6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り向くな君は美しい

今年の選手権は、滝二の優勝で幕を閉じました。

決勝は、ながら見だったのですが、点を取り合う「面白い」試合でしたね。
(とはいっても、鹿を見慣れた私には、1-0や2-1のシビれるような試合の方が面白く感じるんですけど(笑))

昌子くん、ガクちゃん、バチくん・・・と期待の若鹿勢が次々に姿を消していった今回の大会でしたが、久御山の予想外の(失礼)躍進のおかげで、最後までまあまあ楽しく見ることができました。
我が社にとっては地元校。
(まさか国立まで進むとは思ってなかったので)記者やカメラマンのやりくりが大変だったようで、デスク陣が嬉しい悲鳴を上げておりました(笑)




それにしても、読売テレビのサッカー軽視の姿勢には例年のことですが憤りを感じます(爆)・・・というか、年を追うごとにひどくなってませんか?

序盤は関西の学校しか中継しないしさ。
(だから、今年はガクちゃんの試合一つも見られなかった・・・ぐすん)
夜の「選手権ダイジェスト」も、昔は毎日あった気がするんですけど、今回は全然やってなかったし。
日テレでやってたらしい特番とかも全然流さないし。

結局、ちゃんと見られたのは久御山-関大一の試合だけだったなぁ。
この試合、累積で出場停止だった2年生の和田くんが、ホントにあどけなくて可愛らしかった(爆)
デビューしたてのころのレッズの小山田くんを思わせる愛くるしさでしたね(笑)
ああ、高2って、まだまだコドモなんだ・・・って、母目線で愛でてました(笑)
同点になって、ゴールを決めた井村くんが和田くんのところに真っ直ぐ駆け寄っていった場面が胸熱でした(萌)
バチくんは途中から積極的に前に上がって頑張ってましたが、いまひとつ絶対的な存在感は示せず・・・。
久御山の方が、自分たちのサッカーをできてましたよね。
最終的にPKにはなりましたが、まあ、久御山の勝ちで文句ないな、って感じでした。

そういえば、久御山のGK絹傘くんは空手経験があるんだそうで。
某スポ紙に「実写版若島津」って書かれてた(笑)
・・・けど、それには、20数年来の健ちゃんファンとしては、ちょっと異議があるわ(爆)



ガクちゃんは、今大会最大のスターだっただけに、ピッチの外でもいろいろな雑音にさらされて、大変だったみたいですね。
ツイッターを発端とした一連の騒ぎは、現場を見ていないので何とも言えないし、まだアマチュアの高校生相手に大人げないなぁ、ガクちゃん気の毒に・・・とは思いましたが、もしガクちゃんや学校側の対応が言われている通りだったんだとしたら、同業者としては、その場にいた記者たちが納得できなかった気持ちはものすごくよく分かります・・・って言ったら、鹿サポさんたちを敵に回してしまうかなぁ(苦笑)
でも、青森山田ほどの実績のある学校、ガクちゃんほどの注目を集めることがあらかじめ分かっている選手の対応にしてはお粗末だったのではないでしょうか。
ただでさえ、テレビ局主催の大会でテレビ取材が優先されてて、ペンは後回しにされてしかも時間がない、とかいう状況だったら、その発言に殺気立っちゃうのも分かるよ・・・って、私も「マスゴミ」の一員で、そういう考え方に毒されているだけなのかなぁ。

まあともかく、3人ともアントラーズでたくさんたくさん優勝を味わえばいいよ!
鹿サポはどんな時も、君たちの味方だからね。


ガクちゃんとバチくんの決勝戦が実現しなかったのは残念ですが、それだけ、「雪の決勝」はやはりあまりにも特別、というか、コージモトの運命の絆の強さを再確認できた、ということで・・・(笑)
ウチのブログにも年末以降、「雪の決勝」関連のキーワードで検索していらっしゃる方が急増中です(笑)

そういえば、この間ふと思ったんですけど、懐かしの朋ちゃんの「I BELIEVE」って、めちゃめちゃコージモトソング、っていうか「雪の決勝」ソングじゃない?

 ♪輝く白い 恋の始まりは
  とてもはるか 遠く昔のこと
  Anytime I believe your smile
  どんなときでも あなたの笑顔捜してた
  Anytime I believe your love
  ずっと前から あなたをきっと見ていた・・・♪

ねっ?!(笑)

そう気付いて、歌詞全部読み返してみたら、この他の部分も結構ハマってる・・・(笑)
コージ→モトでもモト→コージでもどっちでもいけそうですよ。
私、「カラオケの18番は小室ソング」世代なので(爆)、朋ちゃんの曲大好きなんですよねー(笑)
こないだから、歩いてる時とか、気が付くと口ずさんでしまいます(笑・・・しかも、脳内で雪の決勝の映像付きで)


滝二は、サカaiの直前特集で、なんだかとてもノリが良くて楽しそうだったので、好感を持って見ていたチームでした。
選手自身によるメンバー紹介の中で、DFの土師くん(たぶん)(ごめん、aiを確かめたら控えDFの3年生、島くんについての記述でした(汗) 土師くん、濡れ衣着せちゃってごめんね(笑))が「プレーはすごいけど普段は乙女」「ピッチの外では女子」って言われてるのがすっごく気になりました(笑)

樋口くんは清水入りが決まったとか。
おめでとう、良かったですね。
選手権の活躍でJ入りが決まった・・・というと、リュータもそうですが、私にとっては吉原コータが思い出深いです。
選手権前とか期間中、関西ローカルの夕方のニュースで「プロに行きたい! 選手権は就職活動です!」って、あのキラキラのアイドルスマイルでしゃべってたのが懐かしい・・・。
コータみたいに末永く活躍できるといいね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/491-72ddc25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。