6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高のファミリー!

週2で試合があると、なかなか感想が追い付きません(汗)

もう今日は試合、しかも現在2位の川崎との首位決戦、前半戦の天王山ともいえる試合なので、その前に大急ぎで2試合を振り返っておきます。

J第15節(6月28日)  大分 1-2 鹿島
                  得点:小笠原、岩政
                  モト81分out(→コージ)

J第10節(7月1日)  名古屋 0-3 鹿島
                   得点:興梠(アシスト:モト)、野沢、マルキ
                   モト80分out(→コージ)

■再出発@大分戦

ソウル戦の悔敗から中3日。
肉体的にも精神的にも、疲労が残る状態。
J1で一番遠いアウェイ、大分への移動。
プロがサッカーをやるグラウンドとは思えない、ボコボコのひどい芝。
残留に向けて後がない必死の大分。

不安要素はたくさんあって。
ソウル戦で80分もプレーせざるを得なかったモトの状態も心配で。

まず、スタメン発表で、いつもと全く変わらない11人の顔ぶれに、まあ、予想はしていたけどホントに大丈夫なの・・・? とますます不安に。

案の定、前半は大分の必死の守備もあって攻めあぐね。
後半開始まもなく、先制点を決められてしまいました。

が。

これで皆、目が覚めましたね!
選手もそうだけど、まずオズが(爆)

早速の交代。

アライバさんキターーーーーーーーッ!!!(爆)

久々のイバ登場に、テンションだだ上がりです。

そして、いきなりのチャンス。

ノザのどんぴしゃのパスに走り込んで迷いなく足を振り抜いたミツオ。
素晴らしいボレーでした!

翌日のスポ紙報道によると、

>(ソウル戦では)延長戦も含め、1時間以上ロッカールームで過ごした小笠原はショックと悔しさのあまり、ユニホームを脱ぐことができず、白いタオルを頭からかぶり涙を流した。
>「負けた責任を全部背負う。お前のせいじゃなく、オレのせい」とPKを失敗したDF内田らに声をかけたという。

。・゚・(*ノД`*)・゚・。

人一倍負けず嫌いのミツオ。
どんなに悔しくて、自分を責めたことでしょう・・・。
本当に、ミツオが点を決められて良かった。

そして。
愛され主将の意地の同点弾に、仲間たちが燃えないわけがありません。
ここから火がついたように押せ押せムード。

いやぁ、やっぱ、左サイドを駆け上がっていくイバを見るのは爽快ですよねぇ。
パクちゃんもいいコだし頑張ってるし、効いてる試合も確かにあるのですが、やっぱ攻撃面はどうしたって物足りないもんねぇ。
生観戦した4月のサンガ戦もそうでしたが、イバが入った途端にチーム全体が息を吹き返すような感がありありとしますよね。

で、イワマサの逆転弾。
モトも嬉しそうですが、アツトの喜びようが凄かったですね。
ソウル戦で最後のPKを外した後、魂が抜けたようになってたアツト。
あれは、思えば、アツトのこれまでのプロ人生で最大の挫折だった気がしますもんね・・・。

モトは81分でコージと交代。
一緒にプレーできなかったのが残念ですが、コージがきっちりと試合をクローズしてくれました。

ここで勝てたのは大きいね。
負ければ精神的にズルズルいきそうだったので、安心しました。
しかも、先行逃げ切り方のウチが、しっかり逆転できたのも頼もしい。
(ま、先制されないにこしたことはないのですが)

2試合続けて80分出たモトは、左膝がアイシングでぐるぐる巻きにされてましたね。
ガンバ戦の時のコージみたいだった・・・ちょっと心配。
でも、ご機嫌は麗しいようで、最後、スタンドのカメラ(orお知り合い?)に至近距離でピースしてたのが、やっぱりいつものモトで可愛かったです(笑)

・・・大分さんは、つらい状況ですね。
勝負事だけにウチも譲ることはできませんでしたが、去年はあんなにイキイキと躍動していたチームがこんなふうになってしまうとは・・・。
試合終了後のサポとのやりとりも心が痛みました。

ウチは今、ゴール裏と選手の関係もいたって良好で、幸せな関係だけど、これもやっぱりチームが強いからこそですよね。
私は本気で鹿サポになったのが2002年からなので、ナビスコの優勝以来、ずーーーっと勝てないチームを見てきて。
そしてその間、秋田さんの退団の件や本田さんとの一件とか殺伐とした状況があって・・・。
ゴール裏の看板を決して越えてきてくれない選手たちを、本当に悲しい想いで見ていた時期もありました。
だからこそ、今のこの幸せな蜜月が夢のようで。
満強化部長もおっしゃってましたが、私たちの趣味はやっぱり「鹿島が勝つ試合を見ること」。
よそさんからは時につまらない、と言われるウチの戦い方ですが、私はいつもすっごい楽しくて仕方ないんですよね。だって、ちゃーんと勝ってくれるんだもん(爆)
いつも全力で頑張ってくれている選手たちには本当に高いハードルで申し訳ないのですが、それでも、いついつまでも勝ち続けるアントラーズと、サポとの幸せな関係が続くといいなぁ、と願ってやみません。

■ファンタスティックな勝利@名古屋戦

そしてチームは、大分から直接名古屋入り。
自宅に帰れないのは大変なのかもしれませんが、ちょっとした合宿気分で結構楽しそう(笑)

中3日ですがやっぱりいつもと同じスタメン(汗)でキックオフ。
ですが・・・この日のアントラーズは一味違いました!

前線の4人、マルキ、コロ、モト、ノザの息が面白いくらいぴったり。
美しい連動を見せてくれます。
2005年のアレノザモトミツのファンタスティックなプレーをちょっと思い出します。
前半、ミツオ(たぶん?)からのクサビのパスをモトがヒールでワンタッチでマルキへ、マルキからコロ、再びモト、そして右から走り込んできたノザにパス、ノザがシュート、の流れが素敵。

1点目。流れの中で崩した素晴らしいゴールでしたね。
まず青木のフィードが正確で力強い。右サイドを駆け上がるアツトにピタリ。
大きく跳ねたボールだけどアツトのトラップも巧かった。
アツトがモトにパスして、モトは中央のマルキへパスすると同時に前へダッシュ。
マルキも完全に分かってて、すぐにモトへリターン。
去年のモトは体のせいもあったのか、この「パス&ゴー」が少なかった気がするのですが、今年は結構しっかりパスの後ダッシュしてますよね。ガンバ戦のゴールシーンの時も、こけそうになるところを踏ん張ってダッシュして、アツトからリターンをもらってた。
そして、モトは中央に走り込んで来るコロをしっかり見て、一番打ちやすいタイミングに合わせて優しいパス。
コロのシュートもパーフェクト。
ゴール後、コロとモトが2人で両手を大きく広げてゆっくり歩み寄ってハグするのが超可愛い(笑)
そして、そこに駆け寄ってきて2人を包み込むように抱き締めるマルキが超カッコヨス(笑)

2点目は・・・あのヘンタイプレーはなんなんですか(笑)
左のパクちゃんから中央に流し込んできたパスを、モトがスルー、コロもスルー、前から戻ってきたマルキもスルー(というかこれはタイミングが合わなかっただけ?)で、最後に右から走り込んできたノザがしっかりDFを振りきってゴール!
全員がイメージを完全に共有しているからこそできるプレーですよね。
ノザのゴールの瞬間、大喜びで猛ダッシュで駆け寄ってきてぎゅーっとノザの腰に抱きつくモト、相変わらずノザが点決めると喜びすぎ(笑)
ホントにノザ好きですよねぇ(笑)

そして3点目。
ノザからのパスを胸トラップからダイレクトボレー。
・・・がコロにブロックされて(爆)、こぼれ球をマルキがしっかりゴール。
モトのボレーが決まってたら超カッコ良かったんですが、微妙に枠を外れてたようにも見えるので、まあ、結果オーライということで(笑)
足の状態が万全じゃない中、驚異的な運動量で頑張ってくれてるマルキへのプレゼントゴールということで、良かったんじゃないでしょうか。

雨の中、疲労もあるはずなのに、皆が心から楽しそうにサッカーしてるのが印象的でした。
最後、危ないプレーもソガがきっちり押さえて完封。

ああ、なんでこんな面白い試合を現地で見られなかったんだろうorz
瑞穂なら平日夜の試合終了後でも新幹線で帰ってこられるので、1週間くらい前まで行く気まんまんだったのですが、急に、1日は夕方からどうしても外せない仕事があることを思い出してがっくり・・・。
うう、次は8月の神戸戦まで無理かなぁ(涙)

ゴール裏への挨拶の後、なぜか全員で円陣を組み出したと思ったら。
遠征中に生まれたソガの第2子誕生を祝う、豪華版ゆりかごでした(笑)
こーゆーことが自然にできるのが、アントラーズのいいとこですよねぇ。
(いや、まあ、本来はゴールシーンでやろうとしてたけどノザ以外皆忘れちゃってたらしいですが(汗))
コロとかが、ソガを円陣の中央に押し出そうとしてるのが微笑ましいし、それを「いやいや・・・」と照れ笑いしつつも本当に嬉しそうなソガの様子も微笑ましいです。
ノザのコメントによると、遠征中、宿舎でゆりかごの練習したり、勝手に名前を考えたりしていたらしく。
雰囲気の良さが伝わってきますよね。

ああ、彼らは本当に最高のファミリーなんだなぁ、と見てて嬉しい。
そして、私たちもそのファミリーの一員なんだと思うと、心から誇らしいです。

ちなみに、その後の携帯モバイル情報によると、みんな好き勝手に赤ちゃんの名前を考えている様子。
「満男なんてどう?」と振られて全力で否定するソガが面白すぎます(笑)
ミツオんちの坊やと同級生になるんですねー。
何年後かには、パパたちの横でクラブハウスでボールを蹴り合うジュニア2人が見られるかもしれませんね。
それにしても、アスリートのヨメってやっぱり大変だなぁ。
夫が何日もいない中でも出産しなきゃいけないんだもんね。
私の場合は特に1人目の時は陣痛が24時間以上続いた難産で、最後の方は何時間もずーっとオットにさすってもらってなければ1秒も耐えられない、って感じだったので、夫の付き添いなしで出産するなんて考えられないわー。
奥様方、いつもいつも大事な選手たちを支えてくださってありがとうございます。
本当に頭が下がります。

一方、名古屋の選手たちは、完敗に打ちのめされてた様子。
ピクシーも、後半からほとんど指示も出してなかったそうで、試合後コメントはウチを大絶賛してましたね。
確かに雨がひどくなるにつれ、ウチの選手たちの基本的な技術力の高さ、正確さがきわだって見えました。
ピクシーといえば、現役時代のあの、雨の中、リフティングでボールを長距離運んだプレーを今も思い出すだけに、自分のところの選手たちが歯がゆいんでしょうねぇ・・・。


そして、この間の重要ニュースといえば、修人くんの湘南へのレンタル移籍。
まさに電撃発表でしたね。
1日から向こうの子になっちゃったので、皆に挨拶もできずに行っちゃったのがちょっと寂しい・・・。
でも、以前からかなり試合に出たがってたので、J2で頑張ってくるのも良いのではないでしょうか。
正直、修人くんのプレーはイチフナでの選手権でのゴール以来見てないので、現状がどんなレベルなのか分かりません。
行ったからには、活躍してくれるといいなぁ。
でも、半年後にはちゃんと戻ってきてくれますように。

ブログを始めた石神くんが、なんだかセレッソに居つく気濃厚になってるだけに(爆)気になります。
それにしても・・・石神くんて、あんなにイケメンでしたっけ。
男は仕事で自信がつくと顔つきが変わるんですかねぇ(笑)
ブログで先日、ラーメン食べてる横顔の写真がアップされてたんですが、それが、フェロモンだだ漏れで(爆)
あんなに色っぽい顔でラーメン食べてる男のひとを初めて見ました(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/176-f6c7ece2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。