6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

ナカタコウジ、「雪の決勝」を語る!

剛さんのセレモニーを某動画サイトにアップしてくださってる現地サポの皆さま、本当にありがとうございます。
どれ見ても号泣です・・・(涙)

それにしても、16年の間にはいろんなこともあったけど、こうして愛され惜しまれ引退できるって、本当に幸せなサッカー人生ですよね。
元日国立のピッチで賜杯を掲げて、その幸せになお一層の輝きを加えられるよう、今日の試合、絶対に勝ちましょう!

昨日の公式トップの写真は、モトがPK練習してる場面です。
とりあえずベンチには入れるのかな。
出番があるかどうかは試合展開次第だとは思いますが・・・頑張れ!!!

今日は仕事でやむなく参戦を断念したのですが、3-5時の間、なんとかどこかでテレビを見られるよう画策中です(爆)


ところで、皆さま。

今週のサカマガは買いですよ!!!

コージ兄さんが3ページにわたるインタビューで「雪の決勝」を語ってます!!!


今週のサカマガは選手権特集。

毎年この時期にはこの特集がありますが、今回のは、ここ数年でちょっと類を見ないくらい(笑)力の入ったイイ感じの特集に仕上がってますよ。


コージのインタビューは、目次では「忘れられない雪の決勝戦」のタイトル。

ああ、このタイトル見ただけで萌えが煮えたぎってくるんですけど(爆)

ちなみに同じ目次ページのミニコーナー「思い出の表紙」には、赤い彗星の10番ユニ姿のモトがバーンと大きくつかわれている表紙が。
1998年1月28日号です。

本文ページは、
 
 伝説の1997-98
 「雪の決勝戦」を語る
 ピッチに泣いた「雪の王子様」
 「勝つ自信があった」

という見だし。
アオリ文にも「雪の王子様」が強調されてて、ちょっとハズカシイです(爆)

でっかいインタビュー写真が掲載されてるのですが、動いてないので若干ましとはいえ、相変わらずのキタナラシイ髪・・・(爆)
そういえば、この間の天皇杯ダイジェストで山本アナのインタビュー受けてる時、ひどくなかったですか?
スタジアムの外のチームバスに乗る手前辺り(?)で話してるので、風がものっすごいきつくて、髪がビュービュー乱れてて。
私が山本アナだったら絶対、「ええい、とにかくその髪、今すぐ切れっ!」って一喝してたと思うわ(笑)
少しも早く「王子様」時代の爽やかな髪型に戻してほしいものです(爆)

他には、雪の中、試合中のモトとコージの写真、表彰式の後、目を真っ赤にしてる雪の王子w の写真もあります。
3ページ目に載ってる大きな写真は、コージがFKを蹴ってるところ。
これ、たぶん、FK蹴ろうとしてボールにミートしなくて雪蹴っちゃってダフったあの場面ですよね(笑)
モトが一番近いところの壁に入って警戒してますが、あらためて、足、ほそっ!!! ああ、この華奢さ、ホント萌えるわ。

内容的にはですね。

「東に勝って優勝」を合言葉にやってきた、とか言ってますが、大会後の雑誌で、キジや金杉くんたちに、「ヒガシとやりたいって言ってたのは中田くらい」ってバラされてましたよね(笑)
そう思ってたのはキャプテンだけだったんですね(笑)
キジたち、「中田は本山とやりたかっただけだろ」「個人的な希望を持ちこまれて困る」とか言いたい放題だったもんね(笑)
つか、いつも一緒にいる仲間たちの目から見ても、それだけコージ→モトへの想い入れはすごかった、ってことなのね(萌)

モトのことに触れてるのは実は一文だけで。

試合が終わって、東のモトと話したのですが、「おめでとう」と声をかけました。敵として一番嫌な選手でしたが、プロへ進んでからは鹿島で同じチームになるわけですから、「みんなで頑張っていこう」という思いでしたね。

あえてサラッと言ってますが、「敵として一番嫌な選手」ってところに最大級の賛辞がこもってますね(笑)
ああ、本当に、コージにとってモトは永遠に、キラキラ輝いている才能の塊みたいに見えているんだろうなぁ。

インタビューの一番最初に「年末になると思い出しますね」って言ってるんですけど、そうか、この季節が来るたびに、コージはあの雪の中で初めて抱きしめたモトの細い肩の感触を思い出しているのね、と思うと激萌え(違)

こんなドラマティックな「物語」を持ってる2人、ってなかなかないですよねぇ。
つくづく、「雪の決勝」って、ホントに特別だわ、と思います。

そういえば、コージがマルセイユに移籍して初めて出場した試合も、ものすごい雪が降る中の試合だったんですよね。
どこかのスポ紙が、「雪の決勝」に引っかけてモトにコメント求めてたっけ。
遠いフランスの空の下で、カシマに「置いてきた」モトを思い出してたかと思うと、ちょっと泣けるわ(笑)



このほか、「国立での名勝負8選」みたいなのに「雪の決勝」が選ばれてます。

それ以外にも、

・マツイのインタビューでチラリとナスマツあり(笑)

・ヨシトのインタビューで「本当は東福岡に行きたかった。本山さんたちの三冠を見て」という発言。

・「Jリーガーの高校時代」の特集では、チカちゃん(おかえりなさい!)やシンゾー、イノ、アツトとかの高校時代の写真も。

・平山の連載でもヒガシに憧れてた、って発言が。「古賀誠治さん、宮原裕司さん、千代反田充さん、本山雅志さんのインパクトは強烈でした」だって。

・前橋育英の監督インタビューで、青木の話も少しあり。

・サコちゃんのインタビュー(2ページ)も。
 高校時代のことをこんなに詳しく振り返って語ったのって初めてじゃない? 
 全体的に興味深い内容でしたが、一番驚いたというか、さすが、と思ったのは、選手権の初戦の青森山田戦(これ、1年生のガクちゃんも出てたんですよね!)前のロッカールームで、両親からの激励メッセージのビデオを見た、というエピソード。
 「鹿島の椎本スカウト部長が行って、撮ってきてくれたそうです」だって。
 そこまでちゃんとアフターケアするのねー。さすがだわ。

・・・といった感じで、読みどころ満載の今号。オススメです!



さて、もうひとつ、モトヲタフジョシにはたまらない(爆)ニュースが。


■サッカー少年にお年玉/来月4、5日に新春初夢若松サッカー大会 →記事はコチラ

 元Jリーガーで、現在はアビスパ福岡アカデミーで18歳以下の少年を教えている宮原裕司コーチ(30)が来年1月4、5日、故郷の福岡県北九州市で小学生を対象にした「新春初夢若松サッカー大会」(毎日新聞社など後援)を開く。現役プロ選手との交流をメーンに据え、サッカー少年にとっては一流選手の技に触れられる絶好の機会になる。宮原さんは「サッカー選手になりたい子どもたちの夢を実現する第一歩にしたい」と張り切っている。【山上順子】

 宮原さんは、北九州市立二島小・中学から福岡市の東福岡高校に進み、MFとして同校の全国高校サッカー選手権2連覇に貢献した。その後は名古屋グランパスやアビスパ福岡などで活躍し、今年2月にアビスパ福岡アカデミーのコーチとなった。

 大会は、北九州地区などから参加する12チームが予選リーグと決勝トーナメントをするが、メーンは、宮原さんの呼びかけで参加する本山雅志選手(鹿島アントラーズ)や山形辰徳選手(アビスパ福岡)など現役のトッププロ約10人との交流だ。全出場チームが「プロチーム」と対戦し、サッカー教室も予定されている。

 こうした構成は、宮原さんが指導者となり、自身の経験を伝えていきたいという思いが基になっている。Jリーグが開幕した93年、中学生だった宮原さんは、本城陸上競技場(北九州市)で、Jリーガーの練習を初めて見て圧倒された。

 「俺もあの場所でサッカーをやりたい」。それまではぼんやり描くだけだったサッカー選手になる夢を実現させる決心をした。この時、一緒に練習を見た本山選手は小中高と同じサッカークラブに所属し、ともにJリーガーへの道を歩んだ。

 今回の会場は自分を育ててくれた地元で開催したいと、少年時代にボールを懸命に追いかけた若松区の通称「カッパグラウンド」を選んだ。当時、出場していた大会に差し入れてもらい、忘れられない味になった豚汁も無償で参加選手や保護者たちにふるまう予定。宮原さんもボランティアスタッフと包丁を握り、1200人分を作るという。

 年末年始も休み返上で準備に駆け回る宮原さん。「大会をきっかけに、福岡から一人でも多くのプロを育てていきたい」と、大きな夢を描いている。

                               (2010年12月27日付 毎日新聞西部版より)



ちなみにリンク先の元記事には、スーツ姿で胡散臭い笑顔(爆)のみーはんの写真も掲載されています。

いやぁ、幼馴染の絆は強いよね。
何十年経っても切れない絆だもんね。
ドラマティックさとプロになってから一緒に過ごした時間の濃さではコージに敵わないかもしれないけど、小学生のころのキラキラした思い出を持ち出したら、みーはん圧勝だよね(笑)
中学時代、モトと一緒に本城でプロの練習を見た話を、どんなに熱く記者に語ったのか聞きたいわ(笑)

 あのころはずっとずっと、もっちゃんと一緒にサッカーしていられると思ってた・・・

っていうみーはんの心の声が聞こえてくるよ(爆)

・・・真面目な話、モトにとっても、これは本当に嬉しい企画でしょうね。
思い出の地で仲間たちとサッカーできるのも嬉しいだろうし、みーはんがちゃんと着実に第二の人生を歩んでるのも嬉しいよね。
「カッパグラウンド」って、中学の時に毎晩、家を抜け出して皆で集まってサッカーやってたっていうグラウンドのことかなぁ。
いいなぁ、観に行きたいなぁ・・・(無理だけどorz)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/481-58b545e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード