6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

無敵艦隊に栄光あれ!

あー、とうとう終わっちゃいましたね、W杯。

モトの、いや、世界的に有名になったタコのパウルくんの予想通り、スペインの悲願の初優勝。
(モトの予想は、ブラジルとスペインのリャンメン待ちだったからねー、ちょっとズルだよね(笑))

スペイン代表の皆さん、おめでとうございます!!!

ユーロも獲ってて、CLも獲ってるような選手たちの、あの、子どものような無邪気な喜びようを見ると、ああ、ホントにW杯ってスペシャルな大会なんだなぁ、とあらためて実感しますね。
プジョルもシャビもイニエスタもナマで観たことある私は、どちらかというとスペインを応援してたので嬉しいです。


さあ、今日から、新しい4年間が始まります。
私たち、Jサポにとっては、またサッカーのある日常が帰ってきます。
この1カ月でサッカーの面白さに目覚めた人が、ひとりでも多くスタジアムに来てくれるといいな。







昨夜は、参院選の開票所取材があって(選挙は我々の業界にとっては最大の“祭り”なので、取材体制も総力戦で。普段政治とは直接関係ない部署の私たちも応援にかり出されるのです・・・)、帰宅したのは午前3時前。
これはもう、そのまま決勝戦に突入するしかないな、とテレビの前に横になって見始めました。
でも、さすがに途中、記憶が途切れ途切れで・・・(汗)
トータル半分くらいしか見られてないかも(爆)
でも、延長から後はなんとか見られました。

レッドカードは・・・まあ、オランダは前半からラフプレー連発だったから、まあ、仕方なかったよね。

PKにならずに、ちゃんとゴールで決着がついて、本当に良かった。
しかも、そのゴールがイニエスタだもんね!
フォワードの、いわゆる「エース」ではなくて、中盤の潤滑油的な(というにはあまりにも凄すぎますが)選手が、この歴史的な優勝を決めるゴーラーになったのが、ああ、サッカーの神様はなんて素敵なプレゼントをしてくれるんだろう、って思います。



鹿サポの方は行かれた方も多いかと思うのですが、2004年8月に、アントラーズはバルサと国立で対戦してるんですよね。
あの当時多かった、海外のビッグクラブのシーズンオフの出稼ぎツアー(爆)の一環だったのですが。

私もあの日、5万5千人の満員の国立のゴール裏にいました。
代表のアジア杯とかアテネ五輪と日程が重なってて、コージミツモトソガ、全員いないのが残念だなー、と試合前は思ってたんですが、試合が始まると、バルサの凄さにひたすら圧倒されて。
全盛期だったロナウジーニョが、本当に簡単そうに、楽しそうにプレーしてるのを見て、素直にすげーっ!!! って思ったものでした。
そんなバルサに、ウチは全く歯が立たなくて、0-5の完敗。
必死にディフェンスしようとするけどあっさりぶっちぎられて心底悔しそうなイバの顔、今でも思い出せるよ(爆)

で・・・その時のバルサには、プジョルとシャビとイニエスタがいたんですよね。
でも正直、プジョルの鉄壁さは超印象に残ってるのですが、シャビとイニエスタのことはあまり覚えてない・・・のですが(汗)
とにかくロナウジーニョと、あとFWのラーションがあまりにも調子良すぎて、シーズン前でこれならコンビネーションが熟成したらどうなっちゃうんだ、と思ったものでした。
そう、メッシも後半最後に交代で出て、ゴール決めてるんですよね。
でも、これも正直、もうあまり記憶にない・・・(爆)
とにかく、バルサは誰が出てきても華麗なパス回しで、破壊力バツグンだったなぁ、という記憶しか。


あれから6年、プジョルは一時期衰えたような気もしたのですが、今回は変わらぬ鉄壁ぶりを見せつけてくれたし。
シャビやイニエスタは、名実共に超一流選手になったんだもんなぁ。
なんだか感慨深いです。


・・・すいません、脱線しちゃいましたが、決勝戦。

イニエスタのゴールの後、顔を覆って泣き出したカシージャスにびっくりしました。

お前はキヨハラか!(爆)

・・・と一瞬ツッコんだけど、それほど、W杯優勝というのは悲願であり、重みのあることなんだよね。

今回、スペインが優勝したことで、「パスサッカーの勝利」のように言われるけど、予選からずっと見ていると、確かに超一流のパスサッカーなんだけど、その前にカシージャス、プジョルというセンターラインが後ろからがっちり守備を固めてるからこそ、あの攻撃ができるんだと思ったし、何より、カシージャスの神セーブに何回救われたことか。
それにきっと、キャプテンの重圧もあったんだよね。

だから、表彰台で、ホント、ガキンチョみたいにトロフィーに飛びついてキスして離さない姿があまりに微笑ましくて、じーんとしちゃいました。

オランダも・・・試合終了直後は審判に詰め寄ったりしてて、ちょっとどうよ、と思ったけど、メダルをもらってピッチに降りてくるスペインの選手たちを花道を作って迎えてるのにびっくり。
はじめはスペインチームのスタッフかな、と思ってたんですけど、よく見たらオランダの選手たちだったからさぁ。
あんな光景、見たことないですよね。
でも、素晴らしかったと思う。

ああ、そして。
夜のスタジアムを照らす、あの花火。
2002年の横国の、あの風船の乱舞を思い出しました(って、テレビ観戦だけど)

これがW杯だよね。

いつか、私が生きているうちに、日本代表が優勝する日は来るのかな。
「私たちの代表」が、あの純金のトロフィーを手にし、花火で祝福される日を、この目で見ることができるのかな。

・・・そう思いました。


で。

NHKの解説のマサクニさんがあまりにも「育成年代で優勝を経験してうんたらかんたら、勝者のメンタリティーがうんぬんかんぬん・・・」って言い続けるので、99年ワールドユースのことを思い出して辛抱たまらなくなって。

決勝戦の中継がすべて終わった直後、速攻、99年WYオフィシャルビデオ「決勝トーナメント編」を引っ張り出してきて、超久々に見返しちゃいました(爆)

ポルトガル戦のPKも。
メキシコ戦のモトのゴールと、それに熱狂するナイジェリアの人たちも。
(あの大会、華奢な身体でドリブルで敵陣を切り裂くモトは、地元の観客に大人気だったのでした)

すべてが懐かしく、眩しい。

準決勝のウルグアイ戦にはフォルランがいたんだねー。
フォルランもホントいい選手になったねぇ・・・。

試合後のトルシエのキス、よく見返してみたら、モトはどうやら免れた・・・んだね?

そして、決勝のスペイン戦。
伸ちゃん不在で、なすすべもなく圧倒されるなか、果敢にドリブルで突っ込んでいくモトが愛しい。
華奢で可愛くてキャピキャピ乙女だったあのころのモトだけど、この試合のピッチの中では、誰よりも勇ましく戦う男の子だった。

この決勝のGKがカシージャスだったんだよね?
そして、シャビもいて。

WYの優勝から11年、ついに彼らは本当の世界一の座をつかみ取ったんだねぇ・・・。

本当なら。
モトや伸ちゃんや、黄金世代の少年たちも、シャビやカシージャスみたいに順調に階段を上っていって、(W杯優勝はまだ到底無理としても)いつかそのキャリアのピークで栄冠をつかんでくれる。
私たちはあの時、そう夢見たのでした。

でも現実には、あの時のメンバーで今回のW杯に出場したのは、やっちゃんとイナだけ。
これは、寂しい結果なのか、それとも、スペインだってあの時のメンバーで今も残ってるのはシャビとカシージャスだけ、ってことからすると、まあ妥当な結果なのか・・・。

ああ、でも。

あのころから今まで、日本でも、世界でも、彼らのサッカー人生は続いてきた。
そして、これから先も、サッカーは続いていく。
サッカーを愛し、サッカーの神に愛された彼らのプレーを同じ時代に見続けられることの幸福を噛み締めながら、私たちの人生も続いていく。
そう、芝の上を転がるボールのように。

・・・とりとめもなくそんなことを思いながら、映像の中の19歳の彼らを見ていたら、ちょっと泣きそうになってしまった、そんな、宴の後の朝なのでした。

(そして、マサクニさんにとっても、あのころの思い出はホント、キラキラしてるんだろうなー、としみじみ思いました・・・(爆))


P.S.

アライバトオルさま、31歳のお誕生日、おめでとうございます!!!

そして、アツトは無事出発したようですね。いってらっしゃい!!!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/393-edfd851b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード