6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

なんて悲しい物語@宙組DC「ヴァレンチノ」初日観劇報告

で、「ヴァレンチノ」初日、行ってまいりました!

ゆうひさんの出演作にはホント、ハズレがないけれど、また素敵な作品に出逢わせてくださって、本当にありがとうございます。

なんて悲しい・・・でも、希望と再生に満ちた、物語。

この作品と、ゆうひさんのルディーと、数週間を共に過ごせることを幸せに思います。


初演も再演も未見で、ストーリーを全然知らずに見たので、1幕の最初の方は「あれ、悲劇なのかなと思ってたら結構明るい話なんだ」と思っていたのですが、2幕ラストは「なんて悲しい物語なんだろう・・・」と涙が止まりませんでした。

でも、観終わった後の気分が不思議にすがすがしいのはなぜなんだろう。

それは、真実の愛に気付き、生涯の恋人をその手に取り戻したルディーが、未来への希望に満ちあふれたまま息を引き取った、と信じられるから。

そして、幻想の中の最後のルディーの笑顔が、あまりにもキラキラと輝いていたから。

そう思います。


まだ全体を咀嚼できてないので、とりあえず印象に残ったことを箇条書きで。

・冒頭、ゆうひさんぽい人がいる、とは思ったけど、こんな暗い舞台にトップスターがいるはずない、と思ってて、ゆうひさんに気付くのにちょっと遅れてしまった(爆)

・18歳ゆうひさん(爆)、超カワイイ! 笑顔がキラキラ!

・ともちんガタイ良すぎ! カッコ良すぎ!

・かけるくんの女装!(笑)

・すみかちゃんのジューンはすごく良かった!
 実は宙組に来てからのすみかちゃんの役では、これが一番好きかもしれない。
 過剰すぎない、ちょっと抑えめの演技が、この作品にはぴったり合ってる気がする。

・みーちゃんイイ役!
 1幕は3枚目っぽいけど、2幕はいいヤツだよね。ちょっと「ハリラバ」のビリーを思い出した。大好き。

・カイちゃん美女すぎ!
 なんか誰かに似てるなー、ってずっと思ってて、帰宅途中に電車の中でプログラム見ながら考えてたら、そうか、やっぱりタニちゃんの女装に激似じゃないですか?

・ご本人もご挨拶でおっしゃってたけど、かなり緊張してたんですかね。
 まだまだ全体的に段取りっぽくてぎこちない部分が多かったし、セリフも一瞬噛みかけ、とかあったし、1幕ラストのルディーとジューン、ナターシャの3人のダンスの場面で、闘牛士のカポーテをいろいろ振り回す振付なんですけど、一瞬ゆうひさんの首にカポーテが絡みつきそうになってませんでした?(爆)
 正直ゆうひさんって、ああいうのの扱いがお得意ではなさそうなので、ドキドキハラハラしながら観てしまいました(爆)

・ルディーがボコられるシーン、ダンスで表現してるんだけど・・・あれ、明らかに18禁ですよね(爆)
 どう見てもともちんにヤられてるようにしか見えないんですけど(爆爆爆・・・すみません、相変わらず暴言で)
 被虐的なオオゾラさんって、どうしてこう色気駄々漏れなんでしょうか。
 お友達の皆さんは「ここだけで通える!」とおっしゃってました(爆)

・フィナーレ。
 男役群舞、オペラなしで見てて、あのひときわ振りの美しいひとは誰だろう、と思ったらスッシーさんでした。素敵。
 



【ご挨拶】

すっしーさんは「1986年、92年に杜けあきさん主演で大好評を博した作品で、たくさんの素晴らしい作品を手掛けておられる小池修一郎先生のデビュー作でございます。今回、大空祐飛を中心とする宙組で・・・」すみません、正確な言葉を忘れてしまいました。とにかく、このメンバーで良いものにしていけるよう一日一日精進していく、みたいな内容のことを話しておられたと思います。

ゆうひさん。

「本日は『ヴァレンチノ』初日にお越しくださいまして、ありがとうございます。宙組の大空祐飛でございます」(拍手)の後の第一声が。

「・・・(はぁ、と息をついて)緊張しました(笑)」

いつも完璧なご挨拶のゆうひさんですが、今回は、よほど緊張していっぱいいっぱいだったんでしょうか、結構噛みながら、その場で思いついた言葉を紡いでおられる感じで。

「(初演と再演で)大好評を博した作品を、今回私たちが再々演することで、また多くの方にご覧いただき、たくさんの方の心に残るような作品になるよう、出演者一同日々進化し続けたいと思います」(ああ、正確にはこんな言葉じゃなかった気がするけど、意味としてはこんな感じでした)

「ありがとうございました」で幕。


カテコ1回目。「本日は本当にありがとうございました!」で幕。

2回目、スタオベ。
「さっき言い忘れていたことがありました(笑)」とゆうひさん。
「一歩踏み出す勇気を教えてくれたルディーと、ルディーに逢わせてくださった小池先生に感謝します」っておっしゃって、ようやくホッとした笑顔を見せてくださいました。
「何度でもお運び、足をお運びください」ってちょっと噛んでた(笑)


【出】

たぶん初日しか無理そうなので、久々に出も頑張りました(笑)
終演が若干押してて、たぶん6時50分近かったと思うんですけど、最後、ゆうひさんが出てこられたのは8時半前くらい。
去年の「シャングリラ」の時よりはましだったかもしれないけど、ホント寒くて、最後の方は足の先の感覚がなくなりそうでした(爆)

でも、その寒さも、お手紙渡しの時に至近距離で真っ白なお肌を見て吹っ飛びました!!!(爆)
ジャケットのインに真っ赤な丸首の薄手ニット(?)を着てらして、首には黒っぽい細めのストールを1回巻いて長く垂らしておられたのですが、首の下っていうか、ニットの丸首の部分の肌が露出してて!
暗い中でそこだけが発光してるかのように白く美しくて、思わず凝視してしまいました(爆)
ターコイズの小さい玉がたくさん連なった短いネックレスもしてらっしゃいました。
バッグは茶色だった気がするけど、ボトムとかは全然覚えてない・・・すみません。

会からのお声掛けはまさかのダジャレ。
スタッフさん「ルディーに逢いに」
私たち「いっぱい来るでぃー!!!」(「オー!」みたいな感じでこぶしを上げながら)

ゆうひさんの半笑いリアクションを狙って(笑)のお声掛けでしたが、ゆうひさんは「来るでぃー(笑)」って復唱して軽くウケてくださいました(笑)
でも、スタッフさんが「もう1回やりましょうか」って言ったら「もういい」ってキッパリ言ってました(笑)
笑顔でゴキゲンで「じゃあね!」って手を振って去って行かれるゆうひさんに「お疲れさまでしたー!」と叫んで、幸せいっぱいで初日を終えたのでした。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/513-b87ff1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード