6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美鳳あやサヨナラショー@月組「Rhapsodic Moon」観劇報告

月組本公演感想の続きです。

あ、そういえば、「ジプシー男爵」の感想で1コ描き忘れたんですけど、徴兵の場面で、シュテルクさんやジプシーの男たちが次々に志願しだすと、オトカーが「僕も」って入ってくるんですけど。
その時のオトカーの「愛する人を守るために戦う!」っていうセリフの後に「それが真の“義”なのだ!」ってめっちゃ言いたくなるのは、宙組ファンだけですかね(笑)
おお、みりおちゃんが戦いの大義に目覚めたわ、って密かにウケました(笑)


えー、では、引き続きショーの感想です。

すみません、ものすごく語弊があるかもしれない、ってことを承知で言わせていただければ。

私にとっては、まさに↑の記事タイトルのような、そんな感慨に浸ったショーでした・・・。


新生月組初のオリジナルショー作品。
全体的には、いつもの中村Bでした(爆)
群舞、群舞、とにかく群舞。
そして、砂漠と蜃気楼のデジャヴュ(爆爆爆)
でも、そんな中にも、月組女役きってのダンサーとして活躍してきたみっぽーと、月組女役きっての正統派美貌を誇るほたるちゃん、2人の卒業生への愛が込められてて、手堅いけど佳作といえる出来かな、という印象でした。

もう既に記憶が薄れかけているのですが(汗)、とりあえず覚えていることを時系列的に箇条書きでメモ。


・プロローグは、えっと、いつもの群舞です(爆)
 キリヤンはゴールドのラインが入った黒のお衣装で、他の皆はオレンジの上下だった気がします。

・全員はけた後、キリヤンが1人残り、銀橋ソロ。

・第2章は「月の輝く城」。
 囚われの姫@まりもちゃんを旅人@キリヤンが救い出す、という、まあありがちな場面です(爆)

・姫を捕らえ、いたぶっているのが兵士A@みりおちゃん。
 ・・・なのですが、どう見ても「兵士」ではなくて「トート閣下」なんですけど(爆)
 銀色がかったロングストレートの鬘、黒に近い紫のダークな口紅、冷たい目線。
 新公エリザのドSトートが大好物だった私には、「ああ、これこそ私が観たかったみりおちゃん」です(笑)
 中村Bがそんなフジョシ的ツボを理解してたことにちょっとびっくり(笑・・・いや、ただの偶然?)
 ・・・ただちょっと、まりも姫が「囚われの姫」というには強そうすぎるのだけがアレでしたが・・・(爆爆爆)

・侍女(歌手)@あーちゃんソロは、相変わらず慈愛に満ちた歌声を響かせてくれます。

・旅人@キリヤンは、紫のお衣装に、無造作な感じに下ろした豊かな金髪ロング。
 ・・・正直私は、キリヤンにはあまりロングの鬘は似合わないと常々思っているのですが、本人比ではなかなか良い方・・・かな。 

・続いて、まさおが芯で、ニューヨーク風? 都会の夜をイメージしたスーツ群舞場面。
 ここで、上手側にいるるうくんをひと目見て、目が離せなくなりました。
 ああ、アサちゃんだ、と思って。
 今まで、かしちゃんに顔立ちが似てるなと思ったことはあっても、るうくんとアサちゃんが似てると感じたことはなかったのに。
 明るい茶色のスーツ姿で踊るるうくんの身のこなし、帽子を手で押さえてキメる時の角度や表情、スッと伸ばした手の表情・・・その一つ一つに、あまりにも濃すぎるセナジュンの面影がはっきりと見えました。
 思えば、アサちゃんの、こーゆースーツ姿でのダンスは、月トップ時代だけに限ってもたくさん見てきたもんねぇ・・・。
 そんなことを思いながら、少し憂いを帯びたけだるげな表情でクールに踊るるうくんを見ていると、なんだか切なくて胸がいっぱいになってしまいました。

・中詰。
 普通、中詰の最後って、次の場面の芯になるスターが抜けちゃって最高潮の盛り上がりの中にいないのがちょっと寂しいんですけど、今回は、後にまりもちゃんソロを持ってくることによって、銀橋のラストまでキリヤン、まさみり、そのかもりえマギーと男役スターが全員ずらりと並んでてくれるのが豪華な感じで嬉しいです。
 娘役のタコ足ダルマも眼福。

・中詰の途中で、男役たちが順番に出てきて歌い継ぐ場面があるんですけど、その中にちょこっと、いわゆる「若手銀橋」みたいな場面があって。
 その8人口メンバーに、ちなつちゃんが入ってました!!!
 ちなみに、みっしょん、ひびきち、としちゃん、ゆりやくん、まんちゃん、ゆうきくん、ちなつちゃん、たまきち、というメンツ。なかなか豪華ですよね♪
 ちなつちゃんの立ち位置は下手側の方だったと思います(うろ覚え(汗))
 ここは男役は全員白のスーツでインナーのブラウスの色が違うんですけど、ちなつちゃんは深い赤でした。

・どこかで見たよな(爆)蜃気楼の場面。
 そのかとみっぽー、この3年ショーで数々の名コンビぶりを見せてきてくれた2人の最後の絡み場面。
 2人が最初に組んだ「ファンシーダンス」のシェラザードの場面(だっけ?)、まるで軟体動物のようだった(爆)みっぽーを思い出します。
 ああ、これは「美鳳あやサヨナラショーだ」と思った。ありがとう、Bセンセ(涙)

・フィナーレA。
 いきなりそのかが銀橋でソロを歌い出したので、ちょっと目を剥いた(爆)
 でも、良かったね。
 お歌はまああんなもん・・・だけど(爆)、すっごい笑顔でニコニコ歌ってるそのかを見てるだけで幸せな気持ちになれます。

・えーと、ちなみにこの場面では、ちょこっとほたるちゃんもセンター近くで踊ったりしてたような(記憶が曖昧でごめんなさい・・・もしかしたら、後のまりもちゃんセンターの女役場面だったかもしれません)
 「ダンサー」ではないので、みっぽーほどではないけれど、それでもちゃんとほたるちゃんが目立つ場面を与えてくれてありがとう、Bセンセ、と思った。

・ロケット。
 ・・・気のせいか、周囲の人があまり手拍子してなかったように感じました。
 私もね、一瞬迷ったんですけど、でも、ロケットメンバーは研1だけじゃなくて、みくちゃん以下研2までの子もいるし・・・って思って一応手拍子したのですが、でも、した方もしてない人も、両方なんとなく気まずい雰囲気でした(凹)
 スカピン(ムラ)の時は、迷わず手拍子しなかったのですが。
 ああ、これから先ずっとどの組の公演でも、ロケットのたびにこーゆー気分になるのかと思うとブルーだわ。

・大階段の黒燕尾群舞。
 センターでスタンバってるキリヤンを見た瞬間、ああ・・・って感動がこみ上げてきました。
 スカピンのフィナーレってどんなんだったっけ?(既に記憶が・・・(汗)) 黒燕尾あったっけ?
 でもやっぱり、トップとして初のオリジナルのショー作品の、大階段黒燕尾って、キリヤンファンの方にとっては感動もひとしおですよね。きっと永遠に忘れられない場面でしょう。
 しかも今回、この場面、男役全員出てるんですよね、研1まで(もちろん下級生は大階段にはスタンバってなくて、後から皆が本舞台に降りてくるころに袖とかから出てきて合流するのですが)。さすがに壮観でした。

 そして、これまで大階段群舞では最上段スタートだったちなつちゃんですが、今回、上から2番目に昇進してました!(パチパチパチ・・・!)
 センターちょい上手寄りの列です。
 ゆっくりだけど、一歩一歩着実に前進してるんだなー、ととても嬉しかったです。
 本舞台に降りてからは、ちょうどセンター席から見ると、キリヤンから上手側斜め後ろにそのか、みっしょん、ちなつちゃん・・・というふうに目に入る並びで。
 好きなひとばっかり視界に入って幸せでした(笑)

・まりもちゃんセンターで白いドレスの女役の群舞。
 まりもちゃんの上手側斜め後ろ、2番手娘役の位置にいるあーちゃんが、ホント綺麗で可愛くて清楚でまさに娘役の鑑、みたいなのが凄い(爆)

・赤いお衣装のデュエダン。
 お芝居のプロローグでもあったし、中詰のデュエダンでも軽くあったのに、またここでもリフトがありました。
 すごいなー、と拍手しながらも、キリヤン大丈夫かなー、と少し心配に。
 2人ともどちらかというと体育会系というか、男前なキビキビしたダンスで、見てて気持ちいいですよね。

・そして、なぜかよっしーと輝城くんが大階段の下手側端っこの方に立って歌ってます。
 本来影コーラスが、なぜか舞台上で歌ってる、みたいな風情で(爆)、ちょっと不思議な光景ですが、でも2人にとってはすごいチャンスですよね。私が見た時は、まだまだ2人ともいっぱいいっぱいな感じでしたが、頑張れ!

・パレード。
 エトワールはみくちゃん、おめでとう!
 みくちゃんもまだまだ緊張気味な感じでしたが、頑張れ!

・階段を降りてきたみりお、まさおが羽根を背負ってないのにびっくりした(爆)
 まさみりは2番手なんじゃないの? ・・・なんか萎えるわ(爆)
 ついこの間まで(といってももう2年以上も前ですが(汗))、月組では4つも大羽根が並んでたっていうのに・・・。
 きりまりの大羽根姿には心から祝福を贈りつつも、なんだかちょっと釈然としない幕切れなのでした。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

iさま(イニシャルで失礼いたします)>

初めまして。コメントありがとうございます!

そうですかー、ちなつちゃん、スカピン東京公演では2段目スタートだったんですね!
フィナーレのサーベルダンスのところですよね。
東京では研1も入ったんですかね?

ロケットセンターも噂に聞いて、ああ、ちなつちゃんのダルマ見に行きたいなぁ・・・と思っていたのですが、結局東京には行けなかったので(涙)、情報嬉しいです。

本当に、決して派手で目立つ生徒さんではないのですが、なぜだか惹かれますよね。
うちのブログにも、結構「ちなつちゃん好きです!」って方がいらしてくださってるようで・・・。
これからも長い目で見守っていきたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/434-b4b85fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。