6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のように爽やかに@月組「ジプシー男爵」新公観劇報告

月組新公観てきました。
爽やかですがすがしくて、すっごくいい新公でした!

本公演のショー感想書きかけてるのですが、新公があまりに良かったので、先にこちらを。

とにかく、としちゃんに、ありったけのブラボーを!!!


新公演出は上田久美子センセ。
演出助手としては何年か前からお名前を見かけてたけど、新公演出したことはあったっけ? 
もしかしてデビューだったのかな?

普通の2幕物のお芝居なので、大きな変更はなかったのですが、ジュパンとかイシュトバンとか、キャラの年齢設定が本公演とちょこちょこ違ってるのがあったりして、あと、新公ならではのお遊びみたいなところも幾つかあったのですが、そーゆーのをやり過ぎたりウザくならずに上手く交通整理してまとめたのではないかなー、と思いました。

あ、1カ所だけ大きく違ったのは、シュテルクと血の儀式をするのが、本公演ではタラフ@としちゃんなんだけど、新公ではそのか本役のトボル@まんちゃんだったこと。
確かにね、本公演観た時、それまでその他大勢だったとしちゃんがいきなり出てきてキリヤンと相対するので、ちょっとびっくりして、でもとしちゃんオイシイ役だなー、見せ場があって良かったねぇ、と思っていたんですよね。
本来の物語上、ジプシーの仲間たちの立場的には、やっぱトボルがやるのが自然だよねぇ。
まあ、としちゃん役の子には気の毒だったかもしれませんが・・・。


本公演の感想にも書いたように他愛ないお話ではありますが、ダンスも多いし、歌もオペレッタものだけにたくさんあるし(しかもコーラスとか他重唱とかがいっぱいだし)、舞台上に人がいっぱい出てる時間が長いし(爆)、下級生にとってはなかなか大変だったと思います。

が、とにかくまず、主演のとしちゃんが会心の出来で。
彼のパワーが舞台全体を引っ張ってました。
そして、主要キャストが皆、及第点以上の出来で、なかなかレベルの高い新公だったのでは、と感じました。


では、キャスト別感想いきます。

■シュテルク・バリンカイ@としちゃん(本役:キリヤン)

まず、としちゃん、最後の新公での初主演、本当に本当におめでとう!!!

開演アナウンスから、劇中、そして最後のご挨拶まで、客席の拍手が常にすっごく大きくて長くて、もうもう、月組ファンは皆どんだけとしちゃんのこと好きやねん! って微笑ましかったです。
ああ、組ファンがその実力を認め、待ち望まれてた人が、ちゃーんと主演に選ばれる新公っていいなー、としみじみ思いましたよ。

しかも、その満を持しての初主演で、歌良し、ダンス良し、芝居も良し、ってところをちゃーんと見せてくれたんだもんね!
それに、正直今まで「何でもできる子だけど、でもセンター向きの華はないかな・・・」と密かに思ってたのですが(爆・・・ごめんなさい(汗))、実際センターに立ったところを見たら、ちゃんと陽性の華やかな光を放出してるし!!!

私がとしちゃんを初めて認識したのは、2007年5月のバウ「ハロー!ダンシング」の時で。
確か、退団しちゃったもえちゃんと2人で、超絶技巧ダンスを踊ってましたよね。
すごい踊れる子なんだなー、とインプットされたのが最初。

その次に印象に残るのが、2008年1月のバウ「ホフマン物語」のニクラウス役。
ダンサーなんだとばかり思ってたら、歌もすっごく上手くていい声だったのでびっくりした記憶があります。
しかも、ホフマンの親友役で、ホフマンを常に見守り寄り添う瞳が優しげで、お芝居もなかなかいいなぁ、って思ったのでした。

その後も「夢の浮橋」新公の二の宮とか、ついこの間の「HAMLET!!」とか、いい仕事を着実に重ねてきて、それを全部自分の実にして、研7の最後の今この時に大輪の花を咲かせたんだなぁ、と思うとホントに感慨深い。
こういう人にちゃんと主演のチャンスを与えてくれるのを見ると、ああ、劇団にもまだ良心は残っているんだなぁ、と思います(爆)

まず、プロローグのデュエダンがね。
本来踊れる人だけあって動きがとても綺麗で、でも、かなり緊張してていっぱいいっぱいのみくちゃんをリードしなくちゃいけなくて、客席もピーンと張り詰めて見守っていたのですが。

真ん中くらいで、キリヤンが「ハーッ!」って掛け声入れて、そこから曲のテンポがぐんとアップしてリズミカルなステップになってくところがあるんですけど。

この「ハァーッ!」が。
ドスの効いた男役掛け声が、完璧に決まって。
この瞬間、客席の心をガシッと鷲掴みにしましたね。
もちろん劇場中が大拍手。
私も「ああ、これなら大丈夫だ。としちゃんやったね!」と思いました。

次の宮廷の場面、客席からの登場も、堂々としてて軽やかで。
舞台上に上がって下手側から上手側へ横切っていく時に、なんかセリフ言いながら、かるーくジュテしたんですよ、あのひと!(笑)
それがもう、ホントに「風のように自由」な振る舞いで。
最初のデュエダンで「宇月颯」として客席を掴んだのだとしたら、次のこの登場で「シュテルク・バリンカイ」として客席の心を鷲掴みにしちゃって、もう後は全く心配なし、でした。

としちゃんのシュテルクは、素直でチャーミングで、ちょっと寂しがりやで、でも心優しい愛すべき青年でした。

ジュパン家の3姉妹に求婚するはめになる場面では、ちょっとしたアドリブがあって。
ジュパン@たまきちが本公演と違って、セクシーお髭のチョイ悪イケメンオヤジで、ヨランダ@ちゅーちゃんも超弩級の美女なので、「ベールをかぶってるのにどうやって花嫁の顔が分かるんだ」「親を見て想像するんだ」みたいなところで、椅子に座ってるたまきちがおもむろに脚をバッと高く上げて組み直して、ちゅーちゃんもセクシーポーズ(笑)すると、すんごい美男美女のイケテル2人で。
それを見たシュテルク@としちゃん、すんごいニヤケ笑顔になって「・・・結構可愛い娘かも!!!」って。客席爆笑。
(ちなみに本公演では、無表情でブタを抱っこしてる汝鳥さんの顔をまじまじと見てキリヤン「・・・」っていう反応(笑))
で、さらに、「・・・って、ちょっと期待してしまったー! 俺のバカバカバカッ!!!」って椅子に戻りながら自分の両ほっぺを手のひらでパシパシパシと叩いて我に返ってた(笑)。客席大爆笑。
もうもう、なんてカワイイヤツなんだー! と客席で崩れ落ちそうになりました(爆)

そんなふうに、飄々と軽やかで可愛いシュテルクなのですが、ジプシーたちと心を通わせ合う場面では、一人で生きてきたけど、初めて自分に忠誠を誓ってくれる仲間と出逢った喜びがじわじわと彼の心を振るわせていくのが、その表情からすっごく伝わってきて。
前から私はとしちゃんのことを「愛のひと」・・・誰かに心を傾け、愛を注ぐ芝居が抜群に上手い人だと思っていたのですが、今回も本当にそうでした。
ジプシーたちへの広い意味での愛はもちろん、ザッフィ@みくちゃんを見つめる優しい瞳も、本当に誠実で心のこもった演技でした。

歌はどれも良かったけど、個人的には、ラストシーンの「風のように」の歌い出しが一番心に残りました。
お衣装も、どれも似合って綺麗に着こなしてたし。

最後のご挨拶も爽やかでした。
初めに「お芝居の中でもジプシーの仲間たちを信頼するように、このメンバーを信じて、皆で一つ一つ課題を乗り越えようと頑張ってきました」みたいなことを言ったんですが、そこで一段落して、ちょっと素のとしちゃんに戻っちゃって、「・・・いろいろ言うこと考えてたんですけど(汗)」って、全部飛んじゃったみたいで(笑)
「とにかく今は、感謝の言葉しかありません!」ってまとめてました。
「最後の新人公演でこんな機会を与えていただいて」とかも言ってたかな。すみません、私の記憶ももう遙か彼方で(汗)
でも、とっても心のこもったいいご挨拶で。
ひとことしゃべるたびに、客席の拍手が大きくて、長くて、温かくて。とても幸せな空間でした。ああ、新公はやっぱりこうじゃなきゃね。

■ザッフィ@みくちゃん(本役:まりもちゃん)

みくちゃんも初ヒロインおめでとう!
「ホフマン」のオランピア、研1での抜擢を見てからもう2年半も経つんですねー。

みくちゃんのザッフィは、ピュアで真っ直ぐでひたむきで、でもちゃんと強さもある少女でした。
としちゃんとは「HAMLET!!」の兄妹役でも、「夢の浮橋」新公の二の宮と紅梅の中の君でも組んでるし、なんだか安心して見られますよね。お似合いでした。
ザッフィがシュテルクに寄せる、尊敬と憧れの混じった恋心がちゃんと伝わってきたよ。

お歌は、最初は若干緊張気味でしたが、まあ、あれだけ歌えたら及第点では。

ただ、ヒロインとして見ると、ちょっと丸いかな・・・。
頬から首、デコルテから胸の辺りにかけて、女の子らしいふくよかな肉付きで、とても可愛らしいのですが、タカラヅカのヒロインとしてはもうちょっと絞ってほしい。
特に今回、相手役のとしちゃんが小柄で華奢なだけに余計、お顔の丸さが気になりました。
もとがとっても可愛いだけに、メイクや髪型ももっと研究して、ビジュアルの向上に努めてほしいなと思います。

■パリ@ゆうきくん(本役:まさお)

すっごく良かったです!
実は私、今まであんまりゆうきくんの良さが分からなかったのですが(爆・・・ごめんなさい(汗))、今回、ぐんと上手くなった気がする。
ちょっと男っぽさが増したのかな。力強さがあって、短い出番だけどインパクトがありました。

最初、シュテルクに向けたナイフを鞘にしまうところで、なかなかナイフが入らなくて、本人もでしょうけど客席も手に汗握りました(笑)
芝居を続けながら何度か鞘をかすって、歌&ダンス対決が始まるギリギリのところでやっと収まったんですけど、本人も手元は焦りながらも顔は無表情を装ってましたよ(笑)

もうちょっと絞ると、もっと男役らしく美しくなると思います。
今後が楽しみになりました。

■オトカー@ゆりやくん(本役:みりおちゃん)

可愛かったです!
ゆりやくん本来の持ち味で勝負できる役で、キュートでした。
ビジュアルはいつ見ても完璧。
お歌も、低音で苦戦したフランツやショーヴランと違って高めのキーなので、無難に歌えてました。
ただ、ゆりやくんのセリフ声って、実はちょっとこもった声なんですよね。
役柄的には、スコンとクリアな高めの声がイメージに合うだけに、こーゆー可愛い役をやる場合、ビジュアルと声質の乖離が若干気になる(私だけかもしれませんが・・・)
いろいろな声音をコントロールできる技術が身につけば強いんだけどなー、と思います。

■ジュパン@たまきち(本役:汝鳥さん)

たまきち最高!!!
今回のMVPがとしちゃんだとしたら、MIPは断固たまきちです!(爆)

いやぁ、すごいよ、大物だ大物だと思ってたけど、ホント大物だね。
専科さんの役を全く色を変えて完全に自分のものにしてました。
ムーアもパーシーもすごかったけど、あれは本役キリヤンの指導&影響がかなり入ってるのかな、と思ってたのですが、ちゃんとオリジナルの役作りもしっかりできるんだ! すごいね。

まずビジュアルが。
おやじさん、な汝鳥さんとは全然違う、現役バリバリ感漂うチョイ悪イケメン。
綺麗に整えた口ひげとあごひげがセクシーで、まさに「オトナの男」。
君、絶対研3じゃないよね、研13は行ってるよね、的な(笑)
若者役の時よりも断然、オヤジ役の方がカッコイイです!!! うっかり惚れそうだよ(爆)

ちゅーちゃんと並ぶと、一段と色男度が増すのがステキ。
↑に書いたアドリブのとことか、もうサイコーです(笑)
そんな色男がブタちゃんを抱っこしてるシュールな絵ヅラが面白すぎる・・・(爆)

最後の凱旋の場面は、ぬいぐるみが、両手で抱えるくらいの特大ブタちゃんになってて、客席登場した瞬間から爆笑。
シュテルクに「命の恩人だ!」っていう場面で、「ブタに噛みつかれてたのを助けてやっただけだ」っていうのにドッカン笑いが起こってましたが、ここ、本公演ではなんて言ってたんだっけ?

■カルネロ伯爵@響れおなくん(本役:ナホさま)

新公の長、ひびきちも上手かったです!
彼も本役さんとちょっと変えてオリジナルの役作りで勝負してました(笑)
四季の母音法の発音みたいな感じで(爆)一音一音区切るように話す独特の口調で、ひとことしゃべるたびに大ウケ。
ツィプラに叱られてナホさまがもりえちゃんの背中に隠れる所は、ひびきちはビクビクおびえて隠れるのではなく、フンッ!って意地を張ってそっぽ向いてました(笑)

最後の長のご挨拶もしっかりとして好感が持てました。

■マリア・テレジア@りっちー(本役:あーちゃん)

りっちーのマリアは完璧!
ちゃーんと女王の位取りがあって。
今すぐ本役になってもOKです(爆)

いやぁ、やっぱりアルゼナよりもこっちがりっちー本来のニンにあった役だなと思いました。
鬘のせいか、アルゼナ役の時よりもずっと綺麗に見えたし。
アルゼナはもうちょっと鬘とメイク工夫した方がいいかもしれませんね。

■トボル@まんちゃん(本役:そのか)

まんちゃんも良かったです。
シュテルクとパリの歌&ダンス対決のとこで、センターで結構踊るんだけど、キレのあるダンスを見せてくれました。
↑にも書いたけど、その後のシュテルクとの「血の儀式」&直後のソロ歌い出しも、本公演と違ってトボルがやったので、見せ場が増えてオイシかったですね。

■ホモナイ伯爵@ちなつちゃん(本役:もりえちゃん)

ちなつちゃんは、期待通りの出来栄えでした。
まず最初の宮廷の場面で、センターで一場面歌うんだけど、プロローグデュエダンが終わって本舞台にライトが付いた瞬間、センターに立つその立ち姿の麗しさにうっとり。
わたるさんフェルゼンの美々しいピンクの宮廷服がホント似合う。さすが「コスプレの鳳月」の名に恥じない(って私が勝手にそう呼んでるんですけど(笑))着こなしっぷりです。

歌は・・・決して「歌手」ではないと思ってるので、まあ、こんなもんかな、って感じでしたけど(爆)、お芝居が始まると、ああ、私、ちなつちゃんの男役セリフ声が大好きだなぁ。
なんというか、色気のある声ですよねぇ。
あ、そういえば、カルネロ伯爵か女王陛下が何かしゃべってる間、シュテルクを後ろから羽交い締めしてる場面があって(本公演ではやってたっけ? 未確認でした・・・)、もがくちっちゃいシュテルクを余裕の表情で抱き締めてる図にちょっと萌えました(爆)

徴兵の場面の緑のお衣装もやっぱりとっても似合ってたし、どこか弱弱しいもりえちゃんに比べて、ちゃんと権力を持ってる感じがしました(笑)
そして、最後の赤の軍服も素敵でした。

ただ・・・ちなつちゃんファンとして少々歯がゆいのは、いつもちなつちゃんの新公って優等生的すぎるんですよねー。
それなりにちゃんとできてるんだけど、強烈に観客の心に残るインパクトがもひとつ、っていうか。
拙くても荒削りでもいいから、「この一瞬、目が離せなかった!」っていう何かを見たい。
ちなつちゃんも早いものでもう研5。残り何回かのチャンスで、殻を破れるような役に出会えたらいいのですが・・・。

■イシュトバン@輝月ゆうまくん(本役:マギー)

そういう意味では、研2の輝月くんは、しっかりチャレンジしてきました。
本役のマギーとは全然違うキャラ設定で、おじいちゃんキャラで攻めてきました(笑)
ミーマイのジャスパー卿そっくりなビジュアルで(笑)、おっきな体なのに腰を曲げてる姿が可笑しかったです。
セリフの間もすっごいとぼけた感じで味があって、いやぁ、なかなか芸達者ですねー。
可愛らしいおじいちゃんで、徴兵に差し出されるのがとっても可哀想でした(笑)


ここまでがプログラムの「主な配役」にある役です。
あとは、印象に残ったキャストを順不同で。


■侍従長@まっつん(本役:ガチャ)

出番が少なくてあまり目立つ場面はなかったのですが、手堅い仕事ぶりでした。

■ブラックパンサー@くれあちゃん(本役:すーちゃん)
■アムールタイガー@白雪さち花ちゃん(本役:ひまりちゃん)
■ピンクコブラ@紗那ゆずはちゃん(本役:ゆりあちゃん)
■ビッグイーグル@晴音アキちゃん(本役:まなちゃん)

みんな可愛かったけど、一番コスが似合ってたのはくれあちゃんのような気がしました(笑)

■妖精さん6人

の中では、都月みあちゃんがやっぱり一番可愛くて目に止まりました。

■船頭@有瀬そうくん(本役:ルイスン)

小舟に乗って登場の場面、短いですがソロでいい声を響かせてくれました。
まろやかで豊かな美声でしたよ。

■ヨランダ@ちゅーちゃん(本役:ほたるちゃん)

いやぁ、ちゅーちゃん、ホント美人ですよねぇ。
綺麗でちゃきちゃきしてて、たまきちジュパンとお似合いのカップルでした。

■クニグンダ@あいすちゃん(本役:こころちゃん)

可愛かった!
ベールをかぶった3人娘が紹介される場面で、最初に「私の魅力はカラダよ♪」みたいな歌を歌い出したクニグンダの声がすごく綺麗でめっちゃ歌ウマで、もっともっとソロを聴きたい! って思って。
事前にプログラムをチェックできてなかったので、「あれ誰だっけ?」って思ってたらあいすちゃんでした。
右目の下に大きなホクロを付けてました。

■マルギット@風凛水花ちゃん(本役:なっつ)

彼女も可愛かったです。こちらは、ほっぺたにたくさん大きなソバカスを付けてました(笑)
コメディ担当の2人、同期だけに息も合ってて楽しかったです。

■アルゼナ@ゆめちゃん(本役:りっちー)

超美少女アルゼナでした!
前髪とサイドを下ろした髪型がすっごく似合ってて可愛かった。
正直、ビジュアルだけなら、本役もみりおちゃんとゆめちゃんの方がお似合いなのでは、と思っちゃうくらいでした(爆)
歌は、りっちーと比べるとまだまだだけど、まあ及第点かな・・・。
可愛くて、でも言い合いするとことかは強気で、生き生きと健康的な美少女でした。

■ツィプラ@琴音和葉ちゃん(本役:みっぽー)

安定した実力で、舞台を締めてくれました。
私はみっぽーのツィプラが好み過ぎて、ちょっとイメージ違うかな、ってところもあったけど、でもしっとりと落ち着いてていい感じでしたよ。
カルネロ伯爵を叱り飛ばすとこも迫力満点でした(笑)

【ジプシーの仲間たち】

■フローリカ@くれあちゃん(本役:すーちゃん)

ジプシーの女たちの中のお姉さん的存在で、強そうでカッコ良かったです(笑)
トボルとフローリカはカップルなんですよね?

男たちが出征した後、カーテン前で女役が歌い踊る場面、ジプシー娘たちをセンターで率いるフローリカは実にオトコマエでした。

■ヨシュカ@ミズハカナトくん(本役:るうちゃん)

相変わらず目力が強くて目立ちますね。

■ディガ@カランくん(本役:ファービー)

相変わらず可愛くて、でもちょっとやんちゃな感じの役作りだったのかな。
こーゆー熱くて一直線! なタイプの役はお手のものですね。

■ヴィオルカ@晴音アキちゃん(本役:愛希くん)

アキちゃんは、研1の「ラストプレイ」新公の時から一人だけ役が付いたりしてたので、組P的には押してる人材なんだと思いますが、何が売りなのかな。
お芝居はそこそこできてたけど、どっちかというと大人っぽいルックスなので、愛希くんの可憐でいじらしい少女と比べちゃうと、ちょっとイメージが違うかな、という気がしました。
つか、なにしろ、愛希くんは驚異の小顔だからね、アキちゃんはどっちかというとお顔がバーンと大きい方だし(爆・・・ごめんなさい(汗))、ちょっと可哀想かな、と思いました。

すみません、後はちゃんと判別できなかったのですが、ジプシーの中ではビハリ@星輝つばさくん(本役:ゆりやくん)が結構目を引きました。


あと、軽騎兵たちの凱旋場面、最初に花道にパリ、オトカーの旗持ちとして登場した4人は誰だったのかな。
本役通りなら、貴澄隼人くん、星輝くん、隼海惺くん、朝美絢くんなんだけど・・・星輝くんは確かにいたと思うのですが、あとは自信ないです。
それから、もうひとつ気になったのは、愛希くんの扱い。
新公ではジプシーの男のモブで、ほとんど目立つ場面はありませんでした。
これってどうなのかな。
まだ研2。しかも、ああいう線の細い、はかなげなルックスで。
本公でいわば娘3とも言える役をやらせるなら、せめて新公ではちゃんと役名のある男役をやらせるべきだと思うんだけど、今回の扱いを見ていると、ああ、劇団は転向させたいんだなー、としか思えませんでした。うーむ。


まあ、それはともかく、みんなが伸び伸びと演じていて爽やかですがすがしい、非常に後味の良い新公でした。
楽しかったです!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/435-687d925d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。