6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他愛ないけど、幸せならいいんじゃない?@月組「ジプシー男爵」観劇報告

月組16日11時公演を観てきました。


芝居:谷センセ、ショー:中村Bセンセ、という組み合わせは、あの(!)「ジャジー/レビュドリ」と同じですよね。

あのー、まあ、ひとことで言うと、あんな感じでした(爆)
お芝居の冒頭が大人数のアイリッシュダンスで始まるか、2人だけのデュエットダンスで始まるかだけの違いっつーか(爆爆爆)

つか、私のヅカ観劇歴5年余りの中で最大の駄作だった(毒)「ジャジー」に比べると、「ジプシー男爵」は、まあ他愛ないっちゃ他愛ないんだけど、まあ、元がオペレッタでこーゆーどーってことのないお話なんだし、ま、仕方ないよね、って思うと、「ジャジー」よりはまあまし、許せる、って感じ(爆爆爆)


・・・のっけから暴言吐き放題ですみません(汗)
まあ、でも、きりまりコンビに安定感があって、お子様からお年寄りまで安心して楽しめますよ(笑)
ヲタクには若干物足りない気もしますが、まあ、たまにはこーゆー罪のない演目もいいのではないでしょうか(爆)


うーん、感想どうしようかなー、キャストごとに書いた方が分かりやすいかなー・・・と迷ったのですが、まとめる気力がないので、ストーリーの流れに沿って、思ったことを箇条書きでメモ。
未見の方、分かりにくかったらごめんなさい。

それと、いつも月組公演の時にやってる「ちなつちゃん全登場場面紹介」ですが、今回は箇条書きの中に一緒に入れちゃいます。
というのも、すみません、ほとんどモブなので、あんまり書けることがないんです・・・(涙)


・プロローグ。「ロマの男女」こときりまりのデュエットダンス。
 大人っぽい、火花バチバチッ! 系統のダンスをガッツリ踊ってくれます。リフトもあり。
 キリヤンは相変わらず巧いし、まりもちゃんもキビキビと男前なダンスで、息が合っててお似合いですが、でも、正直、導入部にしてはちょっと長いかなぁ・・・とも思う。
 だって、その後のストーリーに、このダンス、何の関係もないし(爆)
 (その点も「ジャジー」と一緒です・・・トホホ)
 トップコンビファン以外も楽しめたという点では、大人数でのアイリッシュダンスの方が良かったかもしれません(爆)

・ハプスブルクの宮廷。
 ガチャ侍従長は、相変わらず美中年です(笑)
 ホモナイ伯爵@もりえちゃんは、相変わらずコスプレが似合ってます。
 そして、カルネロ伯爵@ナホさまは・・・今回はこーゆーキャラなのね・・・orz
 アダルディで渋くてエロい越乃リュウ、がお好きな皆様、次回作に期待しましょう(爆)

・マリア・テレジア@あーちゃんは完璧です!!!
 ああ、こんなにゴールドの輪っかのドレスが似合って、気品と貫禄があってしかも可愛らしくて若々しくて美しい副組長がかつていたでしょうか!
 正直、ねねちゃんよりもはるかに、「史実のマリア・テレジア」のイメージに近いよね(爆)

・カルネロさんが20年かけて探し当てたシュテルク・バリンカイさん@キリヤンがご登場です!
 全く予備知識なく行って、当日券で偶然、キャンセルの1階前方センター通路際席をゲットしたのですが、客席登場のキリヤンが私の横の通路を颯爽と通っていったので、超テンションが上がりました♪
 あ、ちなみに、下手扉から入ってきて、真ん中の通路を横切って、センターブロック下手側通路を通って舞台に上がります。

・えーと、シュテルクさん=ビル@ミーマイ でした(爆)

・シュテルクさんが歌い出すと、突然現れるケモノっ娘たち(爆)
 えーと、何なの、この展開は・・・?
 谷センセ、あなたの根っこが植爺なのは分かってますから、無理して若い大野センセ(猫娘@ロシアンブルー)やサイトーくん(ピラニアちゃん@リオデブラボー)の真似して萌えっ娘出さなくてもいいんですよ(爆爆爆)
 ちなみに、ブラックパンサー@すーちゃん、アムールタイガー@ひまりちゃん、ピンクコブラ@ゆりあちゃん、ビッグイーグル@まなちゃん、という、“いかにも”な強い月娘4人。
 でも、出てきたと思ったら、あっとゆー間に引っ込んでしまった。だから谷センセ、恥ずかしいなら、無理して萌えっ娘出さなくても・・・(爆爆爆)
 続いて出てくる妖精ちゃんも、ちゅーちゃんとかみらちゃんとかゆめちゃんとか綺麗どころが並んでて眼福でした♪

・オトカー@みりおちゃんはいつも通りカワユスです。
 ほっぺたが白いスス(?)で汚れてても、エプロンにブタのアップリケが付いてても、キラキラアイドルスマイルは変わりません(笑)
 でも、ごめん、私、こーゆーカワイイみりおちゃんには、もう全然萌えられない・・・(爆爆爆)

・ジュパンさんちの(?)使用人が濃い。あちょーとかまっつんとか、一度見つけてしまうと、目が離せません。

・小舟(?)に乗ってやってきたシュテルクさんたち。
 船頭@ルイスンの美声が素晴らしくて、いつまでも聴いていたくなります。
 (が・・・ルイスンの見せ場って、この、ほんの数十秒だけ。ああ、もったいない・・・)

・ブタちゃんを抱き締めてるジュパン@汝鳥さんカワユス(笑)
 妻ヨランダ@ほたるちゃんの美貌が相変わらず素晴らしい。

・オトカーの想いびと、アルゼナ@りっちー。美声はホント素晴らしいし、これだけ歌えてそこそこ綺麗めな娘役ちゃんは貴重なのかもしれませんが。
 ・・・でも、酷な言い方かもしれませんが、やっぱヒロインのビジュアルではないなぁ・・・(爆)
 真ん中に近い位置に立てば立つほど、華のなさが目立ってくる、というか。
 せめてメイクダウンしないように、もっともっとビジュアル面で研究を重ねてほしいです。

・ジプシーの歌を歌うザッフィ@まりもちゃんに心惹かれ、追いかけ回すシュテルクさん。いや、あなた、十分怪しい人ですから!(爆)
 
・ジプシーの占い師ツィプラ@みっぽーが出色です!
 今までにもみっぽーはこーゆーポジションの役幾つかやってきたけど、その中でも私は今回の役が一番好き。
 押し出しが強すぎず、でも、仲間の中の年長者としての落ち着きとか貫禄はちゃんとあり、母性愛もあり。
 ああ、今さらながら、卒業が残念です。ほたるちゃんの美貌といい、手放すのが惜しすぎる・・・(涙)

・トボル@園加は、ジプシーの中の青年リーダー的なポジション。
 特に見せ場はないのですが(爆)、大人数で舞台にいると、やっぱり華があります。

・ジプシーの男たちは、るうくん、としちゃん、ゆりやくん、ゆうきくん、たまきち・・・までが名前があってひとことでもセリフがある役で、あとは「ジプシーの男」。
 そう、今回、プログラムでも、ゆうきくんがついにスチールでちょっと前に出て(1ページ6人写り)、同期のカランくんとちなつちゃんとの間に差がついてしまいました・・・ぐすん(涙)
 
・とはいえ、ちなつちゃんは、赤と黒のジプシーのお衣装がすっごく似合ってカッコイイです!
 衣装の色合いのせいか、髪型やお化粧のせいか、またちょっと頬がシャープになったような気も。
 基本、上手側にいることが多かったような気がします(記憶が曖昧ですみません(汗))

・パリ@まさおは、いじけたショーブラン(爆)のような、鬱屈した役です。
 まさおがこーゆー精神的Mな役を演じるのを見ると喜びを感じる私って、ドSなのでしょうか(爆爆爆)
 仲間たちとシュテルクさんに初めて出会った時、パリは最初、すぐ柱の陰に隠れるんだけど、ずーっと隠れたまんまなので、いつになったら出てくるんだよ! つか、団体客やいちげんさんは、柱の陰に隠れるパリのことなんか絶対観てないし! とツボった。

・ヴィオルカ@愛希れいかくんは、若くて華奢で驚異の小顔で可憐で可愛かったのですが、でも、別に、フツーの若手娘役にやらせていい役だったと思う。
 つか、わざわざ男役にやらせる意味のある女役、ではなかった、というか。うーん・・・。

・皆の前でいきなりザッフィを妻にする宣言しちゃうシュテルクさん。

・シュテルクさんとザッフィがキスすると、城壁が動き、財宝が登場!!!
 みっぽー(だったよね?)いわく、「亡きシャンドールさま(シュテルク父)が、シュテルクさまが生涯の伴侶と想いが通じ合った時、財宝が現れるように魔法で隠した」んですって。
 それなんて恥ずかしい設定(爆爆爆)

・徴兵にやってきたホモナイ伯爵。
 ハンガリー兵では、やっぱりミズハカナトくんの独特の美貌が目立ちます。

・ジュパン家からの生け贄(爆)としてイシュトバン@マギーを差し出そうとする皆さん、ヒドスww
 それにしても、ホント役の少ない話だよねー。マギーがもったいない・・・(爆爆爆)

・ザッフィは実はトルコ総督の姫だった!
 でも、あれ、シュテルクさんと乳兄弟だったんじゃなかったっけ・・・?
 父はトルコ総督で、母はジプシーだったってこと? で、総督と別れた母が一人で生んで育てたってこと?
 それって「姫」って言っていいの?
 その辺、どーもよく理解できませんでした・・・。

・なんだかんだでシュテルクさんも徴兵に参加することに。
 そこへ、「オレも!」っていきなりシュテルクさんラブを表明するパリ。
 ツンデレまさお萌え。
 うーん、今回、役の魅力的にはダンゼンまさお>みりおだよねぇ。

・戦争終了。
 綺羅綺羅しい赤と金の軍服にお着替えした男役たちが勢揃いする眼福場面です。
 最初、左右の花道に登場するのは、まさおとみりお。
 それぞれ2人ずつ旗振りを従えているのですが、確か、としちゃん、ゆりやくん、ゆうきくん、たまきち・・・だったのかな。誰がどっちにいたかは忘れちゃったのですが。
 出てきた瞬間、速攻でオペラでチェックしたのですが、まあ当然なのかな・・・と思いつつ、この若手アゲメンバーにちなつちゃんが入ってないことにちょっとだけ凹みました・・・。

・その他の兵隊さんたちが、一斉に客席左右の扉から登場!!!
 下手側はもりえちゃん先頭で、次がブタちゃんを抱っこした汝鳥さんでした(笑)
 せっかくまた真横を通っていってくれたのに、汝鳥さんのあまりのインパクトに、その後の若手、誰がいたかもう覚えていません(笑)
 上手側はきりやんが先頭だった模様。

・全員舞台上にそろった時には、ちなつちゃんは上手花道の付け根辺りにいました。
 で、マリア・テレジアさまが「皆、家族を呼びました!」ってことで、それぞれ大切な人たちと再会するんですけど、ちなつちゃんの所に走ってきたのは晴音アキちゃん。
 なんだか、アキちゃんがすごい剣幕で「もうもうもう! 心配したんだからねっ!!」みたいな感じでちなつちゃんの胸をポカポカ叩いてて、それに優しく包み込むように答えるちなつちゃん、的な小芝居をやってました。
 恋人設定なのか兄妹なのか、裏話を聞いてみたいなぁ・・・。

・ザッフィと再会してラブラブのシュテルクさん。
 ・・・にかこつけて(?)、突然、ヴィオルカにちゅーするパリ。アンタ、性格変わってますがな(爆)
 軍隊生活で、超お気楽なシュテルクさんと同じ釜の飯を食って過ごしたことで、影響されちゃったんでしょうか(笑)

・なんだかんだでハッピーエンド。
 主要3カップルみんな幸せそうだし、華やかだし、楽しい気分で終われて。
 たまにはこういう作品もいいよね(笑)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/433-1535a7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。