6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

おめでとう 今日まで辿りついたんだよ

拝啓 モトヤママサシさま。
お誕生日おめでとう。

今年もあなたにこう言える幸せを与えてくれて、本当にありがとう。

本当に、あなたを知ってからのこの10年余りの間、私にとっては常に、

 奇跡があなたなんだよ
 暗闇に灯ってる火のように     (@「誕生日」熊木杏里)

でした。

この1年も、あなたとあなたの大事なひとたちが幸せでありますように。



せっかくのお誕生日ですが、特にネタは何もないんです・・・。

今日はオフだし、おうちでゆっくりお祝いできたらいいね。

フリークス(アントラーズのファンクラブ誌)の6月号の巻頭特集が「モト イズ バック」っていうモトのインタビューなんですが、意外だったのは、ブラジル流のお祝いを一度もされたことがないっていう話。
もう12年もカシマにいるのにねぇ。
毎年やられてる人もいそうなのに(笑)

この記事には、いろいろ嬉しい発言も載っていました。ほんの一部だけ抜粋。

うまくなりたいという気持ちは変わりませんし、年齢を重ねてもっとサッカーを知りたいと考えるようになりました。

昔は「サッカー、難しいな」って思ったけれど、「ボールを止める、けるがしっかりできれば、何てシンプルなんだろう」って思うし。その辺の深さというか、何となくわかってきたものがある。でも、まだまだ奥が深いですよ、サッカーは(笑)

>(弱気になるようなことは?)ないですね。弱気になった時点でサッカーやめます(笑) そう思った時点で自分に負けているわけで、サッカーを続けている限り僕は超プラス思考。

ああ・・・いつもいつも同じことで感心してるけど、本当に「つよいひと」だよなぁ。
昔は、確かに強いんだけど、ホントは脆い部分も抱えているのにそれを周囲に見せないように虚勢を張っているようにも見えて、そこにハラハラドキドキしていた(と同時に、痛いけど萌えるツボでもあった・・・)んだけど、今はただただ、ああ、本当につよいなあ、と思います。

あと何年、現役選手としてのモトを見ていられるだろう。

・・・そう思うと、胸が苦しいです。
どうか1年でも長く、元気にプレーができますように。
そして、願わくば、現役を終えてからも、何らかの形でたまに近況を知ることができるような立場でいてくれれば・・・。


とりあえず、いま、いちばんホットな話題は「らーめん対決」ですかね(笑)

26日に「SOCIOフェスタ」があるのですが、ここ何年か人気企画だったミツオプロデュースのお店「らーめん満男」に対抗して、今年はモトも自分でプロデュースするラーメンの店を出すそうなんですよ。
モトはとんこつで、ミツオは海鮮ベースの塩味だそうで。
2人ともめっちゃ真剣にスープの味とか研究してそれぞれ打ち合わせしてるのが笑える(笑)
いいなぁ・・・食べてみたいです。
関西の1ファンの私はもちろんSOCIOメンバーではないので、心やさしいSOCIOの方のご報告を待ちたいと思っております・・・(爆)
それにしても、SOCIO向けだけじゃなくて、フツーのファン感もたまにはやってほしいなぁ・・・。



ところで、もうだいぶ前に発売されていた季刊エルゴラをやっと読みました。
特集タイトルは「南アフリカより大事なものがここにある!」。
スポーツ雑誌もW杯一色のこの時期に、あえてこのタイトルで煽ってくるエルゴラ、なかなかやりますねぇ。
そう、サポにとっては、南アフリカよりずっとずっと大事なものが、それぞれのクラブにある。
思わず買っちゃいましたよ。

前半戦の総括なのですが、なかなか読み応えのある内容です。

チーム別のページに、「THIS GAME 番記者が選んだ『この試合』」っていうコーナーがあり、もちろんウチはおなじみの田中滋記者が書いているのですが、選んだのは、あの名古屋戦。

売り上げに差し障りがあっては申し訳ないのですが、モトサポにとっては非常に嬉しい内容のコラムだったので、販促を兼ねて(笑)ちょこっと引用させてください。

>「やっぱりモトさんはすごい」
 遠藤が嬉しそうに語る。正直に言うと、本来であればポジションを奪うべき若手が、常日頃から「一緒に練習したい」と語る姿に物足りなさを感じていた。しかし、この日の本山を見れば、その思いは霧散する。誰もが楽しげにプレーし、自由自在のパス回しで名古屋をきりきり舞いにした。10番ひとりが加わるだけで、鹿島のサッカーがこれほどにまで華麗なものに代わるとは。1ゴール1アシストという数字もそうだが、その数字以上に見事な復活劇となった。
 「今日はモトの大きさを改めて感じた」
 試合後、鈴木強化部長は少し興奮気味だった。
 「速攻の形ができるし中盤もスムーズになる。簡単に振り向けるから、周りも信じて上がっていけるんだよ。危ないところにもいるんだよな。本当はACLで使いたかった・・・」



ここまで手放しの絶賛。
以下、モト復活プロジェクトは5月12日のACLラウンド16を目指していたが、7日の練習試合ではほとんど動けていなかったこと、その後も体力を戻す努力をしていたが、監督が最終判断でベンチ入りを見送った、と当時の事情を公表しています。

実はラウンド16の前日、PK練習に加わってた、という情報も密かにありましたもんね。
名古屋戦でのモトを見ると、12日だって十分行けたんじゃ、と素人考えでは思うのですが、監督はじめプロの目から見るとまだだめだったのかなぁ・・・難しいものですね。今更悔やんでも仕方ないのですが。

記事は、ACLの敗戦、そして名古屋戦でチームを立て直してきたオズの手腕と選手たちに触れ。

>そこに本山が加わる。ピッチ横に本山の姿が見えたとき、名古屋まで駆けつけた鹿島サポーターから万雷の拍手が降り注いだ。しかし、そのお返しに本山がプレゼントしてくれたのは、ただの復帰戦ではなく、ACL敗退の沈滞ムードを吹き飛ばす快勝だったのである。



ホントにその通りです。
そう、あのゲームは、モトからの素晴らしいプレゼントだったよね。

最後に、鹿島は後半戦の目標を4連覇に切り替え、また一からアジアに挑戦する・・・と説明があり。

>簡単な道程ではないことは確かだが、本山がいれば歩んでいける。



・・・ああ、嬉しいね。
こんなふうに言ってもらえる存在、他の誰とも置き換えることのできない「カシマの10番」、それがモトなのだ、ということが、心から誇らしく、幸せです。
そう、ウチのチームにはモトがいる。モトがいれば、どんな高みをも目指して進んでいける。
他でもない番記者さんに、こう言ってもらえるのは、本当にありがたいことです。




あ、昨日のオランダ戦は見ましたよ。
選手たちは頑張ってましたが、まあ、妥当な結果っていうか、大善戦だったんじゃないでしょうか。
カメ戦の時は、結構理にかなった交代だなぁ、と思ったのですが、今回は交代が全く機能しませんでしたね。
シュンスケは、可哀想だけど、もういいよ(爆)

アツトは・・・高地順化に失敗した、のだそうですが、つらいですね。
つか、確か今年の初めごろに、高地順化できるかどうかのテストとか受けてなかったっけ(確かミツオとかも受けてた覚えがあるんだけど)。
アツトの場合、ここ1年以上、ずっと体調が悪いのをだましだましやってきたので、弱っている身体が環境の変化に耐えきれなかったのかもしれませんが、でも・・・上手く順化させるのって、代表のメディカルの責任でもあるんじゃないの?!
現地からの情報などを見ていると、今の状況では出場は難しそうですね。
・・・切ないけど、一番つらいのはアツト本人だしね。今後のために、この経験は無駄にはならないと信じたいです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/379-647f80cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード