6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

試合再開!

先日、試合中止となった川崎戦。

「後半74分、1-3 からの再開」ということに決まりました!

残り16分で3点!!!




いやー、Jリーグ理事会の裁定がどうなるのか、気になって気になって、昨日は仕事が手に付きませんでしたよ(爆)

でもまあ、結果的には、一番、双方に遺恨が残りにくい裁定に落ち着いたのではないでしょうか。

「試合成立」か「0-0からの再試合」の可能性が高いんじゃ、って言われてたけど、どっちにしても問題山積ですもんね。
フロンターレ側は「試合成立」を要望したようですし、ウチもそうなることを半ば覚悟してた気がしますが(フロントとオズが事前に「どんな結果になっても受け入れる」とか話し合っていたようだし)、理事の皆さんは、

「サッカーとは90分戦うスポーツだ」

っていう、Jリーグ規約よりももっと前にある、そもそもの非常にシンプルな大前提を尊重したのではないか、と思います。


さて、これで、ウチに課せられたのは、残り16分+αで3点取る、というミッション。
正直、非常に難しいとは思いますが、不可能ではない。
たったの16分間、ペース配分とか考えず最初から全開のガチ攻撃を観られるなんて、わくわくするなぁ。オズがどんな魔法を見せてくれることでしょう。
メンバーは同じ状態からスタートなので、モトがそれまでに復帰しててもベンチに入れないのは残念ですが。
関塚さんの性格だと、向こうも守りを固めるというよりは、ガンガン攻めてきそうなので、とにかく先制点を与えず、主導権を握りたい。
とりあえず、10月7日までのあと3試合、全部勝って、少しでもフロンターレとの勝ち点差を開いた状態で臨みたいものです。


で・・・モトですが、昨日の練習では、ランニングに加えて午前も午後もちょこっとずつボールを蹴ってたようです。
1日も早く帰ってきてほしいのはやまやまですが、無理せず慎重にコンディションを上げていってほしいと思います。


そういえば、サカダイの今回のコージコラムは、子どもたちからの質問へのお答えが中心で、特に新たな萌えネタはありませんでした・・・残念(笑)
一応、先月ぜひやりたいと言ってた「寮の若手たちとのバーベキュー」は実現しなかったそうで、コージにとってのこの夏一番の思い出は名実共に「モトとのはまぐりデート」に落ち着いた、ってとこが地味な萌えツボですかね(笑)

そんなコージさんですが。
コージサポの女子の皆さん、14日の待ち受け、もちろんご覧になってますよね!

開けた途端、

ギャーーーーーッ!!!

って失神しそうになるほど、オトコマエなんですけど!!!(笑)

ちょっとこれ、久々の(爆)ヒットじゃないですか?!
サッカー選手にしとくのが惜しいくらい(爆爆)、苦み走ったイイ男ですよ。

私の中では、何年かに1回、「コージのビジュアルネ申!!!」な波が来るのですが、今回、久々に来ましたね。
いや、もちろん、もともとのビジュアルのクオリティが非常に高いひとなので、美形だなーとは常に思ってるのですが、でも、モト至上主義で、どんなに髭面であろうと坊主であろうとモトが超絶可愛く見えるという腐った目を持つ(笑)私としては、だからといってコージさんにときめくということは普段はないのです。

ですが。
彼を見てきたこの9年間で、そのビジュアルのあまりの完成度の高さに「ぐうの音も出ない」状態になったことが何回かありました。

1回目は、やはり雪の決勝(これはリアルタイムでは見ていませんが)。
試合終了直後、真っ白なフィールドで、うつむいて悄然とたたずむ憂いに満ちた姿は、文字通り「雪の王子様」でした。
伏せた長い睫毛に雪が積もっているのが、絵のように美しかった。
ついでに言うと、同じく高校3年時、サカマガかサカダイに載ってた、帝京高校の制服のブレザー姿で、校庭の木にアンニュイな感じにもたれて写ってた写真も素晴らしかったですね。
このころが、造形的な美しさとしてはピークだったかもしれない、と思います(爆)

2回目は2002年10月の日本代表ジャマイカ戦。
W杯後、ジーコジャパンの初めての試合でした。
コージはベンチスタートで後半途中からの交代出場。
交代を待ってライン際に立ち、カクテルライトに照らされたコージの美形っぷりといったら!
ミルクティー色、でしたっけ、あの当時の明るい髪の色も、本当に似合ってましたよね。
あの時は、同時に福西も投入されたんですが、2人並んで交代を待っている姿がホントに美しくて、「なんてビジュアルのクオリティの高い代表なんだ!」と感嘆したものです(笑)

3回目は、マルセイユに移籍する時。
成田空港での姿、そして、現地に着いて入団会見をする姿が、今までになく可愛くて、ノックアウトされました。
ちょっと長めの黒髪が甘い顔立ちにぴったりで。
黒いコートもよく似合ってて可愛かった。
当時、フジョシ仲間は、「(トルシエに)囲われる愛人オーラだ」って言ってました(爆)
トルシエ以外、誰も頼る人のない所に一人で行くっていうので、あんな、儚げな可憐な雰囲気を醸し出してるのかなー、って(笑)


それ以来だから、4年半ぶり?
しかも、これまでは、美しいとか可愛いとかいう印象だったけど、大人の男としてのカッコ良さを感じたのは初めてかも。
もう30歳だもんね。少年は大人になったんだよね・・・しみじみ。

一昨日から、携帯を開いては、このコージのアップを呼び出して何回も何回も見てしまいます。
・・・って、これは恋なの?(汗)

私、待ち受けはモトって決めてるし、他に保存してる画像もモト1人のか、モトと一緒に写ってるのしかなかったんですけど、初めてモト以外の人の1人写りの画像を保存してしまいました(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/199-ec5a7fa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード