6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

花組サイコー!!!@全ツ千秋楽観劇報告

花組全国ツアー千秋楽、行ってまいりました。
熱くて熱くて、そして、あったかくてやさしくてしあわせな、千秋楽でした。

今の気分は、私もゆうひさんと一緒。

花組サイコー!!!


2階席上手端での観劇でした。
傾斜が急なので、結構見やすかったです。

ただ、舞台転換の時に、左右に装置が動く時にキーキーときしんで音がするのと、カーテン裏でのトンカチの音があまりにも大きく響くのは、かなり興ざめでした(爆)

以下、順を追って覚えていることをだらだら書き留めます。


【コルドバ】

・幕あきから拍手がいつも以上に熱い。

・そして、熱くなりすぎて、まとぶんがえらいことになっていた(爆)
最初のビセントとのやりとりのところから、もう、熱くて熱くて暴走特急みたいにぶっ飛んでます。
でも、そんな野郎なまとぶんが愛しい(涙)

・ところで、あの、まとぶんの髪型は・・・どうなんだろう。
関西人の私には、たむけんにしか見えないんですが・・・(キャーッ、まとぶんファンの皆様、ごめんなさい)

・まとぶんは、お祭りの始まる前のところ、アンフェリータに「お祭りに連れて行ってね」と言われて「久し振りに・・・踊ろっか」っていう口調が、なんだかディスコでフィーバーしにいく(古!)若者のようなノリで、私の笑いのツボにヒットしてしまいました(爆)

・はっ、まとぶんのことばかり書いてる・・・。
えーと、ゆうひさんは、千秋楽も変わらず、渋くて端正な大人の男で、素晴らしかったです。
実は密かに私が好きだったのは、最初のロメロさんちのパーティーで、エバとおっかさんが「引っ込んでた方がいいんじゃないの、うんぬん・・・」と言ってる時に、舞台中央奥に下がって、そこでゆまちゃん、はるちゃんと談笑してるシーンです。
やーん、ゆうひさんとゆまちゃんがお話ししてる~(萌) 何しゃべってるんだろ、聞きたいな~っていつも思ってました。
綺麗どころぞろいの花娘たち、もっといろんなコと絡んでるゆうひさんを見てみたかったなぁ、と、それだけがちょっと残念。

・アンフェリータのひまわりの歌の後、フェリーペとのやりとりが終わって暗転の時に拍手がありました。私が観た中で、この場面で拍手があったのは初めてでした。


【RHSⅡ】

・幕あき、ウノ、ドスや妖精さんが出てきてもう始まってるのに、堂々と下手花道から舞台袖に入っていく裏方さんにびっくり(笑)

・妖精さんは、本公演の時よりもきゃぴきゃぴ度が大幅アップしてますよね。カワユすぐる・・・(笑)

・お魚さんの登場!
さっきの渋い大人の男と同一人物とは信じられない、とっても可愛らしいキラッキラの笑顔で踊るゆうひさんを観てると、私の頬も自然とニマニマしてしまいます。
まとぶん登場を出迎えた後、舞台後方から下手前方へ移動してくる途中で、鉢合わせするきらりんとだいもん(だっけ、まあくんだっけ、記憶が曖昧・・・)に、お魚さんの振りをしながら顔をちょっと突き出してご挨拶するのがとっても可愛くて大好きでした。

・カモメは・・・もう言うことないです。完璧な色男。
途中、ゆうひさんが下手側に寄って、また3人並ぶ前に、いつもはまあくんと、親指をぐっと立てて合図し合ってて、それが超カッコ良かったのですが、楽はピースだった・・・ような気がする。

・幽霊船は、なるべく皆をまんべんなく見ようと心掛けました。
でも、どうしても攻め攻めだいもんに目線がいっちゃうのですが(笑)
はるちゃんが、しゅん様(確か・・・)と踊りながらすごい顔芸してました(笑)

アドリブは、「この1カ月、幽霊さんも全国ツアーについてきたのね」
「いろんなことがあったねー。美味しいものもいっぱい食べたねー」
「皆さん、1カ月間、ありがとうございました!」
と最後にまとぶんとみわっちが三つ指ついて頭を下げてくれました(笑)

・トロピカーナの最後、めおちゃんとまあくんが、「千!」「秋!」「楽!」って叫んでた。
海に飛び込むところで、まあくんが妖精さんにちょっかいかけて(?)、妖精さんに蹴りを入れられていました(笑)

・中詰。
だいもんのソロのところが、なぜかムラのみつるバージョンと同じ「オラオラ~♪」になってた。
あれ? と思ったのですが、だいもんも微妙に照れ笑いしてたので、あれは素で間違えちゃったんですかね(笑)

「キサス、キサス、キサス♪」が終わって、組子たちが左右に割れて、ゆうひさんが舞台センター奥から歌いながらゆっくり歩いてくる・・・。
不意に、ムラ本公演の初日を思い出しました。
組子たちに迎えられて、羽根つきのキラキラお衣装で、堂々とセンターを歩いてくるゆうひさんを初めて見て、「ああ・・・ゆうひさんは本当に、花組の正二番手になったんだ」と思ったものでした。
あれは去年の5月の初め。まだ1年ちょっとしか経ってないなんて、信じられないですよね。

・まとぶん客席降り。
初めての2階席で、「1階席だと客席降りは最高に嬉しいけど、2階はやっぱ置いてきぼり感があるなぁ・・・」と思っていたら、通路で「皆さんこんにちは~!」って言うところで、わざわざ2階席から見えるところまで走って出てきてくれて、2階にもアピールしてくれました。
こういうところが、まとぶんの素敵なところですよね。
この1年、公演とか入り出とかでまとぶんの人柄にほんの少しですが接してきましたが、本当にいつも感じのいいひとだなぁ、と思います。
最後、貝は「千秋楽だから」と3個もプレゼントしてました。

・ひき潮。
ひき潮のゆうひさんを観られるのも、今度こそ、これが最後なんですね・・・(涙)
本当に、いつまでも見ていたかったです。

ゆひイチカの「ひき潮」は、わたしの脳内設定では、幼いころからずっと見ていて、自分のことを「お兄ちゃん」と呼んで慕ってくれていた親戚の少女(もしくは近所の子)が、「妹」ではなくて、いつの間にか「ひとりの女の子」になっていたことに気付いた、はじめての夏・・・という感じでした。

途中、2人が手をつないで、ステップで下手前から上手奥へ舞台を横切っていく場面で、ゆうひさんがイチカちゃんと手をつないだのを観た瞬間、なんだか切なさで胸がいっぱいになりました。
組替えして最初のDSから、ずっと、ゆうひさんを憧れのまなざしで見つめていてくれたイチカちゃん。本当にありがとう。

・海風。
まとゆひが2人で踊るところ、ゆうひさんがまとぶんの手を取ってくるっと回すような振りも、ムラ初日はまだなんだかぎこちなかったよなぁ(爆)。いかにも「回しますっ!」って感じだった。
それが、あんなに自然に、優しい手つきになって・・・。
その変化に、この1年で築いてきた2人の信頼関係が見えて、胸が熱くなります。

ゆうひさんが上手側に立って、2人で顔を見合せた瞬間、口角がうに~って伸びる、あの笑顔でまとぶんに笑いかけたのを見て、ぐっときました。

・ペドロの帰宅
ポニョのメロディーで「ペドロペドロはマリオの子~♪」って歌ってました。
その後の、組長さんの方言は、どこの方言だったんでしょう?

そして、客席から登場のゆうひさんは、いつも以上にハイテンションで。
2階から見る限り、お客さんは比較的おとなしかったのでしょうか、守山では皆われさきにと手を伸ばして握手してたけど、あんまり手を出す人がいなかったように見えました。
でも、ゆうひさんはノリノリ!
本舞台に上がってからも、ウインクはバシバシ飛ばすわ、「ヒューッ!」って普段は入れないところで掛け声かけるわで、超ゴキゲンでした。
お魚ちゃんたちも、すっごく盛り上げてくれて。
だいもんときらりん(だっけ・・・、あれ、はるちゃんかな? またも記憶が曖昧・・・)がゆうひさんの足にすがりつくところ、今日はいつもよりギューッとくっついてくれた気がします。

【ご挨拶】

まず組長さん。
「市川からスタートして、九州、山陰、四国などいろいろな所を回りました。
宝塚大劇場とは舞台機構が違って、でもその中で宝塚舞台のスタッフの皆さんが一生懸命頑張ってくれて、私たちも全国の方に宝塚の舞台をお届けしようと頑張ってきました。
今日まで一人の病気もなく、風邪をひくこともなく、駆け抜けてこられました。ありがとうございました」

地元出身者紹介。
まとぶん、京さん、めおちゃん、レネくん、だいもん、らんかくん、みちるくん・・・あと誰かいたかな、抜けてたらごめんなさい。
めおちゃんが思いっきりキザって投げキスして、客席大ウケ。いやー、いいですね、めおちゃんのこのキャラ。花組に行って、キャラ立ちして、すごく魅力が出てきましたよね。
その後、皆が同じように投げキスしていって、爆笑でした。

前にいた地元メンバーが本来のポジションに戻って、組長ご挨拶の続きです。

「このメンバーの中から、大空祐飛が宙組に組替えになります。
1年半という短い時間でしたが、時間の長さは関係ありません。太くて濃い絆が生まれました。
(ここで、まとぶんがうんうん、と大きく頷きながら聞いていました)
祐飛は宙の王になります。
(ちょっと笑いが起きて、ゆうひさんも笑顔になって)
え、そうですよね、名前の通り、宙の王になります。
野々すみ花ともども、花組から送り出せるのは誇らしいです。
お勧めの・・・いや、違うか、お勧め?(客席も組子も笑)・・・そう、お勧めです。
では、大空祐飛がご挨拶します」

ゆうひさんのご挨拶は、ごくごくシンプルでした。

「お勧めされた大空祐飛です(笑)
1年半という短い時間でしたが、花組で過ごした時間は本当に楽しかったです(あれ、微妙に違ったような・・・スカステなどで補足お願いします)
・・・花組サイコー!!!(大拍手)
これからも、花組を、そして宙組を、よろしくお願いします!」

これだけでも十分感激したのですが、なんと、まとぶんが、愛の大告白大会をやってくれました(笑)

ご挨拶の一番最後に、
「ゆうひさんがいなくなってしまうのは本当に寂しいのですが…。
(と言いながら、一瞬泣きそうな顔になって)
でも、こうして出会えて・・・。出会えたからこそ絆ができて・・・。強い絆ができたので・・・ね?
(と、ゆうひさんを振り返って同意を求めるまとぶんがカワユス。ゆうひさんもニッコリ笑顔でうなずいてました)
宝塚はひとつです。私も組替えしたから分かるんですけど、宝塚はひとつです。
これからも、花組VS宙組で…(2人で顔を見合わせて、お互いに親指をグッと立てて手を出してポーズ)競い合って、励ましあっていきたいと思います」

・・・下級生トップに上級生2番手。
お互いいろいろと気を遣うこともあったでしょうが、それを超えて、本当にいい関係を築くことができたんだなぁ、と実感しました。
ああ、まとぶんのようなトップさんの下で2番手時代を過ごせて、ゆうひさんもファンも幸せだったなぁ・・・と涙が出そうになりました。
そして、組長さんはじめ組子の皆も、本当に温かく迎えてくださったと感謝の気持ちでいっぱいです。
組長さんは、今後の予定のところで、花組だけでなく、ゆうひさんの博多座の予定もちゃんと言ってくれました。
(でも、アパッショナードが言えなくて、「あれ、なんだっけ?」とかgdgdになって、ゆうひさんがゆっくり「アパッショナード、です」と言い直してました(笑))

カーテンコールは2回。
2階席の後ろまでスタオベでした。
最後に皆が「花組サイコー!」って叫んで。

ああ、本当に、花組が大好きです。
ゆうひさんがいなくなっても、これまでと同じように、まとぶんと愛しい組子たちを心の底から応援し、見守り続けたいと思います。

コメント

ももた様、あ~んありがとうございます

まとぶんの髪型、たむけんは気がつきませんでした。そうか~たむけんやったんや~、なんだかあの一筋おろさないほうが良いとは思ってました^^;

ゆうひさんとゆまちゃん、私も妖しい色っぽい場面をもっとみたかったです、お祭りの場面もゆうひさんガン観してたので、ももた様のブログ読むまで絡んではるの誰だろうと思ってたんです、もったいないことしました^^;

RED HOT SEAⅡは一年ぶりの再演だから、ゆうひさんが以前にまして大きく成られたことがよくわかり、まとぶんを初め組子のみなさんとも親密度を増していることを観られるのがうれしかったです

ご挨拶

朝から読ませていただいてまたまた感動の涙です

ハッチさん、まとぶん温かいなぁ

その様子をこんなにもしっかりと伝えてくださって

本当にありがとうございました

投稿の時間を見ると4時半!!!

寝てはれへんのでは?

ももた様には本当に感謝です

お体に気をつけてくださいね

昨日はご挨拶だけで失礼しました。コルドバのまとめ②も鳳月君の立ち居地チェックも、そして上の千秋楽感想も、ジックリ今、拝見しました。本当に素晴しい濃い一年半の花組時代のユウヒさんでしたね。まだ終わってませんが、私達ファンも、どの作品も、始まるまで喧々囂々、始まってすぐは、どうなのよ?って作品も暫くすると、のってくる花組&ユウヒさんの熱演に此方も引き込まれ、千秋楽にはいつももっと見ていたいと思ったものでした。
某所にも先ほど報告してきましたが、すみ花ちゃんともども、こんなに温かく送り出してくれた、花組の皆さんには、頭が上がりません。

えるえるさま>

たむけんに・・・見えますよね、ねっ?
・・・って、まとぶんファンの皆さんから袋叩きにされそうです(汗)

丁寧に読んでくださって、本当にありがとうございます!


yumさま>

こちらこそ失礼いたしました。次の機会には、ぜひぜひいろいろお話しさせていただきたいです。

某所のオグリ楽報告も読ませていただきました。
会場全体の温かい幸せな空気が伝わってくるようで、嬉しかったです。
本当に、ゆうひさんもすみかちゃんも、それぞれのファンも、たくさんの愛情をいただいて幸せ者ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/155-6845d648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード