6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯最高のホワイトデー@「シャングリラ」お茶会報告

行ってまいりました、「シャングリラ」お茶会。

全体的に本当に本当に楽しかったんですが、何より素晴らしかったのは。

3月14日のお茶会、ということで、通常の握手会の代わりに、なんと、ゆうひさんからホワイトデーのチョコを参加者全員一人一人に手渡しでくださる、というビッグサプライズが!!!

キャーッ、なんて粋なはからいなんでしょう!!!

しかも、そのチョコ、キットカットの2枚入りの小さな箱なんですが、パッケージに、赤紺チェックシャツにつばが赤いロゴ入りキャップのゆうひさんがやんちゃっ子風笑顔でこちらをじーっと見つめている超可愛いお写真(たぶん会からのポストカードに使われているのと同じカット)と、「ありがとうのきもちをこめて・・・」というメッセージと日付が入った特注モノなんです!!!

ああ、なんて幸せなホワイトデー。
行って良かった~~~!!!



・・・と、お留守番組の皆さまを思いっきり羨ましがらせた(爆)ところで、詳細報告行きまーす!
(例によって、記憶が曖昧な部分もありますが、ご了承くださいませ)

今回は、いつものように凝ったお出迎えの趣向はなく、「とにかくゆうひさんが入ってこられたらキャーキャー言って盛り上げてください」と事前に司会者さんからの指示がありました。

が・・・そんな指示なんて全く必要ないくらい、ゆうひさんが登場された瞬間、みんな素でキャーキャー叫んでました(笑)

ピチョン、ピチョン、と水の音・・・そして、劇中でも使われてる「Time Limit」のピアノのイントロが流れ出す中、扉が開いてご登場!
アーミーゆうひさんです!!!
カーキのつなぎっぽいお衣装。ポートか何かで見覚えがする気がある・・・と言ってたら、ご一緒したお友達のえるえるさまが「グラフの『SCENE』のじゃ?」と気付いてくださいました。
去年のグラフ、引っ張り出してくるのが面倒で確認できてないんですが、たぶんそうだと思います。左肩の所の肩賞っていうのかな、あの飾りに見覚えがあるし。
あの、逃亡者風の、受け受けしいオーラを放ってた(爆)お写真のヤツです。
裾は黒のブーツにイン。
ヘアスタイルは、ソラのイメージから来ているのか、いつもよりトップをふんわり高く盛り上げておられるような・・・前髪は右側だけ長く垂れて目元にかかってカッコイイです。

壇上に着かれて、司会者さんの「皆様にご挨拶と乾杯のご発声を」と言われて、「え、乾杯?」と怪訝そうなゆうひさん(笑)
ペットボトル(午後ティー)で乾杯、ということだったのですが、事前に言われてなかったので、慌ててごそごそと取り出す私たち(笑)
それを見ながら「水じゃないんですね・・・それ、何ですか? 午後の紅茶? 全然水とは関係ないけど(笑)」とちょっとウケておられました。

ご挨拶。
皆様、今日は大阪までお集まりいただき、ありがとうございます。始まったばかりなんですけど、もう明日が中日くらいなんですかね。今日は皆さんと一緒にシャングリラの話で盛り上がりたいと思います。楽しんでいってください。では、かんぱーい!

まず、トークコーナー。

司会者さん:ポスターについて。あのビジュアルはどのように決まったのか。

ゆうひさん:えーと・・・どのように決まったんでしたかねぇ・・・。
もうねえ、遙か昔のことで・・・(苦笑) まずは近未来っていうところから始まって、少しアジアっぽい香りもするっていうか。
衣装もちょっと変わった感じで、レザーと着物を合わせるとか、いろんな話をしていて・・・今、ファイナルファンタジーとか流行ってますけど、そういうちょっとゲーム的な、ビジュアルにも凝った感じで、まずポスターのインパクトを作ろうっていうことから始まって。
まだホンもなくて漠然としていて、どんなキャラクターかって先生とお話ししながら作っていく中で、水にかかわっていくだろうということで、ちょっと青い毛なんか入ってるようなイメージで・・・っていう漠然としたものだったんですけど。
でも、自分の中で今回、今までにないビジュアルを見せたいなという思いもあって。
髪型とかメイクに関しては、自分で勝手に考えて自分で勝手に作った、みたいな。
そこから生まれてきたソラ、という・・・そうですね、いつもと逆なのかもしれないですね。
先生が、私ありきで書いたっておっしゃってくださったんですけど、その時のビジュアルがまず生まれて、そこから動き出したって感じなのかもしれないですね。


司:いつもと違う役作りで難しかった点は。

ゆ:そうですね、役作りが逆っていうか、先生がホンを書くプロセスが逆だったかな、っていう・・・。
でも、記憶喪失から始まるって・・・記憶が戻ってから、普段のソラ、みたいな場面が実はないんですよね。
記憶が戻ったら、もうかなり切羽詰まった状況っていうか、何かが起こってる状況なので、その状況での人間ってやっぱりいつもと違うものを発すると思うので、日常のソラっていうのは本当に想像で作っていくしかなかったので、いつもより難しい部分もありましたし・・・。
ただ、記憶喪失っていうことで、まず空っぽで始めよう、みたいな・・・そこからやっていくうちに自分でああ、自分ってこんなだった! って見つけていくみたいな感じで。
公演も常にそうなんですけど、作っていく過程も本当に手探りでしたね。


司:回想シーンも多いですが、子役が研1さんということで驚いたのですが。

ゆ:うーん、頑張ってますよね、二人ともね。

司:役作りの上でその研1さんたちと話し合われたり、アドバイスしたことは。

ゆ:私が作っていくソラの子ども時代ということで・・・彼女たちは舞台でそんなにお芝居をするのはたぶん初めてだと思うんですけど、逆に、すごく純粋なんですよねー。
こんなふうに見せようとか、こんなふうにやろうとか、たぶんまだ計算ができないし、台本のセリフを読んで感じたままで真正面からぶつかるようなお芝居をしてくれてたんですけれども、そこにプラス、ソラだからきっとこう思ったんじゃないか、みたいな話し合いをして。
で、実際に、自分だったらこう演じるっていうのを、しおりちゃんっていう私の少年時代をやってくれてる子にはやってみせて。
カイを引っ張るにしても、たぶん引っ張り方もこうだと思う、とか、アイスと出会った時はこうだと思うっていうのを私がやってみせて、そうかそうか、っていう・・・わりと2人で相談しつつ作りました。


念願の(笑)子役を演じるゆうひさん・・・ぜひ見たいです! DVDのお稽古映像に入れてほしいよー!!!

司:それは、しおりちゃんにもすごくいい経験になってますよねー。

ゆ:(笑) でも皆そうだと思います。カイもアイスもミウも、ヒョウ、ミゾレなんかもねー、やっぱり、すごく・・・子ども時代がそれぞれの性格を表しているシーンなので・・・すごく大切なシーンだと思いますね。

司:音楽について。初めて聴かれた時の印象は。

ゆ:集合日に「こんな曲が流れます」って初めて聴いたんですけど、なんか、鳥肌が立ちましたね。ドラマティックだし、カッコイイし・・・。
なんだろう、戦わなきゃいけないなー、みたいな(笑) 駆り立てられるというか。すごいですよね、音楽の力って。


司:この作品のために作られた曲ではないのに、場面場面とすごく合っています。

ゆ:そうですね、たぶん、先生も曲からイメージされる部分もあったと思うんですけど・・・。
まずプロローグも、皆それぞれすごいいろんな人生の環境の中で、砂漠に風が吹いてるんだけど突き進んでいく、という感じがものすごいよく出てるし、全員が登場してくる場面もドキドキするというかワクワクするというか・・・すごくハマりましたね、→Pia-no-jaC←さん。今度観に来てくださるそうなんですけど。
キャトルレーブで売ってるんですよね。
他の曲、今回使われてる曲以外も結構お勧めで・・・(BGMに耳を澄まして)あ、今流れてるこの曲、「夜桜」っていう曲・・・私も「風神雷神」1枚持ってるんですけど・・・あの、ミウと最後会ってデュエットする時の曲なんかも、ガンガン系じゃなくて、ちょっとこういうしっとりするのもあってお勧めです。


司:ダンスが激しいし、振りが・・・興味深いですよねー。

ゆ:興味深いですか(笑)
KAZUMI-BOY先生の振付なんですけど、先生の振付は無駄がないっていうか、一つ一つの振付に意味があるんですよね。
だから、役のキャラクターを的確に振りで表現してくださるので、踊っていてすごく難しいんですけど、すごく今回、曲が早いんでね、すごく難しいんですけど、踊りがいがあるというか、楽しいですねー。


司:蛇の目一座の皆さんと楽しく旅をされていますが、舞台裏での楽しいエピソードは。

ゆ:楽しいエピソード・・・あの、舞台裏じゃないんですけど、ジープに乗る場面がありますよね。
舞台稽古で、初めてあのジープがお目見えしたんですけど、稽古場でやってたより思いのほか乗る場所が狭くて、どこに乗るのか・・・皆で狭い所にこうキュッって乗って・・・愛ちゃん・・・紅、愛月ひかるが乗ってこう座ったら、なんかお風呂に入ったみたいになっちゃったりして、その座り位置を決めたり、どうやって押すー? とか、そんなのを決めてるのが毎日楽しいんですけど。
なんといっても座長のフォンがね。
「・・・あれ?」っていう。
絶妙ですよねー、あれねー、出せないですよねー。
今日、私が、エンジンがかかって・・・私が押し出したらわりとすぐエンジンがかかるんですよね、そしたらすぐソラは乗るんですけど、その時になぜか、乗ってる最中に、座長が急ブレーキを踏んだんですよね(笑) おーーーーっと、みたいな(笑)
ホントになんか、笑わしてくれますよねー、座長は。
もう、稽古中から和気あいあいでした。


司:映像ともリンクして、ベタな感じですけども・・・

ゆ:ベタですいませんでしたね!(笑)(いきなりS炸裂のゆうひさんに客席爆笑)

司:あ、失礼な発言でした・・・

ゆ:確かにベタかもしれませんけどぉ、ベタこそ面白い時もあるんです!!!(客席爆笑)

司:ソラ以外でやってみたい役は。

ゆ:そうですねー・・・なんだろうなぁ・・・フォンとか私やってみたい。面白そう。すごく濃くやってみたい。

司:あのお衣装も着こなされるんでしょうね。

ゆ:うん、着こなしちゃうと思うから(笑)(客席笑)
なんか、アイスとかヒョウとか、今まで私、やったことある系かなー、と思うから、ああ、だいたい私ならこうやるだろうなーってなんか想像つくんですけど、座長はねえ、これは、未開発ゾーンというか(笑)

司:一方、シャングリラチームの皆さんとは、深刻なご関係ですが・・・

ゆ:ご関係(笑) 深刻なご関係(笑) ・・・はい(笑)←ウケるゆうひさん。

司:北翔さんと兄弟役というのは新しい関係だと思うのですが。

ゆ:そうですねー。新しい関係(笑)ですね。

司:兄弟役を深めるためにお二人で話し合いはされたのでしょうか。

ゆ:そうですねー、すごく、この役はこうこうこうで、子ども時代はこんなんでー、みたいな、ベタな話し合いはしてないんですけど(笑)
でも、お互いに、こここうやろうね、とか、こうやってみるね、とか・・・キャッチしてくれる部分がみっちゃんはすごく大きいので。
例えば2幕の最初の所とかも、ちょっと私は目を切られた瞬間、ギュッて抱きしめてみようと思う、とか・・・そういう時の反応、じゃ私こうしよう、みたいな柔軟性があるし、彼女はすごく、ツーカーで芝居ができる人なので、やってても面白い。


司:「MISS」の撮影エピソードは。

ゆ:あれはねー、全員いっぺんに撮ったんじゃないんですよ。
でも、私が撮りに行った日は、私の後にちーちゃんと大ちゃんが撮る日で、2人は来て待ってたんですけど。
あとは、先にまゆが撮ってる所に、「彼女はこういうふうに座ってます」っていうのを映像で見て、じゃあ、こうですね、みたいな。

(男役風の声音になってキザったポーズをつけるゆうひさんに会場笑)
でも、バッチリはまったんですよねー。
でも、(ちー大は)私より1時間遅れくらいでスタジオに入ったんですけど、スタッフの方が「もうすぐ彼女たち来ると思います」って言って、「え、でも早くないですか? まだまだなのに」「でももう着いちゃうみたいだし」って。
で、「あのー、ちょっとすいません・・・たぶんうるさくなると思うんで、(2人を)外に出しといてください」って言ったんですけど、「いや、それは・・・大丈夫ですよ」みたいな。
でもホントに、入れたら、もうギャハハッてギャーギャーうるさくて。
タカラヅカをあまり知らないスタジオなのに、騒がしちゃうんじゃないかと思って心配したんですけど、「本当に楽しい方々ですねー」って(笑)
まず私が撮ってる所に入ってきて、ギャーギャーギャーギャー「カッコイイ!!!」だのなんだのワーワーってなって(笑)
で、衣装も、どれ着るこれ着るあれ着る! みたいになって(笑)
衣装はスタイリストさんが用意してくださったのを、それぞれ似合うものをチョイスしてくださったんですけど。
まあ、とにかく騒がしいですね、あの2人は。
でも、なんか、「宙組さんって楽しそうでいいですねー」ってMISSの編集の方は言ってくださいました。興味を持っていただけたようで、良かったです(笑)


司:こだわりの身体のメンテナンス法は。

ゆ:(しばらく考えて)どこでも何回も言ってるんですけど、ポールシェリーっていうバスオイルを愛用していて、その日の体調に合わせてお風呂に入れるのはずーっと欠かさずやってますね。
あとは、朝食をちゃんと食べるとか・・・皆さんと一緒です。


司:「歌劇」2月号にすみかちゃんからチョコをもらって喜ぶとかげゆうひさんの絵が載っていましたが、バレンタイン当日は無事にチョコをもらえたのでしょうか。

ゆ:はい、もらえました(笑)
手作りしてくれたんですけど、

(フフフッ、と思い出し笑いするゆうひさん(笑)に客席は期待感で一杯(笑))
ホワイトチョコにドライフルーツで「」って漢字で埋め込んであって・・・(笑)
まあ、美味しかったです。味はすごく美味しかった。


司:埋め込まれてしまうくらい気持ちがこもってたんですね!

ゆ:そうですねー。そこに、カードを付けてくれてたんですけど、そこに私の真似をしてとかげの絵が描いてあったんですけど、なんか私の顔の下に、怪獣みたいな胴体が付いてて、わりとリアルな気持ち悪い絵が描いてあって(苦笑)
チョコは稽古場で見て、あ、作ってくれたんだ、ありがとう! って言ってたんですけど、カードは家に帰ってから見て、なんだこりゃー! って(笑)
翌日、あの絵はいったい何なのだ、と問い詰めましたら、「とかげです!」って言ってましたけどね・・・(笑)


司:ぜひ見たいものですね。

ゆ:あれはねぇ・・・自分で「えと文」に描けばよかったのにね(笑)
まあ、ちょっと、野々すみ花さんのイメージが危ぶまれるので、今のところは私がこっそり持っておこうかなと(笑)


司:昨年2月のトップ発表から1年。今の心境は。

ゆ:そうですね・・・1回1回が夢中だから、あまりそんなことは考えてないというか・・・今回も「シャングリラ」という作品の初日を開けることしか考えてなかったので、あまり意識してなかったんですが。
でも、博多の稽古場とは全然やっぱり違いますよね。
皆も私という人間を分かってくれてるし、だんだん家族みたいになってくると思うんですよね、一緒の組の人たちって。
皆は前からそうだったかもしれないけど、そこに私とすみかが入ってきて・・・。
正直にぶつかり合えるというか、腹を割って話せるというか。
きっと博多の時って、すごく気にしてくれて、どういう人かな、こうやったらいいかな、って見ててくれてたと思うんですけど、今はそんなに見なくても、「ああ、ゆうひさんはこういう人だから」って普通に・・・一緒に仕事をすることが当たり前の感覚になれて、居心地が良くなりましたね。悪かったわけじゃないけど・・・。
皆が前向きだし、すごいやりやすい、やりがいのある組だなーと今感じていますね。


続いて、ゲームコーナー。
題して、「蛇の目一座に負けるな! ソラに伝えろ ジェスチャーゲーム!」

以前はゆひ茶定番だったそうですが、私は・・・1回やったことあるような気もするんだけど、どうだったかなぁ。

8ブロックで、ブロックごとに「動物」「楽器」などお題があり、それぞれに「ウサギ」など問題があります。
横1列ずつ全員が立ってジェスチャーをし、ゆうひさんが当てる、というゲーム。
最後の正解までの時間が一番短かったチームが優勝、というものです。
ゆうひさんはブロックごとに前に立ってくださるので、ゲームの間じゅう近くで見られて嬉しい!

Aブロックは「動物」。これは比較的簡単だったのでは、と思うのですが、「ブタ」をやるのに恥ずかしそうな参加者の皆さんに、
照れるな!」と一喝するゆうひさんに会場大盛り上がり(笑)
やーん、私も叱られたい~!!!(笑)

Bは「スポーツ」。
「新体操」のリボンを回すジェスチャーがなかなか分からなくて困ってたゆうひさん。

Cの「ダンス」は難しかったですねー。
「ブレイクダンス」は、皆できなくて、「皆、動いて動いて!」とはっぱをかけるゆうひさん(笑) 結局答えが出ずパスでした。
「タップダンス」は、皆、それっぽくタップを踏んでるんですけど、ゆうひさんは「何? 足元見えないから全然分かんないし!(怒)

Dは「家電用品」。

Hは「シャングリラ」。
公演にまつわるキーワードということで、「雨」とか「水」とか「パソコン」とかあったんですけど、難しかったのが「旅人」。
荷物を肩にかけたりジェスチャーされてましたが、結局パスでした。
ゆうひさんは「あー、なるほどねー。バックでこーやって歩いてくれたら良かったのに」ってやってみせてくださいました。

Gは「職業」。

Fは「楽器」。

Eは「ファッションアイテム」。
これも最後の「ブーツ」が「足元見えないし!」状態で(笑)
最後に足を上げて脱いでみせた方がいたようで、ようやく正解しました。

全員参加でどうなることかと思ったんですが、意外に面白くてすっごく盛り上がりました。

優勝はFブロック。
商品は、特製の「幻の楽園 シャングリラへの旅」のチラシでした。
これがまた、いつものように、ものすごーくよくできたチラシで。

「ソラピックス」主催で(笑)、ツアーコンダクターはもちろんソラさん。
「復路・自由解散」とか、「食・九龍カクザンの名物料理に舌鼓」とか書いてあるの。

ゆ:九龍カクザン、本当に食べ物出てきてるじゃないですか。あれホントにちょっと美味しそうなんですけど、うちのテーブルに出されて、その後にヤンヤン(あもたまさん)がいろいろ勧めてくれるんですけど、なんかもうすっかり中国人みたいになってて、「あー、おはしナイねー、おはし持てくるネー」(超怪しげな中国人口調を真似して(笑))って。
そしたら、今度はフォンが「小皿がない!」とか言って(笑)
(客席爆笑)
あそこのやりとり、密かに面白いですねー。

ちなみにMVPには、最後の「ブーツ」でミニスカの足を上げてまで(笑)アピールされた方が選ばれました。

続いて抽選会。

そして、ファンからゆうひさんへのプレゼントは、バレンシアガの黒のバッグ。
持っているところを見ていただきたかったので」と、14日の入りから既に持っていらっしゃったとのこと。
今まで紫のは持ってたんですけど、意外と黒のカバンを持ってなくて・・・」と。
レザーで、ちょっとスタッズっぽいのがついてて、ソラさんのイメージに似合いそうな大きめバッグでした。

で・・・バッグが登場したついでに、恒例(?)の「カバンの中身見せてくださいコーナー」へ(笑)

でも、「私、カバンの中、ぐちゃぐちゃなんですよね・・・」と呟きながらごそごそカバンを探るゆうひさんの手元をオペラで見てると(爆)、いや、中までは見えないんですが、チラチラと見えるなんか伝票(?)みたいな紙とか、確かにいかにもごちゃごちゃしてそうな感じでした(笑)

その中で見せてくださったのは、

・いつもの黒の太いフレームの眼鏡。(でもかけてはくれなかった!)

・「あ、私ね、これ使ってるんですよ!」と取り出したのは、キャトルで売ってるタカラヅカのスケジュール帳。
キャトルレーブのお姉さんに、これ使いたいんですけどぉ、買えますか、って聞いたらプレゼントしてくれました(なんておねだり上手なゆうひさん!(笑))
これはね、公演日程も書いてあるしー、座席表も書いてあるしー・・・
(と、おそらくゆうひさんの何倍もその手帳については詳しいであろうファンに対して説明してくれるゆうひさん(笑))
これね、皆の初日と楽が分かるから便利なんですよ。
・・・って、キリヤさんに勧められて(笑)

「ほんまコレ便利ですよ!!!」(とキリヤンの関西弁イントネーションを真似して(客席爆笑))
って。・・・私も使いたいなーって。で、今年から使い始めました。

・すみかちゃんからもらったティッシュケース。手作り、なのかな?
稽古場でティッシュを貸してあげたら、ティッシュケースになって戻ってきた(笑)らしい。
わらしべ長者的に(笑)」っておっしゃってました。

・最後に、「あ、最近、もう1個メガネ作ったんですよ!」とケースを取り出し、開けたところ、中身が入ってない!
あれ、どこいっちゃったんだろ? ちょっと心配・・・」と、カバンをかき回しながら呟く素のゆうひさんが激烈可愛かったです(爆爆爆!!!)

・・・と、ここまできて。
ああ、今回は握手ないのかなぁ、とちょっと残念に思っていたら。

冒頭に書いたサプライズ!!!

自分の番が来て、手を出そうとした瞬間、じっと目を見てニッコリ微笑ってくださったので、思わずうろたえて手を出すタイミングがずれてしまった(汗)
本当に本当に幸せでした!!!


この後、「質問状に一問一答」のコーナーがあり、最後に今後の予定、ご挨拶、と続くのですが、すみません、朝になってしまいました。
とりあえずいったん切って、後で追記します!


コメント

ア、有難う・涙♪

昨晩から、お茶会参加の皆様のチョイだし情報にやきもきしておったのですが、こんなに詳しく本当に有難う♪非常に迷って参加しなかった自分が悔やまれます・笑
まだ続きがあるのかな?何時も以上に楽しそうなお茶会♪何より祐飛サンが楽しそうなのが、嬉しいですね。詳細速報本当に有難う御座いました。チョコの手渡し・・予想は残念な事に見事にあってしまった・ショボン!羨ましい~爆笑!

確信犯です(笑)

羨ましがらせてしまってごめんなさい(爆)

続きもやっと書き終わりました。

次回はぜひご一緒に!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/307-5a5437b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。