6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれたばかりの夫婦に祝福与えたまえ@月組「スカーレットピンパーネル」観劇感想

月組「スカピン」22日11時を観てきました。

あらためて、新生月組の船出、おめでとうございます!!!

自組と違ってまったりモードで観てたはずなのに、フィナーレで大羽根しょって大階段を降りてくるキリヤン見た瞬間、号泣しちゃいましたよ(爆)
あーん、ホントにホントにおめでとう、キリヤン!!!

いろいろ書きたいことあるのですが、とりあえず初見感想をメモしておきます。


・まず、この作品がお披露目で、ホントに良かったね! と言いたい。
 初演の星組版のセンター3人があまりにもハマってたので、再演は絶対比べられちゃうだろうし、どうかなぁ、と思ってましたが、ちゃーんと月組のスカピンになってましたよ。

 とにかくパーシーはキリヤンに合ってる。
 いかにもブロードウェイミュージカル、しかも冒険活劇のヒーローらしい陽性の魅力。
 ミュー研部長(笑)の名にふさわしく、大劇場のセンターに立ち、ものっすごい笑顔で朗々と気持ち良さそうに歌い上げるキリヤンを見てると、ああ、いい歌もらえて良かったねー、って肩をたたきたくなります(笑)
 恋愛には不器用、っていうキャラ設定も、キリヤンにハマってます(爆)
 マルグリットを疑いながらも、でも問いただせない、だって、君の本当の気持ちを知るのが怖いから・・・という心境をリアリティをもって演じておられました(笑)

 で。
 今回は事実上、落下傘娘トップのまりもちゃんのお披露目でもあるので、役柄としての重要度が高く、ソロもいっぱいあるマルグリットは、それにはもってこいの役だったと思います。

 そして、「生まれたばかりの夫婦」という設定も、今のきりまりにぴったりで。
 出会ってまだ間もなくて、お互いのことを本当はよく知らない。
 だからこそ、ほんのちょっとしたすれ違いに心が大きく揺れて、不安でたまらなくて。
 互いの真実に気付き、愛を確かめ合った二人の喜び、嬉しそうな顔を見てると、この生まれたばかりの夫婦の門出を、本当に心から祝福したくなる。
 「紫子」の紫子と舞鶴姫に続き、再演モノなのに「アテ書き」みたいな気がするパーシーとマルグリットでした。

・そして特筆すべきことは。
 キリヤンのロン毛がOKだった!(爆爆爆!)
 コスチュームも大丈夫かなぁ、と正直ちょっと心配でしたが(爆)、どれもお似合いでした。

・やっぱりこの作品のキモは、フランク・ワイルドホーンの曲ですよねー。
 いかにもBWミュージカルらしい、スケールの大きいキャッチーなメロディー。
 1回聴いただけで忘れられない曲が、こんなにたくさんある、ってことが、この作品の勝利だと思います。
 「太王四神記」も「カサブランカ」も、何回もリピするうちに曲大好きになったけど、初見では弱いなー、インパクトないなー、って感じだったんもんねぇ。
 太田先生も頑張ってるとは思いますが、やっぱりワイルドホーンは格が違うな、と・・・。
 小池センセが作るミュージカル全部ワイルドホーン作曲だったら、どんだけ名作が増えるだろう、と思いますが、まあ、そんなこと現実には無理ですよね(苦笑)

 私は個人的には「ひとかけらの勇気」よりも「炎の中へ」が一番好き。
 物語が盛り上がっていくぞー! っていう合図みたいで、聴いてるだけでテンション上がっていく曲ですよね(笑)

・まさおショーブラン。
 喉の調子が悪いらしいという噂を聞いて心配していましたが、私が観たのは休演日明けの最初の回だったからか、そんなに苦しそうな感じはありませんでした。
 たぶん、初見の人なら全然分からなかったんじゃないかな。
 私も星組版は当時1回観ただけなので、メロディーの細かいとことか覚えてないので、キーを下げたりしてるかどうかは分かりませんでしたが・・・。
 フィナーレの銀橋ソロ「ひとかけらの勇気」のラストは、あれはもともとああやって下げるのかな、それとも本来の譜面では元歌の通り上げて伸ばすようになってたのかな、初日を観てないので判断がつきませんでした。

 で、その、まさおショーブランですが。

 「粘着質なストーカー男」

という、まさかの斬新な役作りで来ました!!!(爆爆爆)

 いや、まさお本人がどこまで意図してるのか分からないけど、イイです! 私は支持します(笑)

 初演のちえちゃんショーブランは、言葉は悪いですが「筋肉バカ」(爆)というか、本来単純でワイルドで、「革命は正しい」と思い込んだらそれしか分からなくて、女心の機微にうとい・・・というようなキャラに見えました。

 が、まさおショーは、そーゆー体育会的な資質と真逆というか、とにかくねちっこいの(爆)
 美形なんだけど、カッコイイんだけど、どこか狂ってるというか。
 マルグリットが本当は自分を愛している、と狂信的に信じていて・・・というか、「自分を愛しているマルグリット」という虚像しか見えてなくて、その脳内妄想のマルグリットに語りかけてる、というか。
 ちえショーブランは、2人の記念日とか豪快に忘れてそうなんだけど、まさおショーは付き合い始めた日からマルグリットの着てた服とか髪型とか何気なく言った言葉とか2人で食事に行った時に彼女が食べた物とか、すべて覚えてて脳内で反芻してそうなタイプなんですよー!!!(爆・・・って、それどこのリックさん?www)
 「君はどこに」の歌も、高音のところがちょっとかすれてセクシーでうまく歌いこなしてるんですが、でも、「少女」とか「二人同じ星のもとで生まれ」とか歌ってるのを聴くと、「キモッ!!!」って思っちゃうの(爆) 
 だから、星組版の時は、「俺を愛したことはなかったのか」と聞かれたマルグリットが「ないわ」と言い切るのがちょっと可哀想だったんですが、今回は「そーだよなー」って思えました(笑)

 ・・・って、伝わりづらいかもしれませんが、以上、全力でまさおショーの役作りを誉めてます(爆)
 ただ・・・これを完璧に演じたからといって、ちえショーの時みたいに「カッコイイ! 素敵!!!」ってブレイクするのは難しいよねぇ、とは思いますが(汗)

 いやぁ、これで、みりおショーブランがどんなキャラ設定で来るか、めっちゃ楽しみになりました(笑)

・まりもちゃんは声キレイでいいです。これだけ歌えてたら十分では。
 2幕で「ひとかけらの勇気」歌うとこも、あすかちゃんは結構苦戦してた印象で、「・・・この難しい曲を軽々と歌いこなしてるように聴こえるトウコさんって、やっぱりものすごく上手いんだなー」と思ったのですが、今回はそれほど感じなかったし。

・ナホさまロベスピエール怖すぎ、カコヨスすぎ(爆)

・なにげにメルシエ@みっしょんって出番が多い。舞台上にいる時間が長くて眼福。

・スカピン団のメンバー、誰観ても嬉しい、楽しい!
 役は別人だけど、ゆりやくんのポジションは星組版の紅ゆずるん@キレイどころと同じだ、と理解しました(笑)
 いやぁ、ゆりやくん、とにかく美しくて、そこにいてくれるだけで眼福。
 そして珠城くんの男らしく爽やかなカッコ良さに惚れ惚れ(笑)

・マリー@すーちゃん、大人のデキる女風で、単独で観たらカコヨスなのですが、みりおちゃんとはどー見ても「姉と弟」とか「家庭教師とぼっちゃん」にしか見えない件(爆)
 「私が監督しますわ」というセリフがあまりにもハマりすぎてシャレになってません・・・(爆)

・靴屋シモン@あちょーさんが素晴らしすぎる件。

・ルイ・シャルル役の愛希れいかくんは、子役にしては背がスラリと高くて大きすぎる、というのはあるけど、可憐な感じで可愛らしくて上手かったです。

・恋人ちゃんズの人選が謎な件。
 ・・・いや、元月ファンとしては、皆可愛いし愛着あるし大好きなメンバーなんだけど。
 でも、フツーなら、ここに、ゆめちゃんとかみらちゃんとかちゅーちゃんとか持ってくるべきなのではないの?
 月Pは、「娘2」を・・・というか、路線娘を育てる気はないんだなぁ・・・orz

・そのかはもっとすごいのかと思ってたけど、案外フツーだった(笑)
 でも、短い出番でちゃんとオイシイとこ持ってってました。

・あーちゃんが相変わらず美しくて華やかで嬉しい。月組自慢の副組長ですねー。
 そして、シュザンヌ@りっちーもカワユス。

・去年のエリザの時も思ったけど、月組はコーラスが弱いかなぁ。
 特に最初の「マダムギロチン」が迫力不足な気がする。
 それなりに歌えるメンバーはそろってるはずなのに、どうしてなんでしょうねぇ・・・。

・星組版で私の「激萌えツボランキング第2位」に輝いた、「手紙を見られたことをパーシーに報告する時に急に敬語になるフォークス」の場面。
 マギー→キリヤンで見ると、あまり萌えなかった・・・(しょぼん)
 あれはやっぱりすずみん→トウコさんラインだったからこその萌えだったのかなぁ(爆)

・そして、「激萌えツボランキング、ダントツの第1位」だった、「ショーブランに鞭で打たれるアルマンの乱れ前髪」(爆爆爆)ですが。
 ・・・今回、思ったほど萌えなかったよぅ(涙)
 みりおちゃんの乱し方が、もひとつ、あんまり、乱れてる感じに見えないんですよねぇ。
 今思えば、和くんのあの場面のビジュアルはネ申!だったなぁ・・・。
 みりおちゃんには、もっと思い切って憔悴しきった感じに乱してほしいです。
 鞭打ちは、責めを加えてるのがショーブランなのに、キッとにらみ返すアルマンの方がSに見えるのは、私の目にもともと「ドSみりお×ドMまさお」フィルターがかかってるからなんですかね(爆爆爆)
 ドM側が鞭を振るってることで、かえって互いの特質が浮き彫りになる素敵場面でした(爆)

・キリヤンの変装が半端ない件。
 1幕冒頭の、荷車押してるおじいちゃんもですが、グラパンの変装が完璧すぎて、いちげんさんは絶対あれがトップさんだとは分かんないし!(笑)
 ちょ、キリヤさん、いくら演技派とはいえ自重wwwww
 ・・・と思いました(笑)
 でも、その分、グラパンの扮装を舞台上で脱ぎ捨てて、パーシーに戻って背筋を伸ばしてスッと立った時の姿がより色男に見えるから、まあ、いいか(笑)

・グラパンの姿でコメディ・フランセーズにいて、マルグリットが「『ひとかけらの勇気』を」って曲名を言った瞬間のグラパンのリアクションが特に素晴らしかったです。
 あの姿なのに、グラパンの中の人@パーシーがハッとして衝撃を受けてるのが・・・マルグリットの歌を聴きながら彼女の愛に気付いていく過程が、ちゃーんと分かる。すごい。

・そういえば、ブレイクニー家の庭でショーブランとマルグリットに会う場面(舞踏会に着ていく服を貸しましょうか、のところ)、あれは月組版もアドリブなのかな。
 トウコさんは毎日アドリブを繰り出して、ちえちゃんが必死に拾ってましたが。
 この回は「総スパンにでっかい羽根付けて」「・・・そーんなダッサいブーツじゃなくて、この辺まである(と太ももの辺りを手で示して)ニーハイブーツなんかいかが?」って超早口で言ってて、まさおショーは「結構です」と一刀両断してました(笑)

・フィナーレ。
 きりやんwith娘役陣も、男役のサーベルダンスも、デュエダンも、どれも素敵でした。

・ああ、そして。
 冒頭にも書きましたが、大羽根を背負ったキリヤンを見ると涙が・・・(号泣)
 いっぱい苦労もしただろうけど、こんないい作品で、お似合いのヨメを迎えて、トップお披露目ができて本当に良かったねぇ・・・。
 いつかのレビュ本で、キリヤンがゆうひさんについて「私の青春のすべて」(でしたっけ? すみません、今、現物を確認できなくて、確かこんな感じの言葉でしたよね(汗))って言ってくれたことを思い出したりして。
 ゆひヲタとして、キリヤンには勝手に「戦友」というか「同志」というか、そんな思い入れがあるので、そんな2人が今、同時期にトップという同じ立場で並び立てるのも縁だなぁ、幸せなことだなぁ・・・としみじみ思いました。


とりあえず、初見で思ったことをつらつらと書きました。
キャストごとの感想も書きたいな、と思っているのですが・・・(汗)
頑張ります(爆)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/333-049ed897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。