6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

花組退団者

「ミーマイ」感想がまだ途中なのですが。


昨日は夜遅くまで仕事で外に出ててPCを触ってなかったので、今ごろ花組退団者のニュースを知りました。

マメちゃん・・・・・・orz

ただただショックです。


2009/07/23

花組 退団者のお知らせ
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(花組)
日向 燦
紫陽レネ
聖花まい
嶺乃一真

   2009年11月22日(花組東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団



信じられない・・・。
いや、信じたくない・・・。

マメちゃんだけじゃなくて、全員、大事な大事な銀ちゃん組のメンバーじゃありませんか(涙)


マメちゃんがこんなに早くやめるなんて想像もしていませんでした。

最初にマメちゃんを認識したのは・・・「ファントム」新公かなぁ。
カルロッタ@さーやちゃんの夫役だったんですよね。さーやちゃんと2人でものすごいインパクトある演技で場をさらっていて、花組の若手には強烈な芸達者さんがいるんだなーと印象に残ったけど、その時はまだ花担じゃなかったので、名前も分かっていなかったんだよね。
「日向燦」としてちゃんと認識したのは、たぶん「舞姫」が初めてですね。
岩井くん、ちょっとやりすぎと感じるところもあったけれど、日ごろのタカラヅカの芝居にはないほど作り込んだ「かっこよくない」キャラクターが印象的でした。

ゆうひさんが花に組替えしてからは。
「銀ちゃん」のトメさん。
「太王四神記」のイルス。
ゆうひさんの花での思い出と切り離せない、大切な大切な存在でした。
トメさんが、階段落ちの前のみつるが荒れてる場面で、専務がスポンサーを殴った後、専務に向かって深々と頭を下げる芝居が大好きで、いつも号泣でした。
イルスは・・・本当に、あんなに全力でひたむきにホゲさまを愛し、ついてきてくれた部下を他に知りません。
先日、星組本公演と新公を観たら、やっぱりイルスのホゲさまLOVE度が全然違ってて、花組版でホゲさまの悲劇性があそこまで高かったのは、マメちゃんイルスの献身的な、あの体温の高い演技のおかげも確実にあったなー、としみじみ実感したところでした。

「オグリ」のよろず屋主人もさすがでしたが、私は日光月光菩薩の美形っぷりの方が好みでした。
そして「ミーマイ」。先日のエントリーにも書いたように、マメちゃんにしかできないアプローチでフレディを演じていました。

ああ、本当に得難いジェンヌさんだったのに。
ただただ残念としか、言葉がありません。


レネちゃん。
「銀ちゃん」の保険屋さん、楽アドリブで「ハンコをー!!!」って言いながららいらいに引きずられていく姿が好きでした(泣笑)
この間の「フィフティ・フィフティ」では副村長、石田センセにセクハラまがいの(爆!)セリフを言わされていましたが、王子の村長と絶妙のコンビでいい味を出してくれてて、これからもっと味のある役が増えていきそうだな、と思っていた矢先でした。

聖花まいちゃん。
ちょっとくせのある個性的な美貌がいつも印象的でした。
「銀ちゃん」の女医さんは、ホントにぴったりでしたよねー。白衣があまりにもお似合いで。ちょっとツンとした感じなのかなと思いつつ、最後に小夏に掛けるいたわりの言葉に同じ女性としての優しさがにじみ出てて、すごくいいなと思ったものでした。
ホステスは確か和服でしたよね。こちらも、最後のスケ番も迫力ありましたよねー。
「コルドバ」のエバの友人リサ役も良かったです。
これから、もっと大人の女の役ができそうな役者さんだったのに。

嶺乃一真くん。
最初のころ新公で抜擢されてるのを観た時は、あまり理由が分からなかったのですが、だんだん目に留まるようになってきて・・・。
「アラビア」のメドヘッドよりも、やっぱり「太王」のチュモンが可愛かったですよね。
新公のサリャン、最期の場面のお芝居はまだまだだったけど、とっても綺麗だった。サリャンが最初に登場した瞬間、大劇場じゅうの観客席で一斉にプログラムをめくって確認したのが分かったくらい、目を引きました。
まだまだこれからの年代なのに・・・。

ああ、4人とも、よりによってベルばら退団だなんて・・・orz
大介センセの愛に期待するしかありません(祈)
ご卒業のその日までタカラジェンヌとしての生を完全燃焼されることを、ただただ祈ってます。


そして、「ベルばら」配役も発表されていますね。
作品が作品なだけに何も期待はできないのですが(爆)、ただ、めおちゃんフェルゼンはかなり見たい!(笑)
新公は、あまちゃきがマリーズなんですね!
「フィフティ・フィフティ」で衝撃の花組デビューを飾ったあまちゃきなので、この配役は順当だと思います。
主要3人以外の配役も、オスカル大河凛くんは可愛いし、アーサーのベルナールは男くさいイメージがはまるし、瀬戸くんのアルマンは・・・どんな役か分からないけど(衛兵隊だそうですが)とりあえず軍服姿が綺麗なのは鉄板だし、鳳くんのフェルゼンもなかなか楽しみです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/183-460d269e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード