6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高のDATE!@岡村靖幸「エチケット」ツアー大阪感想

9月16日。初めてのDATE(!)に行ってきました!

・・・そう、念願の岡村ちゃんのライブです!
(岡村ちゃん用語では、ライブのことを「デート」って言うんです。聖飢魔Ⅱがライブをミサっていうのと同じようなもんです(笑))

ファン歴22年余・・・にして初めてのライブ。

もうもうもう、すべてが最っ高でした!!!

ああ、やっぱ岡村ちゃんだいすき!
岡村ちゃんの声が、デーンス(笑)が、ギターが、ピアノが、音楽が・・・だいすき!!!

もう二度と、どこにも行かないでね・・・(涙)




あまりライブに行く方じゃないので、ライブハウスでのオールスタンディングのライブって初めてで、しかも1人参加なので、10日ほど前からドキドキしながらこの日を迎えました。

チケットはぴあのプレリザーブで取ったんですけど、700番台でした。
例によって仕事帰りで直行したので、開場の6時を少し回って到着すると、まだ100番台が呼ばれてるところで。
でも、思ったよりサクサクと進んで、20分過ぎには入れました。

ただ、ライブハウスの仕組みがよく分かってなくて、始まる前にグッズ見たいなーと思ってたんですが、販売は外だったんですよね。残念。
(帰りはダッシュで帰らなきゃいけなかったので・・・)

私がフロアに入った時は、まだ前の方もドセンターを除けばそれほど詰まってる感じでもなくて、頑張れば前列も行けるかな、とも思ったのですが、なにしろスタンディングライブ初心者なので、あんまり前の方に行ってもみくちゃになったら怖いなぁとか、前の人が大きかったらかえって見えにくいかも、と思って、真ん中の一段高くなった所の一番前辺りに陣取ることにしました。
ここ、私にとっては結果的に正解でした。
私は近眼なので、確かに表情とか細かいとこまではあまりクリアには見えないけど、終始前の人の頭に遮られずに岡村ちゃんの全身がちゃんと見えるし。
押されることもないし。
でも、まったりしすぎることもなく、ちゃーんと皆で盛り上がって踊ったり歌ったりできるし。

うん、楽しかったです。
今回ので要領が分かったので、次にスタンディングライブがある時は、チケ取り頑張って前列行っちゃうぞ! って思いました(笑)


今回、この大阪の1回しか行けないし、岡村ちゃんの生ライブは未経験だし、コアなファンの人ほど曲を聴き込めてないし・・・(ヘビーに聴いてたのは「家庭教師」までで、それ以降のアルバムは全曲暗記するほどにはなってない(汗))ということもあって、先週の東京での2日間の内容をあらかじめ、ネットで予習(笑)していました。

基本的にはセットリストはほぼ同じ・・・だけど、弾き語りとかはその場のノリ(?)で盛り上がって曲数が増えたみたいですね。

以下、セトリ順に感想おぼえがきです。




0:開演前

何分前からか、気付いたらクラシックがかかって。オーケストラの曲。
19時の2、3分前くらいから、みんな待ちきれなくなって拍手とか手拍子し始めてました(笑)
「やすゆきちゃーん!!!」とか叫んでるひとたちも(笑)


1:どぉなっちゃってんだよ

19時7、8分ごろかな、白いふわっとした幕越しに、「どぉなっちゃってんだよ」のエチケットヴァージョンのイントロが流れ始めて、客席の興奮もいきなりMAXに。
イントロに時折挟まれる「フォー!」っていう声に、「あぁ、ホントに岡村ちゃんだ! この幕の向こうにホンモノの岡村ちゃんがいるんだ!」って信じられないような不思議な気持ちになる。

で・・・幕が開いて。

そこにいたのは、黒いスーツ姿の岡村ちゃんwith黒フレーム眼鏡!!!

なんていうか・・・声もそうだけど、あのなんともいえない独特のデーンスを見た瞬間に、「あぁ、岡村ちゃんだ・・・全然変わってない」って思いました(泣笑)
冷静な目で見たら絶対ヘンだと思うんだけど(爆)、でも、圧倒的にカッコイイパフォーマンスなんですよねぇ。

客席も最初の曲からカンペキ(笑)
「ハーイハーイハイ♪」とか「ファッション×2」とか歌えるのが楽しい!
ああ、ライブの楽しさってこれなんだな、と実感しました。

ラスト、
「どぉーなっちゃってんだよー
 どどどどぉなっちゃってんだよぉ ヘヘヘイ!」
の大合唱で曲が終わると、1曲目にしてものすごい一体感でした(笑)


2:カルアミルク

盛り上がったところで、2曲目にいきなりこれ。
高音は若干苦しそうだったけど、予想したよりはずっと出てたと思います。
ひとつひとつの言葉を語尾までとても丁寧に歌っているなぁ・・・と感じました。

私、実は今までこの曲、世間の人気に反してそれほど好きじゃなかったんですよね(すみません・・・(汗))
好きじゃないというか、岡村ちゃんのたくさんの曲の中で好き順位があまり高くない、というか。
バラードだったら他にももっとイイ曲あるじゃん! って思ってたの。

でも・・・今回聴いて、しみじみと、ああ、いい曲だなぁ・・・ってじーんとしてしまった。
曲が終わって深々と頭を下げる岡村ちゃんの姿に、胸が詰まりました。


3:ア・チ・チ・チ
4:Vegetable~聖書


Vegetableはものすごいアレンジでしたねー。
何の曲か分かんないくらい原型とどめてなかった。
でもカッコ良かったです。

この辺からかな(いや、1曲目でもあったかも)、「大阪ベイベー!」「逢いたかったよ!」とか曲の合間にガンガン言ってくれるようになって(笑)
この後、怒涛の関西弁アオリ(客席に関西弁で掛け合いを歌わせようとする(笑))がラストまで続く・・・(笑)


5:Punch↑
6:Co'mon


Punch↑、久しぶりに聴いたんで、一瞬、タイトルが思い浮かばなかったけど、それでもちゃーんと「ぜったーい!」って叫べてしまう私(笑)

あのセリフ部分(笑)をフルに言ってくれたのも楽しかった。
・・・というか、テロがあり、今も世界のどこかで戦争が起こっている今の時代にも、このメッセージは全然古くならないのだ・・・とちょっと感動したのでした。

Co'monも盛り上がりますねー。
2曲とも、ライブで聴くと一層カッコイイ!

ここで岡村ちゃんはいったん引っ込んで休憩タイム(笑)
インストでかなり長い時間つないだんですけど、ドラムソロがホント凄かった!


7:イケナイコトカイ

お着替えして再登場の岡村ちゃん。
「イケナイコトカイ」のイントロが聴こえてきた瞬間、思わず涙ぐんでしまいました。

この曲の歌詞って、若い、あのころの岡村ちゃんにしか書けなかった歌詞だと思うんだけど、それを46歳の岡村ちゃんが歌えるのか・・・というか、今の岡村ちゃんが歌う「イケナイコトカイ」に、私は同じように感動することができるのか、が不安だったのですが。

でも、そんな心配は一瞬で吹き飛んでしまいました。

オリジナルのCDバージョンの綺麗なファルセットはやっぱりもう苦しいかもしれないけれど、でも。

年を重ねて、あんなにいろんなことがあって、でも、やっぱり彼の本質はあのころのままの不器用でひたすら純愛を求めてさまよっているピュアな少年なのだ、と確かに信じられる、そんな、魂のこもった歌でした。

私の大好きな、

 真夏の雨のように 18、19が蒸発したけど
 このぼくらは 今ならば大人だろうか

のフレーズなんて、今の方がしみじみと考えさせられてぐっと来ちゃいましたよ・・・(涙)


8:19

で、その次が打ってかわって「19」!

ああ、私この曲ホントだいすきなんですよー。
全部好きだけど、特に冒頭の3行の歌詞、ホント天才だと思う!

岡村ちゃんもすっごい楽しそうで、めっちゃ踊ってた!


9:いじわる

ここらへんは立て続けにアゲアゲで。

私、この曲もだいすきなの(そればっかり(笑))で超嬉しい!

イントロの最初の音、ホント天才だと思う!(そればっかり(笑))
「ファソシレファソシ♪」って、単なるG7の和音の展開なのに、どうしてあんなにクールでセクシーに響くんだろ?
よく、ビートルズの「レットイットビー」のイントロの「ラーソファミーレドシーラーソー♪」が、単なる音階なのにすごい音楽になってる、って言われるけど、それと同じくらい凄くない?(笑)
私の中では、これと同じくらい凄いのは他に、アンドリュー・ロイド・ウェバーの「オペラ座の怪人」のテーマ曲の冒頭しかないです(ってものすごい賛辞のつもりだけど伝わるでしょうか・・・(爆))

それはともかく、「愛されていたいならばー」って歌えて楽しかったよー!


10:モンシロ

東京ではやらなかったらしいのかな?
めっちゃ盛り上がりました!


ここで岡村ちゃんは再び休憩タイム(笑)
ステージ上の下手奥で座って、汗拭いたり給水してる間に、バンドメンバーの方(白石さん?)がMCでつないでくれます(笑)

この日はまず、男性、女性それぞれ手を挙げさせてたけど、半々くらいだったのかな?

で、「盛り上がってますかー」「イェーイ!」ていうのは定番だけど、より岡村さんに皆さんの愛が伝わるよう、ちょっと練習しましょう、みたいな感じで。
まず男性は一番低い声で「イエーイ」ってドスを効かせて(笑)
で、女性は一番高い音域でとにかく“黄色い声”をあげて、というリクエスト。
実際やってみると、「これなかなかいいですね、幅広いレンジで・・・(笑)」と好評でした。

その後、「東京も来た人はいますか?」みたいな質問に何人かの女子が「ハーイ!」って声挙げてて。
「じゃあ、大阪以外から来た人!」っていう質問には、札幌とか広島とか(確か)声が飛んでて。
たくさん手を挙げてた中から「じゃあ、その2列目の紫色のダッフルコートの方!」って指名に、そのお客さんの姿が見えない後方の私たちは「え、ダッフルコート? マジで?」とざわざわ(笑)
その方のお答えは「香港!」だったんですけど、本当だったらすごいなー。
白石さんも「ワールドワイドですねー」と感心してました(笑)

で・・・確か持ちタイムが7分、とかおっしゃってたのですが(笑)、そろそろ・・・ということになって、
「では、さっきとちょっと違った形でまた岡村さんに皆さんの愛を伝えてみましょう」と。

白石「では・・・青春って?」

客席「1、2、3、ジャーンプ!!!」(何の練習もなしにいきなり息ぴったりの私たち(笑))

白石「青春って?」

客席「1、2、3、ジャーンプ!!!」

・・・って、これを3回くらい繰り返して、あの曲のイントロへ。


11:あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう

ああ、このギターを生で聴けるなんて・・・(感涙)

「青春って1、2、3、ジャーンプ!!!」の掛け合いもいっぱいできて楽しかったー!


12:だいすき

ああ・・・本当に、究極のポップソングですよねぇ。
可愛くてキュンキュンしてハッピーで、でもどこか寂しくて切なくて。
歌詞もメロディーもすべてが完璧。

ここでまた岡村ちゃんは下手に退場、いったん幕が引かれます。


13:DATE

幕が下りたまま、イントロが流れ出して、あのセリフが始まります。

「いますぐ君を抱きしめたい」
客席:キャーッ!
「いますぐ君にくちづけしたい」
客席:キャーッ!!

って感じで(笑)
「抱きしめたい」「くちづけしたい」のところがちょっと掠れ声になるのが何とも言えずやらしくて最高です(爆)

間奏のベースのところで「これ、ベースやねん、ベースやねん」って言ってたのはこの曲だったっけ?(笑)


14:祈りの季節

何回聴いてもすごい曲だなぁ、と思う。
「性生活は満足そうだが」なんて歌詞から始まる曲なんて、フツーありえないよね(笑)

やっぱり「子ども産めーーーっ!!!」って言う岡村ちゃんに、心の中で「産んだよー!」と答える私(笑)


15:マシュマロハネムーン~セックス

会場じゅうが「セーックス!!!」って叫んだら、岡村ちゃん、ちょっとのけぞってた(笑)


そして再び幕が引かれます。
しばらくして、幕前最上手にエレピが登場(素朴な疑問なんですが、なんであんな端っこなんですかね? 機材とかの都合上仕方ないの?)、弾き語りタイムへ。


16:Georgia On My Mind~Lovin'you~卒業写真~友人のふり

最初に弾き語りで

「大阪ベイベー、逢いたかったぜ♪」みたいなことを歌ってくれて客席はキャーキャー(笑)

今回の岡村ちゃんはとにかく終始大阪弁ネタにこだわってて。

「・・・ちょっと卑猥なことを質問するけど
 いやらしいことする時も関西弁なの?♪」

っていうのにめっちゃ笑った!(笑)

「俺に気があるようなそぶりだったから
 俺のこと好きなの、って聞いたら
 ちゃうちゃう、ほんまにちゃうちゃうって(会場爆笑)なんでだよ!
 俺に気があるから逢おうって言ったんじゃないのかよー♪」

みたいな(すみません、歌詞テキトーですが(汗))ばかばかしい(笑)歌も、ああ、岡村ちゃんのそーゆーちっちゃいとこ(爆)、全然変わってない! と超嬉しくて楽しかったです(笑)

「Georgia On My Mind」をちょこっと歌ってから、

♪ぼくのなかのRock'n Roll
  口ずさむMelody

ああ・・・岡村ちゃんが歌う「Lovin'you」を生で聴けるなんて(涙)
欲を言えばもうちょっと長く、せめてワンコーラスは聴きたかったなぁ・・・。

そこから「卒業写真」へ。
最初のワンフレーズを岡村ちゃんが歌って、

 ♪卒業写真のあのひとは

から客席に振ったんですけど、結局、岡村ちゃん、歌詞分かんなくなっちゃったのかな、その後ワンコーラス終わるまでずーっと客席に歌わせて(笑)
岡村ちゃんの伴奏で生カラオケ、という非常に贅沢な時間でした(笑)

そして「友人のふり」。
この曲を聴くたびに、何年のやつだっけ、NHKの「Just Pop Up」のクリスマス特番で、夕焼けみたいなオレンジ色のライトに照らされた背景で歌ってる映像がよみがえります。
あの特番、今思えば超豪華メンバーだったなぁ・・・録画して弟と二人、すごいヘビーリピートしたので、すごく覚えてる。


17:どうかしてるよ

幕が上がり、岡村ちゃんは再びステージ中央へ。

こうしてあらためて聴くと、なんて切ない曲なんだろう。
なんて美しいメロディーなんだろう。

途中、サビの「どうかしてるーよー」のところを掠れたような囁き声で歌ったりしてて、なんてセクシーなんだろう、と思いました。


ここで再び岡村ちゃんはステージ上手奥に座って休憩タイム。
MCの白石さんが登場して「楽しい時間も終わりに近づいてまいりました・・・」と話し始めると、「エーーーッ」と客席は一斉ブーイング(笑)
「あと4時間やって!」と叫んだ女子がいて、ステージ上の皆さんも思わず笑っちゃってました(笑)
「そうですね、では、あと4時間一緒にやるバンドメンバーを紹介します」みたいな感じで、メンバー紹介へ。
最後に「on Vocal、おかむら」
客席「やすゆきーーー!!!」


18:Dog Days~Shining~愛の才能~ターザンボーイ~家庭教師(?)

あ、後半3曲の順番は違うかもしれません、うろ覚えで・・・(汗)

ステージ中央に戻ってきた岡村ちゃん、ギターをじゃかじゃかかき鳴らして、

岡村ちゃん:あの日さ確かにーあの子に会ったのはー

客席:灼けたプールでー♪

岡村:乱反射にまーどろーむー君の水着姿

客席:やられそうだよー♪

(Shiningイントロに変わる)

岡村:300コのホットドッグはこぶー

客席:早朝5時ー♪

(再びコードが変わる)

岡村:あの娘にばれずに 彼にもばれずに kissしようよー♪(客席大歓声)
   明日の一限までには何度も kissしようよ・・・Say関西弁で!!!

って岡村ちゃん、それはちょっと無茶振り(爆)

客席:愛の才能ないの 今も勉強中よ SOUL~♪

を関西弁で歌えなんて(笑)
結局、みんなフツーにそのまま歌ってた・・・と思います。
「愛の才能」はもうワンフレーズやったかな。

で、

岡村:Baby×3 やっぱどんなカッコしても もてなきゃどうしようもないでしょー♪

客席:裸でもてなきゃ はしゃげなーい 泳げなーい ターザンみたいにさーあぁぁー♪

あと、「たぶん23歳♪」だけ歌ってたけど、順番どこだったか忘れちゃった(汗)


19:Out of Blue

そして、アウブルのイントロへ。
ああ、もう終わりなんだ・・・幸せな時間はなんて早く過ぎるんだろう。

20数年前に書かれたデビュー曲が、今もこんなに鮮やかに胸に響く。
やはり岡村靖幸は唯一無二のアーティストだ、と心の底から実感しました。



全体を通して、岡村ちゃんのファンへの感謝の気持ちがとても伝わってくるライブだったと感じました。
この、まさに岡村靖幸ベストオブベスト、とでも言うべき選曲も、ずっと待ってたファンへの最大限のサービスだったんだよね。

客層は大学生っぽい若い子たちから40代(?)まで思ったより幅広かったけど、近くにいた同世代っぽい女性たちが開演前に子どもの話してたり、ケータイの待ち受けが子どもの写真だったり、終演後、zeppの前までオットと子どもが車で迎えに来てママが出てくるのを待ってるらしき風景を見かけたりして、ああ、なんかいいなぁ、こういうの、と思いました。

願わくば、1年に1回とは言わないけど(爆)、ある程度定期的にツアーができるような・・・そんな音楽活動をこれからもずっと続けてくれますように。

岡村ちゃんの音楽にこんなにも熱狂できるファンがこんなにたくさんいることを、どうかどうか忘れないで。

ただただ、そう思うのでした。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/562-63930975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。