6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

さよなら、わたしのサリー@花組「虞美人」ムラ楽&桜乃彩音サヨナラショー観劇報告

1日中降りしきる強い雨に花のみちの今年最後の桜が舞い散る中、桜乃彩音嬢が宝塚大劇場を去りました。
愛純もえりちゃんも、花織千桜ちゃんも、3人とも晴れやかな笑顔でした。

まとぶん率いる花組らしく、熱い熱い千秋楽に、ハッピーであったかくて楽しいサヨナラショーでした。
最後に、私の大好きなサリーにもう一度逢えた・・・それだけでも、観に行って良かった、と思いました。

「虞美人」は、約2週間ぶり、2回目の観劇でした。
出演者、特にまとぶんの熱が、脚本と演出のスカスカ部分を埋めてた。
前の記事で、最初、項羽に感情移入できなくて、銀橋の「私には羽根がある」で盛り上がれない、って書きましたが、楽では、なんだか分からないけどまとぶんの迫力のすさまじさに、有無を言わさず引き込まれてしまいました(笑)

虞が死んだ後のまとぶんの慟哭も、すごかった。
本当に泣いてる時みたいに、時々「ヒーッ!」ってしゃくりあげるような声が入って。
タカラヅカのヒーローで、あんな、なりふり構わない格好悪い泣き方、初めて見た。
でも、それがリアルで、いかにもまとぶんらしくて。
・・・そういう彼の演技を「やりすぎ」っていう意見もあるのは承知だけど、でも、私はまとぶんのこーゆーところが好きだなあ、としみじみ思いました。

楽アドリブ・・・なのかどうか分からなかったけど、とりあえず私が気付いたアドリブは2カ所。

項羽が「ガオーッ」って虎の真似して虞美人といちゃいちゃしてる(笑)とこで、范増先生@はっちさんと季布@めおちゃん、鍾離昧@輝良くんの3人もお互いに小さく「ガオーッ」って手を上げてた(笑)

それから、劉邦たちが咸陽に先に着いた場面で、開放した後宮の女たちが本舞台に勢ぞろいして、貢ぎ物を捧げ持ちながら「劉邦さまぁ、だーいすき!」って踊るとこで、上手花道にいる劉邦と部下の3人組(らいらい、真由くん、アキラ)が猛烈な勢いで女子の品定めする小芝居やってた(笑)
特に、えりたんが「3列目の!」って好みのコを特定するひそひそ声がマイクに入って、客席笑(笑)
残念ながら誰を指名してたかは分かりませんでした(笑)

あらためて「虞美人」を観て気づいたことは、虞美人の峻烈さ。
剛胆で苛烈で峻烈で、正しくないものをすべて切り捨てる項羽と、美しく優しげに見えて、項羽への愛以外すべてを切り捨て、もしも項羽への愛をなくしてしまったら、自分の命さえも要らない、という虞と。
ああ、一見、そうは見えないけれど、実はこの2人は同じ色の魂を持って生まれてきた、運命のひとつがいなのだと。
だから、これほどに無条件に愛し合い、信じ合うのだと。
・・・そう、すんなり理解することができました。

呂妃と対峙する場面で、

「愛するとは、少しずつ死んでいくことなのかもしれません・・・そして、すべてを捧げ尽くしたら、わたくしには何もないのです」

と静かに語る(すみません、正確ではないと思いますが、こんな意味のセリフ)虞。
これは、ある意味、あやねちゃん自身のことだったのかもしれません。
トップ娘役として生きるということは、就任したその瞬間から、少しずつ終わりの日に近づいていくこと。
そして、すべてをタカラヅカの舞台に捧げ尽くしたら、トップ娘としての命の灯は消えてしまう・・・。
そう思うと、泣けました。

フィナーレ、デュエダンで、まとぶんがあやねちゃんを抱き締めてるのを観て、涙腺決壊でした。
というか、そもそもまずプロローグの場面で、純白のお衣装の2人が光り輝くようで、あやねちゃんを見るまとぶんのまなざしがあまりにも優しくて、うるうるでした。

そういえば、フィナーレでは、えりたんセンターの娘役ダンスの場面で、本舞台に降りてきたじゅりあちゃんとれみちゃんがニッコリ笑顔でアイコンタクトしてたのも、じーんとしました。
お芝居の中では敵対し合う(というか、呂が一方的に敵視してる)関係だっただけに、嬉しかったです。


幕が降り、ハッチさんが登場。
以下、皆さんの挨拶などはうろ覚えなので、細部が違うかもしれませんが、ご容赦くださいませ。
正確に一言一句をお知りになりたい方は、スカステニュースなどをご覧ください。

「本日は花組『虞美人』千秋楽にお越しいただき、誠にありがとうございます。
この作品は1951年に白井鐵造先生によって生まれ、春日野八千代先生が主演、その後、鳳蘭さんも演じられました。今回、木村信司先生の手によって“平成版虞美人”として新たなる伝説が始まりました。
今回なんといっても嬉しかったのは、白井先生の時代から通算で観客100万人を突破したことです。これもひとえにお客様の皆さまのおかげと感謝しております。ありがとうございました。
すぐ東京に参ります。毎日、魂を込めて演じますので、どうぞよろしくお願いいたします」

今後のスケジュールとして、あやねちゃんDS、東京公演、いちかちゃんのイゾラベッラコンサートを紹介。

そして、あやねちゃんのお手紙。
今回は、カーテンに過去の舞台映像を映しながらの朗読でした。
懐かしい映像がたくさん見られて、とてもいい演出だと思います。
ただ、ちょっとだけ残念なのは、あやねちゃんがトップになってからの映像ばかりで、お手紙に出てくる過去の公演名とシンクロしてなかったこと。
下級生時代の作品からちゃんと、お手紙の内容に合わせて映してくれたらネ申! だったんだけどなぁ。

「星組『プラハの春』で初舞台。(ロケットで、と言ってたかな? 忘れちゃった・・・)真飛さんにお世話になりました。まさか将来コンビを組ませていただくとは・・・」

その後、下級生時代のいろいろな公演名を挙げて。
「『二都物語』で瀬奈じゅんさんの相手役をさせていただきましたが、未熟で、周囲の方々に本当に助けていただきました」みたいなことを言ってました。

「キハ、この役に出会えたことは私の財産です」

「サリー。正直言うと、『どうしよう、そんなに早くしゃべれない・・・』と不安でした(客席爆笑)
でも、真飛さんのビルが真っ直ぐで、のびのびと演じさせてくださいました。
それ以来、私の中にはずっとサリーがいて、壁にぶつかった時、いつも『頑張れ!』と前を向かせてくれています」

「『EXCITER!』のMr.YOUはとても可愛らしくて、本当は『ヘンタイくん!』なんて言いたくなかったです」(客席笑)

「毎日、胸が痛くなるくらい幸せでした。
私の心からの感謝の気持ちが、どうか皆様に届きますように」

【桜乃彩音サヨナラショー】

①「Home」

 幕が上がると大階段があり、その中央に赤いドレスのあやねちゃん、周りに白いドレスの娘役たちが板付き。
 トップ娘役としての桜乃彩音のはじまりの曲。
 正直、未熟ではあったけれど、初々しかったあの時の姿がよみがえって泣けます。
 赤いドレスはひざ下丈くらいで、すそが花びらみたいなスカラップになってて下にパニエがたっぷり入ってふんわりして可愛かったです。

②「顎で受け止めて」

 銀橋でソロ。
 ああ、私が大好きだった、あやねサリー。
 私が生で観たかなみん、しずくちゃん、あやねちゃんの3人のサリーの中で、一番カラッと明るくて強くて、私の好みにぴたりとハマるサリーでした。
 あやねちゃんが演じた役の中で、私はサリーが一番好きだったので、嬉しかったです。

③「Exciter!!」

銀橋を下手まで渡ったところで、カーテン前にえりたん以下メンズが登場!
あーん、この主題歌、いつもながら聴くだけで体内の血液が沸騰するわー!!!(笑)

今の今まで健気で可愛いサリーだったあやねちゃんが一瞬にして女彪様に!(爆)
ワンフレーズ歌って、あやねちゃんはハケていき、入れ替わりでメンズが銀橋へ。
ちなみにメンバーは、えりたん、みわっち、まっつ、みつる、めおちゃん、まあくん、だいもん、真由くん。
このメンツに真由くんまで入るんだなぁ・・・と思うとなんか感慨深い。

もうね、銀橋でキザり合戦を展開してるメンズが素敵すぎてむずがゆくて、目が幾つあっても足りない状態で(笑)
えりたんをセンターに挟んで、ねっとり濃いみわさんと、クールでドSな上から目線のまっつがあまりにも対照的すぎて笑えるし。
だいもんは化粧替えしたのかな、それともチークだけでも濃い色のを入れたのかな、本編のフィナーレでは、桃娘の白い顔のままで男役衣装を着てましたが、この時は、ちゃんと男役の顔色になってた気がする。その心意気が嬉しい。

次回公演で「Exciter!!」を再演することについては賛否両論あると思うし、私も発表を知った時は決して諸手を挙げて賛成ではなかったんだけど、でも、このメンツでもう一度、このショーが観られるのは単純に嬉しい! と思いました。

最後の決めゼリフ、「I'm Exciter!」を言うのは、もちろんえりたん(笑)

④「ME AND MY GIRL」

メンズがはけ、カーテンが上がると、そこには、あのヘアフォード家の白い食卓と、ビルとサリーのあのお衣装のまとあやが!(涙)
ちゃんとタップシューズも履いて、1曲まるまるやってくれました!!!
私、まとあやのビルとサリーがホントに好きだぁ・・・って、あらためて実感しました。
途中、まとぶんが、あの変声で「サリーちゃんのサヨナラショー!!!」とか言うから、楽しくて幸せで仕方ないのに泣けちゃったよ(号泣)

⑤「メランコリック・ジゴロ」の曲(すみません・・・タイトル分からなくて(汗))

2人が仲良くハケていくのと入れ替わりに、もえりちゃん&千桜ちゃんが登場。
えーと、ここは・・・銀橋に出たんでしたっけ・・・もう記憶が曖昧でごめんなさい。

で、カーテン前に若手男子たちがゾロゾロ登場。
センター付近にめぐむくんやみちるタンの姿が見えて、「これはいったいどーゆー人選なんだろう」と思ったのですが、それぞれ2人の同期の男子たちだったんですね!
キムシンったら、粋なはからいじゃないですかー!!!
上手側でもえりちゃん、下手側で千桜ちゃんが男子一人一人とちょこっとずつ絡んで。
優しく千桜ちゃんをエスコートして歌う真瀬くんが二枚目でカッコ良かったです

⑥「希望の瞳」(「太王四神記」本編ラストのクレーンのところの曲です)

幕が上がると大階段があって、白いお衣装のまとぶんが板付きで登場。
本舞台に降りてきてから、同じく純白のドレスのあやねちゃんが下手袖から登場。
大階段には大きく「AYANE」の電飾が光っています。

最後のデュエットダンスです。
ただただ、目に焼き付けました。

⑦「相棒」(のラストのコンサート場面で皆が合唱する曲・・・だと思います)

大階段の上からと花道から、黒タキシードの男役たちと淡いピンクのシンプルドレスの娘役たちが集合。
皆で合唱。明日への希望に満ちた、この場にふさわしい歌詞だった気がします。

・・・今の花組らしい、ハッピーで明るい選曲のサヨナラショーでした。

あやねちゃん。
正直、最初から好きな娘役さんだったわけではなくて。

私があやねちゃんを初めて観たのは「パレルモ」のマチルダ役の時で、もう既に次期トップ娘役だってことが決まっていて。
オサさんとの並びは、どう見てもそうお似合いとは思えなかったし、「ファントム」では本編はともかく、フィナーレのオペラナンバーのあまりの拙さに「・・・・・」で。
あのころはとにかく、彼女の芸の未熟さが目についたものでした。

でも、いつの間にか、安心して観ることのできるクラシックな娘役さんに成長していて。
縁あって、短い間ではありましたが「自組のトップ娘役」とも呼ばせていただいて。
2番手を務めるゆうひさんの前で、いつもラブラブで幸せそうでお似合いなまとあや、「ウチのトップさんご夫婦」を観るのが好きでした。
キハと、「コルドバ」のエバと。
ゆうひさんが愛した2人は、忘れられない役です。

そして、私の中では桜乃彩音ベストアクトであるサリー・・・。

若くして抜擢されて、それなりの任期を務め、充実した舞台成果を残し、大輪の花を咲かせて卒業する。
ある意味、理想的な娘役人生だったと言えるのではないでしょうか。

【再び組長ご挨拶】

まず、異動してきたらんちゃんについて触れ。
そして、れみちゃんの異動の報告をし、「白華れみ本人がご挨拶させていただきます」。

下手袖から登場したれみちゃんは「花組での2年間は、とても充実した日々でした。明日からは星組生として心新たに頑張ります」とはきはきとご挨拶。大拍手でした。
短い間だったけど、花組ファンの皆さんに愛してもらえて、良かったね(涙)

そして、千桜ちゃんのお手紙。あやねちゃんの時と同様、映像付きです。

「15年前、宝塚に出会いました。天海祐希さんに魅了され、そして花總まりさんのような娘役になりたいと思い、宝塚を目指しました。偶然にも初舞台は花總さんの退団公演で、お化粧を見ていただけたことは忘れられない思い出です」

「全国ツアーの『エンター・ザ・レビュー』、大好きでファン時代に何度も観ていた作品に出られるなんて・・・。音楽学校生の時、振り付けをされた御織先生にお願いして振りを教えていただき、真似して踊っていました。その作品に出られるなんて夢のような幸せでした」

「大好きな『ME AND MY GIRL』、先祖の場面では髭を付けて楽しかったです」

続いて、もえりちゃんのお手紙。

「『プラハの春』で初舞台、憧れの花組に配属され、憧れの『エリザベート』への出演。
憧れの大鳥れいさんのウエディングベールを持つ役を、退団同期となった桜乃と一緒にやらせていただきました」

「ゆみこさんのディナーショーで、『うたかたの恋』を歌わせていただいたのも忘れられない思い出です」

「バウ『Young Bloods!』での萌子役は空気の読めない女の子で。齋藤先生に『もえりはアテ書きだから』と言われ、『私、空気読めない?』と少々焦りました」(客席爆笑)

「『タキシード・ジャズ』ではオサさんが踊られる(?)場面でソロをいただきました。とても難しかったのですが、オサさんに『歌いたいように歌ったらいいよ』と言っていただき、『神様だ・・・!!!』と思いました」(客席爆笑)

「『黒蜥蜴』新人公演は、同期の朝香まなとや華耀きらりたちと一対一でお芝居できたのは、これが最後でした」

「そして『虞美人』では、まさかのロケットセンターをさせていただきました。ロケットに始まりロケットに終わる・・・。同期たちが『もえりのロケットの笑顔が好き』と言ってくれました」

2人とも、他にもいろいろな公演に触れてたのですが、すみません、覚えてるのこれくらいしか・・・orz

お手紙が終わったのですが、「まだ用意できていないようで」とハッチさん。
「今回は退団者が娘役ばかりで、花が3輪欠けてしまうような寂しさを覚えます。3人とも本当に素直で・・・」などとしゃべりながらつないで、ようやく準備OK。

【最後のご挨拶】

千桜ちゃんは、組のお花は誰だったのかな・・・同期は真瀬くんが渡してました。

元気な、可愛らしい声で。
「宝塚が大好きです! 花組が大好きです! 好きすぎて、幸せいっぱいです! ありがとうございました!!!」

もえりちゃんはピンクのバラのハート。えりたんからと、同期は誰だったっけ(汗)

「宝塚で過ごした8年間は、まるで魔法にかけられたようでした。
私自身も知らなかった私に出会えました。
何もかも、支えてくださったファンの皆様、拍手を送ってくださったお客様のおかげです。
大好きな宝塚大劇場の舞台にもう立てないと思うとものすごく寂しいですが、最後まで頑張ります」

あやねちゃんは、白いコチョウラン(?)に優しいピンクやクリーム色のバラが混ざった盾の形のブーケ。まとぶんとめぐむくんから。

「とうとう、大好きな宝塚大劇場とお別れする時が来てしまいました。
この舞台にふさわしい娘役になりたいと、今日まで前だけを見つめて全力で走ってきました。
ここには私の夢が詰まっています。
つらいことも、涙を流したこともありました。
でも、幸せなことに、私は一人ではありませんでした。
ファンの皆様、どんな時にもパワフルに支えてくれる花組の仲間たち、そして、光のように導いてくださった、大切な大切な2人の相手役さん・・・。
(ここで、まとぶんを振り返って。まとぶんが本当に優しい笑顔で力強く頷いてくれて、もう号泣・・・)
素晴らしい出逢いをくれた宝塚は心のふるさとであり、私のすべてです。
本当にありがとうございました!!!」

トークではいつもふにゃふにゃしている印象だったあやねちゃんなのに、びっくりするほどしっかりとした立派なご挨拶で。
それを聞いているだけで、「ああ、なんて立派になって・・・(涙)」って、親戚のおばあちゃんみたいな気持ちになって(笑)号泣でした。

最後に、まとぶんがご挨拶。

「いつも思うのですが、1カ月はあっという間で。
今回も『虞美人』を生きようと、ただ皆で走り続けてきました。
私は項羽として生きて・・・結末ははかなくて、悲劇なのかもしれませんが、いつも心が満たされて幸せな気分でした。
今回は皆それぞれに得たものがすごく多い公演でした。
娘役たちも男役兵士をやったりして・・・たくさんのことが吸収できた公演だったと思います」

ここで、ちょっと言葉を切って。

「・・・なんだか胸がいっぱいで、何を言いたいのか分からないのですが・・・。
今回のお芝居の中に『花は花』という歌がありますが、今の花組の歌だと思っています。
花は一つしかないもの、という思いで、誇らしい思いで歌っています」

「あ、でも、白華れみは星組に組替えになってしまうんですが(汗)
(上手側にいるれみちゃんの方を振り返って)
でも、星組は私が10年間いた組ですので、大丈夫だよ!!!(客席笑)
今、花は一つと言いましたが、星組も、どうぞよろしくお願いいたします(客席笑、れみちゃんも笑顔でお辞儀)
本当に『虞美人』は、今の花組の勢いがあるからこそできたと思います。
東京には、さらにパワーアップして上陸します。どうぞよろしくお願いいたします。
本日は本当にありがとうございました!!!」

まとぶんらしい、あったかいご挨拶でした。
れみちゃんに向かって「大丈夫だよ!」って言い切る、その男らしさ、優しさが大好き。
去年のコルドバ全ツの大楽で、ゆうひさんに向かって「宝塚は一つですから」ってエールを贈ってくれた、あの日のことを思い出しました。
本当に、綺麗で優しげな外見に似合わず、中身は“漢”だなぁ、と嬉しい思いでいっぱいになりながら観ました。

ラストの曲は「すみれの花咲く頃」。
銀橋を渡る3人の娘役ちゃんたちに、いっぱいいっぱい、心からの拍手を贈りました。


【カーテンコール】

最初は幕が上がると全員で。

「幸せだねぇ。何も言うことないねぇ」としみじみ言うまとぶんに、あやねちゃんはじめ退団者たちもニッコリ頷いて。

「本日は本当にありがとうございました!」で幕。


次に幕が上がると、舞台上には、まとぶんと退団者3人のみ。

「最後に一言ずつどうぞ!」とまとぶんに促されて、まず千桜ちゃんが「花組だーいすき!!!」と可愛らしくひとこと。
それを聞いてデレデレするまとぶん、完全にオヤジなんですが・・・(笑)

もえりちゃんは「東京公演の初日は4月30日です。どうぞよろしくお願いいたします!」としっかり宣伝(笑)
「宣伝してくれちゃったんだねー、ありがとうねー」とまとぶんも笑いながら。

最後にあやねちゃんが、ちょっとまとぶんの顔を振り返りながら、「ゆうさんのおそばにいられて、本当に幸せでした」と・・・(涙)
それを聞いたまとぶんが、ぐっとあやねちゃんの肩を両手で抱き寄せて、目をぎゅっとつぶって感無量の顔(ほら、あの、「太王四神記」の岩場のキスシーンで初めてキスした直後の、はぁーっていうため息混じりの感無量の顔です・・・って、この説明で分かってもらえるでしょうか(爆))をするのを見て、また涙。

そして、再び全員を呼んで。

鳴りやまない拍手の中、「もう言うことないねぇ」「何か言い残したことあったら言うんだよ」と言うまとぶんに、千桜ちゃんももえりちゃんも頷くだけなのに、あやねちゃんだけ「じゃあ・・・」と何か言い出したので、「え、あるんだ、言い残したこと(汗)」と素で驚くまとぶんがおかしい(笑)

で、何を言うかと思ったら、あやねちゃんは「東京公演は5月30日までです。最後までどうぞよろしくお願いいたします」みたいにしっかりと宣伝(笑)
泣き笑いのうちに、最後の幕が降りました。


私は仕事があったので、パレードのお見送りはせずに帰ったのですが、あの強い雨の中、最後までお見送りされたファンの皆様、本当にお疲れさまでした。
以上、遅くなりましたが、花楽の記録でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/327-f68b1dc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード