6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

美脚最強!!!@花組「相棒」観劇感想

ご報告が遅くなりましたが、1月5日、11時のムラ星組と、16時の花組DC「相棒」を観てきました。

特に組ファンではない方に、どちらか一方だけをお勧めするなら、ダンゼン「相棒」を!!!

楽しかったです~。

(思いっきりネタバレありますので、未見の方はご注意ください)


実はドラマ版は見たことなくて、番宣くらいでしか知らない私。
本家の配役も、右京さん@水谷さんと神戸さん@ミッチー、しか知らないし。
・・・ですが、そんな私でも十分楽しめました。
つか、そんな私でも、まとぶん右京さんと、あときっとハッチさんがすごーく本家に似てるんだろうな、ってことは分かった(笑)
その他のキャラは、元を知らないので何とも言えないのですが、ドラマファンの方々の感想を拝見すると、脇キャラもすごーくハマってたようですね(笑)
きっと、ドラマを見ていたら、より楽しめるのだと思います。

全体的には、石田センセワールド全開、っていうか・・・キャストがかぶっているせいもあるかもしれませんが、演出とかテイストがすごーく「銀ちゃん」に似てました。
1幕、2幕のいずれも冒頭シーンで、カメラマン@みつるが実際にカメラを持って映してて、それがスクリーンにそのまま流れる演出とか。
秋葉原の街路の背景に映る建物やネオンは、ヤスの部屋の窓の外のネオンみたいだったし。
婦警さんとかナースとか、やたらコスプレが出てくるところも。
お局さまっぽいさあやちゃんのキャラも、どことなく似通ってましたね。

・・・なので、「銀ちゃん」の、あのドタバタのノリが好きだった方は、きっと楽しめると思います。

ただ・・・演劇史上に残る傑作の一つである「蒲田行進曲」に比べると、やはり脚本が弱い・・・いや、弱すぎるというべきか。
本筋のミステリの部分、というか、そもそもヒロインと、みわっちやあまちゃきはじめヒロイン周辺キャラの設定が突っ込みどころ満載で、そーゆー細かいことを気にし始めると、キリがありません(爆)

あと、ラストがねぇ・・・。

いきなり「人間がこの世でできる最後の良いことが臓器移植」(正確なセリフを覚えてないのですが、だいたいの意訳)みたいな超説教くさい展開は、どうよ。
それと、いきなり、パリス@あやねちゃんがキャロル@あまちゃきに「私たちは相棒よ」は、どうよ。

あまりの強引な展開に、白眼になって終わりました(爆)

が・・・フィナーレの幕が開いた瞬間、そんな本編最後のグダグダさはまるっきり忘れてしまいます(笑)

もうね、このフィナーレの始まり方、最高!!!
幕が上がると、舞台センターに、思いっきりキザったキラキラ黒タキ(・・・だっけ? 自信なくなってきた・・・)えりたんの後ろ姿が。

キタキタキターーーーーッ!!!

って思わず、心の中でガッツポーズしちゃいました。

その後に登場するまとぶんの正統派のカッコ良さは言うまでもないし。

それぞれにキメまくってる花男子たち、どこを見てもカワイコちゃんぞろいの花娘たち、とにかく眼福です。

そして、まとあやえりの3人で最後にキメポーズするところがあるんですが、デュエダンの最後に娘役さんがするように、ひざまずいてまとぶんの脚にそっと寄り添うえりたんサイコー!(笑)
で、あやねちゃんに睨まれ(笑)、まとぶんにもすげなくされて、しゅんとするえりたんサイコー!!(笑)

ああ、フィナーレだけもう1回見たいくらい好きです~!!!


ストーリーに触れづらいので、キャスト別感想を。

■杉下右京@まとぶん

仕草とか口調とか、外見的な部分がどれくらい本家に似てるのかは、私は判断できないのですが。

穏やかで誠実で、でも筋の曲がったことは絶対に許せなくて・・・みたいな、役柄の芯の部分をぐっとつかんでいるような気がしました。

まとぶんの優しさ、誠実さが役にぴったりハマって、タカラヅカらしい「相棒」になっていたと思います。

1幕最初の客席登場は、私は反対側の下手席だったので、あまりよく見えなくて残念でしたが、あの近くの席だと楽しいでしょうねー。
(注:DCでは上手横扉からの登場でしたが、青年館では楽屋口との関係上、逆の下手側からになる可能性大だと思いますのでご注意を)

一転してプロローグのダンスでは、スーツ姿でバリバリにキメて踊るのが素敵。

でも、なんといっても右京さん最大の萌え場面は、第2場の、ワンちゃん(のぬいぐるみ)を抱っこしてる姿でしょう(爆爆爆)
なんという萌える絵ヅラなんだーーー、と客席でもだえました(笑)
婦警のお局さま、稲田麦子女史@さあやちゃんの飼い犬「まるこちゃん」なのですが、さあやちゃんの腕の中に返した後、ワンちゃんを覗き込みながら「・・・まるこちゃん?」って言う口調が超カワイくて激萌え必至です(爆)

あと、ホテルの部屋で、パリスと並んでソファに座るとこ。
パリスがぐっと近づいて迫ってくるのに、パッと離れて座り直すのがイイ感じで、笑いが起こってました。

5日16時の回は、カーテンコールのご挨拶の冒頭で思いっきり噛んでしまって、本人呆然、えりたんとか周りもあまりの豪快な噛みっぷりに目を見開いて唖然、客席爆笑・・・でした。
びっくりした顔のまま、自分で頭をぺしっと叩いて、あらためて「はい、今、幕が開きました。えー、本日は・・・」と言い直すまとぶんがお茶目でした(笑)

■パリス@あやねちゃん

脚本的にはいろいろツッコミどころもあるパリスちゃんなのですが、我儘でお高いオンナ(後半はちょっと変わってくるんだけどね)、あやねちゃんに似合ってました。
金髪の鬘も綺麗だった。

ピアノも、何カ所かは実際に弾いてましたよね。
さすがに上手かったなぁ。

2幕、ドライアイスが立ち込める中、防毒マスクをしてピアノを弾く場面は、シュールさに絶句しました。
何を思ってこんな絵ヅラを考えたのか、いしだっち、すごいよ(爆)
「退団するの知らなかったから無茶苦茶してごめん」(意訳)と歌劇の座談会か何かで言っておられましたが、ホント、無茶苦茶だよ(爆)
でも、あやねちゃんもイイ意味で弾けてて、楽しかったです。

■神戸尊@えりたん

カッコ良かったです!!!

正直、神戸くんは、今回の脚本的にはあまり存在意義がない、というか・・・あんまりキャラが書き込まれてないというか、見せ場もあんまりないというか・・・とにかく薄い役なのですが、えりたんは美貌の力でそのハンデを凌駕して、ナンバー2の役として成立させてました。

いやぁ、美しいって、素晴らしいよね(しみじみ)

ミッチーの色は独特で、真似しづらいせいもあるかもしれませんが、ミッチーっぽさは多少匂わせつつも、えりたんオリジナルの神戸くんになっていると思います。

そんなわけで、↑にも書きましたが、私は本編の神戸くんよりもフィナーレのえりたんが超好みでした。

■内村完爾@星原先輩

星原先輩がハッチさんの部下って斬新(笑)
つか、特にこのところ花組の作品では、「一番偉い人」な星原先輩を見慣れていたので、小物感あふれる演技が新鮮で楽しかったです。
さすがに上手いなぁ。

■小野田公顕@ハッチさん

ドラマを見てなくても、きっと、この口調、本家にそっくりなんだろうな、と分かる芝居。
ねちっとした感じが良く出てて、ハッチさんもさすがに上手いなぁ、と感心しました。

■三浦信輔@眉月王子

この辺は、たぶんドラマを見てるとすごく面白いんでしょうね。
階級について、めおちゃんとコンビで語る悲哀に満ちたやりとりが楽しかったです。

■教祖@ちあきさん

教祖としての出番は1場面だけですが、迫力満点。
大神官を思い出しました(笑)

■ノーマン・エヴァンス(パリスの夫)@みわっち

こちらも脚本的に突っ込みどころ満載の役で、若干気の毒でしたが、みわっちらしく暑苦しく濃くウザく(爆)演じてて楽しかったです。

ノーマンの見せ場はなんといっても、最初に登場するあまちゃきとの不倫タンゴ(笑)でしょう。
濃いわぁ~~~(笑)
相変わらずやり過ぎ感あふれる愛音さん。素晴らしいです(全力で誉めてます)

最後、コンサートホールであやねちゃんのセリフを聞いてる時の演技(・・・っていうか顔芸?)も、これでもかっていうほど暑苦しくて、素敵でした。

■角田六郎@まっつ

「中年」というには美形すぎる角田さんでしたが、そんな綺麗なのに中年オヤジオーラが出てるのは何故なの・・・?(爆)

なぜか1幕最初の方では右京さんとデュエット(?)があったり、3人娘とパジャマパーティーしてたり、なにげにオイシイ場面が多かったです。

■宮部たまき@イチカちゃん

たまきさんは出番は少なかったのですが、しっとりと大人の女を演じてくれました。
パリスにちょっと意地悪な質問されてうろたえるとこが可愛かった。

■米沢守@みつる

可愛かった~~~!!!

ドラマだとオタキモキャラなんですかね?
でも、みつるはフツーに可愛かったよ。

つか、あの髪型も、髪伸びすぎた時のモトみたいだったし(爆)

どの場面だったか忘れたけど、めおちゃんと手つないでたのに萌えました。
石田センセは「フィフティ」に続いてみつめおカプ押しなんですね(爆)
このまま同期カプで売っていってほしいと思います。

あと、防毒マスクで「プレイがうんぬん・・・」ってとこ、私の乏しい想像力では、防毒マスクを使うようなプレイがどうしても思い浮かばないのですが・・・(爆爆爆)
(そういえば、それを聞いて「・・・プレイ?」って呟く右京さんがなんだか嬉しそうだったのもツボだった。右京さん、草食系に見えて結構ム○○リなタイプなのね・・・(爆爆爆))

■伊丹憲一@めおちゃん

あんなに綺麗なのに舞台に立っているだけで面白いってどういうことだろう(爆)

いやー、めおちゃん、いいですねー。味がありますよ。

1幕、2幕冒頭、いずれも犯人役なんだけど、どっちも絶対に犯行が成功しそうになくて面白いです。

■稲田麦子@さあやちゃん

こちらもさあやちゃんの実力全開!(笑)
「銀ちゃん」の秘書系列の役ですが、気持ちよく弾けてくれてます。

フィナーレの娘役群舞の時の美女っぷりとのギャップも楽しいです。

■暴漢@めぐむくん

めぐむくんも濃いわぁ(笑)
イッちゃってる感が凄いです。
美形モード全開で演じてるだけに、凄みがありますよ。
2幕で捕まった後の、ずっと前髪をいじってる演技が細かくて上手いなぁ。

■芹沢慶二@らいらい

らいらいは・・・とにかく可愛いです(笑)
特に、パンダの着ぐるみから頭だけ出したらいらいは殺人的な可愛さです。
「フィフティ」に続いて、石田センセの脳内でのらいらいが癒し系だってことは十分分かりました(爆)

■安西朋美(アンコ)@きらりん

美脚最強!!!

3人娘の中でも、きらりんだけスカート丈が短くて、美脚を眺め放題なの!
この芝居、きらりんの美脚を終始観られるというだけでもチケット代の7割くらいの価値があると思います(爆)
いしだっちGJ!!!

・・・てゆーか、「銀ちゃん」「フィフティ」、そして今回と、いしだっちがどんだけきらりんの美脚が好きかってことは本当に良く分かったよ・・・。

キャラ的にも「銀ちゃん」の時の朋子さんのノリに近くて、弾けてました。

■キナコ@はるちゃん
■モチコ@くみちゃん

きらりんイチオシだけど、3人娘の残り、はるちゃんとくみちゃんも超可愛いですよ!
特にくみちゃんは、新公とかでも専科さんっぽい役のことが多くて、落ち着いた大人の女役のイメージがあったのですが、こんなに若いキャピキャピギャル(死語・・・)の役もハマるんだ! って新鮮でした。
3人とも美人だけどそれぞれに個性的で押し出しが強いので、見てるだけで楽しいです。

■キャロル@あまちゃき

キャロルも脚本上、設定に相当無理のあるキャラなのですが・・・。

でも、あまちゃき本人には何の罪もないし、むしろ、めいっぱい濃く演じてました。
不倫タンゴも、あのみわっちの暑苦しさにしっかり着いていってるし。
やっぱりお芝居が上手いな、と思いました。

あとはモブ的な役なので、目についた人だけ。

・ゆゆちゃんのナースコス!
 ゆゆちゃんのナースコス!!

 (大事なことだから2回言いました)

 これもいしだっちの確信犯ですよねー。
 完璧な可愛さです。

・警官のモブの中でも、やはりアーサーの2枚目っぷりは際立っている。
 レアくんは、私はあの高いオンナノコな声が苦手なので、セリフがないモブだと可愛さは群を抜いていると思う。

・菜那くららちゃんは2幕ラストの車いすの少女が目立つ役。
 「フィフティ」の時といい、純真な少女役がやはり上手い。

あとのメンバーは・・・あんまりちゃんと見られなくてごめんなさい。

いろいろ文句もないわけではないのですが、でも、なかなか楽しかったです。
こーゆーコラボもありかな。
一見の価値あり! ですよ。
青年館でご覧になる方は、ぜひぜひドラマをご覧になってからおいでくださいませ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/266-820d42c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード