした。


みりおルドルフは、ビジュアルは確かに可愛い、いかにも王子様らしい皇太子でしたが、持ち味的にはどうなのかな、意外とニンじゃなかったのかな、って思いました。
みりおちゃんってものすごーく健やかで強いので、ルドルフの破滅に向かっていくイメージにあまり合わないんですよね・・・。自ら死を選びそうにないタイプなんですもん。
どこからどう見ても少年なので、まあ、史実とは違って、まだ純粋な子供だったがゆえに、何の疑いもなく新しい国家への理想に燃えていたのが挫折して・・・という解釈で納得はできますが。


・・・ああ、眠くなってきた。
今週もう1回観るので、その後にあらためてきちんと観劇感想書きますね。


その前に、とりあえず、なんといっても今回の月エリザは、黒天使です!
黒天使イチオシ!
選りすぐりのメンバーで、幾つ目があっても足りませんよ!!!
私は黒天使を観るためだけに、チケット増やしても後悔はしないと思います(実際は、もうこれ以上増やせる日がなさそうなんですが・・・)

ソノカは超カッコイイし。
としちゃんは踊りがスタイリッシュだし、ゆりやくんは綺麗だし、もえちゃんとらんちゃん、2人の女子もカッコイイ。
(ちなみにらんちゃんはマデレーネもロリっぽいのに色っぽいという超ヒットです! もえちゃんも娼婦でセンターでメインで踊る役がすっごく目を引きます!)

そして、鳳月くん。
「サウダージ」の面影が全然ない、終始クールな無表情にドキッとします。
ながーい手足をいっぱいに使って綺麗に踊ってます。
ガタイの良さが買われてか(笑)、トートをリフトする場面(もう一人の黒天使と肩に担ぎ上げる)が2回くらいありました。
・・・つか、誰か、場面ごとに鳳月くんの立ち位置を整理して教えてくれませんか(爆)
黒天使が登場するたびに、暗い舞台にオペラを向けて鳳月くんを探してる(で、探しきれないまま次の場面にいってしまうこともままある)ので、同じ場面に出てるトートやセンターで踊るソノカがなかなか観られないわ・・・(爆)

鳳月くんは、フィナーレの男役群舞もすっごく良かったです。
大階段のフォーメーションでは、最上段にいるんだけど、本編のままのクールな表情で。
お芝居でも、学年の割に男役ができてる人だと思うのですが、ここでも、ちゃーんと男役のダンスを踊ってます。


ああ、まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、とりあえずここまで!












コメント

「このメンバーでの・・・」

眠い中、言いにくい中、
こんなに沢山、しっかり、正直に分かり易く書いて下さり、とても嬉しかったです。

ジェンヌが時々「このメンバーでしか出来ないこの舞台を・・・」と言います。
まさに、今回、あのメンバーではそうなった、そうならざるを得なかったのかもしれません。

2005年の月エリザは後から考えると、アサちゃんにとっては有難い高いハードル、課題だったように思います。
でも今回は少し無理が多かったのかな。
不自然な、小○先生の説明でも納得できない配役でした。

仕方ないです。
でも、とても楽しみです。
このメンバーのエリザ・・・なまものである舞台、この公演の成り行きをしっかり見届けたいと思います。
ももた様の評論は率直で、好きです。
ありがとうございました。又書いて下さいね。

↑ジェイユ様がこう仰っているのですから
モウ何も言う必要はなさそうです。
マタ次に観劇なさったときどう感想が変るか?
そして東京では、どうなるのか?楽しみが増えると結う事でしょう。
ただ静かに(といっても週末は、マダご贔屓のロメロ様が・・笑♪)
東上を待ちたいと思います。鳳月さんの位置は是非教えて・笑!
チケット増やそうか?博多貯金の為我慢するか?思案中・笑

ありがとうございます

ジェイユさま>

勝手なことばかり書いてしまっているのに、こんなに丁寧なコメントをいただき恐縮しています。
こんな内容なのに、あえて読んでくださって、ありがとうございました。
本当にごめんなさい。

正直、組ファンとしては、黒天使はじめ脇を観るのはかなり楽しかったです。
でも、主要キャストのそれぞれに物足りなさが残ることが、今のところ一番の課題かと・・・。
確かに舞台は生ものなので、少しでもより良い方に深化していくことを祈りたいです。

yumさま>

今日さっそく2回目観劇してきます。
感想がどう変わるか、自分でも楽しみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/151-24809786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。