6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

やっぱり銀ちゃんカッコイイ~!!!@青年館千秋楽報告

明るく楽しく、しみじみと幸せな千秋楽でした。
強行軍でしたが、本当に、行って良かった~!!!
今はただ、もうこのカンパニーの『銀ちゃんの恋』を見られないことが、さびしくてさびしくてたまりません。
覚書として、某所に落としたレポを転載しておきます。

今日は、もう、1幕1場、鈴木くん(助監督)が最初のセリフ言ったとこから号泣でしたよ~(涙)
でも、一番泣いたのがフィナーレでした(涙)


お芝居はね、もう、銀ちゃんの声があんな状態で・・・他のみんなもかなりきてて、疲労もピークのように見えましたが、でも、舞台上には役そのものを生きている銀ちゃんがいて、ヤスがいて、小夏がいて・・・何か、カンパニー全体が大きな壁を乗り越えてそこに息づいているような、そんな感動的な舞台でした。

でも、思った以上にもちこたえましたね、ゆうひさんのお声。
さすがプロの舞台人。
初日の夜に某会でお声を聞いた時は、とても1週間もたないのでは・・・と思ったのですが、これはこれでハスキーでセクシーな声、という感じで、かえって効果的だったかもしれません。
今日も、朋子さんの口真似をするところと、2幕の回想シーンで「でもな、もらった人と食事する時に・・・」のせりふで一瞬裏返った以外はなんとか大丈夫でした。

千秋楽アドリブ。

めおちゃんのクイズのところ。
最後にはけていく時に、キザリながら「次は韓国モノも決まったしなー」(客席笑)
真瀬くん「あの○○が出るやつですか?」(笑い声で聞き取れなかった)
めおちゃん「みんな出るんだよ」
真瀬くん「みんな?」
めおちゃん「みんな」(とうなずきながら上手袖に入っていきました)

「ししとう」の場面。
「銀ちゃんの鼻血、ダブルで入りまーす!」にバカウケ(笑)

ヤスのスタントのシーン。
カチンコは「感謝」
ヤスが吹く粉の量がいつもよりずっとずっと多くて、みつるくんの口元は真っ白。しゃべるたびに粉が舞って、ジミーが必死に払っていました(笑)

インラインスケートの場面。
最後のところ、銀ちゃんがデレデレ声で「手ぇつないで滑りましょーねー」、朋子さんが「嬉しいわねー」(あれ、「楽しみだわー」だったかな・・・違ったらすみません)と言いながらはけていきました。

人吉のお祭り場面。
万歳三唱で、自治会長が「千秋楽万歳! 万歳! 万歳!」で3回でぴたっとやめて、団長が一人だけばんざいをやり続けてて、自治会長が「もう3回やりました!」とツッコんでました(笑) 客席からは笑い&大拍手。

2幕。
保険屋さん、DC楽と同様、最後に引きずられず、マコトとジミー二人がかりで締め技(?)を掛けられて、「は、はんこをー・・・」って言いながら暗転。

「現金でくれねぇかなぁ」のところの間もたっぷりで、ヤスが手振りしてましたね。

焼肉屋も、基本的にはDC楽と同じですが、さらにパワーアップしてました(笑)
銀ちゃんが「豆もやしとか食って・・・」って言ってる間に、ジミーが銀ちゃんのお皿に豆もやしを盛ったんだけど、DCの時はひとつまみ分くらいだったのに、今日はたっぷり山盛りで。もう、それを見ながら客席はくすくす笑い。
で、おもむろに銀ちゃんが豆もやしをほおばると、大爆笑&大拍手。
銀ちゃん、「結構うめぇなぁ」とか言いながらもぐもぐ。
ですが、なかなか飲み込めず、皆ひたすらもぐもぐしながら長い間が(笑)
銀ちゃんもなんか言いながら咀嚼していたのですが、なにしろ口もごもごさせながらなのではっきり聞き取れず・・・どなたかフォローお願いします。
で、やっと飲み込んで「俺の肉はどうした?!」(爆笑)子分3人が慌てて我先にと銀ちゃんのお皿にお肉を入れて。
「そうそう、肉も食わねぇとなー。ん・・・やっぱうめぇな、この肉」と続きました。
その後の「肉食わんかこらー!」の後、トメさんをギロッとにらむところもいつも以上に間がたっぷりで、場内は爆笑の嵐でした。

ヤスに「2千円やるから帰れ」はDCと同じ。ウケてました。

銀ちゃんとヤスが話してる間、ジミーが豆もやしをなかなか飲み込めず、ずーっともぐもぐしてたのですが、どうしても無理で。
「はい!」とか「えーっ」とかのせりふも頬張りながらもごもご言ってて爆笑でした。

スポンサー様との記念撮影。
さあや秘書が「橘さん、もっと笑顔で」と言うと、例の花組ポーズをキメる橘。子分たちも真似して花組ポーズ。
それを見たスポンサー様が「おお!」と大喜びで自分も町娘たちを放り出して花組ポーズ。両隣の町娘たちは引きつり笑顔でスポンサー様に向けて手をひらひら。
で、「はい、チーズ」の瞬間、橘と子分たちは一斉にしゃがんでそっぽ向いてました(笑)

フィナーレ、よしやくんの胸に白い大輪のお花がついてるのに気づいた瞬間、大号泣してしまいました。
ちなちゃんはナース服の胸ポケットのところに小さい白いお花のコサージュ(?)、ちゃーちゃんは白いふわふわのファーみたいなのを左肩から垂らして、赤いお花で留めてました。

ご挨拶。
まず王子。
「本日は『銀ちゃんの恋』青年館千秋楽をご観劇くださいまして、ありがとうございました。無事この日を迎えられましたのも、石田先生はじめ諸先生方、スタッフの皆さん、劇団関係者の方々、そしてお客様が温かい拍手と、笑いと、そして涙でこの公演を支えてくださったからです。本当にありがとうございました」

「そして、専科の邦なつきさん。お稽古場からいろいろご指導くださいました。まりさん、ありがとうございました」
左右に頭を下げる邦さん。最後に隣のみつるくんとなんか言い合ってくっついてたのが可愛かったです。

「そして、銀ちゃん。この大空銀ちゃんが、またいつかどこかで出現することがあるかもしれません(と言いながら含み笑い。ゆうひさんもちょっと笑って・・・え? 何? どういうこと? と頭の中にハテナの嵐・・・)。銀ちゃんを中心に、このメンバーならではの『銀ちゃんの恋』をつくろうと頑張ってまいりました」

今後の予定。
まず、轟さんのDS(DC楽ではこれだけ言わなかったんで、あれ? と思ったんですよね(笑) 今日は一応言いましたが、日程までは言わなかった(笑))。
それから、みわっちのDS、そして、まりんのサロンコンサート。この紹介、たっぷりと間を取ってもったいぶった紹介だったので、ゆうひさんもまりんを見ながら面白そうに笑ってました。
そして、全員がそろう大劇場公演、と続きました。

退団者の紹介。DCではカンペらしきものを手に持っていた記憶があるのですが(でも一切見ずにしゃべってた)、今日は何も持たずに、一人ひとりの顔を見ながらしみじみとコメントしてました。

まず、よしやくん。
「よしやくんは本当にお芝居が大好きで、まじめで・・・。今回の立ち回りもみるみる上達して、目を見張りました。これから花組の戦力になってくれると思っていたのですが・・でも、これからのよしやくんの人生を応援しています」

ちなちゃん。
「看護婦やいろんな役を大胆に演じてくれて・・・日本物以外のちなちゃんを見ることができたのに、これで手放すのは惜しいのですが、ちなちゃんのこれからの幸せを祈っています」

ちゃーちゃん。
「ちゃーは2年前に組替えで来ました。クール&ホットなダンサーで・・・今回も助監督と団長を体当たりで演じてくれました。ハローダンシングでも皆を引っ張ってくれて・・・こんなダンサーを失うのはとても残念ですが、これからもちゃーらしくリズミカルに生きていってくれるでしょう」
頭を下げるちゃーちゃん。隣の同期さあやちゃんが、日の丸の扇子を「よっ、大統領!」みたいな感じにちゃーちゃんに向けてひらひらしてました(笑)

「お芝居が、そしてタカラヅカが大好きなこの3名に、今いちど大きな拍手をお願いいたします」

王子のご挨拶、今回の公演で計4回聞きましたが、おっとりと優しい穏やかな人柄がにじみ出た、とても誠実で好感のもてるご挨拶ですね。
ゆうひさんが組替えするまで、王子のことあまり知らなくて、同期だけどどれくらい仲良しなのかも分からなくて密かに心配だったのですが・・・。
でも、今回、ああ、こういう同期がいてくれたからこそ、ゆうひさんも花組に来てすぐ馴染んで居心地良くいられるのかもしれないなー、と思いました。
王子がこの銀ちゃん組の長で本当に良かったです。一ファンの分際で僭越ですが・・・王子、ありがとう。

最後に。
「それでは、我らが銀ちゃん、大空祐飛がご挨拶します。よっ! 銀の字!!!」

「はいっ!」と威勢良く返事しながら、ゆうひさんが前へ。

「本日はご観劇ありがとうございました。ドラマシティの初日から今日までの間、昭和の映画の世界に毎日遊びに来ていたような気がします。銀ちゃんは毎日、私の中で『俺を出せ!』と暴れていました(笑) そして今は、もう銀ちゃんとしてこの仲間に会えなくなること、銀ちゃんとしてお客様に会えなくなることが、とても寂しいです。この作品が、お客様の心に少しでも記憶に残れば・・・(この後もうワンフレーズ何か言ったんだけど思い出せない・・・)本当に嬉しいです。今はこの『銀ちゃんの恋』再演にあたり、お力添えを下さったすべての皆様、そして大きな拍手を下さった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。本日は本当にありがとうございました!」

カテコ2回目。
幕が上がると全員。
えーと、ここは、なんて言ってたかなぁ・・・。
「また銀ちゃんやりたくなっちゃった」みたいなことを言ってたのはこの回でしたっけ?

王子もゆうひさんも、なんだか思わせぶりなお言葉で、まるでまたすぐ再演が決まっているかのような口ぶり・・・。
なんなんだろう? 来夏の梅芸? いや、まさかねぇ・・・。王子の口ぶりだと大空銀ちゃんだけまた出現するような表現に取れるので(自分含むカンパニーは違うように聞こえたので)、まさか、えっと・・・あのー・・・(ごにょごにょ・・・があって、それで)全ツ? それとも、TCAじゃなくて例の何とかフェスタででもやるの? と頭の中を疑問符飛びまくりでした(苦笑)

幕が閉まって、その間に1階はオールスタンディング。
3回目のカテコは、ゆうひさんと退団者3人のみ。
「最後に一言」とゆうひさんが促して、よしやくん(ごめんなさい、忘れちゃった・・・)、ちなちゃん「感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」、ちゃーちゃん(ごめんなさいその2です・・・)とご挨拶。
ゆうひさんは一人ひとりに「よし」「うん」とうなずいていらっしゃいました。
「言い残したことは?」とゆうひさんが聞くと、ちゃーちゃんが「タカラヅカの発展を願って、万歳三唱をしたいと思います!」(大拍手)
もちろん・・・あれです(笑)
「万歳、万歳、万歳、万歳、万歳、万歳・・・」と3回以上続く万歳に、ゆうひさんが「もう3回やりました!」とツッコんで大爆笑。
客席も半分くらいは一緒にやってたかな。私? もちろんやりましたとも(笑)
本当は、この後、DCと同様、袖にいる皆を呼ぶはずだったと思うのですが、「ありがとうございました!」って言ったのを音響さんがきっかけと勘違いして、締めの音楽が流れてきてしまい、ゆうひさんが両袖を見て「早く早く!」って手招きしたけど間に合わず、結局、4人のまま幕が降りました。

カテコ4回目。
今度は全員。
ゆうひさん「もう・・・言葉がないです。・・・幸せです。本日はありがとうございました!」
メンバーの顔を見ながら、あのハスキーな声で噛み締めるようにおっしゃったのが、とても感動的で、じーんとしました。

最後、5回目。
幕が上がると、ゆうひさん一人。
「最後にもう一回銀ちゃんに戻って・・・1、2の3で『銀ちゃんカッコイイ』って言えーっ!」
っておっしゃるゆうひさんに、テンション急上昇の客席。
「せーの、1、2、・・・」「3」を言ってから言うのか、その前に言うのか分からず、出だしはちょっとバラバラでしたが、皆で「銀ちゃんカッコイイー!!!」と叫びました。
最後にこれが出来て、もう思い残すことは何もありません(笑)
ゆうひさんも大満足の笑顔で「みんな、愛してるぜー!!!」と言ってくださいました。

そして、皆を呼んで。舞台に出てきた組子たちも口々に「銀ちゃんカッコイイ!」と言いながら集まってきました。
最後、音楽に合わせて踊りながら、ゆうひさんは両手投げキッス。
下手の方から肩を組んでセンター辺りまで皆でロケットしてました(笑)
最後は、全員で寝っころがりバイバイしてくれました。

どれがどの回か忘れちゃいましたが、最後、音楽が流れて幕が下りていく間に、上手と下手でそれぞれ退団者の周りを皆でぐるぐる回ったり、下手できらりんとさあやちゃんが刀を振り回して周りの男どもをバサバサ斬っていったり(笑)、本当に楽しそうで、カンパニーの雰囲気が伝わってきました。

客席には、よしやくんの兄上、井上芳雄くん(さすがにスラリと背が高く小顔で爽やかな笑顔が素敵でした)や十和子さん一家の顔も見かけました。

本当はゆっくり休んでいただきたいところですが、あさって(もう明日か)は「太王四神記」の制作発表。
いつも制作発表では、コスプレがあったり、主題歌を歌ったりがありますよね・・・。
今回はどうなんだろ。もし歌があるなら、銀ちゃんやりながら一人でお稽古してたのかなー。
ホント、いつもながらジェンヌさんって働かされすぎ・・・。
制作発表が終わったら、集合日まで少しはゆっくり休めますように。
本当に本当にお疲れさまでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/50-978ef47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード