6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月組MY初日!

月組「ラストプレイ」「Heat on Beat!」の15日15時公演を観てきました。
MY初日です。

今日はゆっくり観劇報告を書く時間がないので、とりあえずひとこと感想のみ。
(ネタバレありますのでご注意くださいませ!)


スミレさん&ミドリちゃんがご観劇でしたよ!


チケ難公演で、個人的に仕事も忙しい中、できるだけ初日開けて早い時期にとりあえず1回観たい・・・と思ったのは、「ファンシーダンス」の時、初見では、「ひとつひとつの場面はなかなかいいけど、全体的にブツ切れな感じだなぁ。主題歌も耳に残りづらいし」という感想だったのに、回を重ねれば重ねるほど良さが分かってきて大好きなショーになったし、曲も今では全部ガンガン歌える、という経験があったから。
今回も三木センセのショーで、同じような感じ・・・という噂を耳にしたので、1回観ただけじゃ良さが分からないかもしれない、早めに1回観て、なるべくなら回数を重ねたい、と思ったのでした。

実際観てみて、やっぱり正解だった、と思いました。
お芝居もショーも結構淡々とさりげなくて、いかにもの退団仕様ではなくて、噛めば噛むほど味が出るような感じです。


とりあえず、お客さまの話。

1階の中央通路よりやや後ろ、ほぼセンターのお席。
開演5分前くらいに着いて席に座ると、あれ、下手側の扉からフツーに入ってきたのは、スミレさんでは・・・。
私の目の前の中央通路を通っていかれました。
その時点では、まだチラホラとしか気づいてなかったのですが、前方に向かって行かれるとさすがにみんな気づき始めて拍手が。

幕間は、ショーのアドリブを期待してか、明らかに客席のテンションがアップ(笑)
下手扉前はにわかにスミレさんの入り待ち場となり大混雑でした(笑)

ショーのプロローグの直後、アサちゃんがちょこっとだけ客席に降りて観客を煽るとこがあるんですが、その時に「春野さんも~!」「大鳥さんも~!」って言ったので、そこで初めてみんな、ミドリちゃんがご一緒なのに気が付きました(汗)

(あちこちレポを見ると、立さんもご一緒だったようですが、これは現地では分かりませんでした・・・)

初日開けて間もない時期に、ムラまで観に来てくれて。
アサちゃん、嬉しかったでしょうね。
パレードではバチバチウインク飛ばしてました。


お芝居は・・・詳しい感想は後日書くつもりですが。
いつものマサツカ芝居で、ツッコミどころは多々あるのですが、アサちゃんへのアテ書きのクオリティが高く、それでかなりの部分帳消しにされるかな、という印象です。
相変わらず役少なすぎ、とか、大劇場でやる話じゃないよな、とか、ラストあっさりしすぎじゃ、とか思うところはありましたが・・・。

でも、「マジシャン」の時の、好きな場面はそれなりにいろいろあるんだけど、ゆうひさんの扱いがあまりにあまりで、どうしても心がざわついて穏やかな気持ちで観られなかった(毒毒毒!!!)・・・という思い出に比べると、特別なご贔屓がいないと、こうも心穏やかに観られるんだなー、と思いました(爆)

とりあえず、「薔薇雨」のジャスティンみたいに、どうしても人格的に好きになれないような役は誰もいなかったし(爆)
「傷ついた迷子」なアサちゃんがカッコ良くて痛くて切なくて、ボロボロ泣いてしまいましたし。
笑えるところもいっぱいあったし。

あと、ピアノも良かった。
アサちゃんが記憶喪失になって最初に弾き始める曲が、シューマンの「幻想小曲集」の中の「飛翔」って曲なんですけど、これ、私が中学生の時に一番好きでずっと弾いてて発表会とかでもやった曲だったので、それがすごく嬉しかったです(笑)
(懐かしくて帰ってきてから久しぶりに弾いてみたけど、もう何年も弾いてなかったので指が動かなかった・・・(苦笑) また練習しようかな、と思いました)
お芝居中に流れてるのもショパンのワルツとかメロウな曲が多くて、私の好みにドンピシャだったし。


ショーは・・・アサちゃんはもちろんカッコイイんだけど、場面ごとの詳細感想は後日として、とりあえずこれだけ言わせて。

鳳月杏くんのエイトシャルマン最高!

素晴らしく美しいおみ足なうえに、他の場面ではあまりゆうひさんに似てると思えなかったのに、この場面だけなぜかゆうひさんに激似なの!
そんな鳳月くんが、アサちゃんの近くで踊ってるのを見ると、それだけで萌えます(笑)
ここだけでも通えるな、と思いました(爆)
鳳月くんファンの方、必見ですよ!!!

あと、予備知識なく観たので、椅子の場面でみっぽーとゆりあちゃんに凌辱されそうになってる(あ、スミレコードぶっちぎりだわ・・・すいません(汗) でも、観た瞬間この単語が浮かんだの・・・)アサちゃんにびっくりしました。

一番泣けたのは、銀橋でキリヤンの前を通り過ぎようとしたあいちゃんの手首をキリヤンががしっとつかんで引き寄せた場面でした。


すいません、今日はとりあえずここまで!

コメント

もう行って観て下さって、どうもありがとうございます!
お忙しかったでしょうに・・嬉しくて、びっくりしました。

初日観て、ポスターや事前のお話から想像していた感じからは意外な内容で、
気持ちがフワフワしたまま帰宅しました。

ももたさんのレポ読ませて頂いて、段々落ち着いてきました。
こういう日がくるのは知っていたのに、何にも想像できずにきましたが
こんなに幸せなことはなかなかないのだろうな、と思い至りました。

初見では見えなかった鳳月くんも観ますよー。
あと3週間くらい、どうぞ宜しくお願いします。

はい、我慢しきれず、早速観てまいりました。

>初日観て、ポスターや事前のお話から想像していた感じからは意外な内容で

本当にそうですよね、もっとシリアスで悲劇っぽいお話かと思っていました。
でも、これくらいサラッとしている方が、サヨナラを意識せずに済んでいいのかもしれませんね。

・・・とはいえ、ラストシーンは、「愛短」でも「薔薇雨」でも、もうちょっと旅立ちの雰囲気があったのに・・・とは思うのですが。
ハリー、台本の初稿が長すぎて、あちこち削ってるうちに、こんなふうになっちゃったんですかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/215-bfb1e646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。