6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺のために生きろ! ~雪組観劇報告・その2

雪組観劇報告続きです。
この日は偶然、幕間に抽選会がある日で、しかも担当はミズさんでした(スポンサーはキリン)。

さっき下手花道をセリ下がっていったミズさんが、ものすごい早業(笑)で下手袖から登場。
もちろんショー最後の場面のお衣装のままです。
なにしろ休憩が30分しかないので、司会者さんもミズさんもものすごい早口(笑)

「いかがでしたか?」と振られて、
「さっきここをこうやってセリ下がっていって、今あれ? また蘇っちゃった? みたいな感じになってますけど(笑)」
「これから、メイクも全っ部変えて全くの別人になって登場しますので、楽しみにしてください」
とか言ってました。

あと、先日の「さんちゃんねる」の感想を聞かれて、
「さんまさんもここで観てくださったんですけど、最後のフィナーレの赤い大きな羽根をご覧になって、『アンタ、それ、ことわりなはれ~』(ビミョーな関西弁モノマネに客席薄笑い)っておっしゃってましたー」
とか。

最後にひとこと、を求められて、「ショーもお芝居も、何度でも足を運んでいただいて、どうぞ、『ご自分なりの』(←ここ強調)見方で(笑・・・会場も笑ってた)ご覧ください」みたいなことを言って。

退場する時に、なんか左手を後ろに伸ばして潜っていくような(?)ポーズのまま袖にはけていって(ショーのラストのセリ下がりのポーズだったのかな? 私はよく分からなかったのですが・・・)、ミズさんファンや組ファンと思われる客席の皆さんからどっと笑いが起こってました。

短い時間でしたが、ミズさんらしいサービス精神にあふれたトークでした。

この回を狙って行ったわけではないのに、キリンの某賞品まで抽選で当たってしまい(幕間の抽選で当たったの初めて!)、ちょっとラッキーでした(笑)


で、「マリポーサの花」ですが。

いやー、思ったより良かったです。

・・・つかね、私、ハリーの前作「マジシャン」があんまり・・・だったので、今回全く期待せずに行ったんですよ。
マジシャンの時ですら、マレーク救出以降もうタラタラ長すぎてイラネ! って思ったのに、2時間もイラネーよ!!! って思ってたんですけど(爆)

でも、マリポーサは、最後までちゃんと筋が破綻してなくて、集中を切らさずに観ることができました。
気になったのは、「ネロ(ミズさん)はイスマヨール(まやさん)とのつながりが表に出ないようにって言ってるけど、でも、イスマヨールの娘と息子(キムトナ)がネロのクラブで働いてたら、ちょっと調べたらすぐに関係が分かっちゃうじゃん!」ってことぐらい。
物語としては、マジシャンよりダンゼン上です(爆)、まあ、ありがちっちゃありがちな筋ではあるけれど(爆)
ラスト近くでは、思わず泣いちゃったよ(笑)

とにかくハリー節全開!!! 男のナルシシズム全開!!! なストーリーなので、ちょっと、うーん、それはどうなの、って思うとこはあるんですけどね。
帰国できるあてはないのに、セリアを永遠に待たせるんかい、それでいいんか! それは男の自己満足だろ! とか。

でも、ミズユミ萌えの人にはたまらん芝居なのではないかと思います(笑)

つーか、エスコバル(ユミコ)が実に実にイイ男でねー。
私、今までユミコちゃんを特別イイと思ったことはなかったし、正直ビジュアルはどっちかというと苦手・・・だったのですが(ファンの方ごめんなさい(汗))、今回、めちゃめちゃカッコ良く見えてどうしよーかと思いました。
ワイルドで男らしくて有能で(しかも情報集めたりするのも実戦もどっちもOKないわゆる“文武両道”で)、キョーミない女には超冷たくて、そして、惚れた相手には、どこまでも尽くす。
もー、エスコバルがネロを好き過ぎて、健気すぎて、泣けるよーーーーー!!!!!

でも、片想いかと思いきや、最後の最後にミズさんがキョーレツな愛の告白をかましてくれて。

・・・・・・

「俺のために生きろ!」

って!!!

あの二人の関係性において、これ以上の告白の言葉があるでしょうか。
それ文字通り「殺し文句」だよ。
聞いた瞬間、思わず椅子ごとひっくり返りそうになりました(笑)
いやー、すごかった。

私はミズユミ萌えは全くないので、単にネロ×エスコバル(いや、エスコバル×ネロ? どっち?)萌えです。
愛短のフレッドとアンソニーの時は、フレアン萌えとワタトウ萌えが混じってた気がする。
だって、ミズユミがなんかこぶし合わせたりしたの見ても別に萌えなかったけど、ワタトウが船室のソファに腕を絡めて座った時はキャーッって思ったもん(笑)

で、エスコバルの「アンタ」呼びにノックアウトされました(爆)
うわー、若島津だー!!! って思って(笑)

(注:若島津健は某超有名蹴球マンガに登場するキャラ。長髪美形のゴールキーパー。FW日向小次郎とのカップリングが有名で、実は、私がフジョシの世界に目覚めたのはコジケンがきっかけでした・・・。日向さんと健ちゃんは幼馴染で同級生でチームメイトなんだけど、日向さんはキャプテンで王様なので、対等なんだけど微妙な精神的上下関係があって、なぜか小学生時代から健ちゃんが日向さんを「アンタ」って呼ぶのが、フジョシ的にはものすごーくツボ直撃な萌えエピでありました。注終わり)

・・・でも、エスコバル見て健ちゃんを連想するなんて、なんて腐った私、と思っていたら、某超有名ヅカブログさんが同じ感想を書いてらっしゃって、ちょっとびっくりしました(笑)

・・・とにかく、二番手がカッコイイと、そのイイ男が惚れてるトップの役もさらにイイ男に見えますよね。
私、愛短のアンソニーも大好きだったんです。
この3年半の間に観た全公演の中で、アンソニーが「恋人にしたい役」第1位です(笑) 
(ええ、ステファーノさんよりも上ですとも(爆) つか、ステファーノさんを恋人に、なんて恐れ多くて考えられないっちゅーか(笑))

こうして、いつもはカッコイイ二番手役が書けるハリーなのに。
ああ、それなのに、マジシャンの殿下はなんであんなんだったんだろう(凹)
いや、まあ、殿下好きだったけどね。
でも、キリヤンカッコイイ! 惚れる!!! ・・・って役では全くなかったので(笑)

あと、

「さるぐつわのキタロウ萌え!!!」

って言っていいですか(爆)

私、実は、キタロウくんの顔がそんなに好みではないんです・・・(ごめんなさい)
テルキタの同期並びとか、パッと見た時のガタイとかはすごくイイなーと思うんですけどね。
でも、さるぐつわされてて、前髪が一筋ハラリと垂れてるキタロウには激萌えした!(爆)
さるぐつわを外したら、やっぱり・・・だったので、さるぐつわのシーン限定!(笑)

それから、車イスのキム萌え!
・・・って挙げていくと、なんか私、すごいフェチの人みたいだなー・・・(爆)

そしてそして、キムトナ萌え! 禁断の姉弟愛萌え!(笑)
キムちゃんがとなみちゃんの頬に両手で触れようとして、結局手を引っ込めるとこが激萌えだった!(笑)
しかもキムが陽性キャラじゃなくて、ちょっとブラック入ったやさぐれキャラなとこが実にツボでした。

皆さん言っておられるように、確かに役があまりにも少なくて、舞台上に出てる人数も常に少ないので、大劇場向きの芝居ではないですよねー・・・。
下級生ファンの方にはつらいかもしれませんね。
でも、シャンドールとヴェロニカと殿下の3人しか必要なかったマジシャンに比べれば、もうちょっとましなのでは・・・。
少なくともミズトナユミキムテル、ハマコ、キタロウ、あたりまでは筋に絡むキャラだもんね。
ストーリーにまっっったく関係ない居候5人組なんかで水増ししてないし(毒)

えーと、脈絡がなくなってきてすみませんが・・・。

あ、あとは、コマちゃんイイ!!! 巧い!!!
劇団押しのアイドル可愛い系若手男役にはあんまりそそられないんですが、コマちゃんは可愛い外見に似合わず(笑)、歌も芝居も実力派で、なんか無駄に熱くて濃くて、いいですねー。

みみちゃん可愛い。大抜擢ですね。
シナちゃんもいい味出してる。
ミナコちゃんは、出番は一瞬だったけど、やっぱり芝居が上手いなー、って思いました。

フィナーレは、男役だけの場面は良かったですが、全体的にはもひとつかなー。
ショーが変則なんだから、ラストはちゃんと定番の形で幕が降りた方が良かったと思います。
あと、マジシャンのフィナーレでもそうでしたけど、エトワールはちゃんと歌姫にやらせて!
(ちなみに今回も、ゆうひさんの時と同じく、キムちゃんが仮エトワールみたいな感じで、後はユミトナミズしか歌わなかった)
ハリーが今後もフィナーレつくる機会があるなら、そこのところ改善してほしいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/28-1b047c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。