6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軌跡~いかにして私はゆひオタの道を邁進するに至ったか~その2

3連休明け、怒涛のように仕事が溜まってて、いっぱいいっぱいの2日間でした。
加えて、ラジオ体操も始まったもんだから(今年はマンションの子供会の役員なので、基本的に毎日出席しなきゃいけないんです(凹))、いつもならPCに向かってる早朝もバタバタで・・・。

とりあえず、軌跡の続き、書けるところまで書いてみます。
「追記」へどうぞ。



【初めてのゆうひさん・舞台編】

さて、そんな印象の薄い(涙)邂逅を経て、ついに、月組の本公演が始まりました。
そうです。私の3年余りのヅカ観劇歴で最大の駄作(爆)、「JAZZYな妖精たち」です。

オープニングでダンスをするらしい、なにやら退団者がいるらしい・・・
その程度の知識で観劇に臨みました。

で・・・

最初の方で、妖精さんたちが木?を自分で持ちながらコソコソ登場してきた時点で、

「こりゃ駄目だ」

と思いました(爆)
今どき、保育園の発表会のお芝居でも、こんな演出ないと思うんですけど・・・

結末も、最後まで「妖精の奇跡」を信じて観ていたのに、あのラスト・・・(もちろんムラ版)。

・・・・・・。

そんな中、唯一「ちょっとイイな」と思ったのが、ティモシーだったのです。
もちろんそういう役作りだから、なのでしょうが、一人だけ違う空気をまとっている・・・彼が舞台に出てくる時だけ、空気の色が変わる気がして。
ひねた性格なのに、選挙事務所の場面から「いいヤツ」の顔が垣間見えるのが、またいいですし。

ですが、実は、この時、ゆうひさんについてまだ詳しく知らなかった私は、
「大空祐飛って、3番手? ・・・だから、まだ若手なんだよね? 若いのに結構巧いじゃん。セナジュンやキリヤヒロムより目を引くよねー。魅せ方が分かってる感じ?」
などと思っていたのです(爆爆爆!!!)

いや~、知らないって、恐ろしいことですよね~(汗)

ショーはですね。
初心者にとって、中村Bセンセのショーは難しかったです・・・群舞群舞また群舞で、誰が誰だか分かんない、っつーの(爆)
ただぼーっと、あー、きれいだなー、すごいなー、って感じで見てて、ほとんど場面ごとの印象が残っていません。

覚えているのは、フィナーレの白の美しさ。
ああ、これがお披露目公演なんだなー、さすがタカラヅカだなー、とちょっと感動しました。
当時の文章には「全員が純白の衣装で勢ぞろいするフィナーレは、新生月組の船出にふさわしい祝祭感に満ちている」と書いてます。

・・・なのに。
それからウン年後、ハルノさんサヨナラの「ラブ・シンフォニー」でも、純白だった・・・。

なんだよ!
単なる中村Bの手癖かよ!!!

・・・結局、この時の公演では、「大空祐飛」さんと、終演後のプロデューサーとの話の中で、アイリッシュダンスで「研1で踊れる子がいるのでメンバーに入れた」と名前が挙がった「麗百愛」ちゃんだけが、私の記憶にインプットされたのでした。

【初めてのバウ】

この辺りで、ようやく「バウホール」というものがあることを理解し始めた私。

「デイタイムハスラー」のポスターのかしちゃんに、「うわぁ~、美しいひとだなぁ・・・」と見とれ、どうしても観たくなって。
劇団に「観られますか?」と聞いたのは、たぶん初日が過ぎてからだったと思います。
「もうほとんどお席がないので、補助席でもよければ」と言われ、下手最後方、係のおねえさんの隣でパイプ椅子で観ました。

オープニングのジーンズに細身のジャケット、細く長いタイ、という姿のかしちゃんは、惚れ惚れするほどの美形で。
この公演で初めて「センターの人をオペラで追う」という経験をしました。

うーん、それなのに、なんで私はかしちゃんに堕ちなかったのかなぁ・・・。

いや、きっと、自分では気付いてなかっただけで、ティモの時に既にゆうひさんに堕ちてたからなのね、と自分に都合のいい解釈をして納得する私です(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/4-7db99b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。