6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレートのある幸せ

明日はバレンタインですねー。
バレンタインのトキメキとは縁のないトシになってしまいましたが(笑)、でも、世界中の美味チョコがずらりと並んだデパートの催し会場を観ると、嬉しくてテンションが上がります。

チョコレートと言えば忘れられないのが、モトヤママサシさん(職業:プロサッカー選手、当時25歳独身)の、この名言です。

「・・・(前略)チョコレートは身体にいいんですよ」

--ポリフェノール効果ですか?

「疲労回復っていうか、甘いから。食べてる時、甘い、なんか幸せな気持ちになれるから。うん、リラックスできる」

             (「フッティバル」2004年8月号インタビューより)



やーん、いつ読み返しても、か~わ~い~い~~~!!!(爆)

モトには本当に数々の名言(迷言?(笑))がありますが、その中でもわたし的にはベスト3に入るセリフですね。
そこらの女子よりもなんぼかピュアな乙女発言ではありませんか(爆)

このインタビューを読んで以来、チョコを口にするたびに、そうだよね、甘い、幸せな気持ちになれるもんね、と思いながらついついもう一個、あと一個だけ、・・・と食べ過ぎてしまいます(汗)


今年は、最近、いま人気のマンガ「失恋ショコラティエ」を読んでてショコラ気分が盛り上がってたこともあり、例年以上に自分チョコをたくさん買ってしまいました(汗)
(そして既に、ほとんど食べ尽くしてしまった・・・)

どれも美味しかったけど、乙女気分が一番盛り上がったのは、「パティスリー・サダハル・アオキ」のボンボンショコラです。
クレヨンみたいな色のついたショコラがずらりと並んで入ってて、可愛くて楽しい!

あと、京都のケーキ屋さん「菓子職人」の抹茶トリュフも結構ヒットでした。
私、普段、抹茶味の洋菓子って特別好きなわけではないんですけど、このトリュフは、とっても抹茶が濃くて、でも上品で美味しかったです。
他のトリュフとセットになったのを買ったけど、他の味はまあ普通・・・だったので、抹茶トリュフオンリーでも良かったなぁ、と思いました。

ここ何年か、オット用には、普通のチョコではなく、ゴディバのアイスクリームを買っています。
お高いので普段自分のために・・・と思うとちょっとためらっちゃうんですけど、バレンタインだしちょっとくらいフンパツしちゃってもいいかな、という気になれるので(笑)
もらったら絶対嬉しいものなので、普段のプレゼントやホームパーティーの手土産とかにもお勧めです。


余談ですが、「失恋ショコラティエ」も、なかなか面白いです。
性悪女(笑)サエコに振られた爽太が、彼女を見返すためにパリでショコラティエの修行を積み、帰国して「ショコラ王子」として店をオープンする、というのが第1話。
その後、サエコと爽太の駆け引きとか、周囲の人間関係とか、ショコラへの情熱とか、いろんな要素で話が続いていくんですが・・・。

水城せとなさんの作品は、昔、「アレグロ・アジタート」とかを雑誌で連載してる時に読んでて、絵は綺麗だけどストーリーやキャラが微妙にキモチワルくて、なんか気になる作家さんだなぁ、と思っていました。
でも、その後、ちょっとBL方向に行っちゃってからは読んでなくて。
評判を聞いて「ショコラティエ」読んでみたら(あ、これはBLじゃなくて少女マンガです)、昔のあの、独特のキモチワルさはそのままに、よりエンターテインメントに目配りできるようになった・・・というか、より広い読者にアピールできる分かりやすさもありつつ、根っこにシビアな人間観があってストーリー展開も個々のキャラの言動も一筋縄ではいかない感じがレベルアップしてました。
ただ、読んでると無性にショコラが食べたくなって仕方ないのが欠点ですが(笑)

並行して連載を続けてる「黒薔薇アリス」も読んだけど、これも面白い!
「愛と繁殖」がテーマ、と作者自らが語る、ヴァンパイア(吸血樹)のお話。
マンガとしては、こちらの方が私は好みです。
ストーリーの先が気になって、早く続きを読みたくてソワソワしちゃいます。

「黒アリ」の連載を一時休止して、雑誌「コーラス」で連載が始まった「脳内ポイズンベリー」は、どちらかといえば「ショコラティエ」系統かな、こちらも手堅い面白さで、今、勢いのある漫画家さんです。


・・・ずいぶん脱線してしまいましたが。

モトはもう退院したのかな。
16日の鹿島神宮での必勝祈願には出てこられるのでしょうか・・・。
大変なことばかりのモトだけど、バレンタインの日くらいは、愛妻の手作りチョコで、甘~い、幸せな気分になっててくれたらいいな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/291-97375684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。