6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

「嫌な女」は今日もゴキゲン@銀ちゃん茶会レポ

お茶会行ってまいりました。
相変わらず楽しくてゆうひさんはありえないくらい綺麗でカッコよくて、機嫌よくお話ししてくださいました。
帰ってから寝ちゃったので、記憶がかなり薄れてしまっているのですが、頑張って思い出しつつご報告します。

ゆうひさんのお言葉、細かい語句など微妙に違うところがあると思いますが、ニュアンスでお読みください。





会場はシアター形式。
例によってゆうひさんをお迎えする練習を2回も(笑)した後、いよいよご登場です。
入場の曲は、フィナーレでゆうひさんが歌っている「蒲田行進曲」の主題歌です(組子がヒューッ!とかいう声も入っているので、ゲネプロの時に録ったと思われます)。それに合わせて、客席は手拍子でゆうひさんを迎えます。
扉から入ってきたゆうひさん。
なんと!
ハエタタキを手に、ふりふりしながらのご入場です!!!
このハエタタキ、近くで見ると、びっしりキラキラがついてるの! すごい!!!
キャーキャー言う私たち。
通路を練り歩くゆうひさんはニコニコご機嫌笑顔でハエタタキを振ってくれます(笑)
途中、客席中央の通路に差し掛かられたところで、全員スタンディングになり。
壇上に着かれたゆうひさんに向かって、全員で「銀ちゃんカッコイイ~~~!!!」(両手をゆうひさんに向けてひらひらひらっとさせながら)と叫びました(笑)

今日のお召し物は、黒のジャケットに白シャツ、黒の短いタイ、黒でサイドに黒ラインが入ったパンツを、ふくらはぎ丈のワーク風ブーツにイン。少年風です。右手の小指にキラキラの指輪をしてらっしゃいました。
相変わらずありえないほど細くて身体が薄くて、小顔っぷりに拍車がかかっています。

最初のご挨拶、既にほとんど思い出せないのですが・・・(凹)
「今日はあいにくの雨ですが、お集まりくださってありがとうございます。『銀ちゃんの恋』始まったばっかりですが、皆さんが笑ってくださったり、そういった反応を出演者みんなで感じています。今日は公演のお話もいろいろしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします」

早速、公演のお話。

司会:初演も出ていらっしゃいましたが、今回主演されてみて、あらためてどうお感じになりますか。

ゆうひさん:まず舞台稽古で高翔さんが見てくださって、今日は初演の朋子、逢原せりかさんがご観劇くださったんですけど・・・まず、さおりさんと「これ、こんな深い話だと思ってやってた?!」って(客席笑)。
初演の時は、ホントにペーペーで・・・「宝塚の枠を破る作品」とか言われてたのも、今になって知ったくらいで(笑)、・・・取材ではいろいろそれらしいこと言いましたけど(笑)、でも、実は、当時は何も思わず普通にやってたんですよね。ラスト、ああ、いい話だなー、とは思ってたけど。逢原さんも「ね、これ、こんな話だって分かってた?」っておっしゃってましたけど(笑)、初演の時は、自分のところを演じるのに必死で、全体を通して客観的に見る機会もなかったので・・・。今、感じるのとは全然違いますね。まあ、あの時は若かったんですねー(笑)

司会:非常に個性的な銀ちゃんですが、演じるうえでのご苦労は。
ゆうひさん:それがね、意外だったのが、あんまり苦労がないというか。こんなにすんなり入れる人もあまりいない、というくらいで。
つか先生の書かれる役って、こう、みんなすごく誇張して書かれてるんだけど、その誇張されたところ以外は逆にすごくありふれた人でもあるんですよね。誇張されているけど、ものすごく身近で、普遍的な人間を書いてらっしゃるんだな、って思ってるんです。
だから、銀ちゃんも、やる前は「この人はなんでこうなんだろ?」って思っちゃうかなーと思ってたんですけど、そんなことはなく、普通に理解できて、すんなり入れましたね。
でも、とにかく、ものすごくエネルギーがいるんですよ。
人間、感情が大きく動くには、ものすごーくエネルギーを使うんだな、って。
銀ちゃんは、常にMAXなんですよ、怒りMAX、泣きMAX、笑いMAX。その切り替えが、すごくエネルギーがいって・・・。
周りを振り回すだけの、エネルギーを持った人なんだなー、って思います。

司会者:ゆうひさんとの共通点もありますか?
ゆうひさん:共通点・・・フツーにありますねー。・・・(少し考えて)・・・まあ、私はあそこまで暴力的ではないですけど(ニヤリ、客席も笑)
よく言われるんですけど、銀ちゃんはつか先生に似てるんですよね。で、つか先生はヤスにも似てて・・・。

司会者:つか先生とはCSで対談もされていましたが。

(注:このネタが今回、一番盛り上がった、というか、ゆうひさんが一番力を入れてお話しされたネタでした(笑))

ゆうひさん:そうなんですよ。あれは・・・CSでは、どの部分が使われたのかな? ニュースでちょこっと出て、番組では・・・私、見れてないんですよ。「歌劇」にも出たんですよね。それもまだ見てないんです。どこ使われてました? え? どこ?(と、目をくりんとさせながら、小声で前の方の席のお客さんに聞くのが超可愛かったです!)
あ、目が殺気立ってるって?(笑)
あー、・・・そうなんですよ。つか先生はね、あの対談で同じ言葉ばかりおっしゃって・・・もともとあまりべらべらしゃべられる方じゃなくて、入ってきた時も、あーいやー、って感じだったんですけど、インタビュアーの方が「じゃ、先生、まず大空さんの第一印象を・・・」って促すと、(つか氏の物真似入りつつ)「第一印象? あのねー・・・嫌な女なんですよ」(爆笑)
「嫌な女なんですよ」って、30回くらいおっしゃいましたね。いや、これ、誇張じゃなくて、ホントにそれくらい。
とにかく、「この嫌な女をなんで銀ちゃんにキャスティングしたのか」っていうところにものすごく食いついてこられて(笑)
そのちょっと前に「幕末純情伝」観に行ったんですよね。真琴さん出てらっしゃるし、つか先生の作品だし、と思って。で、真琴さんが楽屋で「つか先生いらっしゃるよ」って紹介してくださったんです。それで「初めまして。今度CSのお仕事で、よろしくお願いします」って普通にご挨拶したんですけど。つか先生は畳の部屋であぐらかいてらして、私は、部屋に上がるのもなんなんで、入り口で(軽く頭を下げるジェスチャーつきで)「初めましてー」みたいな感じだったんですけど。先生は
「あー、おう」みたいな・・・シャイな方なのでね、そんな感じで。で、その時と、あと、幕間か終演後かにロビーで人ごみの中にいる時に、先生が私をお見かけになったらしくて、私は気づかなかったんですけど。その印象が、なんか・・・目が殺気立ってるっていうか、・・・「嫌な女なんだよ」って(笑)「なんでこの嫌な女をキャスティングしたのか、それを知りたい」って。石田先生も「あ、いや(汗)」ってなっちゃって(笑)。
宝塚以外のお芝居って、こういう、誰が主演で、今回みたいに花組でやるからこのメンバーで、っていうのと違うじゃないですか。演出家の先生が、今度このお芝居やるからこの人とこの人とこの人を、って好きな人を集めてやるので。
で、石田先生が「いや、大空を(銀ちゃん役ができる時期が来るまで)待ってたんです」ってフォローしてくださって。もう、ホント、フォローですよ、石田センセ(笑) いや、本当は劇団から「大空で頼みます」って言われたのかもしれないですけどね、その辺の事情は私も知らないですけど。でも、ここでつか先生が「嫌な女なんだよ」で、石田先生も「この嫌な女が銀ちゃんで・・・」って言っちゃうと、宝塚歌劇団的にはね、放送できないからね(笑)
とにかく、「この女、俺に媚売る気がねえな」っていう印象だったみたいです。でも、私、それって褒め言葉だな、と思って。で、聞いたんですよ。「先生、それ、褒め言葉ですよね」って。そしたら、「ほら、この女、全然めげてないんだよ!」って(笑)

司会:私たちは、そんなゆうひさんが大好きですから。
ゆうひさん:(笑) うまいまとめだねー。

(・・・このお話聞いてて、なんだか、私いままで全くゆうひさんがご卒業後に「女優」になるイメージがなかったのですが、にわかに、もしかして女優という道もありなのかなー、という気がしたのでした。天下のつかこうへいにここまで言わせるって、ある意味、ものすごい存在感じゃないですか? ホント、ゆうひさんがおっしゃってるように「褒め言葉」ですよね)

司会:銀ちゃんはお衣装もすごいですが、着こなし術は?
ゆうひさん:着こなし術は特に無いんですけど、でも、着こなしてるよねえ(ここから自画自賛モード(笑))。ホント、あれ、一歩間違うと大変なことになると思うんですよ。だって、ここ(ネクタイの辺りを指して)トラで、ここ(上着)シマウマで、ズボンチェック! みたいな。でも・・・似合っちゃってるんですよねー。
これ着て、このカッコで、イケてるってどゆこと? みたいな(笑)
いや、ホント、一歩間違うと大変なもんですよ。

司会:特にお気に入りのお衣装は?
ゆうひさん:うーん、いろいろあるけど、やっぱり・・・電飾?(客席笑)

司会:あれは、熱いんですか?
ゆうひさん:熱いというか、多少熱は持ってますが、やけどするほどじゃないです。あれはね、初演の時は、豆電球だったんですよ。で、背中にランドセルみたいにして電池をしょってて、すごく重かったらしいんです。でも、今回は、技術が発達して、LEDなんです。だから、一応、スイッチというか電源はあるんですけど、まあ、衣装に仕込めるくらいで。
で、LEDだから、光も強いんですよね。だから、早替わりの時に、いつもは袖とか真っ暗で、走りながら裏方さんが懐中電灯で照らしてくれるんですけど、今回は「いらへんやろ。自分で行きやー」みたいな感じで(笑)

司会:あのカッコでご挨拶されてるのもなかなか・・・。
ゆうひさん:そうなんですよ。考えたんですけどね、電気消したほうがいいのかな、とか(笑) でも、あれは、電気がついて完成、のお衣装なので・・・なので、ずっとついたままです。今日(終演後の)スカイレポーターズのお仕事の時も、つけたままでやりました(笑)

司会:お稽古が始まる前にゆかりの地を訪ねられたということですが、エピソードは。
ゆうひさん:太秦の撮影所に行ったんですけどね。俳優会館とか、当時のままのところに特別に入れていただいて。最初、メイク室を見学したんですけど、そこに黄門さまと助さん格さんがいて。それでぶわーっとテンションが上がりましたね、うわー、本物の助さん格さんだー!!! って(笑)
撮影も見せていただいたんですが、舞台と、まあ、今回は映画じゃなくてドラマですけど映像って、本当に違うんですよね。テレビのお仕事はいろいろさせていただいたけど、ドラマの撮影って、なかなか見る機会がなかったので。1分とかの本当に短いカットを撮ってるんですけど、スタート、っていう時の、シーン、とした緊迫感っていうか・・・あれは、実際に体験できて、この芝居やるうえで全然違いましたね。
階段落ちのセットのスタジオも見学したんですけど、その場所で、今回も殺陣の指導をしていただいている菅原先生から階段落ちの撮影当日のお話をうかがって。
菅原先生は、映画の殺陣もつけてらっしゃったんですけど、その時は、本当に・・・もし、ヤスのスタントの人が死んだら、監督も先生も捕まっちゃうっていう状況で。で、実際に、「休憩入れます」ってなって、晩飯食べてから本番、ってなったらしいです。そのお話聞いて、みんな鳥肌立っちゃって。
階段も、天井の辺りであの高さだった、って聞いて、本当にものすごく高くて怖いんですよ。
やる前に実際にああやって見てお話を聞けたのは、本当によかったです。

司会:インラインスケートは私物だということですが、お上手なのですか。
ゆうひさん:いえ、別に。(と、一言で強制終了(笑))
司会:・・・ありがとうございました。

司会:銀ちゃんだけでなくて、周りも個性豊かなメンバーがそろっていますが、特にこの人が見どころ、というのは?
ゆうひさん:うーん、難しい質問だなー・・・。ホント濃いメンバーなんですよね。たぶん、いまの宝塚でやってる中で一番濃い座組みだよね、って言ってるんですけど。
うーん、うーん・・・(とかなり考えつつ)まあ・・・子分たち?(笑)
だいもんのジミーなんか、ホントはまり役ですよね(笑)
あと、めおね(笑)。あれも本当にはまり役ですよね。
もちろん、小夏もヤスもはまり役なんですけど、他のキャストがこんだけはまってるっていうのもすごいな、って。
カラオケ歌ってるさあやとようちゃん(嶺乃一真くん)とか(爆笑)、ねーっ。
あの、後ろのよしやくんたちのカップルもずーっと見つめ合ってたりだとか・・・とにかく、みんないろいろやってるんですよ。
そういうところも見ていただけると・・・。でも、そこばっかり見てて、物語が分からない、ってことにならないように。

司会:劇中で「銀ちゃんカッコイイ!」と言われていますが、特に、ここがカッコイイ、というところはありますか。
ゆうひさん:愚問ですね(とバッサリ(笑))
カッコイイ、っていうのはね・・・こうしたらカッコイイとか、思った瞬間にかっこ悪くなるんですよ。特に、これ、芝居でしょ。ショーみたいなキメキメのはまた別ですけど、対人間のお芝居はねー。カッコイイと思った瞬間にかっこ悪くなっちゃいます。

司会:ゆうひさんの存在じたいがカッコイイということで。
ゆうひさん:そうですねー。


公演のお話はこの程度だったでしょうか。
ここで、1回目の握手会でした。


続いて「持ち物ゲーム」。
ゆうひさんが挙げた品物を、今この場ですべて持っている人が勝ち、というゲーム。
お題は「ハエタタキ」です。

は:歯ブラシ
え:エーユーのケイタイ
た:宝塚グラフ

 なんとここで全員が座ってしまい。「持ってないのかよ!」とツッコむゆうひさん。司会者も「今回のグラフはゆうひさんが特集されているのですが・・・」と火に油を注ぎます(笑)。仕方ないので、さっき残っていた人がもう一度立って。

た:タオルハンカチ
き:キティちゃんグッズ

最後まで残ったのは4、5人だったでしょうか。賞品は、ゆうひさんとのグループショット撮影でした。

2回目の握手会、抽選会。
抽選会の最大の目玉は、ゆうひさんがご登場の時にふりふりしていた、あの、キラキラハエタタキでした!
かなり欲しかったー(笑)
ユウヒカンパニー特製で、かなり重たいらしい。
ゆうひさんは「使い道を間違えないように」とおっしゃってました(笑)

ゆうひさんへのプレゼントは、これ、公演のネタバレになっちゃいますが・・・。

「今回、現金がいい! とおっしゃってますので(会場爆笑)。でも、現金ではちょっと夢がないですので、後日お好きな物を買っていただいて、何かの機会にご報告していただくとして、本日のところは目録を」とのことでした。

続いて、恒例の「教えて、ゆうひさん!」。
あらかじめ質問用紙を提出しておいて、ゆうひさんは気になるニックネームの人のところへ行って直接、質問に答える、という企画です。
ゆうひさんは、客席をまんべんなく歩き回ってくれました。

Q:ヤスの家のテーブルの上にあるぬいぐるみは、なぜアライグマなんですか(会場爆笑)
A:・・・知りません(と無表情を装うゆうひさん(笑))
Q:銀ちゃんのプレゼントですか?
A:・・・ヤスの趣味じゃないですか(笑)

Q:食欲の秋で太ってしまいました。ダイエットの成功のひけつは。
A:ダイエットですかー、うーん・・・(相当困って真剣に考え込んでました。ダイエットなんか無縁だから分からないんでしょうねー・・・)・・・恋でもしてみたらどうですか?
Q:新婚なんです。
A:(思ってもみない返しが来て、思わずのけぞるゆうひさん)それは失礼しました。・・・じゃ、いいじゃないですか、幸せ太りということで!

Q:銀ちゃんは豆もやしはキライなんですか。肉ばっかり食べてますが・・・。
A:銀ちゃんは肉です。肉しか食べません。子分はね、ちゃんとマナーを教えないとね(笑) でも、ちゃんとご馳走してますから。

Q:劇中の「俺のちっちぇー肩に」というのは、笑うところですか(会場爆笑)
A:(笑) 初演では普通のせりふでしたけど、今回の花組バージョンでは、笑うところです。遠慮なく笑ってください。

Q:前回のお茶会で「銀ちゃんカッコイイ!」と叫ぶ練習をするように、とおっしゃったので、ずっと練習していたのですが。
A:練習したんですか? ひとりで?
Q:家族とです。
A:素敵な家族ですねー(笑)
Q:舞台では叫ぶタイミングがつかめません。いつ言ったらいいですか。
A:アンコールなんかいいんじゃないですか。先陣を切ってください(笑)

あと2、3あったと思うのですが、内容を思い出せません。フォローよろしくです。

そして、今後の予定。
「銀ちゃんが楽まであって、青年館が10月20日から27日まで。短い間ですが、銀ちゃんにどっぷりとつかっていきたいです。その後、私は少しお休みをいただいて・・・(少し考えて)、あ、TCAじゃなくて、なんて言うんだっけ、もうTCAって言わないんだよね」
司会者「タカラヅカスペシャルです」
ゆうひさん:そう、それが12月の・・・何日だっけ、まだ日程覚えてなくて・・・宝塚グラフや歌劇を見てください、私が言うよりずっと詳しい情報が載ってますから(笑)。で、お正月公演です。「太王四神記」、ヨン様の・・・「あの」(笑)ヨン様のドラマですね。1月1日から2月2日まで、覚えやすいですね。今度から1カ月公演になるのでね、お見逃しなきよう。東京が2月13日から3月22日(だっけ? すみません、確認してないので、日付うろおぼえです・・・)まで。とりあえず、今出てるところはここまでですね。

最後のご挨拶・・・なのですが、すみません、もう記憶があいまいで(泣)いつも、どうでもいい瑣末なとこは覚えてるのに、最後のご挨拶でゆうひさんがものすごくいいこと言ってるとこはしっかり覚えてないんですよねー・・・ごめんなさい。

この作品を愛して、銀ちゃんを愛して、千秋楽まで応援お願いします。
とにかく体力勝負の作品なので、私も万全の体制で挑めるよう頑張っていきます。

・・・というようなことをおっしゃってた気がします。

最後は、再び「蒲田行進曲@ゆうひさんバージョン」が流れ手拍子に乗って、通路を練り歩きながらニコニコご退場。扉のところで深くお辞儀した後、恒例の両手投げキスをして、颯爽と去っていかれました。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/394-2553ab15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード