6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

カシマアントラーズダイジェスト!

仕事内容が変わってバタバタしていることもあって、なかなか更新できずすいません。
書き出すとついつい長くなって時間がかかっちゃうからなぁ。
日記みたいに毎日ちょっとでも書けばいいのかもしれませんが・・・。

で、ヅカネタも観劇報告もいろいろたまってるのに、とりあえず安易にサカネタの更新で重ね重ねすいません(汗)

今週のサカダイ、ご覧になりましたか?
毎週、1つのチームに焦点を当てる特集のページ、今回は「鹿島アントラーズダイジェスト」です。
久しぶりにモトのロングインタビューがあります。
買いですよ!!!

・・・とはいえ、インタビューじたいは、ものすごーく真面目な内容なので、特に萌えはないんです(爆)

まず、声を大にして言いたいのは・・・

プロのカメラマンなら、もっとモトの素材を最大限に生かしてカッコ良く撮ってくれ~!!!

ということです。

ああ、相変わらず写真うつりが絶望的にダメなひとだなぁ・・・(凹)

モトはさぁ、アップだとちょいキビシイけど、全身をロングで撮ると、そのしなやかな体つきとか小顔さとか腰回りの華奢さとかスラリとした綺麗な脚とかが一目で分かってホント素敵なんだけどなぁ・・・。
そこを分かってほしいよなぁ・・・(ぶちぶち)

インタビューの内容も、コアサポとしてはいろいろとじーんと胸に迫るものはあるのですが、何より、こういう企画でインタビューされる存在なんだ、本当に名実ともに「カシマの顔」なんだよなぁ、と思うと、そのことがまず感慨深いです。

モトのインタビューに続いては、「アントラーズ背番号物語」。
これもなかなか読みごたえのある面白い記事です。

アントラーズで最も重い番号、「10番」を背負うモト。
2002年にこの番号を受け継いで、もう8年。
「クラブ史上もっとも長くエースナンバーを背負う存在になった」。
・・・ああ、そうなんですよねぇ。
なんか感動しちゃうよ。
「24」の時代も「16」の時代も一応知ってはいるけれど、私がアントラーズ自体の熱心なサポになってスタジアムに足を運ぶようになったのは2002年以降なので、ナマで見ているのは「10」の姿しかないんですよね。
だから、もちろん、ジーコもレオもビスも知ってるけど、私にとって「アントラーズの10番」はモトただ一人なので。
いつか「10」を誰かに引き継ぐ日がくるのかなぁ、と思うと、胸がキューッと苦しい。
そんな日は、まだもう少し先であることを心から祈っているのですが。

(そして、この記事中、「3」はアキさんとイワマサしか触れてなくて、金古がスルーされてるのが、仕方ないとは言えちょっと悲しい)

そして、嬉しいのが雄飛寮案内。
このお父さんが、モトが昔、休日に一緒に釣りに行った「寮のおじさん」なのねー、とか。
ここが、79年組が花のティーンエージャーのころ、「誰が一番長く潜れるか選手権」をしてた・・・そしてあんなコトやこんなコトをしてた(以下妄想につき自主規制中(爆爆爆))・・・あの、大浴場なのね、とか。
前泊用のお部屋はずいぶん綺麗だけど、寮生の部屋とつくり自体は一緒なのかな。
昔のコージの部屋は、確かドア開けて最初にベッドがあったんだよねー、とか。

もう、雄飛寮といえば、フジョシにとっては萌えの神殿みたいな場所なので(笑)、洗濯機が並んだだけの写真を見てすら、どんどん妄想が浮かんじゃって収拾がつかない私は、本当に根っから腐っているのだなぁ、と実感します(笑)

ひとつ残念なのは。
他クラブであった、選手による選手紹介、やってほしかったなぁ。
若いコたちがモトをどう語るのか読んでみたかったです。

今週は、マガもなかなか面白い。
ジョルジのインタビューを立ち読みして泣きました。
「いつか監督として鹿島に帰る」って宣言してくれましたよ~~~(感涙)
その時はきっと、もう79年組はいないと思うけど、でも、嬉しいよぉ。
それまでセレソンでガンガン経験を積んでください(爆)

そういえば、サカダイは、先週のコロの特集もすごーく良かったですよね。
立ち読みで済ませちゃったんですが、今になって、「買っとけばよかった・・・」と後悔してます。
何が良かったって・・・
・・・高校時代から今に至るまで、監督やスカウトの椎本さんとか周囲の大人たちが、あたたかーくコロ×チカシの進展を見守ってる様子が(爆爆爆)
才能はケタ違いだけど素行の悪い野性児な後輩と、エリートで真面目な優等生の先輩って、それなんて王道のBL(爆爆爆)
いやー、萌えるわぁ(笑)


遅ればせながら、天皇杯にも触れておくか。

とりあえず、勝てて良かったですね。
負けたら終わりのカップ戦。
他会場で幾つもジャイアントキリングがあったことを思うと、まあ、1-0ででも確実に勝てたことが一番かな、と。
ええ、ええ、たとえモトが前半45分で交代だったとしてもね(自虐的なモトヲタ・・・)
あまり機能してなかったんですかねぇ。
体のことが原因ならともかく、戦術的理由で早々に替えられる10番って切ないんですけど・・・(涙)

アルテ高崎の10番は、元鹿島の大谷昌司選手でした。
大谷くん、懐かしかったですね~。
でも、モトが「まあくん」って呼んでたのは知らなかった(笑)
モト自身、昔は「まーくん」って呼ばれてたよねぇ。お母さんと相馬さん限定だけど。超可愛かったよねー(笑)
もう、モトを「まーくん」って呼ぶ人は周囲にいないのかしら。

そしてそして、3回戦はアビスパとの対戦に決まりました!

みーもち対決、キターーーーーッ!!!(笑)

これはやっぱり見に行くべき?
つか、2人の選手寿命とか考えると、これが最後のみーもち対決になるかもしれないもんねぇ・・・。
やっぱモトヲタとしては見とくべきだよねぇ・・・。
つか、見たいよぉ~~~!!!

(あ、でも、みーはんずっとベンチって可能性もあるんだよねぇ(涙)
こないだは負傷とかあって前半の早い時間帯に投入されたけど、10月31日の時点でどうなってるか分からないもんねぇ。
でも、ベンチには少なくとも入るだろうから、運が良ければみーもちツーショットを見れるかもしれないしなぁ・・・)

ああ、ただでさえ11月以降はゆうひさんのお披露目で何かと出費がかさむのに、カシマまで遠征をもう1回増やさなきゃいけないのかなぁ。
悩ましいです(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/214-e8de5a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード