6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この夢のためならすべてを賭けられる@宙組「カサブランカ」東宝千秋楽ご挨拶

無事帰ってまいりました。
帰ってからもぼーっとして今日の思い出を反芻してたら、いつの間にかこんな時間になってしまいました(汗)

いっぱい拍手して、いっぱい泣いて、いっぱい笑顔で、いっぱい幸せな気持ちになった千秋楽でした。

タイトルは、ゆうひさんのご挨拶から。
下であらためて詳しくご報告しますが、ゆうひさんはこうおっしゃったのでした。

「(宝塚の魅力とは何なのか、私は本当の意味では分かっていないのかもしれないけれど)
ただひとつ言えるのは、私にとって宝塚は夢の世界であり、この夢のためならすべてを賭けられるということです

・・・聞いた瞬間、心の底から感動に震えました。

なんという重大な決意を、なんてさらっと、当たり前のことのようにおっしゃるんだろう。

宇宙一オトコマエなご挨拶ではありませんか。
大空祐飛というひとのファンであることを、あらためて誇らしく思ったご挨拶でした。

前楽と楽、ダブル観劇でした。
小ネタは後ほどあらためてまとめることにして、とりあえず先にご挨拶のご報告を。
(すみません、例によって文言は正確ではなくて勝手に脳内で作っちゃってる部分もあると思いますが、ご了承くださいませ。一字一句正確にお知りになりたい方は、スカステニュースなどをご参照ください)

パレードの幕が下りた後、すっしーさんが幕前に登場。

ご挨拶、あんまりちゃんと覚えてないのですが、「この公演で、大空祐飛を中心として培った団結力を宙組の糧として今後も頑張っていきたい」みたいなことをおっしゃってた気がします。

まうちゃんのお手紙は、基本的にはムラ楽と同じでしたが、思い出の公演の最後に「カサブランカ」の警官と「カサブランカ新公」のエミールが加わってました。
警官は、(リックのカフェの家宅捜索のシーンで)トイレットペーパーを投げるのがコントロールが難しく、いつも緊張して、受ける人とタイミングを合わせていた、という豆知識(笑)を披露してくれました。
エミールは、初めていただいた通し役、最後にこんな素敵な役に出会えて幸せでした、と。

萬ケイさんのお手紙も、ほぼムラと同じだったのかな・・・。挙げられた作品、役などはだいたい一緒だった気がします。

幕が開いて。

上手袖から登場したまうちゃん。
組からのお花はらんとむさん、同期は百千糸ちゃん。ムラと同じ、合わせるとト音記号の形になる可愛いブーケ。

ご挨拶・・・ごめんなさい、ちゃんと覚えていないのですが、要旨としては、
「いつも笑って話せる下級生に出会い、いつも優しく包んでくださる上級生に出会い、支え合える同期に出会い、応援してくださる皆さまと出会えたからこそ舞台に立っていられました。陰で支えてくれた家族にも心から感謝しています。本当に幸せです」
みたいな感じでした(いい加減ですみません・・・)

爽やかで、清々しくて、凛々しいご挨拶でした。

そして、「せーの」で全員で「ケイさーん!」と呼ぶと、「はぁーーーい!」っていう返事が、もう、なんというか気取ってない素のケイさんで、その声音に皆、泣き笑い。

お花はムラと同じく真っ直ぐな白いカサブランカ。組からはゆうひさん、専科からソルーナさん、同期は東千晃さんがいらっしゃいました。

こちらもご挨拶の要旨のみですが、
「夢から醒める時が本当に来ました。宝塚の舞台に40年間立てたこと、そして、大空祐飛・野々すみ花トップお披露目、新生宙組に出会えたこと、「カサブランカ」のサムという役に出会えたこと、すべてが幸せです。
今になって、こんなに宝塚を愛しているとは思いませんでした。
本当に、素晴らしい資質を持った・・・(ちょっと言葉に詰まって)子たちです。
(「子」という表現がおかしくて、皆ちょっと笑って。ケイさんも舞台上の皆を見回して「え、なんかおかしい?」と笑いながら)
この子たちが伸びやかに舞台を作っていけるよう、皆さまも温かく、時には厳しく、見守ってやってください。
(最後に姿勢をスッと正して、凛々しい男役声で)
本当に、ありがとうございました!!!」

・・・もう、途中から滂沱の涙ですよ(爆)
さすがのゆうひさんも、ちょっと涙ぐまれてたご様子。

「お名残は尽きませんが、最後に大空祐飛からのご挨拶です」とすっしーさんに促され、ゆうひさんが前へ。

「本日は『カサブランカ』千秋楽にお越しくださいましてありがとうございました」という定番のご挨拶の後、はぁーってちょっと息をついて。
次の言葉がすぐに見つからないみたいで「すいません」って後ろの皆を見ながらちょっと笑って。

「専科のソルーナさんとケイさんのお力がなければ、この公演は成立しませんでした。本当にありがとうございました」(客席拍手)

「・・・ケイさん。ケイさんの宝塚生活最後の作品に、こうしてご一緒できたことは、宙組の宝物です。ケイさんから学んだ男役の芝居、そして宝塚の魅力を伝えていきたいと思います」

「退団するまうちゃんやケイさんの幸せそうな笑顔を見て、ゆうべ一晩、宝塚の魅力って何だろう、とあらためて考えました。
私は宝塚しか知りません。外を知らないので、実は本当の意味では宝塚の魅力を分かっていないのかもしれませんが・・・
ただひとつ言えるのは、私にとって宝塚は夢の世界であり、この夢のためならすべてを賭けられるということです」

・・・!!!

正直、この言葉に感動しすぎて、その後を正確に覚えていないのですが、最後は
「これからも宝塚の魅力を皆さんにお伝えできるよう、頑張っていきたいと思います。本日は本当にありがとうございました!」
みたいな感じだったと思います。

「すみれの花咲くころ」を歌いながら幕。

カテコ1回目。幕が上がると全員そのまま板付きで。
ゆうひさんが「今日まで頑張ってくださったオーケストラの皆さんと西野先生、ありがとうございました!」とオケボックスを示して、皆でオケに拍手。

2回目。ここからスタオベ。
幕が上がると、ゆうひさん、まうちゃん、ケイさんの3人。
「今の気持ちをひとこと」とゆうひさんが促すと、マイクを持ってないまうちゃんは、ゆうひさんのお衣装(?)に付いたピンマイクにできるだけ顔を寄せて「私は幸せ者です!」
次にケイさんもピンマイクに顔を寄せようとしたのですが、ゆうひさんの羽根が顔に当たりそうになったのかな、「おっと」みたいな感じで一瞬避けちゃって、ゆうひさんと顔を見合わせて大笑い。
客席もほっこりして笑いが起こる中、あらためてマイクに近づいておっしゃったひとことが。

「誰がHappy? 私がHappy!」

もうもう、なんてお茶目で、なんてお洒落なんでしょう、ケイさん!!!
客席は泣き笑いしながら大拍手。
ゆうひさんも笑って「私たちもHappyです!」とおっしゃってました。

そのまま3人で「ありがとうございました」で幕。

3回目は、幕が上がるとゆうひさん一人。
「皆さんの瞳に乾杯!!!」って叫んでくださって、客席から漏れるキャーッという歓声に笑顔のゆうひさん。

「愛する仲間たちを呼びたいと思います!」の言葉で、全員集合。
最後に「本当にありがとうございました!!!」で、夢のような3カ月の幕が降りました。


明日から、もう、どこにも、あのカサブランカの街はないんですね・・・。
悲しすぎる・・・。

でも。
もう二度と、リックに、イルザに、カサブランカの街に生きる人々に逢えなくても。
大丈夫。
だって、私たちには、

「カサブランカの思い出がある」。

彼らはもう二度と、私たちの心から離れない、ですもんね・・・(涙)


本当に、素晴らしい舞台を、ありがとうございました。
ゆうひさんに、この作品にかかわったすべての人々に、心からの感謝を。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/284-b3036ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。