6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗しのお髭@花組「外伝ベルばら」新公報告その2

新公報告続きです。

そういえば、こないだ書き忘れたんですけど、私、あまちゃきの一番魅力的な表情は、涙をこらえようとしてぐっと唇を噛み締めるあまり、泣き顔なのに口角が上がっちゃってる顔だと思いました。
唇が見えなくなるくらい、ぐっと本気で噛み締めてるのが、ホントいじらしくて健気で切なくて可愛いの。
(ただ、あまりに噛み締めすぎて、歯に口紅ついちゃうのが、ちょっと難点なのですが(汗)
なんとか口紅がはげないように、あの表情をつくる技術を編み出してほしいです(爆))

では、以下、個人評です。
今日は真瀬くん語りから!!!

■ブイエ将軍@真瀬はるか(本役:星原先輩)

好きな下級生がたくさんいる私ですが。
真瀬くんは「蒼いくちづけ」の時に初めてちゃんと観てから、ずっとずっと大好きでした。
あの時、まだ研1だったんでしたっけ。
幕開き、客席からの登場で、一人芝居で・・・という難関をらくらくとクリアして、一瞬でその場をひんやりとした禍々しい空気が籠った中世の廃墟にしてみせてくれて。
なんて上手いんだろう、と感嘆したものでした。

で、ものっすごく期待して待ったブイエ将軍の登場場面。

・・・なんて麗しいの~~~!!!

金茶色の鬘の色と同じ口髭がとっても端正で、素晴らしくダンディなの!!!

・・・お友達はご存じかと思いますが、実は私、基本的にお髭にはあまりそそられない方で。
ゆうひさんのお髭ですら、正直、いいと思ったことがないのです。

そんな私なのに。

あのお髭になりたい・・・!!!(爆)

と思うほど、お髭をつけた真瀬くんの美中年ぶりは、どストライクですよ!!!

最初の、このお忍びの場面も素敵ですが、きらびやかな軍服姿の麗しいことといったら!!!
いかにも貴族らしい威厳に満ちた、品格のある立ち居振る舞い、落ち着いた声音、厳格さと優しさをあわせ持ったブイエ将軍を的確に表現するお芝居。
非の打ちどころがありません!!!

おかみさんがマリーズをブイエ将軍の家に連れてきた場面で、「こんな無骨な私でも、慰めが欲しい時があるのだよ・・・」(せりふうろ覚え)みたいなことを言う真瀬ブイエ様に、

「わたくしでよろしければ、いつでも喜んでお慰めにまいりますのに・・・!!!」

と思わず後添えに立候補したい気分になりました(爆)

それほどに若々しく凛々しく美しいブイエ将軍ですが、星原先輩から微妙ににじみ出る中年のいやらしさ(爆)みたいなものがあまりないので(また、あやねちゃんとあまちゃきの色気の違いもあって)、本公演ほど「ブイエ将軍がマリーズを妾に」色はなかったです(笑)

それにしても、この脚本のブイエ将軍って素敵な人だよなぁ(爆)
オスカルのことも、ジャルジェパパやアンドレやマロングラッセよりもよっぽど理解してて、大きな心で見守ってるし。
マリーズに対しては父親として富と力と愛情の限りを尽くして庇護するし。
厳格な武人でありながら、お忍びで庶民の酒場で遊ぶような洒落心もあって。
この外伝で唯一、まともで立派な人かもしれない・・・(爆爆爆)

とにかく、真瀬くんの上手さと存在感が、舞台を引き締めていたと思います。
アンドレと対面する場面とか、学年の差を全く感じさせない、貫禄あふれる演技でした。
前回の新公のヒョンゴも上手かったですが、彼がこういう脇で技術が必要な役を見事にこなせるのはもう十分分かっているので、次はぜひぜひ「若手スター」らしい役を観てみたいなぁ、と思いました。


で・・・ここだけの話(笑)なのですが。

新公の時はいつも、終演後すぐ、緞帳が下りた舞台上で、主演コンビの囲み取材があります。
この日、私たちが下手袖から舞台に行こうとすると、ちょうど入れ違いに真瀬くんが楽屋の方に戻るところで、至近距離ですれ違ってしまいました!!!
ブイエ将軍ってヒールの高いブーツ履いてましたっけ?
真横ですれ違うと、思ってた以上に背が高くて、マジ素敵で、思わずフリーズしそうになりました(笑)
「お疲れさまでした~」と声を掛けると、あの端正なお髭のお顔で「ありがとうございました」って言ってくれました。幸せ(笑)

■マロングラッセ@ゆまちゃん(本役:邦なつきさん)

ゆまちゃんなりに健闘していたと思います。
優しくて可愛らしいおばあちゃんでした。

が・・・脚本的に、マロングラッセという人がめちゃくちゃなのはどうしようもない。
この前、本公演を2回目観劇してきたのですが、その時は、マロングラッセの言動のあまりのひどさに、邦さんには申し訳ないのですが、マロングラッセが登場するたびに胸がムカムカとしてじっとしていられないほどでした。

だいたい、あの超美人をばあちゃん役にするなんて!(爆)
せっかくの美貌が全く生かせないなんてホントもったいない!

ま、かといって、この脚本で他にゆまちゃんに当てられそうな役なんてないし・・・(まあ、あえて言えば、おかみさん役の芽吹幸奈ちゃんとチェンジするくらいでしょうが、芽吹さんのおかみさんはすっごく良かったしなぁ・・・)仕方ないのかもしれませんが。

■ジャルジェ将軍@浦輝ひろと(本役:チャルさん)

本役さんよりも愛情深い、優しいパパでした。

・・・つか、私、チャルさんの演技がどうしても理解できないんですけど。
なんであんなに棒読みみたいなの?(爆)

浦輝くんのお芝居は、感情の動きも自然で、ちゃんと分かりやすかったです。

■シモーヌ@芽吹幸奈ちゃん(本役:ハッチさん)

上手かった!!!

彼女が上手いことも、もう前から分かってますが、それにしても上手かったです。
余裕の演技。
今すぐ本役さんと代われるくらい、完成度が高かったです。(いや、別にハッチさんがどう、というのではなく、それくらい上手かった、という意味で・・・)

こんな風に、存在感のある女役ができる人材は貴重ですよね。
長く頑張ってほしいなぁ、と思います。

■カロンヌ伯爵夫人@れみちゃん(本役:さおたさん)

輪っかのドレスがとても似合って、綺麗でした。
宮廷の貴婦人たちのトップに立つ女性としての貫禄も、ちゃんとありましたね。

それにしても、結局、れみちゃんの新公ヒロインって、ポルキアとアノウドだけかぁ・・・。
・・・もうちょっとまともな作品のまともな役をやらせてあげたかったなぁ(爆)
(まあ、前回のスジニはとても良かったですが)

■ベルナール@アーサー(本役:まっつ)

カーッコイ~~~!!!

黒い騎士として出てきた瞬間、目が釘付け。
黒ずくめのお衣装で剣を手にすっくと立つ姿は、まるでショーブラン@チエちゃんみたいです(笑)

仮面を外す仕草、そのタメもすっごくカッコイイし(笑)
「ひけーーーっ!!!」っていうただ一言のセリフも、まっつの美声には若干及ばないものの、艶のある素敵な声だったし。

そして、革命場面での最初のセンターでのダンスとソロ歌。
カッコよすぎてシビれる~~~!!!

その後、衛兵隊とアンドレが出てきてから、「ベルナール」として表情で演技しながら踊ってるのも、彼の革命にかける熱さがちゃんと伝わってきて良かったです。

本公演では、ベルナール、出番少なっ! って思ってたけど、こうして見ると、ベルナールって実はかなりオイシイ役かも、って思いました。

■アルマン@瀬戸かずやくん(本役:みつる)

彼もキラキラでカッコ良かった!!!

衛兵隊って、役名のある人でも脚本には何も書き込まれていなくて、ただ順番に交互にセリフを言うだけの役なので(爆)、正直、新公だと、誰が誰の役をやっているのかよく分からないのですが。

でも、瀬戸くんのアルマンは、普通に若くてイケメンでカッコ良かったです。
目の保養でした。

■フェルゼン@鳳真由くん(本役:めおちゃん)

無難にこなしていたと思います。
ただ・・・本役めおちゃんの無駄な(爆)美貌と比べてしまうと、どうしてもちょっと見劣りしちゃうかな・・・。
めおちゃんも、初日見た時、鬘が微妙だと思ったけど、それでもやっぱりあのひとは超絶美しかったんだなぁ・・・とあらためて思いました。
お顔が丸いせいかな、彼は横顔があまり美しくない気がするのですが。
どこから見ても美しく見えるよう、お化粧をもっと研究してほしいです。

それでも、前回の新公以降、鳳くんのことはものすごく目につくようになりました。
お芝居でもショーでも、どんどん輝きが増してくるように見えて。
やっぱり役が人を育てるということはあるんだなー、と思いました。
つか、ホゲという役が、それだけ人を成長させてくれるような大役だったんだよね。
今はいろんなタイプの役をやって、たくさん経験を積んで欲しいと思います。

■シャロン@彩城レアくん(本役:まあくん)

私は、レアくんの、どう聞いても女の子でしかない高い可愛らしい声が苦手で、今まで彼の演技をいいと思ったことがなかったのですが。

今回は、それほど違和感なく見られました。

衛兵隊が皆、青年と言うよりは少年のように若いイケメンぞろいだったので、その中なら、レアくんもそれほど浮かないんですよね。
逆に、可愛らしいお顔がキラキラしてて、これまた目の保養になりました。



・・・ここまでがプログラムの「主な配役」に出ている役なのですが、今朝もここで時間切れです(涙)
ああ、まだみちるくん語りをしてないのに!(爆)
すいません、再度、続きは必ず・・・!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/207-553eaef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。