6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

渋谷の夜の濃密な刹那@トラファンキーお茶会報告その2

お茶会報告続きです。


あ、そういえば、件のK戸新聞の記事、見ました。
結構大きなスペースなんだけど、太陽の戦士の場面のラスト、夕陽をバックにゆひすみが寄り添って立っている写真で、P説は思いっきり「『トラファルガー』の一場面」って書いてあった(爆)
うーん、これは言い訳できないね。
でもまあ、中身はかなり褒めてるので、ゆうひさんたちも笑って済ませられたんでしょうね(笑)


■公演以外のお話

司会者さん:サンシャインから美肌を守る秘訣は。

ゆうひさん:うーん・・・あんまりしてない・・・。あのー、休みの日に出掛ける時は必ず、顔に日焼け止めくらいは塗ります。(会場シーン・・・のち笑い)
フツーだよね・・・。あんまり外に出る時間がなくて、楽屋入りと楽屋出の時しか外を歩かないので。はい、あまりないです。
皆さんも劇場にこもるというのもいいかもしれませんね(笑)


司:前回のお茶会で桜庭一樹さんの本を読まれているとうかがったが、最近読まれた本や観た映画は。

ゆ:映画は観てないですねぇ・・・本は何冊か読んでますけれども・・・。
あ、そうだ、最近のお勧めはコレ! コレだ!
(と、なぜかテーブルの上にあった景子先生の本の宣伝チラシ?を掲げるゆうひさん(笑))
これね、まだ読み途中なんですけど、植田景子先生がエッセイを出されまして。これを楽屋に持ってこられて「宣伝してちょうだい!」って言われたので持ってきました!
私はいただいたんですけど、私のエピソードなんかも書いてくださっていて。読みました? 読んだ人?


「はーい!」と手を挙げました(笑)
そうなんです、先週ムラに行った時に見つけて、買いましたー。
結構ゆうひさんのことたくさん書いてあったので、ブログでご紹介したいなと思いつつ放置してました(爆)
ゆうひさんのオトコマエさが分かるエピソードが山盛りで、景子センセのゆうひさん愛もダダ漏れで。
これは・・・○○○○公演は景子センセが来るかもね、覚悟しなきゃね、とちょっと思いました・・・(爆爆爆・・・だって景子センセの大劇場作品ってことごとくビミョーなんだもん・・・)

まだこんだけしかいないんだー。
いろんな昔の公演の話の中で、ラストパーティーやらハリウッドラバーやらも出てくるし、先生の熱いところというか、芸術に対するこだわりがぎっしり詰まった感じです。


司:本と言えば、もうすぐゆうひさんの写真集が発売されますが。(大拍手)

ゆ:はい。こちらは、かなり重量感があるというか、ヘビー級です。サラッとした写真集ではないですね。大空祐飛なだけに、こってりしておりますが。
よくね、海外とかに行って撮る人もいるけど、私は日本で凝ったものが作りたいと思いまして、いろいろ千秋楽の翌日ごとに頑張って撮りためたものが詰まっておりますので、かなり濃いものができたのではないかと。
ぜーったい見てください。


司:ニナミカさんとのセッションでのエピソードは。

ゆ:まず、写真集を出すに当たってどんなものを作っていこうかっていうところから始まって、私のやりたいことを全部提示したんですね。編集の方と。
で、これを実現してくださるのは蜷川さんしかいらっしゃらないだろうって話になり、蜷川さんにご相談して実現したんですけれども。
かなりいろんなものに変化するというか、普段の私の1日を追ったものの間に、何かを演じてる時のように何かに変身してる私、みたいなのを間に5パターンくらい入れて。
すごくいろんな雰囲気の写真が楽しめると思いますが。

最高のエピソードは、写真集を見ていただいたら分かると思うんですが、夜の渋谷でロケをしたんですね。それが・・・どんな格好をしてたかっていうのは、ぜひ見てください(笑) この格好で渋谷の、スクランブル交差点とセンター街と・・・
(ええーっ! とざわざわする客席)
そう、スクランブル交差点のど真ん中で撮るので、青になったらこう、渡って歩いてるところから撮ってセンターで止まって、みたいなのを何回も繰り返して。
もう渋谷にいる外国人が写真を撮りまくり、みたいになっちゃって(笑)

でも、実花さんは、あれはプロの技なんですかね、撮ってる時はスッと気配を消されるんですよね。
撮ってまーす、みたいにならなくて、フッと群衆に紛れるんです。
で、私と蜷川さんだけの世界があるんですけど、でも、周りはすごいざわざわしてて。
その中で集中して作っていくみたいなのが、2人ともすごいテンションが上がって、すごい盛り上がりました。
私も男役でキャラクターを演じていたので、そんな役で渋谷を歩いたことがなかったので・・・それがすごい面白かったし、その姿を見た蜷川さんもすごくびっくりしてくださって。そんな瞬時に人って歩き方が変わるんだって・・・それを渋谷でやってるっていうのが。
それが最終日の撮影だったんですけど、雨も降って来ちゃって寒かったんですけど、すごく頑張った甲斐があって、すごくいい写真が撮れたと思います。
ぜひ、必見です!


司:スカイステージで十輝さんと蓮水さんと出演されたのがすごく面白かったという声が多かったのですが、撮影時の裏話は。

ゆ:裏話も何もないんですが、まさこがCSで番組を持っているってことに私は結構驚いて(会場笑)
メイン司会の番組をまさこが持っているという、そこがすごくツボで・・・誰が司会するの? っていう(笑)
で、ちーちゃんっていうのは、すごい司会に向いているというかしっかりしていて・・・まさこがしっかりしてないって意味じゃないですよ(笑) まさこの独特のテンポが番組を良くしてるんですけれども。
・・・と思いきや、結構ちーちゃんもまさこの下だとぽやーんとしてですね、いったいこの番組はどうなってるんだ、みたいな(笑)
でも、独特の雰囲気で・・・。

で、何か匠の技を披露してくださいって言われて、何にしようかすごく悩んだんですけど、じゃあ、ヘアアレンジをしましょう、ということで、まさこの髪の毛をアレンジしたんですね。
だから、あんまり何も付けないで来てね、って、撮影なのに(笑)
で、なるべくシンプルなヘアで来てもらってアレンジしたんですけれども。
我ながらすごくまさこがカッコ良くなって。ね、カッコ良かったですよね?
(大拍手)
でしょー? すごいカッコ良くなって、ちょっと嬉しかったんです。ちょっと自慢。

司:そのように、いろいろクリエイティブなことにも優れていらっしゃるゆうひさんですが。

ゆ:そうですか・・・はい。(と手放しの賞賛に若干照れて居心地悪そうなゆうひさんに萌え(笑))

司:そんなゆうひさんが、宙組で、この人のファッションいいよね、と目を付けていらっしゃるのは。

ゆ:ああ・・・宙組はね、すごくセンスがいい。
まず、私はすっしーさんを「おしゃれ番長」って読んでるんですけど。
朝楽屋にいらっしゃるといつも、ああー、おしゃれ番長、今日も素敵です! みたいな感じで。
なんか、あの、すっごくおしゃれしてきました! っていう感じじゃなくて、きっとワードローブ全体がおしゃれなんだろうな、って感じの素敵さなんですよね、すっしーさんは。

で、もう一人、私が前々からおしゃれだなって目を付けていたのは、ともえ。珠洲はるき。
私の中では宝塚一おしゃれなんではないかなー、と・・・。
舞台稽古の日なんて、私、よれよれのジーンズとか履いてるのに、これからどこへお出かけでしょう、みたいなカッコをしてて。
お稽古場でもいつもすごく素敵にしていて。
組が違う時から・・・月組のころから、宙組の珠洲はるきさんってすごく髪型や鬘のセンスがいいなと思ってて。
あと踊りのセンスもすごく素敵だから、私、宙組だったら珠洲さんのファンです、って言ってたんですよ。
それで、一緒になってみたら、やっぱり私服のセンスも毎日すごく素敵で。
結構毎日チェックしちゃいますね。

あとは、ちょっと洋服がたまに
カブるなって思うのが、ちーちゃん。
(客席半笑い)
今回、集合日から2人ともデニムのジャケット着てて・・・なんかこう、こういう場面の時はこういう格好をしようっていうのが似てるみたいで。
でも、みんなそれぞれおしゃれで、お稽古場もおしゃれなんですよ。

今回すごく他の組の人たちから言われたのは、宙組さん、すごい鬘のセンスがいいね、って言っていただいて。
みんな結構、それぞれの個性を生かしたセンスを持っていて。
おしゃれな人、探してみてください。すごい楽しいと思います。


■ゲームコーナー

恒例の大ジャンケン大会です(笑)
勝ち残った人は、ユーヒカンパニー特製の景品がもらえるのですが、今回の景品は、「士官学校体験入隊の特製チラシ」でした(笑)

青空をバックに、右3分の1くらいに麗しいネルソンさんのお姿が載っていて。
ちなみに肩書きは「人事担当 兼 新人教育担当 ホレイショ・ネルソン海軍提督」。
「当軍きっての名将が、懇切丁寧に指導致します」だって。

左側には「VICTORY」の文字と、
「真の勝者が待つ冒険の物語へ・・・
  我々は、有望な士官候補生を求めています」
というキャッチ。

「今だけのお得な入隊特典!」っていうのが笑える。

・ネルソン VS ナポレオン、世紀の一戦を間近で見られる!
 ※ネルソンを狙うマスケティアがおります。流れ弾に当たった場合、当軍では一切責任を負いませんのでご注意ください。

とか、

・イギリスのウィリアム・ヘンリー王子と同僚になれる!
・ネルソン提督から直々に、聖書の綴りを教えてもらえる!

とか(笑)
相変わらずスタッフさんに「巧!」です(笑)
ゆうひさんも熱心に読みながら、「でもすごい怖そう、この体験入隊・・・」って呟いておられました(笑)

■握手会2回目

すみません、細切れですが、とりあえず書けたところまでアップしておきます。



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

楽しかったですね

Yさま>

鍵付きでコメントいただいたので、イニシャルで失礼いたします。

こちらこそ、ご挨拶できなくてごめんなさい。
写メ届いて良かったです(笑)
ねー、いい写真だったでしょ?
あの写真見た瞬間の私のテンションの上がり具合が分かっていただけるでしょうか(笑)

○箱に宣伝ありがとうございます。
すっかり怠慢しておりましたので・・・(汗)

ではまた楽にお目にかかれるのを楽しみにしてます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/367-aa10ecd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード