6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰らぬひと@超個人的「ヴァレンチノ」感想

最後に、ヅカファンの方にはあまり分かっていただけないかもしれませんが、今この時期にあらためて「ヴァレンチノ」を見て感じた、超個人的感想を。


前楽で、ルディーの訃報を電話で受けたジューンの背中を見ていて、突然気付きました。

ああ、これは現実だ。
これと同じことが、ついこの間あったよね、って。


・・・マツくんの訃報を聞いた時、私たちもたぶん、電話を受けるジューンと同じ気持ちだった。
信じられない、信じたくない。
聞こえてくるニュースの音声が、頭に入ってこない。
聞こえてはいるんだけど、それが現実のこととして理解できないの。

そして、ルディーの幻と戯れるジューンは、「6月の勝利の歌を忘れない」を見返して、そこに息づく輝くばかりに若く溌剌と美しいマツくんの姿に、ひととき現実を忘れた多くのサポたちと同じなのだ。

・・・そう思いました。


そう思ってみると、ルディーとマツくんのなんと似ていることか。

無邪気で子どもで自分勝手で周囲を振り回して、でも憎めなくて、たまらなく魅力的で誰からも愛されたひと。

そう、ひとことで言えば「人たらし」なとこ(笑)

「俺は本気じゃなかったことなんか一度もないんだ」っていう、不器用で真っ直ぐな生き方。

いつだって生傷が絶えないところ(苦笑)

栄光と挫折を経て、原点に戻って新たな夢に向かって走り始めたところでの、自分自身思いがけない突然の、死。


DCで観ていた時から、ルディーは実在の人物で、もちろんこの夭折の物語は現実のことなんだけど、でも、やっぱり「ヴァレンチノ」という作品はフィクションで、その死もある程度はドラマティックな脚色がされたもの、という思いで眺めることができていました。

でも、今の私は知ってしまった。

これがただの舞台の上のドラマではないこと。
本当に、こんなあっけない、残酷な、信じられないような別れが現実にある、ということ。

それを知ったうえで観る「ヴァレンチノ」は・・・つらくて切なくて、そしてなんて普遍的な愛の物語なんだろう、とあらためて胸打たれました。


見た人誰もが「笑顔だった」というマツくんの最期の顔と、「チャオ!」って手を上げて去っていくルディの笑顔がだぶります。

この物語の中で、きっとルディも幸せな笑顔で逝ったはず。
なら、笑顔で逝ったマツくんも、最期の瞬間は幸せだったのかな。
そうだとしたら、それは少しでも、私たちにとっては救いです。


帰りの新幹線の中で、持ってきていたサカマガの松田直樹追悼特別号を初めて開いてみました。
発売されてすぐ買ったんだけど、あまりにも悲しくて今まで読めなかったの。

後輩や友人たち、たくさんの仲間たちの追悼の言葉を読みながら、思いました。

・・・ああ、マツくんからアランチャを受け取ったひとが、こんなにたくさんいる、って。

願わくば、マツダナオキという選手が育てた“希望と幸福の枝”が、日本中のあちこちで根を張り、葉を広げ、甘く大きなアランチャを実らせんことを。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/557-bff89a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。