6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメンなゆうひさん

ウチは一応(爆)、大空祐飛ファンブログなのですが、アクセス解析で検索ワードを見ると、個人名で検索していらっしゃる方は、9月はダントツで「春野寿美礼」サマ、10月はトップが「柚香光」くん、次が「珠城りょう」くんでした・・・。

いかに日頃ゆうひさんネタが少ないか、ってことですよね。
ちょっと反省。

・・・というわけで、遅まきながら、ゆうひさんがご登場された雑誌などについてメモです。


一般紙に続々ご登場のゆうひさん。
あー、これがトップになるってことなのねー。

まずは「MISS」。
実はこれ、ここ1、2年の私の愛読誌なんですー。
重たいので(笑)、買って読むのは新幹線とかの長時間移動がある時だけなんですが、それ以外の時も立ち読みで結構チェックしてます。
ヅカと関係なく日ごろから読んでた雑誌にゆうひさんが載るってすごいわー! 嬉しいです。

ゆうひさんは、まとぶんと見開きで「超女優美容」という特集の中の「愛とうるわしの宝塚ビューティ! トップスターの美に接近!!」という見出しでご登場。

黒タートルの上に黒いファーのベスト。
一般人が着たらマタギにしか見えない(爆爆爆!)であろう難しそうなアイテムを、セレブ感たっぷりに着こなしておられます(笑)
ボトムは、「アサちゃんとおそろい!」ってことで今アサユヒメイトの間で話題沸騰(笑)の、ツイード調のパンツですね。
こーゆー生地の厚そうなパンツでも問題なくブーツインできるのは、ゆうひさんだけですよねぇ。

「自分の中で好きなパーツ」を聞かれて「しいて言うならフェイスライン」とのお答え。
さすが、よくご自分を分かっていらっしゃる。
この横顔のお写真が、たまらんですね(爆)
完璧なアゴのラインが堪能できます。
麗しい手のアップも、指フェチな私には嬉しいです。

美容についてのインタビュー内容は、全体的には今までにも聞いたことがあるようなお話ですが、ドゥ・ラ・メールのクリームをおすすめされてるのは初めて見たかな。
これって超お高いヤツですよねぇ・・・むむむ・・・。
前から一度使ってみたかったんですけど。
ご愛用のシャンプーもたぶん初公開ですよね。
髪に気をつかっておられる様子(爆)がひしひしと伝わってきます。


次は「GISELe」。
こちらは全くターゲットから外れているため(爆)、今までこんな雑誌があることも知りませんでした。
買おうかどうしようか迷って、店頭で見本誌を手にとってみて、内容のあまりの良さに即買いしちゃいました!

お写真ですが、こちらはツイードを上下スーツで着てらっしゃいます。
グラフのアサミズ対談では、アサちゃんは黒地に赤ドットのタイ(? でいいのかな?)をジャケットの上から掛けてますが、ゆうひさんはインにチラリと見せて着こなしてらっしゃいます。ステキ。

「女子もホレるイケメンなオンナたち」という特集の巻頭がゆうひさんと土屋アンナ。
すごいですよねぇ!
その後にアンジェリーナ・ジョリーとかシャーリーズ・セロンとかヒラリーとかオバマ夫人とかだもん(笑)

インタビューの内容も「イケメンなオンナとは」ということに絞って的確に質問しているようで、今までにない受け答えが新鮮です。

男性からファンレターもらうんだー(笑)
つか、ゆうひさんを参考にしてる男子ってちょっとどうよ、って気もしますが(笑・・・もしもうちのオットがそんなんだったらやだなー、と・・・(笑))

ゆうひさんのお言葉部分はすべてうなずかされたり考えさせられたりの深い内容なのですが、特に私が感動したのは、

「表面的なことばかりに気をとられると、ただ“ボーイッシュなだけの女性”になってしまう気がして、それではお金をいただいているプロとしては失格」

というくだり。
いつもながら、ゆうひさんのプロ意識の高さには、同世代の働く女性として、心から感服します。

他にも、ゆうひさん流のジェンダー論もちらりと出てきたりして、本当にクレバーなひとだなぁ、と感心。
本当に、ゆうひさんが本気で文章書いたら直木賞だって獲れちゃいそうな気がしますよね。

とにかく、「GISELe」は絶対買い! です。


それから、31日付の毎日新聞夕刊。
これは、直接ゆうひさんの記事ではなく、小池センセの「タカラヅカ歳時記」。
前回、小池センセがゆうひさんを絶賛してくれてた連載ですね。
あの時、大阪版で記事を見つけられなくって、東京版にしか載ってないのかなー、でも、後でネットで見つけた記事を見たら、署名が大阪本社の知り合いの記者だったので、あれー、おかしいなー・・・って思ってたんですけど。
たぶん、大阪版は先に載ってて、後から時間差で東京版にも出るんですね。

今回は、お写真が制作発表の時のゆひすみが演じてる場面なんですけど、記事の内容は、特にゆうひさんに触れているわけではありません。
ので、無理に入手する必要はないと思われます。

一応、ネタバレしますと、「君の瞳に乾杯!」という例のセリフは、ズバリ、使います、とのこと。
このセリフの翻訳、字幕の話から、小池センセ自身が以前、エリザで「影が伸びていく」を「闇が広がる」と訳した時のこと・・・などを語っておられます。


それよりも、産経新聞で今度、ゆうひさんのインタビューが載りますよ!
大阪版の土曜夕刊1面の「プレミアムシート」という欄。
1面の左半分くらいのものすごく大きなスペースで、旬の人を取り上げるコーナーです。
31日の紙面に「次回は宝塚歌劇団宙組トップスターの大空祐飛さんです」って告知がありました。
これは、たぶん毎週あるのかな。
とすると、7日付夕刊ですね。
忘れないようにチェックしなきゃ!!!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/228-0f2bf55d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。