6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の博多座お茶会報告!

すっかり放置で申し訳ございません。
オットの実家に帰省したり、仕事も煮詰まってて物理的にも精神的にも余裕がなかったり・・・でなかなか更新できませんでした。
それもこれも、すべては無事お茶会に馳せ参じるため・・・!(笑)

で、行ってまいりました、ゆうひさんのトップ就任後初の記念すべきお茶会!!!
ゆうひさんはいい意味で変わらなくていつも通り男前で、私たちファンへの感謝を素直に言葉で表してくれて(涙)、Sで(爆)、すみかちゃんにデレデレで(照)、楽しくて楽しくて幸せでした。

いまは始発の新幹線で帰ってきて、会社で休日出勤をしております(爆)
1年に1回まわってくるかこないかの電話番が当たっちゃったの・・・orz
これがなければ今日昼も観たのに、入り待ちもしたのに・・・(泣)

昨日は七弐さま、ジェイユさまとご一緒で、お茶会の後、近くの屋台で祝杯を挙げました。
とっても楽しかったですが、昨夜ホテルに帰って寝たの2時、起きたの5時前だよ・・・(泣)

では、周囲の目を盗みつつ、こっそりご報告したいと思います(笑)

なお、ゆうひさんのご発言は一字一句正確ではないところがあると思いますが、ニュアンスをお汲み取りくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。



ご入場~乾杯

もちろんいつも通り、ゆうひさんのご到着を待ってる間にスタッフさんの指導のもとたっぷり練習済み(笑)

お芝居の鬼の酒盛りの場面に茨木が登場する時の、

大江山にかくれもなき、茨木童子にて候」というゆうひさんのセリフ(録音)が流れ、ゆうひさんが扉のところにご登場。
その瞬間、会場内に喜びを抑えきれないどよめきが。

今回も、お着物です~~~!!!(嬉)

私たちは羽黒@天羽さんのセリフ「待ってました~!!!」を叫んでお出迎え。
ゆうひさんが場内を練り歩きながら壇上にたどり着かれるまでキャーキャー黄色い声を上げて拍手でお迎えします。

あらためて、今回のお召し物。
夏着物です。
渋い紺色の(よく見るとごくごく細い白の縞が入ってたような・・・)透ける生地で、濃紺(黒かも)に金色?の縞入りの帯をきりりと結んで。
足もとはナマ足に下駄(雪駄?)。真っ白い美しい足の指(マニアック・・・(爆))に黒のビロードっぽい太い鼻緒が映えます。
イメージ的には書生さん風な感じ。
でも、首に白からベージュ、茶色、焦げ茶のグラデーションのストールをぐるぐる巻いて長く垂らしてるのが、素人には真似のできない着こなしです。

壇上には大きな樽酒が用意されています。
トップご就任をお祝いする鏡割りです。
樽酒を見たゆうひさんも「すごいですね~。存在感バツグンですね」と笑顔。

スタッフさん「ゆうひさん」
客席「おめでとうございます! せーのっ!!!」
の掛け声に合わせて、ゆうひさんが鏡割り。
ホテルのスタッフが升の用意をしに来ると、「これ、いただけるんですかね」と飲む気まんまんなゆうひさんがカワユス(笑)

乾杯のご挨拶。
皆様、今日はようこそ博多までおいでくださいました。博多にこんなにたくさんの方が集まってくださって嬉しいです。初日から皆さんが盛り上げてくださって、元気百倍といいますか、本当に楽しく毎日やらせていただいてます。本当にここまでこれたのも皆のおかげです。今日は楽しんでいってもらいたいと思います。かんぱーい!」
私たちはペットボトルのお茶で一緒に乾杯しました。

公演のお話

Q:初日の幕が開いて、主演男役として舞台に立たれた率直なお気持ちは。

うーん、この博多座はプレお披露目といいますか、次が本当に全員集まっての新生宙組スタートなんですけど、その前に第一歩として、私の中ではあまり気負わずに、楽しみたいなーと思ってやってきました。初日の幕が開いて、アンコールで緞帳が上がった時に、すっごい温かい拍手をいただいて、その時に、ああ、こんな風に祝福していただけたり喜んでいただけるんだったら、本当にここまで頑張ってきて良かったなーと思いました。それを日々噛みしめながら公演できる幸せを今は味わっています」

Q:「大江山花伝」と最初に聞いた時に、PB1の扮装を思い出したファンも多いですが、茨木童子を実際にされることになって、不思議な縁とかを感じられましたか。

そうですねー、ホントにびっくりしましたねー。PBで扮装したことはもちろん覚えていたけど、次の作品なんだろうって考える時にはそんなこと忘れていたし、あの時は確か“人間じゃないもの”をやろうと思って扮装したんですけど、こんな形でこの作品に巡り合えるのは幸せというか・・・作品自体好きだからその時選んだんですけど、でも、その時は自分がこの作品をやることになるとは思っていなかったし、今回、柴田先生はじめスタッフの先生方が『大空に合っているから』って言ってくださって・・・。そういうものでスタートを切れるのは、本当に私は恵まれてるなーと思いますし、この作品が今まで上演されずに残っていてくれて本当に良かったなと思います」

Q:初日から涙、涙で・・・。茨木さんは鬼と人間のハーフでご自分の中の善と悪に苦しんでおられる役ですが、まさにこの作品のテーマでもある、その茨木さんを演じていて、ゆうひさんは毎日どんなお気持ちですか? 苦しい思いをされてませんか?
(この質問をするスタッフさんの、あまりの熱のこもりようが微笑ましかったです。本当に心底心配そうな、半ば涙声のような、ゆうひさんをいたわるような口調で・・・司会者、スタッフさんというより、ファン全員の声を代弁してくれたファンの鑑、という感じでした)

「(そのあまりの想いの深さにちょっと照れくさそうに苦笑するゆうひさん)
そうですね、最後の藤子が言う長ゼリフがありますよね、『あなたこそ人間らしい人間なのよ』っていう。これが今回のテーマだと思うんですけど、これは純粋な人は皆感じるんじゃないかな、と・・・。その辺がお客様のハートに伝わってほしいなという思いもあって、自分自身がその辺えぐり出して演じなきゃいけない部分もありますし・・・。
すごく繊細でデリケートですよね、茨木って。一番ピュアな人というか鬼というか・・・。でも逆に、人間社会で普通に対応して生きてる自分の方が鬼に近いんじゃないかな、と最近すごい感じていて。生まれてきた時の純粋なままの自分でいると、ああいうふうになるのかな、と・・・。そこに立ち返って演じるというか。まあ、別に、今がものすごくけがれてるわけじゃなんですけど(笑) でも、あんなふうに悩んでられないじゃないですか。
ああいう繊細な役ってよくよく私まわってくるんですけど、そういう役をやる時は、まあ・・・苦しむっていったら苦しみますね


Q:お稽古期間も短かったですね。

そうですね、本当に今回短い期間で、お芝居とショーと、まるまる大劇場公演分を作らなきゃいけなくて、タイトなスケジュールだったんですが、でも、短い期間の中で皆で必死になって作ったことが逆に団結にもつながったし、プラスになったと思います。お稽古中は大変な思いもしましたが、そこで苦しむだけ苦しんだら、その分すごく楽しめるので

Q:日本物の苦労は。

日本物は何回かやらせていただきましたが、鬼というのは初めてですし、日本物でああいう下ろした鬘で金髪で、しかも着物でっていうのは初めてで・・・。今回、本当に着替えが大変なんです。だから、舞台裏の部分で、着物を着る時って、スーツとかはね、仕立てさえ綺麗に作っておけば着ればその通りになるんですけど、着物は毎回毎回自分で合わせ方次第で仕上がりが変わってくるので、そういうところも神経使いますしね

Q:舞台上でも、お着物なのに激しいジャンプとかありますよね。

「(フフッと笑いながら)ジャンプといいますかこう・・・いや、まあ、ジャンプなんですけどね(笑) 実際大変ですよ。演じてる時は大変だとか思わないんですけど、父子の場面・・・酒呑童子と2人の場面っていうのは、酒呑童子は歌ってるんですけど、私は鍛えられて踊らされて・・・。『本当にしんどい、お父さん』って言ってるんですけど、そしたらお父さんが『すいませーん、わたし歌ってるだけで・・・』って(笑)

この、いりすくんの口真似が、ものすごーくヘナヘナっとした気の弱そうな声で、客席もツボにはまって爆笑。

お父さんねー、本当に普段は温和な人で(笑)、こんな温和な人がいるだろうか、っていうくらい温和な人なんですけど、舞台の上では厳しいですのでね、『教えることがある、来い!』って言われると、さあ始まるぞって感じで。ショーも含めてこの公演の中で一番あの場面がハードですね

Q:会場にお越しの小学生の方からの質問です。私のお母さんは怒ると鬼のように怖いのですが、ゆうひさんが鬼のように怖い人は誰ですか?

うーん・・・
とちょっと考えるゆうひさんに、司会のスタッフさんが「今、十輝さんのお話ありましたけど、逆にお芝居ではこうだけど実際はこう、という人はおられますか?」となどと言いながら、ちょっと何言ってるか分からなくなってグダグダになって。

え、どういうこと? こんな役だけど実際は怖いよ、っていう人? そんな人いても言わないですよ!(会場爆笑)
たぶん私が一番怖いんじゃないですか(笑) 今、私の周りに鬼のように怖い人はいませんね。幸せですねー。
でも、宙組に来てお稽古始まってすぐくらいに、下級生の子に『ゆうひさんってSキャラですか?』って言われて(笑)
(会場爆笑)
あの、べつに、フツーだったつもりなんですけど(笑) いつもの通り振る舞っていたら、若干、下級生が『ゆうひさん、Sキャラなんですかっ?』(おびえたような下級生の口調真似(笑)って。大丈夫かな、と思って、『皆、もしかしてグサグサ傷ついてた?』って聞いたら、『いや、大丈夫です!』って(笑)

Q:たぶん皆さん、そういうところにも惹かれていっちゃうと思うんですよね(会場笑・・・スタッフさん、ホント、最強のユヒヲタですね(笑))

そうですね。まあ、さじ加減してるので。昔はよくさじ加減を間違えて、ちょっとこてんぱんになってたんですけど、最近は、ドSに・・・こう、なんていうんですかね、だんだん寄ってくるドMキャラを見つけるのが上手くなりまして(会場笑)、そうやって、いじられることが快感って人もいるんですよ(笑) そういう人を、私なりの可愛がり方で可愛がるっていう・・・宙組でいう鳳翔大みたいな感じですかね」(会場、この日一番の大爆笑)

Q:ショーについて。月組さんの再演ですが、ご自身でやると決まって、一番これか、と思ったシーンは。

あー、中詰の男役が女役をやるところ(苦笑)(即答!)(会場笑い)
私、ここ変わるかなと思ったんですよ。月組ではアサコとキリヤンがデュエットしたんですけど、そこがすみかになるって聞いたんで、ってことは普通なのかなーって。そこは一番に先生に『あそこどうなるんですか』って聞いたんですけど。ほら、宙組っておっきい人多いし。ま、可愛いかもしれないけど(笑)、どうなんですかーっ?って聞いたら、『いや、あそこがアパッショナードの売りだから』って(会場笑)
『売りなんだ、そこ!』って(笑)
で、アサコにも『あそこどうなるの?』って聞かれて、『や、あのまんまらしいよ』って言ったら、『あ、そうなんだー』って。『あそこが売りなんだって』って言ったら、『え、売りだったんだ!(驚)』って(笑)。ま、売りっちゃー売りなんですけどね


ああ、お茶会でゆうひさんの口から「アサコ」っていう言葉を聞くのいつ以来だろ(感涙)
もう、これだけで行った甲斐はあったと思いました(爆)
しかもね、この、アサちゃんのセリフ部分が、いかにもアサちゃんっぽい口調で早口で真似してて、萌えました~(笑)

Q:皆さん、かっこいい女性ですよね。

そう、それが目標なんですよ! かっこよくて綺麗な女たち、っていうのがね。まあ、最初はね、稽古場初日は怖かったですけど、1時間もしたら見慣れたというか、可愛くなってきて。今はホントに皆可愛いです(笑)
全員とは絡まないんですけど、何人かと絡みがあって、前(月組版)はもうちょっと下級生と絡んでたんですけど、今回はそこをかっこいい女たちでやるってことで(笑) 振付の時に、最初にまさこちゃんから始まって、全員来るんだと思ったんですよ。そしたら3人目くらいで、はい、ここまでー! ってなっちゃって(笑) 若干残念だったですね。できれば皆ともっと絡みたかったなーって


Q:幕開きはいつごろどんな形でスタンバイしているのですか。

まあ、開演したころにはいます。ま、すぐですけどね。あれは自分では着れないので、何人も・・・道具さん、進行さん、衣装部さんとかが着せてくださって、本当に自分は動けないので、衣装部さんがはめながら下りていって最後に整えてくれて、って感じですね。あれはもう自分では何もできません

Q:藤井先生のショーは初めてですよね。

そうですね。『から騒ぎ』以来なんですよ。何年前か分からないけど。でも、私、藤井先生のデビュー作に出てるんですよ、『NON STOP!』っていう。あれデビュー作なんですよ。で、あの時は、バウですけど、前半がお芝居で後半がショーで、なんと藤井先生がその時初めての演出で、自ら振付もしたんですよ。今、宝塚であの振付を受けたの2人くらいしかいないと思うんですけど(笑) ま、そういうご縁もあって。久しぶりで、でも、先生もどんどんいろんなカラーのショーを作っていらっしゃって・・・お互い感慨深かったですね

Q:新場面について

最近はそこまで瀕死じゃないんですが(笑)
あの時間帯って劇場に一番すごく熱がこもってくる時間帯で、私はすごく好きなんですね。中詰後のああいうちょっと内容の濃い場面。あそこにああいうドラマ性のある場面ができて嬉しかったですし、私、9年前に博多座に来てるんですけど、その時に『BLUE MOON BLUE』っていうショーで戦士の役をやってるんですよね。銃を持って、戦闘服を着て。すごい不思議な感じで。ファンの方にも言っていただいて。
前はライオンだったんですよね。でも、大介先生と話してた時に、『なんかユウヒは肉食系って感じじゃないよねー』って。え、草食男子? みたいな
(会場笑)
戦場で孤独と戦って孤独に死んでいく、っていうイメージかなって。なんか淋しいなーって思ったんですけど(笑)、でも、振付のKAZUMI-BOY先生もそうおっしゃって。あと、私でドラマ性のある場面を作りたかったって言っていただいて。
後半(ラグリマの場面)の作りは変わってないんですけど、すごく深いドラマ、いい流れになって、私はすごく気に入ってます。


ちなみに、お話しされている間、右手を頬杖をつくみたいな感じで立てて、左手を右肘の辺りに添えたポーズをされることが多くて。
右腕の、肘から下の真っ白な内側がむき出しで、ジェイユさまと「お着物っていいですね~ナマ腕が拝み放題で」としみじみ。眼福でした(爆)

ここで1回目の握手会。

ゲーム「大空家電」

「大江山花伝」にちなんで(笑)、「大空家電」が誇る最新型家電製品の値段を高い順に並べるゲームです。
ラインナップは、冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、掃除機、洗濯機の5点。
お茶会開始前に先に各自、回答を書いておきました。

それぞれの商品を説明するスタッフさんは、司会者さんに呼ばれて「あいあーい!」と鬼の子どものお返事で登場(笑) みんな角をつけてます(笑)

で、最後に登場した「大空家電」イメージキャラクター兼社長(笑)は・・・某ビ○グカ○ラのCMの音楽に乗って颯爽と登場(笑)
お着物の上から赤いハッピを羽織って、赤いメガホンを持って。
首からぶら下げた社員証には、プログラムの蜜蜂ユウヒさんのお写真の顔部分が貼ってあります(笑)

スタッフさんが商品説明をするのにツッコミを入れたり、説明を受けてもう一度皆が答えを再考する時間となりシーンとすると、なんかしゃべって場をもたせようとしてくれたり、相変わらずサービス精神旺盛なゆうひさんです。

最後に、社長が値段の安い順から答えを発表。
5問全問正解者が結構多くてびっくり。
賞品は、スタッフさんお手製の、家電屋さんのチラシ風にゆうひさんの写真や見出しをちりばめて作った博多座公演宣伝チラシでした(笑)

ちなみに、ダ○ソンの掃除機、「これ欲しいなと思ったけど、結構大きくてかさばるんですよねー」と言ってしまった後、「あ、こんなこと言ったらダイ○ンの人に怒られちゃうかな。・・・綺麗になると思いますよ」とフォローするゆうひさんがカワユス(笑)
それから、ドラム型洗濯機をご愛用だそうです。
家電はどうやらお好きらしく、結構お店に行って長時間いろいろ見たりマッサージチェアに座ってみたりしてるんだとか(笑)

公演以外のお話

Q:宙組の印象は。

持っていた印象は、パワフルで元気があるな、と思っていたけど、入ってみると実際にすごいエネルギッシュだったし、端から見ていたら自由奔放だと思っていたんだけど、でも、ちゃんと集中するところは集中するっていうか。後ろからくるエネルギーもすごくあって。それが個々で結構ばらつくのかな、と思ってたらぎゅっとしてて。今まで私が経験した組ともまた違って、なんか面白い組ですね。まだ私が主演5代目なんですけど、新しさとか、まだまだ可能性を秘めてるところが宙組の最大の魅力かなーと今、感じています。おっきいことができそうな、のびしろがまだまだある面白い組だと思いますね

Q:すみかちゃんのギャップの面白さについて、最近のエピソードは。

すみかは、舞台もしっかりしてるけどこっそり面白かったりもするんですけど。うーん、あのひとの面白さはなんて言ったらいいんでしょうね・・・。
くふっ
(と急に思い出し笑いするゆうひさん(笑)) なんか、こないだは、ある場面について2人で相談してて、まあ、あそこはこうしようみたいなことを毎日こまごまミーティングするんですけど、化粧替え公演ですし、大休憩忙しいんですよね。それで、じゃ、ここはこうしてこうして、って言って、すみかは「はいっ」「はいっ」って返事してて、私もなんかしながらいろいろ言ってるうちに、最後、「へいっ」「へいっ」って(会場爆笑)
「今、ヘイ、ヘイって言わなかった?」みたいな(笑) なんか・・・不思議なコですよね(笑) 面白さ満載ですよね。
私がなんか『よし、じゃあ次はそれでやろう』って言ったら、『ヨシッ!』みたいな(笑)

(小さくこぶしを握りしめて、すみかちゃんの高い声をちょっと真似て可愛らしく言ってるゆうひさんがカワユス・・・(笑))
(つか、この面白さ、文章でちゃんと伝わるかしら)
『お前もヨシかーーーっ!!!』みたいな(笑) 可愛いですよねー、ホーント可愛いですよ、すみか。
宙組でも大人気ですね。私は、結構面白いところが目に付いてるんですけど、最初のころはまだ面白さが宙組の人にはバレてなくて、ただただ可愛い面ばかりが・・・もう、何しても、カワイーッ!!! みたいになってて。だんだんたぶん最近面白さを発揮してると思いますけれど。


ご想像の通り、デレデレの笑顔ですみかちゃんのカワイさを語るゆうひさん。
ああ・・・バカップル(笑) ホントごちそうさまです、って感じです(笑)

Q:では、ゆうひさんもすみかちゃんと一緒にますます面白く、相乗効果を狙っていただいて・・・。

どんな相乗効果だよ!」(と笑いながらツッコむゆうひさん)

Q:久しぶりの博多座公演ですが、劇場の印象は。

前回はまだホントに新しくて、新しい劇場! って感じだったですけど、今回は、別に古びてないけど、使い込むといい空気がでるというか、使い込まれた良さを感じるし、やりやすい劇場だなと思います

Q:夏がお好きなゆうひさん。どんな時に夏を実感されますか。

毎日暑いこと? 劇場とおうちの往復しかなくて、まだ休演日も1回しかなくて、あまり外を出歩いてないんですけど、外の夏は満喫できてないんですけど、劇場の熱、それは夏の熱気なのか博多座の熱気なのか分からないですけど、それはすごく感じてます

ここで2回目の握手会。
続いて抽選会。

そして、ファンからゆうひさんへのプレゼントのご披露。
ヴィトンの指輪です。
ヴィトンに指輪なんかあることを初めて知りました(笑)
あまりよく見えませんでしたが、太めの指輪だったような・・・。
これはゆうひさんからのリクエストで、「カサブランカで使わせていただきます」とのことです。

教えて、ゆうひさん!

気になるニックネームの人を適当に選んだゆうひさんが、会場内をあちこち歩き回りながら質問に答える、ここ最近のお茶会では定番のコーナーです。

Q1:ゆうひさんは目力がすごくありますが、
(と言われて「そうですか?」とパチパチまばたきして、おめめをキラリンと見開いてみせるゆうひさん(笑))
私は小学校の教師なんですが、子どもたちにどのような目力を利かせたらいいですか」

A:「えっ、怖くないですか、目力のある先生って(笑) あんまり目力を利かせない方がいいんじゃないでしょうか。笑顔ですね。スマイルで行ってください

Q2:「大江山花伝」では鬼はお酒をたくさん飲みますが、ゆうひさんご自身は普段お酒を飲まれますか。

A:「人並みには飲みますよ。最近は公演中はちょっと飲めてないですけど

Q:お好きなお酒は。

A:「その時によって違うんですけど、最近は赤ワインが好きですね

・・・私、自分がそうだから言うんですけど、「人並みに飲む」っていう人は、相当飲める人ですよね(笑)
で、赤ワイン。
そういえば、この間、タキさんのブログを見てたら、「ゆうひおすすめのワイン」っていうのが紹介されてたんですけど、ググッてみたら、相当お高いワインでした(爆) 最低でも1本ウン万円、みたいな・・・。
タキさんですら「お高いのでラベルの写真撮るだけ」って書いてて、「でも、もっと高いやつがあってゆうひはそれを飲んだことがあるらしい」みたいなことが書いてありました。
うーん、さすがセレブなゆうひさん・・・。

Q3:オリジナルグッズのおすすめは。

A:「ブランケット。今までなかったんですよね、販売メニューに。でも、私が希望して、この模様で膝掛けを作りたいと・・・観劇の時に、皆さん、冷房キツイですからね、劇場は。で、観劇のお供に、と思って私が今回発案したんですけど。それ、私のイチオシです

ああ、私、ブランケット買おうかどうしようか、初日からすっごく悩んでたんですー!
うちわは昨日で完売したそうですが、こんなこと言われたらブランケットも完売しちゃいそうだよぅ。

Q4:月組では「クールビューティー」、花組では「ツンデレ王子」。宙組での新しいキャッチコピーは。

A:「キャッチコピー? うーん、まだねぇ・・・カサブランカのお茶会くらいでどうでしょうか。まだ全員そろってないので、キャッチコピーできてないと思います。まだ『ドS』くらいしか言われてないので、これが定着しないように・・・素敵なキャッチコピーができてくるかなー、と・・(笑) みんな次第ですね

Q5:疲労解消法は。

A:「うーん・・・疲れはストレスを発散するといいので・・・楽しいことをすると結構元気になるので、舞台を観たりビデオを観たりして発散してください

Q6:ラーメンは何派ですか。

A:「普段はさっぱり派なので、ラーメンはめったに食べないんですけど、でも、博多に来たら、その土地の美味しい物を食べたいなと思うので、博多にいる間はとんこつです

Q7:大きな羽根の重さが私たちには分からないので、何かにたとえていただきたいんですが。

A:「えーっ、難しい質問ですねー・・・たぶん13キロくらいあると思うんですけど。わかんないですね、普段、羽根以外に13キロの物を背負ったりしないので・・・。13キロくらいの子どもを探しておんぶしてみたらどうでしょう

最後にスタッフさんから「博多で美味しいものを召し上がられましたか」と質問があり、
はい! 食べました! モツ鍋と鉄鍋餃子を食べました」とのことでした。

最後に

今後のご予定。

25日までこの公演。
翌日、26日にじゅりさんのトークショー。
宝塚に帰って、29日にNHK大阪の「ぐるっと関西おひるまえ」に生出演。すみかと一緒に出ます、とのこと。
そして、「カサブランカ」。
それから舞踊会。今年は源義経の生涯をテーマにつづるという企画だそうで、宙組からはゆひすみとらんとむ、みっちゃんの4人がご出演だそう。
ゆうひさんとすみかちゃんは2人で、花柳先生振付の新作を踊る。ゆうひさんは義経、すみかちゃんは義経が出会った姫だそうです。
まだ、帰ってからお稽古するんですけど・・・」とのことでした。
あとは、タカラヅカスペシャルも。

最後のご挨拶。

今日は本当にありがとうございました。博多でこんなにたくさんの方に集まっていただけて、本当に幸せです。1日1日を大切に、1回1回、見に来てくださる皆様との出会いも大切にして、今まで以上に良い、充実した濃い舞台をつくっていきたいなと思っています。
劇場の熱気、皆さんが作ってくださる熱気に支えられて私たちは公演ができているんだな、というのを、真ん中に立てば立つほど、自分が場面を作っていけばいくほど感じます。それが私たち舞台人のエネルギーになるし、私がここまで来れたのも、本当にたくさんの方がこうやって応援してくださるからこそで、今は本当に幸せだなーと思っています。いろんな新しい作品をつくっていくことになりますが、皆さんにパワーをもらって、そして私は舞台でお返しするという・・・皆さんとのつながりを大切にしながら、ある意味変わらずに続けていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました


大拍手。

そして、再び会場を練り歩いてご退場。
最後にいつも通り、両手投げキッスをくださって、颯爽と立ち去って行かれたのでした。


ゆうひさんも私たちも、ある意味とても穏やかで落ち着いた気持ちで過ごせた今回のお茶会だったような気がします。
先が見えない不安でも、爆発するような興奮でもなく。
もちろんトップになられたゆうひさんへの祝福の気持ちは皆いっぱいあるんだけど、だからといってテンションが高すぎるわけではなく、大きな安定した船で、凪いだ海へ漕ぎ出したような・・・そんな、穏やかな幸せに包まれた1時間半でした。

コメント

詳しいお茶会報告早速有難う御座います♪
参加できなかった身として・・非常に、悔しい?爆!位、素敵なお茶会だったのですね。その場にいけなくても、・・とても祐飛サンが嬉しそうで・・よかった。幸せな気持ちを此方もいただきました。何度も読み返してしまいそうです。ジェイユ様、七様との祝杯!モ、本当に羨ましい・笑♪デス!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/190-427f4edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。