6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

さよなら大好きなひと@月組「バラ/ONE」大劇場千秋楽観劇報告

自組「美しきひこにゃん」(爆)の集合日もとっくに過ぎてしまっておりますが、先に月組千秋楽のご報告です。

どうしても園加とルイスンをお見送りしたくて、行ってまいりました。

今回、全然ムラに行ける日がなくて、新公だけはなんとか無理やり観たものの、本公演は楽が初見というていたらくで・・・。

公演そのものの感想はまたあらためて・・・で、とりあえず楽レポです。





【楽アドリブ】

千秋楽の特別のアドリブではありませんが、ショーでキリヤンが日替わりでアドリブを言う「夢追いNo.1」は、

 「私の夢は、野獣ではなく美女になることです!」

でした(笑)
高らかに言い切るキリヤンに客席は大ウケでした。

あとは・・・園加のマリオネットのダンスのところで、チェアマン@みりおちゃんが「これホント大好きなのー」と素モードで呟いてました(笑)

大階段黒燕尾の場面、園加とルイスンの胸に白い花が飾られてるのを見た瞬間、涙腺決壊・・・(涙)
特に園加のは、白いカラーが1輪だけ差してあって、シンプルで凛としてとても園加らしくて、ただただ泣けました。
キリヤン以外に、園加とルイスンにだけピンスポがあったような気がしたのは気のせいかな・・・なにしろ初見だったので容量いっぱいではっきり分からなかったのですが。

【退団者お手紙】

幕が下りて、ナホさまが登場。
この1カ月の感謝の言葉や、たくさんの義援金が集まったことへの感謝を述べて。

園加の手紙。

初舞台からたくさんの作品を挙げて振り返っていたけれど、やっぱり一番最初に詳しく触れていたのは、アサちゃんのディナーショー「VIRTUAL GUY!」。
「こんなにも一人のひとのために、そしてみんなのために何ができるか考えたことはありませんでした・・・」みたいなことを言ってました。

「順風満帆ではなかった」と宝塚人生を振り返り、でも、「皆さんが支えてくださったおかげで、後ろに倒れた日は一度もありませんでした」という文面が胸を打ちました。

ナホさまからのコメント。
気のせいか(いや、涙もろいナホさまのことだから気のせいではなかったと思いますが)涙声でした。

「花組から月組に、新しい風を運んでくれました。下級生の面倒見も本当に良くて、彼女の明るさと繊細なキャラクターに皆が自然とついていきました。月組の・・・本当に、本当に、大切な戦力でした」って噛み締めるように語っていました。

ルイスンもお手紙では初舞台から本当にたくさんの作品を挙げて振り返っていました。
生粋の月組生。古くからの組ファンの方は、懐かしい作品名の数々に、きっと感慨もひとしおだったことでしょう。
宝塚の男役が本当に好きだったという想いが伝わってくるお手紙でした。

ナホさまのコメント。
「新人公演時代を共に過ごした研ちゃん。決して口数は多い方ではないのですが、皆を深く見つめていました。彼女の宝塚に対する信念は、皆に引き継がれていると思います」


【階段降り・ご挨拶】

「はい!」ときりっとした返事の後、大階段を下りてきた緑の袴姿の園加があまりにも「男」で、泣けました。
この袴姿って、人によっては男役でも「綺麗なお姉さん」風に見えることもあるけれど、園加はどこからどう見ても凛々しくて清々しいイイ男なんだもの。
こんな男前なのに、卒業なんて嘘だよね、これは夢だよね・・・って思ってしまう。

同期のお花は大勢のファンの期待を裏切ることなくまっつが登場。組からはまりもちゃんでした。
グレーのスーツ姿のまっつが歩み寄ると嬉しそうに微笑む園加。
ひとことふたこと言葉を交わしながらじっと目を見合わせて・・・こんな時に申し訳ないけど、やっぱ園松は萌えるわぁ・・・としみじみ思いました(爆)
お花はコチョウランと・・・バラも入ってたのかな、すべて真っ白でした。

「あきらめなくてよかった。今、そう思います。辞めたいと思ったこともありました。悔しくて泣いたこともありました。でも・・・私の夢は、いつの間にか私1人のものではなく、支えてくれる皆の夢になりました」
みたいな内容だったと思います(うろ覚え・・・orz)

最後の言葉、「魂を込めて・・・長い間、本当にありがとうございました」と頭を下げる園加に、「長い間だなんて・・・まだまだもっともっとあなたを見ていたかったのに・・・」とまた涙があふれました。


ルイスンの袴姿もきりりと美しく、やっぱり「男」でした。

同期のお花は宙組からあおいちゃんが。組のお花はキリヤンから。
白百合や紫がかったピンクのお花のブーケ。

「宝塚の男役が大好きです。宝塚を愛すること、男役を愛することは、お客様を愛することです」

「今、日本が大変な状況の中、タカラジェンヌである前に一人の人間として何ができるか考える日々でした。でも、私にできることは舞台しかないと・・・スマイルを、笑顔をお届けできれば、と舞台に立ってきました」

先生方、スタッフ、オケ、月組の仲間、同期、家族、ファンの皆さまに育てていただいた、と感謝の言葉を丁寧に述べていました。


最後にキリヤンのご挨拶。
あまり集中して記憶してないので、だいたいのニュアンスです。すみません(汗)

「3月11日、初日を迎える直前に、日本中を大地震が襲いました。私たちは・・・得も言われぬ気持ちで初日の舞台を務めました。その後、あまりにもむごい惨状が分かるにつけ、複雑な想いでした」

「客席もキャンセルが相次ぎ、空席が目立ち・・・。でも、また少しずつお客様が劇場に来てくださって。
私たちにできることは舞台しかないと思いました」

「本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この気持ちで、私たちは東京に乗り込みます!
少々薄暗いと聞く(苦笑)東京ですが、私たちが希望の光になれるよう、頑張ってまいります。皆様どうぞ劇場に足をお運びください。お待ちしております。
本日は本当にありがとうございました」

・・・最後のくだりは、もしかしたらカテコのご挨拶と混じってるかもしれません(汗)

トップスターがこういうご挨拶であからさまに空席について言及するのって、異例なことですよね・・・。
震災の直後は、やっぱりそれほどキャンセルも多かったんですかね。
私は新公と楽しかムラに来てないので、あまり実感はないのですが・・・。
どの部分か忘れてしまいましたが、義援金への感謝もしっかり述べてました。

最後の曲は「フォーエバー宝塚」。


【カーテンコール】

1回目:幕が上がると全員。
    「花のみちの桜に負けない満開の笑顔で・・・『ありがとうございました!!!』」で幕。

2回目:そのまま全員で。
    「皆さん、ご起立ください」とキリヤン。
    慌てて立ち上がる客席に「すいませんねぇ」と恐縮するキリヤンが面白いです(笑)
    「月組千秋楽恒例のあれ、行きます!」と勢いよく言いながら、「えーと・・・? 掛け声は何にしたらいい?」とナホさまに小声でお伺いを立てるキリヤンにナホさま軽くずっこけ(笑)
    「せーの、でいいんじゃないですか」とナホさま。
    「では行きます! せーの!」で組子も客席も全員でジャンプ!!!(笑)

3回目:幕が上がると、キリヤン、ルイスン、園加の3人。
    「では、今、最後の大階段も降り、挨拶も終えた今の気持ちを」とキリヤンに促されて、まず園加が「私の夢は、このままセリ上がって月まで行くことです!」
    「これね、ショーで言った日があるんですけど、園加が考えてくれました」とキリヤンの注釈が入りました(笑)
    ルイスンは「・・・生まれてきて良かった、という気持ちです」と、穏やかな語り口でしみじみと。

    最後にもう一度全員を呼んで、「ありがとうございました」で幕を閉じました。



急いで会社に戻らなければならなかったので、出のお見送りはできなかったのですが、劇場を出ると、通り雨が上がった後のようで、昼間暖かかったムラの空気は急速に冷え込んでいました。
あの寒さの中での出待ち、ファンの皆さんは大変だったことと思います。


一時期ゆうひさんと舞台を共にした、大切な大切な2人の男役が、花園を去ってしまった・・・。
そのムラ最後の晴れ姿を見届けられたことは幸いでしたが、今、言いようのない喪失感を噛み締めています。

園加もルイスンも、本当に本当に大好きだったよ。
さよなら。そして、今までありがとう。
東京公演が最後まで無事にやり遂げられることを心から祈っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/522-601dc115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード