6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

ジウトン劇場@PSM千葉戦観戦レポ

行ってきました、ひたちなか!

いやぁ、正直言って低調な試合でしたが(爆)、でも、目の前でモトが元気に走ってる姿を見られただけで、とりあえず今日のところは満足しといてやろう、って感じです(笑)

今日、サポががっかりした分、再開後は存分に楽しませてくれるはず、だよね?





チケ取る前はね、正直、ちょっと迷ったんですよ。
シーズン前の調整試合に、わざわざひたちなかまで遠征するのか、って。

でも、これからナイトゲームの季節になると、私の場合、なかなか遠征しにくくなるし。
今のところの予定では、8月6日のエスパルス戦までは行けないの確定だし。
あの、中断前の名古屋戦の、あんなモトを見てしまった後で、そんなに長いおあずけは耐えられないよぅ・・・。

で、ひたちなかへのアクセスを調べてみると、遠いっちゃ遠いけど、最寄駅に特急が止まるんだ! と分かって。
生まれてこの方、関西の充実しきった電車網のど真ん中で暮らしてきた私には、電車で行けない(いや、まあ、行けることは行けるけど、私にとっては信じられないような本数の少なさと接続の悪さ!)カシマよりも相当ハードルが低くなって。
(特に私のように日帰り遠征の場合、帰路の時間が読めない、つか、確実に渋滞にハマる、のは致命的なんですよねぇ・・・)

思い切って、グッズ付きSS席のチケットを、発売日にゲットしちゃいました。



でもねぇ、当日、ひたちなかに向かってる途中は、ああ、なんて酔狂なんだろう私・・・とさすがに何度も思いましたよ(爆)

ちなみに、当日のタイムスケジュールはこんな感じ(記録用)。

京都10:32(のぞみ)→東京12:52
               上野13:30(フレッシュひたち)→勝田14:50

勝田18:46→上野20:04
         東京20:30→京都22:50

家にたどり着いたら、ちょうどアルゼンチン×ドイツの前半20分くらいのところでした。
そのまま見てたら、パスの速さといい寄せの強さといい、今日見てきた試合となんてレベルが違うんだ・・・と思ってちょっと泣きそうになりました(爆)

そういえば、勝田駅からは、後で聞いたら臨時の直行バスが出てたらしいんだけど、分からなくてタクシーを使ったのですが。
運転手のおっちゃんに、アントラーズの応援に来た、と話したら、「そう、鹿嶋から来たの?」って聞かれたので、「いえ、もうちょっと遠くから・・・」と言うと、なんか分からなかったけど茨城県内とおぼしき地名を幾つか挙げられたので、「いえ、県内じゃないんです・・・」と言うと、「じゃあ千葉から?!」ってすっごい驚いたように言われて(爆)
これで滋賀から、とか言ったら目ェ向かれちゃいそうだなぁ、と言い淀んでると、「まさかもっと遠いの? 東京より向こう?」とかおっちゃん、いろいろ一人で考えて(笑)
「もしかして静岡あたりか? それより遠くはあり得ないしなぁ」って結論づけてました(爆)

当日、関西では朝から豪雨で、家出る時に折り畳み傘じゃ絶対無理! ってくらいの土砂降りだったので長い傘と超厳重な雨観戦用装備が詰まった重たいカバン担いできたのに、関東はほとんど降ってなくて・・・っていうのも、ああ、遠くまで来ちゃったなぁ・・・と後悔する気持ちに拍車を掛けて、ひたち号の車内では心細かったのですが。

でもでも、目の前のピッチにモトはじめ鹿戦士たちがいるのを見た瞬間、ああ、やっぱり来て良かった! と思いました。
ええ、ええ、たとえどんなにしょっぱい試合内容でもね(爆爆爆)




着いたら、もう選手たちのアップが始まってました。

ああ、1カ月半ぶりの生モト。
豊スタでは3階席だったので、手を伸ばせば届きそうな所にモトがいることに地味に感激。

首を振るたびにサラサラと音を立てそうな勢いでなびく綺麗な髪も、ちょっと猫背気味の立ち姿も、振り向きざまボールを蹴る瞬間の独特のフォームも、すべてが見慣れたモトのままで・・・なんというか、私の場合、毎試合参戦できるわけではないだけに、いつもスタジアムに入って最初に動く彼を見るたびに、新鮮な感動を覚えます。

なんか・・・また痩せたのかな。
名古屋戦の前くらいの時に、まだベスト体重には戻ってない、みたいなコメントがあったけど、今年のモトは昨年よりも一段と華奢・・・というか薄いというか、必要な筋肉の上に薄紙1枚分すら脂肪が乗ってない、みたいな印象を受けます。
この華奢さが、ビジュアル的には私の好みドストライクでたまらん、のですが・・・選手としてはなかなかキツいのかもしれません(萌えてごめんよ・・・)

この日は、最初のボールを使ったアップはシンゾーとペアでした。
珍しいなー、と思ったけど、フェリペがお休みで、ジウとマルキがブラジル人同士組んでたので、いつもマルキと組んでるシンゾーが余って・・・ということなのかな、と理解しました(笑)

続いて、2人1組でお互いの脚をストレッチし合う時は、フナとペア。
終始すっごいニコニコ何かおしゃべりしながらフナに脚を伸ばされるモトがカワユスでした(笑)



試合開始前。
ボールパーソンがわらわらと登場するのに観客大ウケ。
地元の高校サッカー部の子たちで、センターサークルに沿ってぎっしり。
50人近くいたかな?
こーゆーのもPSMならではですよねぇ。



入場の時は、ちょうど隣り合わせに出てきたシンゾーとチューゴさんが何かしゃべりながら歩いてたように見えました。
モトは整列した後、客席に誰か知り合いがいるのか、盛んに手を振ってて可愛かったです(笑)



さて、試合ですが。

前半10~15分くらいはウチの方が立て続けに攻め込んでて、シンゾーのシュートがポストに当たったり、ミツオのシュートがバーに当たったり・・・と、まずまずいい感じだったのですが。

その当たりから、もう皆の動きが重くなってきて。

序盤の決定機を外すと、ジェフの方が勢いづいちゃって。
あれよあれよという間に真ん中を抜かれて失点。
伊藤大介・・・って名前を聞いても、鹿サポ皆、それ誰? みたいな選手に点決められちゃって、憮然とするスタンド(爆)

キャンプ明けでフィジカルコンディション的には底だってことは分かってたけど、ジェフだってキャンプ明けなのは同じなのになぁ。
PSMとはいえ、アントラーズと戦える! ってことで、ジェフの方がモチベーションが高かったのか、明らかにジェフの方がガツガツと行ってて出足も早かったです。

それにしてもマルキ。
今まで見た中で最も酷いマルキでした(爆)
前夜のブラジル敗退がそんなにショックだったの?
・・・と思うしかない、ヘロヘロのプレーぶりでした。


モトは・・・正直、そんなにいい形でボールを持ててなかったですねぇ。

この日一番冴えたプレーは、前半の30分過ぎくらいかな、右サイド寄りのところでボールを受けて、一瞬タメて、相手が2人くらいいるところをゴール前のスペースへ走り込むマルキに出したスルーパス。
相手2人の間をボールがスッと通った瞬間、周囲の男子サポから「見て、あのオシャレなパス!」と感嘆の声が上がりましたが、あと一歩、マルキと合いませんでした(凹)


とにかく、良くも悪くも“ジウトン劇場”だったこのゲーム。

まず最初から、深井くんとのマッチアップで思いっきりぶち抜かれて(爆)
この日は、客席の構造上なのか、バックスタンドのアウェー側にインファイトはじめいわゆる「ゴール裏」のサポーターさんたちが陣取っていたのですが、その目の前でジウたんをぶっちぎってドリブルで駆け上がる深井くんに大ブーイング(笑)

そして、前半終了間際には、立て続けにロングスロー。
陸上競技場でトラックがある分、助走スペースが広いこともあってか、ゴール前まで届きそうな勢いで。
今はまだ、野生のままに投げてる感が強いのですが(爆)、あれを「セットプレー」の1つとしてちゃんと狙い通りに入れられたら、(そしてジョンスと大ちゃんとコージがいれば)得点チャンスになりそうだなぁ。

あまり見どころのないゲーム内容で若干退屈しかけてた(爆)鹿サポ、ロングスローにめっちゃ食いつく(爆爆爆)
ここから、スローインになってジウたんがボール持つたびに、やんややんやの大拍手(笑)
「アトラクション」としては非常に楽しかったです・・・って、本番の試合では困るけど(爆)

後半も、ジウはフリーダムでした。
この日はとにかく自由にやらせてどんな感じか見てみよう、っていう狙いだったのかな。
守備よりも攻撃、とにかく自由に上がるぜ! って感じでした。

何分か忘れたけど、左サイドでフリーになってめっちゃ手を振ってパスを要求したのに、ロングパスが来たら思いっきりトラップミス(っていうか空振り?)してボールはラインの外へ・・・って場面があって。
思わず芝にこぶしを打ちつけて悔しがるジウに、観客爆笑。
その、ブラジル人とは思えない足元の拙さは何? ネタなの?(爆)

この時はもう、モトとコージは交代でベンチに下がってたんですが、目の前の出来事に、さすがに苦笑してたようでした。

・・・とにかく、守備は危なっかしいし、攻撃も、せっかく上がっていってボールを持っても、ラストパスが野生の勘、って感じなのですが、でも、なぜだか憎めないんですよねぇ(苦笑)
正直、これだったら左はイバで、右にトーマなり青木なり使った方がいいのでは、って気はするのですが(つか、絶対イバは左の方がいいよ! 右だと威力半減。もったいなすぎる!!!)、でも、もしこの日のゲームにジウがいなかったら、超つまんなかっただろうな、とも思う。



後半は、どんどん交代して最後は若手ばっかりになって。

ベンチに、ミツオ、モト、イバ、コージ、マルキ、(シンゾー)がずらりと並んだ後ろ姿を見て。
そして、ピッチの中にいるサコ、リュータ、ヤス、フナ、修人、トーマを見て。

ああ、これが鹿の何年後かの未来図なのかな、とちょっと感慨深かったです。

ただ・・・その6人の誰もが、今すぐスタメンを脅かせるぞ、みたいな気配が全くなかったのはちょっと残念でしたが。
みんな頑張ってはいたけど、やっぱりスタメンとの差はまだまだ大きい気がしました。

ヤスとフナはところどころでは効いてたんだけど、それが続かないんですよねぇ。
サコは1回、左サイドでいい形でボール持って中へ入っていって、結局自分で打って枠外だったんですけど。
近くにヤスがフォローに行ってて、ファー側にはリュータも入ってきてて、この2人のどっちかにパスするのもありだったと思うんですが、見えてなかったっぽかった。
まあ、自分でゴールを決めてアピールしたい、という姿勢は良し、と思うのですが・・・。

後は・・・ソガの「あおきー!!!」という(ポジション修正を促す)怒鳴り声が途切れることのなかった90分間でした(爆)



ああ、それにしても。

この日は最初の交代がモトで、次がコージだったので、また、2人仲良くベンチに並んで試合を見つめる後ろ姿が見られました。
コージさんの広い背中と、ほっそりと華奢なモトの背中。
どーしてこんなに萌える絵ヅラなんだろう・・・しあわせ(爆爆爆)
つか、31歳男子アスリートの後ろ姿があんなに可憐で、本当にいいのだろうか・・・
(と自問したが、私の脳内川平慈英が「いーーーんです!」と答えたので無問題、ってことにしとく(爆爆爆))



90分間、ベンチに根っこが生えたかのように微動だにしなかったオズを見ても、この日のゲームが単なる「調整」でしかなかったことは分かりましたが、久々のアントラーズのゲームを楽しみに見に来たサポにとっては、やっぱりちょっと残念でした。

あまりの低調っぷりに、ああ、今年も夏場はまた勝てない日々が続くのかなぁ・・・と不安に駆られたサポは私だけではないと思いますが。

あと10日でなんとかコンディションを上げて、上手くJ再開を迎えてほしいな、と願います。




P.S.その1

もしかしたらアツトが見に来るかも・・・と思ったけど、さすがにいませんでしたね。
まあ、あんな場に現れたら大騒ぎになっちゃうもんね。

アツトといえば、サカai最新号のアツト特集は鹿サポ必読ですよ!!!
おなじみ報知の内田記者がとっておきの秘話を披露してくれています。

スタメン落ちして苦悩してたアツトのもとに、イバがメールを送っていたとのこと。
もうね、詳しくは記事を読んでいただいた方が絶対いいと思うんですけど、号泣もののエピソードで。
またまたアライバさんに惚れ直しますよ。
ほんま、どんだけオトコマエやねん。
優しく厳しい先輩に恵まれて、本当に幸せだね、アツト。

行ってらっしゃい。
試練を乗り越えて、もっともっと強い翼になることを、私たちは信じてます。



P.S.その2

帰国以来、テレビ出まくりで、全国のフジョシのおねーさま方を狂喜させている(爆)マツイですが、やべっちでまたやってくれましたね!

こないだ書いた、ナスに電話したエピソードについて、全国ネットで語ってくれましたよ。
やべっちGJ!!!

「なんであいつに電話したか自分でも分かんないんですけど・・・」って、この魔性のツンデレめ!(爆)
それが「愛」に決まってるだろ!(爆爆爆)

2002ツーロンやアジア大会のころを思い出すと、あの子たちがこんな国民的ヒーローになって全国的に萌えを垂れ流す日が来るなんて夢のようですよね(笑)
しみじみ感慨深いです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/389-aa101f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード