6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Rain, No Rainbow@「シャングリラ」青年館千秋楽観劇報告

日帰りで行ってきました、大楽!

楽しかった~!!!

出演者も客席も、あの場にいた全員が、この、もう二度と会えないシャングリラの世界をめいっぱい楽しもう! とした・・・そんな楽の舞台でした。

そして、相変わらず、ゆうひさんのご挨拶にはうならされました。
いつ、どんな時でも、ありきたりの表現ではないご自分の言葉で、しかも真摯な想いがしっかり伝わってくる。
スピーチの上手さに今回も感服しました。

遅ればせながらレポです。



【千秋楽アドリブ】

・「ソラ」の名前をミウがつける場面。
 皆が「悪くないな」とか言ってる最後に、いつもはコウ、ソウ、ルイが「ソラ!」って確かめるように呼んで、ソラさんはまんざらでもないよ風な微かに照れたそぶりを見せる・・・という場面なのですが(笑)
 楽は最後にルイが「ソラソラソラ~~~!!!」って大声で叫んで、客席爆笑。
 私も笑っちゃって、ゆうひさんがどんな顔してたかは見逃しちゃいました(笑)

・囚われのランは今日も色気だだ漏れだったのですが。
 「俺はまた、大切なひとを傷つける・・・」っていうセリフがあんなに吐息混じりの囁くような声なのは反則だから!(爆)

・「明日の朝出発だ!」ってなった時に、下手でルイとソウが肩を組んで「えーっ!」って騒いでた。

・私は楽は1階前方下手端席だったので、ここはほぼ目の前だったのですが、もう、この辺りから、客席の集中は、若者3人がハケる時にどんな楽アドリブをかましてくれるんだろう、ってとこにいってて(笑)
 ルイもなんだかセンターのセリフを聞く芝居をしつつも、そわそわ落ち着かない感じに見えたよ(笑)
 で、期待したのに、結局、ルイの口から出た言葉は・・・「よーし、今日も・・・歌うぞ~~~!」
 って、・・・フツーだった(爆)
 ためてためて、スペシャルなアドリブを言ってやろう! として・・・結局思いつかなかったのかな、って感じに見えました(笑)
 ソウも「えーっ、最後なのにー?!」って若干不満そうだったよ(笑)

・轟天号の場面は大爆笑!!!
 客席は皆、期待度MAXで迎えたこのシーン。
 でも、ソラの位置取りが置いてかれる役にしてはおかしいな、と思ってると・・・
 なんと、車に乗り込んだフォンの所へおもむろに近づいたソラさん、「降りろ、代われ!」みたいな感じでフォンを下ろし、自ら運転席へ!(笑)
 フォンとコウ、ソウが押し始めて車がスタート!
 でも、初めて運転するソラさんはエンジンをかけるタイミングがずれて、もう車がセンターまで動いちゃってからエンジンかかってました(笑)
 で、当然、置いていかれるのはフォン。
 必死で走る座長・・・でも、なんだか走り方がヘンでおかしい!!!
 フォンは途中、驚異のダッシュで車を追い抜きそうになったりしながらも(笑)、だんだん遅れて下手袖へはけていきます。
 で、再び現れるのが、普段やゆうひさんの時よりも早いなぁ、と思ってたら、そうですよね、検問にはフォンが応じなきゃいけないんですよね(笑)
 他のメンバーは、いつも検問で車がストップしてから現れてたけど、それじゃ遅いもんね(笑)
 ヘロヘロになりながら追いついて、検問の兵士に証明書を見せて、ようやくもとの運転席に戻りました。
 
 で、この間、かいちゃんのナレーションも大奮闘!
 客席は皆、車の方に目線がいきがちなんだけど、DC楽と違って、かいちゃんもすごーく興味をひくしゃべり方、っつーか叫び方っていうかアクションも激しくて、ちゃんと、かいちゃんも見なきゃな、って気に自然とさせられました。前回で学んだのね・・・(笑)
 「ミウに笑顔が戻った」のくだりも、オーバーな悲劇的な口調で語って、その場に崩れ落ちる演技に、客席大爆笑&拍手喝采。
 名古屋、静岡・・・とか旅程を説明するところも超早口で頑張ってて、かいちゃん頑張れ! って客席が一体となって応援してた気がする(笑)
 最後はまた、ぶんぶんぶん!!! と大きく手を振ってハケていきました。

・九龍の場面は、下手席だったので、若手テーブルをロックオンしてました。
 つか、私いつもこの場面はりりこ×ソラの攻防(爆)を見てたので、若手テーブルオンリービューは楽にして初めて。
 カイ、コウ、ソウがしきりにえるちゃんに何か話しかけてて(特にソウ)。
 舞花くるみちゃんがえるちゃんに杯を渡して、えるちゃんがイッキ。男子3人が「イッキ! イッキ!」って盛り上げて、どこの合コン会場ですか状態に(笑)
 その後、桜子ちゃんがコウを誘ってダンスしたり(これはいつもあったのかな、普段観てなくて・・・)
 ソウがえるちゃんの白いふわふわの羽根を奪って自分の首に掛けてふわふわさせてたり。
 ちょ、りくちゃん自重wwwww
 カサブランカのバザールの場面でもそうだったけど、りくちゃんのこのフリーダムっぷり、っていうか堂々たる小芝居ぶりに私、惚れてます(笑) さすが研1の時から伊達に抜擢されてないよね!(笑)

 この場面、センターのフロアで踊るチャイナ服のさっつんとりあんちゃんも大好きで見たいし、階段の上のヒョウ&ミゾレも見たいし、もうホントに目が幾つあっても足りない! 状態で。
 それにしても、りあんちゃんはこの場面も最後の村の場面もすごーくカワイイのに、なんでミウの子役だけはあんなに残念なビジュアルなんでしょう・・・あのお衣装が、ものすごーく着こなしが難しいんですかね。

 そして、ロングチャイナドレス(でスリットからのぞく生足にホルスター!)のミゾレはホント完璧。
 神が作ったフィギュアのようですよねぇ・・・あの身体の曲線。
 あのままフィギュアにして飾っておきたいほど大好き!(爆)

・アジトの場面で、文雀が「お前うるさい!」って言った後、シュンとしたルイに、「悪い、言いすぎた」みたいな感じで文雀が笑顔で肩を抱いて仲直りしてた。

・最後の村の場面、さっつんがまたやってくれました!
 ソラの家の場所をミウに教えるセリフで、「ほら、あそこの『トラファルガー』って看板の奥に・・・」みたいなことを言って、客席は大爆笑&大拍手!
 「大人の知り合いもいるんだな」の後は、今回は「・・・しかも俺のタイプだし!」とひねりを加えてきて、ミウの「なんですって?!」っていうセリフ(これは台本通り)が妙にハマって爆笑でした。
 いやー、ホント上手いですね、さっつん。GJ!!!

千秋楽はプロローグのダンスの終わりの拍手から、もの凄くて。
私は今回、青年館はこの1回だけだったんですが、1幕の最後は、拍手が劇場内に響いて、なんだかソラの身体を打つ雨の音のように聴こえたのでした・・・。

【ご挨拶】

一夜明けて、もう記憶がすっかり曖昧なので、正確な文言を求められる方は、ぜひCSニュースでご確認くださいませ。

あゆみさんのご挨拶は「お客様に育てられて、無事シャングリラの旅を終えることができました」みたいな感じで。

えるちゃんの紹介、そしてご挨拶。
DC楽と同じく、可愛らしい声でハキハキと「今日で宝塚の舞台に立つのは最後ですが・・・いま、本当に幸せです」って。
この公演期間を振り返るかのように「・・・楽しい毎日でした!」ってえるちゃんが言った瞬間、すみかちゃんが、もう既に泣いてるんだけど、さらにあふれる涙をこらえようとするあまり変顔になっちゃうのが、本当に可愛かったです(涙)
あゆみさんは「いつもニコニコ笑顔で・・・でも、ユーモアの持ち主で・・・。これからも笑顔で新しい人生を進んでいってください」みたいなエールを送ってました。

そして、ゆうひさんのご挨拶。

本日は強い風の中(笑)、「シャングリラ」千秋楽にお越しくださいまして、本当にありがとうございます。
ソラ組の、ソラ役の、オオゾラユウヒです(笑)
今日は春の嵐ですが、この公演は本当にドラマシティの時から嵐の日があったり、霙や雹が降ったり・・・

(ってとこで、並んで立ってるヒョウ&ミゾレが顔を見合わせて「フフッ」って笑い合うのが超可愛かった!!!)
そんな中を本日もお越しくださいまして、ありがとうございます。

最近知った言葉で、「No Rain, No Rainbow」という言葉があります。
ハワイのことわざだそうですが、「雨の後に虹が出る、雨が降らなければ虹は出ない、・・・涙の後には必ず幸せがくる」というような意味だと思うんですが、本当にこの作品にぴったりだな、と・・・。
私たちもお稽古場から苦闘してきて、でも、一人ひとりの生みの苦しみがあったからこそ、今は空が晴れ、虹が見えるんだと思います。
(すいません、この最後の一文はかなりテキトーです。こんな意味のことをおっしゃってました)

この作品をつくってくださった小柳先生、かかわってくださったすべての皆さま、そして、連日客席から熱い拍手で私たち演者をノセてくださったお客様・・・そうした皆様に育てていただいた作品でした。
そして、本日千秋楽を見届けてくださったすべての皆さま。本当にありがとうございました!!!」


【カーテンコール】

1回目は全員で「本日は本当にありがとうございました!」

2回目はスタンディングでお出迎え。
幕が上がるとゆうひさんが一人で、拍手する客席に向かって両手を前に突き出して「イェーイ!」みたいな感じだったのが超カッコ良かったです(惚)
「最高の仲間たちを呼びます! みんな!!!」の声で、全員集合。

3回目は、幕が上がると、ゆうひさんとえるちゃん2人。つないだ手を高々と上げてバンザイする2人がカワイイ(笑)
「今の気持ちをどうぞ」とゆうひさんが促して、えるちゃんは「宝塚に入ることができて、本当に幸せでした。楽しかったです。ありがとうございました!!!」と最後まで笑顔、笑顔。
ものすごい拍手の中、ゆうひさんがえるちゃんに顔を寄せて何か言ってたけど、聞こえなかった・・・。
「言い残したことはもうない?」「はい!」みたいなやりとりだったように見えました。
で、また皆を呼んで全員集合。
「本当にありがとうございました!!!」で、最後の幕が下りました。

ああ・・・本当に楽しかった。
追い出しのタイムリミットの曲まで、本当にこの1カ月、シャングリラの世界を120%満喫しました。

もうそれだけで満足しちゃったので、出待ちはパスして、ヲタクの聖地に萌え本狩りに行ってしまったダメなファンの私・・・(爆)
なので、出のご報告はありません。ごめんなさい(汗)


ところで。
最後にどうしても一つだけツッコんでいいですか?

この1カ月、いろんなブログやサイトでシャングリラの感想を拝見してきたけれど、誰一人そんな所をツッコんでる人はいなかったので、おそらくシャングリラを観劇したウン万人(?)の観客の中で、そんな所が気になってるのは私だけかもしれないんですが。

でもでも、熱烈なサッカーファンとしては、どうしても黙っていられないんです~!!!

ラストの子どもたちが登場する場面。
サッカーボールを、手で投げて手でキャッチして遊んでる・・・!!!

君たち、だめだよぅ! サッカーボールは足で蹴るもんなんだよぅ!!!(爆爆爆!!!)

・・・もうね、DC初日にこの場面を観た瞬間から、これが気になって気になって、気持ち悪くて。

そりゃね、自分でも脳内補完をいろいろしてみたんですよ、この時代、モノがないし、ソラはお金もあんまり持ってないみたいだし、そこらに捨ててあったボールを拾ってきて遊んでるんだろうな、って。
でもね・・・やっぱり、手で投げて遊ぶなら、やっぱり、バスケットボールとかバレーボールとかラグビーボールとか、サッカー以外の競技のボールにしてほしかったなり。
だって、世界中のどこでも、どんな貧しい国の子どもたちだって、サッカーボールは手で投げないで、ストリートサッカーやってるもん!

何週間か前のガンバTVで、「岡田ジャパンの心臓」である遠藤やっちゃんも言ってたよ!
「手は絶対使うな!」って。
・・・やっちゃんは超親バカで、幼い我が子にサッカーのセンスがある、って言い張ってる(笑)んだけど、その根拠にしてるのが、我が子がボールをドリブルしながら歩いたりしてる時、角を曲がったりするようなどんなに難しい局面でも、絶対手は使わないことなんだって。
ちっちゃいころからとにかく「手は絶対使うな」ってことだけは教えてるんだって。

ですからソラさん。
勉強を教えるのもいいのですが、どうか子どもたちには、そのボールで遊ぶなら手を使っちゃだめだ、ってことも教えてやってください。
お願いいたします・・・(爆爆爆!!!)

コメント

キット♪

ソラはサッカーを知らなかったのじゃないか?と。爆笑!キットシャングリラのどっかに転がっていたボールだけ拾っていて・・・イヤそりゃ無いだろと、突込みが始まってしまう(それもまた楽し!と、教えてくれた作品でした・笑)ので、みんな考えないようにしていたんだと思います・笑♪
ももた様、詳しい報告有難うございました♪
拝見して「そうそう、壮だったね♪」と、改めて感慨に浸っております。
ルイが寝る前に引っ込んで行くとき時のアドリブ、前日昼公演では、「日本昔話」話してやるよ♪(多分)見たいな事を言ってとても受けていましたよ。アレが聞いた中では一番のヒットだったかも。
青年館は、拍手が反響しますよね。
初日は千秋楽と同じくらいの熱い拍手で
前日昼も千秋楽と同じ様でした。
面白いのはそのプロローグの拍手の大きさ、熱さに反応するかのようにその後の公演の出来の温度感が決まってしまうかのように感じた公演だった事。(拍手が、おざなりだと公演もそれなりの温度感だったとおもいました)。それだけ客席と、舞台が一つになって進んで来た公演だったんですね。
脚本のあれこれは・・別にして
本当にゆうひさんたちと萌え(おばさん恥ずかしい・笑)楽しんだ一体感の得られる公演でした。

では次はトラファルガー大劇初日に!
お会いできますように・祈!

最後に、「オタクの聖地の萌え本狩り!」って何ですか?大爆笑!気になりますね♪
(ある分野の萌え本二次創作販売中の娘を持つ母として・笑!)

そうですよね(苦笑)

一応私も、あの世界には「サッカー」という競技はないんだわ、とか脳内補完設定を作ってはみたんですけどね(笑)

本当に「楽しんだもん勝ち」な作品でしたね。
これもまた、生の舞台の醍醐味の一つだと思います。

お嬢さん、ヘ○リア同人なさってるんでしたっけ?(爆)
母娘で腐トークができるご家庭って楽しそうですね(笑)

私の本命ジャンル&カプは、そーゆー現在旬のものではないので、中古同○誌書店とか古書店めぐりが頼みなんです。
めったに見つからないんだけど、たまーに掘り出し物があるんですよねー(笑)

(でも、ホントはナマモノ同○誌は不要になっても他に流しちゃいけないのですよ。
なので、良い子は真似してはいけないんですが・・・)

そんなわけで、ついつい渋谷と池袋のま○だらけやブク○フなどをハシゴしてきてしまいました(笑)

池袋はいいですよねー、どこの店も女子専用なので入りやすいし、フロアも綺麗で明るいし。
だ○けの他店の、薄暗い猥雑な照明とかコスプレ店員さんがずっとアニソン歌ってる雰囲気とか(これは梅田店だけかな?)が正直苦手なので、うらやましいですー。

今回は同○誌はもひとつでしたが、ブク○フで未入手だった11年前の若手特集サッカー専門誌をゲト!
おかげで、帰りの新幹線ではカワユスなモトの写真を眺めながら幸せに過ごすことができました(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/317-a414c79e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。