6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煌めく才能@J第27節VSマリノス戦

マリノス戦は、モトの芸術的な2ヒールアシストで、2-0の完勝!

・・・すみません、ちょっと泣いてもいいですか?


 。・゚・(*ノД`*)・゚・。 (号泣)


あなたはいつも笑顔でそこに現れて、私たちを絶望の淵から救ってくれる。
忘れかけていたサッカーの歓びを、楽しさを、ファンタジーを、教えてくれる。

こんなひと、他にいないよ。
モトの代わりは誰にもできない。

ああ、私、本当にモトがすき。
だいすき。


昨日は午後仕事だったので、合間にコソコソと(爆)携帯のテキストライブをチェックしながら試合を追ってました。

前半36分、シンゾーが先制ゴール! しかもモトのアシストで!!!

ってのを見た途端にテンションが上がって。

その後しばらく仕事に手がかかって、だいぶ経ってから続きをチェックしたら、またすぐに追加点!
しかもモトがヒールパスでアシスト!!!

っていうので、ガガッとアドレナリン出ました(笑)

家に帰るのが楽しみで仕方なくて。久々にスポーツニュースはしごしちゃいました!


日曜でJリーグタイムがないのが残念だなー、って思ってたけど、NHKのサンデースポーツ、思ったより丁寧にやってくれましたね。
分析とミニインタビュー付きで。

そして「やべっち」では、思った通りナナが絶賛してくれてました。
絶対、ナナの大好きなプレーだと思ったんだよねー(笑)

1点目は「この(相手DFの)ギャップの入り方、非常に上手いですね。興梠の動きをよく見てのこのヒールパス。イマジネーションも素晴らしい
2点目では「チームとしてのイマジネーションが、『本山・脚本家』によって作られるんですね。素晴らしいヒールパスですよねー
と手放しの大絶賛。ナナありがとう!

ナナが指摘してる「ギャップの入り方」っていうのは、コージが言ってることと同じですよね。

相手のDFの間でうまく仕事が出来るのはモトだけ」。試合後に中田が語ったように本山がトップ下に入ったことによって、ここ最近見ることの出来なかった中盤の連動性と素早いパス回しがチームに戻って来た。
                     (公式マッチレビューより)



オズのコメント:

すばらしい選手が出場停止で出れない。そうすると、それに見合う選手、もしくはそれ以上の選手が必要になってくるわけです。そこでいろんなことを模索する中で、質ということを考えたときに、攻撃能力やセンス、クレバーさを考えれば本山選手ではないかと思いました。(中略)
本山選手に関してはクレバーさ、狙い、戦術的な理解度、あるいはピンポイントでやって欲しいことを消化してやってくれる選手なので、それをうまくできたのではないかと思います。ただ、怪我という部分、あるいはコンディション不良というところでシーズンを通して使えませんでした。今後も使っていきたいという意向があるので、僕は期待していきたいと思います。
                      (J'sGOALより)



公式の方を見ると「90分使いたい選手だ」みたいな発言もあったらしい。
本当にそうだろうねー。

2アシストもしてもらったシンゾーはもちろん、ノザも「楽しかった。(モトは)さばけるし、走ればパスが出てくるので、距離感が良かった」って、すっごい嬉しそう(笑)


それなのに、本人はというと。

慎三のパフォーマンスがよかった。みんなが「決められない、決められない」って言っていたので決めてくれてよかった。慎三のパフォーマンスがよかったと思う。紅白戦の中で慎三のタイミングは分かっていたし、慎三のスピードを活かしたかった。(今季初スタメンは)みんながカバーしてくれたし、自信を持って試合に臨めた。もう落とせないのでしっかり勝って名古屋との直接対決をいい形で向かえたい。
                       (公式より)



(2点目は?)
完璧ですね。あそこの楔のボールはものすごく良いボールを出してくれた。練習からあそこを見てくれていたのでね。僕が動けない分、タク(野沢)とかフェリペがすごく走ってくれたと思います。

                       (J'sGOALより)



って、シンゾーを褒め、楔のパスを出したミツを褒め、ノザとフェリペを褒め・・・と自分以外の仲間たちを褒めまくりで(涙)

ああ、本当に、プロサッカー選手として稀有な性格の持ち主だよねぇ。


この期に及んで満身創痍のベテラン・モトに頼ることに懐疑的だった(のかな? と思われる)田中滋記者も、ツイッターでこんなふうに呟いておられました。

>どんなにがんばっても届かない才能ってあるんだな。
>本山選手のことです。天才というか才能の煌めきを見ました。


本当にそうだよねぇ。
どんなに身体能力が優れてて技術が高い選手でも、あのセンスは身につけようと思って身につけられるものじゃない。
まさに、英語でいう「gift」・・・サッカーの神様が生まれながらにくだされた贈り物、ですよねぇ。



ああ。
こんなモトを見てしまったら、まだまだピッチの上の彼を見ていたい、という想いが募るばかりで。
足の痛みも4分の1しかない腎臓も、私が代わってあげられたらいいのに。

サッカーの神様。お願いです。
どうか、彼にもう少し、もう少しだけ時間をください。
まだ、彼からサッカーを取り上げてしまわないで。
あなただって、これほど寵愛する申し子のプレーを、いついつまでも見ていたいと思うはずでしょう?
だから・・・おねがいです。

コメント

会社の昼休みに拝読したのですが、水腎症のことを知って以来、いつも心の片隅で、「もしかしたらこの試合がモトのプレーが見られる最後の試合になるかもしれない」 そんな覚悟をしながら試合を見守ってきただけに、最後の件りでは、危うく嗚咽を漏らしてしまうところでした。

もう、フル出場なんて贅沢は言わない。
1試合、5分でも10分でもいい。
2試合に1回でもいい。
だから神様、少しでも長く、彼のプレーを見させてください。
「その日」は、できるだけ、ずっとずっと先であって欲しいです。

ありがとうございます(涙)

Well Temperedさま>

モトを愛する人みんなが、この2年、同じ気持ちで見つめてきたんですね・・・。

>「その日」は、できるだけ、ずっとずっと先であって欲しいです。

ああ・・・本当に。
祈りの数が増えれば増えるほど、モトの痛みが薄らいで、「その日」が一日ずつ先延ばしになってくれたらいいのに。
この10年余り、あんなにたくさんのものを私たちに与えてくれた彼に、何もしてあげられない自分が歯がゆいです・・・(涙)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/448-45224cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。