6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ムーア人の男」を探せ!@宙組「カサブランカ」新公観劇報告その1

お茶会のレポもまだ手を付けていないのですが、とりあえず先に昨夜観てきたものをご報告。


まず、ゆうひさんから「しっかりチェックするように」と事前情報があった、ムーア人の男@すみかちゃん(笑)ですが。

いましたよ!

2幕のバザールの最初の場面で、行商人たちが「な~にがほしいの~♪」とか歌ってる時に、途中から前に出てきて踊るのですが。

お髭が!!!(笑)

黒々とした濃いお髭が、お口の上と、ふさふさのあごひげ(耳から全部つながってる)とで、お顔が髭に埋もれそう!(笑)
そう、ちょうど、「アラビア」のベドウィンの族長のまりんさんみたいな感じのお髭です(笑)

アクセサリーとかを売って商売をしているらしく、手に長いネックレスを幾つか掛けて、それを見せるようにしながら踊ってます。

その表情が、もう、なんてイキイキしてるの!(笑)
ゆうひさんもお茶会で「すみかの中で『ムーア人の男』らしい表情があるみたいで・・・(笑)」とおっしゃってましたが、ちょっと粗野な感じでね、もう、ホント役者だわ、野々すみ花(爆)

小芝居も細かいです。
1回ブルー・パロットの場面を挟んで、もう一度バザールの場面になると、下手の方で商売してるんですけど、どうやら、すみかちゃんは一緒に商売している2人組の兄貴分らしく、売りつけるのしくじった弟分(これもたぶん娘役ちゃんだと思うのですが、誰か分からず・・・。プログラムの写真で見ると、桜音れいちゃんだった気がするのですが、自信ないです)をこづいて叱ったりしてました(笑)

もう、センター全然観ないでオペラですみかちゃんガン観でしたよ(笑)

ちなみに、リックのカフェの場面は、お客の中の「ムーア人の女」をやってました。
濃いピンク系のストールに覆われた顔の中で、表情豊かなくりっと大きなお目目が印象的でした。



「カサブランカ」の新公・・・個々の生徒はそれぞれ頑張ってて、おおっ、と思うような子もいたのですが、全体としては無難な仕上がり、というか・・・。
花組のだいもんやみりおちゃんのエリザみたいに、真ん中のひとの圧倒的な輝きに感嘆できるようなこともなく、「ラストプレイ」の時の珠城りょうくんみたいに「新しいスターの誕生を見た!」とまで思えるほどのこともなく・・・という感じでした。

というか、まず、根本的に、演出は失敗だったと思います。
ちなみに新公演出は、小柳センセです。

一本物をカットしての公演だったのですが、主なカット部分は、

・1幕冒頭の群衆場面全カット。
 リックの銀橋歌が終わると、すぐドイツ兵とフランス兵たちが出てきてシュトラッサーを出迎える。

・パリの回想場面全カット。
 閉店後、飲んだくれて「いやだ」とだだをこねているリックをサムがなだめているところに、真知子巻き(爆)のイルザが入ってくる。

・1幕ラストはリックの銀橋歌のみ、本舞台のストップモーションはなし(幕が下りてしまってました)

・2幕4場、リックの店の捜索場面全カット。
 フェラーリの店をイルザとラズロが辞した後、すぐにルノーが登場、リックが店のドアの前に出てきて「派手にやってくれたな」の場面に。

・6場、イヴォンヌとフランス兵(りくくん)が言い合う場面全カット。

特に1幕のカットは・・・都合上、仕方なかったのかもしれませんが、要するに、「ザ・ミュージカル」的な群衆場面、大コーラスの場面が全部なくなってしまってて。
そこを取っ払っちゃうと、なんというか・・・実に実に地味~なお芝居で。
「カサブランカ」の作品の魅力が半減してしまってました。

お茶会で、ゆうひさんはああおっしゃいましたが、小柳センセの演出力に、ものすごーく不安を抱いてしまいました。
(まあ、今回のは一応、小池センセのOKも出てるんだろうから、人数上とか技術上仕方なかったのかもしれませんが、それにしても・・・残念です)


では、キャストごとの感想。

■リック@カチャ(本役:ゆうひさん)

カチャの持ち味に合わない役だということは分かっていたので、ものすごーくハードルを低くして臨んだのですが・・・。

うーん。

カチャなりに健闘していたなとは思うのですが、やはり、あまりにもキャラが違いすぎて、その溝を埋めることはできなかった、という感じです。

舞台人としての基礎スキルは高いひとなんだな、とはあらためて思いました。
お芝居は、決してゆうひさんの真似ではなく、自分なりのリックを作って演じていて、それは確かに的を射た演技ではありました。
きちんと、頭で考えて論理的に構築した役作りに見えた。
優等生なんだな、と思う。

でも、「男役」としての資質が全然足りないんだよなぁ。

驚異の小顔のスタイルは確かに綺麗だけど、やはりこういう大人の男をやるには線が細すぎるし。
それから、致命的なのは声だと思う。
まあ、声は好みの問題もあるかもしれないけど、本来、高い声を無理に男役っぽく作ろうとしているので、こもった発声の、ものすごくわざとらしい声になっちゃうんですよね。

仕草の一つひとつを見ても、本人が、きっととても男役が好きなんだろうなー、と思えるだけに、この、持って生まれた資質の恵まれなさが非常に惜しいです。

今回、新公でも本公演を観ても、カチャの前後の期の若手男役たちが、皆すごーくイイんですよね。
みーちー大もそうだし、同期のカイちゃんは「薔薇雨」の新公と「逆裁2」で見違えるように魅力的になったし。
ちょっと下のりくくん、モンチくん、愛月くんの3人も競い合って伸びてるし。

今さら言っても仕方ないけど、男役として少しでも成長しなきゃいけないこの時期にシシィをやったのは、現時点ではカチャにとって全くプラスになってない気がします。
(まあ、長い目で見て良かった、ということになるのかもしれませんが・・・)
むしろ、出遅れてしまった感が強いです。
ここからどう挽回していくのか・・・。

あ、ただ、リックはね、意外なことに本公演のヤンよりも良かったです。

まあ、私は所詮ゆうひさんファンなので、やっぱりゆうひさんリックが一番、なのですが、実は1カ所だけ、「ここはカチャの方が良かった」という所がありました。

1幕で、エミールが「2万フラン足りないんです」って言ってきて、金庫にお金を取りにいく時。
ルノーが「今夜大切な客が来る」「シュトラッサー少佐だ」って言って、リックが「ああ・・・!」と溜息をつくところ。
初見の時から、なんでこの場面であんななまめかしい「ああ!」なんだ、ちょっと違う気がするんだけど、って密かにツボだった(笑)んですが。
カチャの「ああ・・・!」は、セリフの流れから非常に自然な言い方で、ああ、やっぱりそうだよね、普通こうだよね、って思いました(笑)


終演後のご挨拶は、新公の長と主演者を兼ねて。
「最初はインフルエンザでどうなることかと思いましたが、今日こうして新公メンバー全員で迎えられてホッとしています」
「『カサブランカ』という有名な、素敵な大人の作品で、不安は大きかった」
と。
そして・・・途中、言葉に詰まって、こわばった表情のまま固まってしまったカチャ。
今回の新公が、どれだけプレッシャーの大きいものだったかが伝わってきて、カチャ自身、劇団の方針に翻弄されたのだとはいえ、気の毒に思いました。
(だって・・・普通、あんなふうに挨拶で言葉に詰まったら、割とすぐに客席から盛大な拍手が起こって、劇場中があったかい雰囲気になるもんなのに、この時はなかなか拍手が起こらなかったうえ、決して「盛大な」とは言えないものでしたから・・・)

ファンの方がご覧になって気を悪くされたらごめんなさい。
でも、カチャのあのこわばった表情を観ていたら、彼自身、客席に多少のアウェイ感を感じていたのかな、と思わずにいられませんでした。
(ちょうど、お茶会でゆうひさんが、客席は自分のその時の状態によって、敵にも味方にもなる、みたいな意味のことをおっしゃっていたので・・・)

■イルザ@えりちゃん(本役:すみかちゃん)

彼女も無難な出来ではあったと思うのですが。

でも・・・もっともっと「美女」なビジュアルを想像していたのに、思いのほか美しくなかったのが非常に残念です。

何がいけないんだろ・・・。
あの鬘とお衣装で美しく見せるのがそもそも難しいんですかね。
すみかちゃんもそうですが、えりちゃんも小柄なので、あまりスラリとした感じが出なくて。
えりちゃんのスタイルの美点は美脚だと思うのですが、それを強調できるようなお衣装じゃないし、逆に、どちらかというと貧相なお胸(失礼!)とかのアラが目立ってしまうというか・・・。
あと、横顔があまり美しくないのも欠点なのでしょうか。

声はとても綺麗なのですが、でも、セリフ回しが普通で、なんだか「普通の女」なんですよね。
すみかちゃんのセリフ回しや声音は、人によってはあざとすぎるように聴こえちゃうのかもしれませんが、こうして聴き比べると、やはり、あのドラマティックな「女優声」は ネ申! だな、としみじみ思います。

えりちゃんにとっては、パリの場面全カットなのも痛かったかな。
イルザの見せ場が大幅に減ってしまいますもんね。
イルザがリックをどれだけ愛していたか、が分からないので、2人の男の間、同じ深さの違う愛の狭間で苦しむ葛藤が伝わりづらくなってしまいました。

ただ、お歌はやはり上手かったです。
といっても、愛が再燃した後の場面での「今カサブランカは午前1時♪」のデュエットしか歌うところはなかったんですが、本当に綺麗な声で、優しく情感のこもった歌い方で、カチャをリードしてました。
もっと歌の多い作品で観てみたいなぁ。


ああ、もう時間切れ。
とりあえず、第一報でした。

コメント

近未来物は・・汗

壮ですか。「小柳先生」・・少し不安のほうが強くなりました・汗

で、↓の漫画家さんのお名前間違っていましたね・汗
教えて下さって有難う。他のご推薦も気になっていても、読んでいないものばかり・笑
今度探して読んでみます♪

で、新人公演・・「会場の雰囲気」に・・・決して主演の方に、どうとゆう感情も無かったのですが・・胸が痛くなりますね。デイリィーさん等には速報で、持ち上げられていますが・・余計に痛々しいとユウか(ファンの方ごめんなさい)、東京公演までマタ変ってくるのでしょうから、ゆっくり成長を待ちたい処でしょうか。

他の若手さん達、確かに、祐飛サンが移ってから、博多座DVD何度も見たり、この2回のカサブランカ遠征と、一回きりの逆裁でしかまだ、確認できませんが、中々見所があり、素敵な方も沢山居て、(小箱で何時かお話しようと・・笑)毎回新しく発見する方が増えていき頼もしいなと思っております(おもに、男役さんなのが・・どうも・汗・笑)。

十様も、チー・ミー・大(ユウヒさんの認識・爆笑)も、カイ君(たまに前宙トプ様を思い出します)も、一ッチャンや、澄輝くん・リクくん等などまだまだ気になる方一杯(実は列記したかたでない方達のほうが・・双眼鏡で見てしまう事が多くて・爆笑)で、宙組を観るのが楽しく(あまりなじみが無い組と結うのが本当のところでした)なってきました。

あの「ああ・・」のため息ですが、私は、「シュトラッサー?・・嫌なやつ連れてくるなよ!ルーイ!まったくお前ってヤツは・・いつもいつも厄介ごともって来るなよ!」なため息と思い楽しんでいるのですが・・・間違って解釈していたでしょうか?爆笑♪

yumさま>

放置しちゃってごめんなさい(汗)

ムラ楽遠征お疲れさまでした。
お会いできて嬉しかったです。

「ああ・・・」の溜息の件ですが、脚本上の文脈としてはまさにおっしゃる通りの意味合いだと私も思うんですが、それにしては色っぽすぎる溜息じゃないですか?(笑)
なんであんな無駄に色っぽいんだ、と焦るんですけど。それこそいくらでも妄想が膨らみそうで(笑)
あのハスキーな声音がいけないんですかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/249-966f3303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。