6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

4人目の“S”

遅ればせながら、宙組次回公演「クラシコ/ナイスガイ」のお稽古が始まりました。

ご卒業メンバーの顔ぶれに・・・ただただ残念、のひとことです。



あもたま氏。

ゆうひさんの組替えまで、ほとんど宙組子に馴染みのなかった私にとっては、外野の噂からなかなか難しいひとなのかな・・・なんて思っていたのですが。

博多座以来、ずっとゆうひさんと一緒の公演だったのかな。
独特の個性と実力で、組を支えてくれていました。

大江山の鬼・羽黒。宴会場面でのソロが一番目立つ場面ではありますが、いわば彼らの輪の中の大切な「王子様」である茨木に誇らしげで優しいまなざしを向けるお芝居がとても嬉しかったのを、昨日のことのように思い出します。
「カサブランカ」のウガーテ。短い場面で強い印象を残すキャラでした。
「シャングリラ」の欣欣の胡散臭さも、「誰がため」のデュバル参謀長の一筋縄ではいかない感じも、あくの強い彼ならではでした。
「ヴァレンチノ」はメロソープもいいけれど、リングの場面の記者の芝居の巧さに唸らされました。
あの、最後にルディーに掛ける、「ヴァレンチノさん、決闘なんて本気じゃなかったんでしょ」っていうセリフ。
そう言われた瞬間、ルディーがキレるのも当然な、絶妙のセリフ回しでしたよね。

休演もあったので、ほんの少し予感はしてたのですが、それにしても残念で仕方ありません。


ともえ氏。
ゆうひさんも認めるセンスの良さ、本当に素敵でした。
ダンスではいつもひときわ美しくて見とれてたけど、お芝居のビジュアルでは、やっぱりサー・ジョン・ジャービスが一番好きだったなぁ。
そして、なんといっても、愛すべきアンセルモ爺さん。
あの、最後の夜のシーン、「わしはあんたが好きじゃったよ」っていうセリフで毎回、涙腺決壊させられてました(号泣)

らいらちゃん。
中堅の娘役として、いつも手堅い仕事をしてくれてた。

美影凜ちゃん。
上品な美人さんで歌えて、これから活躍の場が広がる時期なのに・・・もったいないよぅ(涙)

桜子ちゃん。
ダンスの人としては早くから認識していたけれど、「誰がため」新公のピラールがすごく良くて、彼女もこれから大人の女役としてもっともっと活躍を期待していたのですが・・・。

そして、こーまいくん。
えーん、早すぎるよぉ!(涙)
芝居心があって、いつも全力で楽しませてくれる舞台人。
「ヴァレンチノ」での大活躍は言わずもがなですが、忘れられないのは、やはり「トラファルガー」新公のネルソンパパ。
今もあの時の「ホレイショがトラファルガーから帰ってくるぞ・・・」っていう涙まじりの声が耳に残っています。
本公演とあえて違う解釈の役作りで、あれほどまでに完成度が高く、心を揺さぶられた芝居は他にありません。


お芝居はともかく、大介ショーでの退団となることが、せめてもの慰めです。
大介センセが、きっと退団者への愛あふれる場面を作ってくれるはず、と期待してます。



そして、お芝居の配役も発表になりました。

「4人目の“S”」の名前は、サルヴァトーレ。

さすがに「ス」で始まる名前はもうネタ切れだったのかしら・・・(笑)

オリジナル新作なので、初日を観るまでは何も分かりませんが、解説にある通りのおしゃれで楽しくて幸せな作品になればいいな・・・と、あまり大きな期待はせず(だって、景子センセの大劇場作品の出来は私、信用してないし・・・(爆))楽しみに待ちたいと思っています。



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事遅くなりました(汗)

Yさま>

・・・といっても、メールでやりとりさせていただいてるので今さら、という感じですが(汗)

あっという間に初日まで1カ月を切りましたね。

お芝居は・・・景子センセには過大な期待はしていませんが(爆)、
「グランチェッロ」メンバーの素敵な顔ぶれに、
ちょっとワクワクしてきました(笑)

それよりもショーへの期待が膨らみ過ぎて、
初日が怖いです(苦笑)

中日は・・・私はたぶん今回もいつものように、
初演は見ずに向かうと思います。
既に来年の予定まで入ってるなんて、本当に幸せなことですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/559-641277fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード