6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「銀ちゃんの恋」涙と笑いの萌えツボ集・その2

初日、6日夜(会総見)、8日夜(1幕途中から)、11日夕(組総見)と、ここまで4回観劇しました。
皆のお芝居がどんどん深まってきて、脇の小芝居はどんどん濃くなってきて(笑)、本当に素晴らしい舞台になっています。
特にみつるくん。
初日はすみかちゃんのあまりの天才っぷりに圧倒され、みつるくんは「うん、頑張ってるなー」くらいの印象だったのですが、回を重ねるごとに身も心も「ヤス」そのものになっていってて、引き込まれます。

みつるくんの声は、初日から同じくらいのハスキーさで安定しているのですが、ゆうひさんの声がだんだん嗄れてきてます。
もともと喉の弱い方ではないし、あと2回、なんとかもってくれるとは思うのですが・・・。

あ、11日16時の回は、一番最初の土方の立ち回りの場面で、なかなか刀が抜けず、ちょっとあわあわしてたのが可愛かったです(笑)

遅々とした進み具合ではありますが、萌えツボその2いきます。
【第1場C 白紗/塀の前】

早口でまくしたてる銀ちゃんと、銀ちゃんに言われるままに横でコソコソしゃべる子分たちが笑えます。

まりんはホント、どこから見てもおっさんですねー(笑)
隣でおろおろするちゃーちゃん、あの繊細な美貌に、キャップにスタジャンの助監督ルックが全く似合ってないのが可愛いです(笑)

【第1場D 御開帳】

まず、なんといっても、朋子さんです!!!
きらりん、ハジけてる~!!!(笑) いや、サイコーです。
もう、私、「プンプンですの!」って言ってみたくてたまらないんですけど(笑)
後ろに飛びすさりながら投げキスする銀ちゃんも大好き!

で・・・小夏です。

もう、ただただ素晴らしいのひとこと。
何が素晴らしいって、一番は、声ですよ、声。
第一声から、ちょっと盛りを過ぎた落ち目の年増女優、ってことがはっきりと分かる、声。
まさにタカラヅカの北島マヤです。

この場面とか、最初のヤスのアパートの場面では、気位の高い「ザ・女優」なのに、ヤスの優しさに触れるたびにだんだん角が取れて穏やかに、普通の可愛い女になっていく、その変化の表現も非常に的確です。

初演はまだ見ていないのですが、小夏の声や口調は、ところどころ松坂慶子そっくりですね。
(いや、私、映画版もちゃんとフルで見たことはないのですが、声の印象がすごく似て聞こえます)

初日前にすみかちゃんと直接話した知人から「すごく難しい役で、自信ないです~」って言ってた、と聞いたのですが、初日から完成度の高さは素晴らしかったです。

【第1場E 幕前】

切ない・・・痛々しい小夏。
専務、優しくてイイ役ですね。
付き人のイブちゃんが美形で、目の保養です。
つか、今回、イブちゃん、すっごい何役もやってるんだけど、この役が一番ノーマルな美女です。

【第2場 小夏/キャバレー・セット】

ここは、小夏と踊るダンサーの若手男役2人を要チェック! です。
煌雅あさひくんと輝良まさとくん。
でも・・・すみません、プログラムの写真と舞台メイクの印象が違いすぎて、どっちがどっちだか分からないの(涙)
しかもこの2人、今回、全編を通してニコイチのように使われてるので、余計判別できなくて・・・。
特に私のイチオシは、小夏の下手側で踊ってる方のコ(途中、下手のテーブルのところに少したたずんでたりする)です。
切れ長の目が印象的で、ちょっと陰のあるタイプの美形・・・つーか、はっきりいって、なんかエロいビジュアルなの(爆)
どなたか、彼の名前をご存知の方がいらっしゃいましたら、どうか教えてくださいませ。

橘が引っ込む時のクイズネタは、アドリブが楽しみ。
今までにあったのは、「ファイナルアンサー!」、平成教育委員会、「マジカルバナナ」。
あのめおちゃんが堂々とアドリブして、しかもそれが大ウケしてる、ということに、旧月組ファンの皆さんは、きっと感慨を覚えることでしょう(爆)
このアドリブを受けるTVスタッフ役の真瀬くんが、また巧いのですよね。絶妙の返しで。
彼が受けてるから、余計安心してアドリブが入れられる、ってところがあるのでは。

【第3場A カラオケ・スナック】

スナック「ししとう」。
この作品中、最も濃い場面です(笑)
もう、見るとこありすぎてどうしたらいいのかわかりません(笑)

まず、銀ちゃん。
酔っ払って愚痴るのが激カワイイです~!!!
もう、もう、もう、なんでこんなにカワイイんだ~~~!!!
しかも、鼻にティッシュを詰めててこんだけカッコイイって、どゆこと?!
言ってることはむちゃくちゃなんだけど、そのビジュアルのあまりのカッコ良さと駄々のこね方のカワイさで、すべて許せちゃいます(笑)

子分たちも皆いい味出してますが、この場面は、なんといってもトメさん!!!
お金の使い込みを指摘されて、飛び土下座(っていうの? なんと表現したらいいのか分からないけど、あのすごい技(笑))するトメさん、サイコー!!!
いやー、今回、正直、周りが皆すごすぎて、良識派のトメさんはいたってフツーに見えちゃうのですが(笑)、この一瞬は、まさに芸達者マメちゃんの面目躍如ですよねー(笑)
もう、面白すぎて言葉がないです。

(あー、時間切れです(汗) すみません、ししとうの続きから、また時間がある時に書き足しますね)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/42-3869752d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。