6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

愛すべきひとたち@月組「ラストプレイ」観劇感想その2

えーと・・・今朝のエントリーは、結局アサちゃんに関する個人的な妄想を連ねた(爆)だけで終わってしまってすいません(汗)

今日は、ゆひすみはじめ宙組ご一行様がご観劇だったそうですね。
遭遇なさった方がうらやましいです。
お稽古お休みだったので、ああ、たぶん今日行くんだろうなー、と思ったのですが、今日は午後、南座で、異動前にインタビューした「上々颱風」のコンサートに顔を出さなきゃいけなかったので、ムラへは行けませんでした・・・。
上々のコンサートは去年も観たのですが、今年もとっても楽しかったです。
途中、沖縄民謡っぽい曲で、女性ボーカルのお2人が平太鼓を叩きながら歌うところがあって、「MAHOROBA」で平太鼓たたきながら熱烈にアイコンタクトしてた可愛いアサユヒを懐かしく思い出しました(笑)

えー、そんなわけで、「ラストプレイ」の感想続きです。
場面ごとかキャストごとかどちらで書こうか迷ったのですが、まだ1回観ただけで場面ごとの細かい部分まで覚えてないので、とりあえず初見での各キャストの印象を記録しておきます。


■アリステア@アサちゃん

アリステアは、全体的な印象としては、前回エントリーの通りなんですが。

冒頭、ロン毛(といっても肩ちょっと下くらいですが)のつけ毛にちょっとびっくりしました。
おそらくまだ10代の設定なんですかね・・・。
声も高めで可愛らしくって、あのロン毛で若さを表現してるのね(笑)
途中でつけ毛がなくなった時は、正直ホッとしました(爆)

アリステアというキャラクターの好きなところは、前にもちょっと書きましたが、「育ちの良さ」というか、どんなに暗い生い立ちで暗い過去があっても、「持って生まれた真っ直ぐさ」みたいなものが損なわれていないところですね。

アレックスの時は、アサちゃんができるなら隠しておきたいと思っていた「寂しがり屋の子供」という瀬奈じゅんの真実を、オギーが無理やり暴いて舞台の上に引きずり出したかのような感があって、それが観ていてあまりにも痛くてつらかったのですが。
それからさらに時間と幾つかの作品を経て、最後の最後になって、もっと肩の力を抜いて、自分の真実の貌を演じてみせることができるようになったのかもしれません。

アリステアはスーツ姿もタキシードも素敵なのですが、ムーアと出会う場面の、あのブルーのジャケットは、正直・・・ダサくないですか?
今回、他のキャストも全体に、お衣装はちょっとセンスを疑う場面が多くて(キリヤンの赤のスーツも真っ黄色のジャケットもたいがいひどいと思う・・・)
任田先生、本当にそれでいいんですか? と言いたいです。

■ムーア@キリヤン

キリヤンは軽々と演じているけれど、相当巧さが要求される役だなぁ、と思いました。
それなりに脚本上で性格的に書き込まれているアリステアに比べて、書き込みが少ない分、自分で膨らませなきゃいけない部分が多い役ですよね。
これは、新公の珠城りょうくんにはハードルの高い役ですね・・・頑張れ。

ハリーも、アサキリファンの皆さんも、たぶんアサキリで萌えたいんでしょうけど、客観的に見ると、キリヤンがより魅力的に見えるのは、男同士よりも女性、しかも愛する女に対する時ではないでしょうか。
ギャングといろいろもめてる最中に、「エスメラルダを迎えに行ってくれ」ってアリステアに頼むムーアがヘタレでカワユス(笑)
ローレンスと対決の場面も、ダイナマイトを手に、さんざん笑いが起こる場面なのに、それでも、一貫してエスメラルダへの愛の深さがちゃーんと伝わってくるのは、やっぱキリヤンの演技が巧いからですよね。
あのやりとりを聞いてたら、そりゃ、エスメラルダも嬉しいよね、キュンとくるよね。
商売はやり手で、人望もあって(クリストファーとかグラハムとかもムーアをすごく信頼してるし)、包容力もある。いやぁ、いい男じゃないですか(笑)

今回、お芝居でもショーでも、あいちゃんがアサちゃんの相手役じゃなくてキリヤンの相手役なのは、ちょっと胸が痛いけど、でも、キリアイ時代を見てきた元月組ファンとしてはとても嬉しいです。
救出されたエスメラルダをぎゅっと抱き締めるキリヤンに、じーんとしました。



えーと、正直、この2人以外は、特にしどころのない役っていうか、仮にその役がいなくても芝居が成り立つっていうか、そんな感じなんですが。
(そこが本当にハリーの悪いところですよねぇ・・・(溜息))

■エスメラルダ(ムーアの恋人)@あいちゃん

あいちゃん、ちょっと痩せたのかなぁ。
なんかいつも以上に頬の肉が削げているような・・・。

ムーアとお似合いの、大人の女。
いわゆる「城咲あい」のイメージ通りの役で、安心して観ていられます。

が・・・あいちゃんの本質は、もっと可愛らしい、正統派娘役然とした娘さんなんですよね。
ビジュアルと本質が、ある意味かけ離れてしまっていたことが、彼女にとっては不幸だったのかもしれません。

エスメラルダは、お衣装がちょっとケバい方面寄りだったのが残念だなぁ。
もうちょっと、ゴージャスで大人っぽくて趣味のいい、例えば、そう、「ニューオーリンズ」のルルみたいなお衣装を着せてあげたかったなぁ。

■ヘレナ(アリステアの幼なじみ)@しずくちゃん

いろいろいろいろ足りないとこがあるのは百も承知だけど、ああ、それでも、やっぱり、しずくちゃんは溜息が出るほど美しいです。

観ていると、ああ、こんなあたら美少女を、まだ咲ききらないうちに失ってしまうのね・・・と切ないです。

ヘレナのひたむきな想いが、まったくアリステアに届かないのが悲しい。
つか、ハリーが、こーゆー少女の純情に全くなびかないストイックな男こそイイ男、って思って脚本書いてそうなのが、ちょっとムカツク(爆)

冒頭の場面、ピアノで人と競い、勝つことしか考えていないアリステアに対し、

「アリステア、あなたのピアノは、きっとみんなの心を打つわ」

と心を込めて言うヘレナ。

私、たぶん、このお芝居全編を通して、このセリフが一番好きかも。
もう、このセリフだけで号泣できますよ(爆)
ヘレナ健気すぎる(泣)

きっと、アリステアがあんなに真っ直ぐな心を失わずに育ったのは、そばにいつもヘレナがいてくれたからなのではないかな、と・・・そんな風に思いました。
それなのに、全然ヘレナに振り向かないアリステア、ひどいよ(爆)

ビジュアル的には清楚な美少女系のしずくちゃんだけど、彼女の場合、本質は「男役をやりたかった」というくらい女オンナしてないので、ちょっと少年っぽい口調のハリー芝居のヒロインは、実は結構お似合いだな、と思いました。

■クリストファー(ムーアの仲間)@まさお

今回、率直に言って「実質3番手」な扱いのまさお。
(「愛短/ダンディズム」の時のチエちゃんとちょうど似たような感じですよね)
その扱いに応えて、余裕をもって演じていると思います。
ムーアを慕い、信頼する様子に、現実のキリマサの関係が重なってみえて、ちょっと微笑ましかったです。
綺麗なのはそれだけで眼福だし、実力的にも大きな穴のない人ではありますが、何か、荒削りでもいいから目が離せないような魅力があるといいんだけどなぁ・・・。

■グラハム(古美術鑑定家)@マヤさん

相変わらず、絶妙の間とセリフ回しで、客席を笑いの渦に巻き込んでくれます。
新公はとしちゃんがやるんですねー・・・楽しみ。

■ジークムント(裏社会の男・・・?)@あひちゃん

見た目だけなら、クールな悪役っぽいのに、しゃべりだすといきなりヘタレなとこがあひちゃんそのもの(笑)
素晴らしいアテ書きですね(爆)

ちなみに、ジークムントって、たぶん、ジグモンドと同じ綴りの名前ですよね。
ハリー、名前の付け方がワンパターンなのでは・・・(爆)

■ヴィクトール(ジークムントの相棒)@そのか

余計なひとことを言っちゃってドツボにはまるとことか、まるで妄○小説で描かれるところのそのかそのもののキャラなんですが(爆爆爆)、これってやはり素のそのかに近いんでしょうか(笑)

あひそのコンビもこれで見納め。
つか、プライベートではずっといいコンビだった2人ですけど、お芝居で実際にこうして2人組として絡んだのは今まで実はなかったのかな。
ハリラバの出での漫才みたいな2人を思い出して、感慨深いです。
ヘタレなジークムントがヴィクトールに対してだけちょこっと上から目線なのが、素のあひそのっぽくて萌えますよね(笑)
きっとあひその信者の皆さんにとっては、笑いながらも泣かずには観られないお芝居だと思います・・・。

■エルネスト(孤児院の院長)@ナホさま

お髭!!!

やーん、相変わらずシブいけど、見るからに胡散臭いおじさまですー(笑)

「歌劇」の座談会を読んでると、エルネストは彼なりにアリステアのことを思っての行動・・・のような役作りに書いてありますけど、ぜーったい違うよね(笑)
孤児院経営も、なんかウラがあるよね、営利目的の何かがあるよね。
・・・みたいな胡散臭さが素敵です(注:誉めてます(笑))

新公はみっしょん!
みっしょんがどんだけやり過ぎて胡散臭く演じてくれるかと思うと楽しみでたまりません(笑)

■ローザ(ピアノ教師)@あーさま

あーさま、怖いよgkbr(笑)

なんかイッちゃってる感があってすごいです。
ローザ先生だけ演技をデフォルメしすぎで、別次元の住人みたいだよ(爆)

これが「えと文」にあった「キモい」ってことなのかしら・・・(笑)

■ローレンス(裏社会のボス)@もりえちゃん

今回のラスボス(笑)、ローレンス。
・・・ですが、しょぼいです(笑)
なんで、こんなヘタレな悪役しか出てこないのかしら、このお話(笑)

でも、真面目にやればやるほど笑える役で、結構オイシイですよね。

そういえば、マジシャンの時も、もりえちゃんはあーゆー黒ずくめのお衣装の悪役でしたが、あんなふうに意味ありげに登場したわりに全く行動の意味が分かんない(毒)役に比べれば、ずっとずっと面白い役だと思いました。

で。
これを、鳳月くんが演るんですよね!

やーん、イイんじゃないでしょうか。
今までで最も、「芝居の上手さ」を見せられる役かも。
ムーアとかとの掛け合いというか、間の取り方のお稽古が大変そうですが、期待大です!!!

■アロイス(医師)@マギー

ほんのワンポイントでしか登場しません。
ああ、もったいない。

■アイリーン(看護婦)@すーちゃん

サナトリウムの看護婦で、アリステアの退院後はムーアの家でも付き添う。
サナトリウムの場面では、ピアノを弾き始めたアリステアの過去に気づいて説明する役でもあるし、ラストのキリヤンが撃たれた場面でも処置をしたりと、結構意味のあるオイシイ役ですよね。
マジシャンの時の使われ方といい、ハリー好みの女役なんでしょうね。

個人的には、ムーアの家で突然記憶が戻ってきて混乱するアリステアが
「アイリーン!」「アイリーン!」
って切迫した声で救いを求めて彼女を呼ぶシーンがお気に入りです。
どうみても、アイリーン×アリステア ですよね、オトナなおねーさんと子ヒツジちゃんな雰囲気で、ちょっと萌えます(爆)

■マクシミリアン(サナトリウムの医師)@みりおちゃん

まるで研修医のように若くて可愛らしいお医者さんです(笑)
みりおちゃんですら、こんなワンポイントの役・・・orz

■ポーリーン(踊り子)@らんちゃん

マクシミリアンのGFだけど、アリステアに憧れてて、彼にアタックする現代っ子。
あっけらかんとしてて可愛いです。
スラリと綺麗な脚を出した踊り子の格好がホント可愛くて、ああ、こんな可愛いコだったら、こーゆー言動なのもありだよなぁ、と許せてしまう。
らんちゃんとれーれちゃん、とても似てるけど、でも、どちらかといえば、らんちゃんの方が綺麗系で、れーれちゃんの方がカワイイ系なのかな、と思いました。


ここまでが、プログラムのキャスト紹介ページに出ている役。
あとは、名前があっても、ほとんど出番がなかったり、チョイ役なので、印象に残った役のみ触れておきます。

■シガレットガール@愛風ゆめちゃん

カジノの場面、一人だけ目立つカッコで、やーん、超可愛い! 誰?! と思ったらゆめちゃんでした。

■グレゴリ@ルイスン

サナトリウムに来たピアノ調律師。
明らかに患者が重大な局面を迎えているというのに、自分の仕事に忠実なとこがおかしい(笑)

■看護婦@花陽みらちゃん

ナースコスが似合って可愛いです。

■エボニー@れんかくん
■アイボリー@ファービー

ピアノの運送屋さんとして、ワンポイントで登場する2人。
れんかくん、最後なので、もう少し見せ場があればなぁ。

■ピエトロ@るうちゃん

裏社会の若い衆。ローレンスの部下なんですかね。
ギャツビーの時のナホさまの部下、あの、酷薄な悪役とちょっと重なるような、クールな美形悪役で、眼福なのですが。
最後にとっても可哀想な目に合うのが見どころです(笑)

■ベレッタ@ガチャ

これもローレンスの部下(?)
・・・なのですが、どこかヘンな人で。
情の薄そうなガチャのルックスにギャング役って本来ぴったりだと思うんだけど。
なんでこんな悪役しかいないんですかね、このお話・・・(苦笑)
対決場面のやりとりは笑えます。

■アヌーク@ほたるちゃん

ローレンスの情婦、なのかな。
大人の悪女で、ほたるちゃんの美貌が映える役です。
最後に出てきて言うオチのセリフが楽しい。


そして、最後に、鳳月くんですが。

私もいつもお邪魔してる某ブログ様が、詳細な立ち位置情報をレポしてくださってて、全然付け加えることはないので、私が好きな場面のみ。

オープニングの幻想的なダンス場面では、薄紫色のお衣装で、上手奥の方で踊っています。
ペアの娘役ちゃんは誰なのかな。

そして、カジノの場面では、「客の男」。
アサちゃんたちがいるセンターのテーブルのすぐ上手側隣のテーブルで、ずっとトランプとかしてるので、長い間眺めていられます。
サウダージの2幕のお芝居をちょっと思い出しました。



その他の下級生が全然判別できなくて悲しい・・・。
早く2回目観に行きたいなぁ。

コメント

2回目を楽しみにしてくださるの?

おぉ、最後のお言葉!嬉しいです。

私も今回、ちゃんと鳳月くん、観てきましたよ。
はい、ダルマになると、ヨウちゃんに似て見えるのはなぜ?
ちなつちゃんの娘役のお化粧がヨウちゃんのお化粧に似てるからでしょうか?

ムーアはいい役だと思います。
中盤に、アサ、キリ、あいちゃんが3人で、トライアングルに立って歌う場面がありますね。
あの場面好きです。
初日には紙三枚分くらいずれてた歌声が今はきれいに三重唱になってます。
あの3人の声は似合いますね。
そのあと、ムーアが下手から出て
「いつもそうだ。遅すぎる。そのつけがこれか。(うろ覚え)」と歌うのもかっこいいです。
何が遅すぎたのか・・・色々想像してしまいます。
今回、きりやんがいい役で、上手くて、嬉しいです。

ありがとうございます!

アサちゃんを見るだけでも超忙しいのに、鳳月くんまで見てくださって、本当にありがとうございます!
ね、やっぱりダルマの時のお顔、ゆうひさんに似てますよね・・・?

ムーアはイイ男ですよね。
アリステアがある意味、とても繊細な心を持った、“少女マンガに出てくるような”男性なのに比べて、ムーアは生身の血の通ったリアルな男というか、男くさいバイタリティを感じる役ですね。

本当に、早く2回目観たくてウズウズしてます。
来週、新公には行くつもりなので、その前にもう1回本公演を観ておきたいんだけど・・・行けるかしら?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/217-353c6152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード