6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日3回

サッカーの話題にも触れとこう。 前のエントリーで書いたACLは、アデレードまで遠征したにもかかわらず完敗でした。
ミツオの不在があまりにも大きくて。
(ミツオと同じポジションの)ボランチの中後と青木が全然だめで。
「ミツオごめん。今までミツオのサッカーは安定感あるけどつまんない、なんて言って悪かったよー。やっぱミツオがいないとだめだよ(涙涙涙)」
と、今期残りゲームの展望に絶望していた私でしたが。

帰国してからの2試合は、これが同じチーム? と目を疑いたくなるほどの勝ちっぷり。
しかも、(中継がないので自分の目では見られていないのですが)中後と青木が相当良かったらしい。
このままいけば優勝あるかも、とにわかにまた強気になってきました(笑)

モトは、アデレード戦は先発で60分ほど。
日曜日のエスパルス戦も先発60分ほど。
脚が痛くないわけはなく、新たに削られたりもして、60分でいっぱいいっぱいな感じでした。
連戦で大丈夫かな、と心配していましたが、昨夜は84分とほぼフル出場。
土曜日のガンバ戦が終わったら少し間があくので、あと1試合なんとかもってくれれば、と思います。

決して万全のコンディションではないのですが、やはり攻撃の決定的な形を作っているのはモトで、アデレード戦でも何回も「上手い!」ってうなりました。

モトの脚はね、以前のアントラーズの監督だったトニーニョ・セレーゾ(ジーコたちと「黄金の4人」と呼ばれた元ブラジル代表の英雄。モトたちが20代前半から半ばまで、一番長期間お世話になった監督です)が、
「サッカーの芸術がすべて詰まっている」
と称えた脚なんですよ。
最高の褒め言葉じゃないですか、これ。
試合見てると、いつも、ああ、ホントにそうだなあ、って、この言葉を誇らしく思い出します。
まあ、実は、セレーゾはこれに続けて「なのに、それをちゃんと発揮しきれていない」ってお説教してたんですけどね(笑)

萌え的には、こないだの、ミツオ怪我当日のお見舞いが、病院ではなくミツオの自宅に行った、ってことが朝日の記事で判明しました。
ミツオが最もナーバスになってる日の最もプライベートな空間にナチュラルに入ることを許されるモトに萌え。

それから、先週末のエルゴラ(サッカー専門新聞)で、コージのインタビューがあって、海外から戻ってきて、モトがすごく守備をするようになってたことに驚いた、とかなんとか言ってたらしい。
インタビューのたびに、なんらかの形でモトのことに触れるコージに萌え(笑)
そりゃ、若いころはモトは全然守備できなくて、コージがひたすらその後ろでカバーしてたんだものねぇ。
トルシエなんか、いつもモトを出す時にはコージを必ず先に入れて準備して、二人セットで扱ってたもんねぇ。
正直、今のコージはあまりにもプレーがだめで、なかなか手放しで萌えられないのですが・・・。
膝が完全に治ったら、元のパフォーマンスに戻れるのかどうなのか。

あ、えーと、今日のタイトルの「1日3回」は、昨日のモバシカ情報。
モトは1日3回体重計に乗るらしい。
試合のたびに体重が減っちゃうんだって。
相当消耗してるんだよねぇ・・・。しっかり栄養つけて頑張って。
ビジュアル的には昔のあの細っこい、折れそうに華奢な姿が大好きだったけどね・・・。

あとは箇条書き。

・山瀬兄弟(横浜Fマリノス)の兄誕生日エピソードに激萌え。
兄は生まれてから一度も弟から誕生日プレゼントをもらったことがなかったが、今年の誕生日、ロッカーを開けると、お笑いのDVDが数本、むき出しで入ってた、という。もちろん送り主の名前はなしで。
兄ちゃんが真面目な優等生で弟はやんちゃなツンデレ、という絵に描いたような組み合わせが素敵(笑)

・こないだの「やべっちFC」(数少ない民放のサッカー番組)の最後、優勝を決めた広島の若手たちのフリートークに思わず固まった。
試合直後のスタジアムで若手、中堅の人気どころ数人を集めてコメントを取ってるんだけど、槙野くん(槙野智章選手、若手のDF)の暴走っぷりがすごい。
チームの顔でもある先輩、森崎兄弟にタメ口でツッコむツッコむ。
チームのエースで、本来攻めっ気の強いヒサト(佐藤寿人選手)が完全に引いてたもんね。
なんとかその場を収めようとする柏木くん(柏木陽介選手、槙野くんとユースからの同期。甘いアイドル系のビジュアルが人気の北京世代)が、健気なヨメに見えたよね(爆)

コーナー終了後のやべっち(ナイナイの矢部氏)のコメント
「・・・単なる不良の兄ちゃんらやね」
を聞いて、そうか、これが一般人の反応なんだなー、と思いました。
間違っても、
「うわー、広島は槙野くん総攻めなんやー」(爆爆爆)
なんて思ってはいけないんですね(笑)

何はともあれ、来期J1の広島、戦力的には手ごわそうですが、萌え的には楽しみが増えるかもしれないな(笑)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/39-10c833e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。