6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

きっと、時を超えて残る@宙組「クラシコ・イタリアーノ」のツボおぼえがき

ムラ楽も目前となりました(汗)
すっかり観劇報告もサボってしまっていて、今さらではありますが、一応、自分のための覚え書きとしてツボをメモしておきます。

このお芝居、私、すごく好きです。
初日観た直後に、地味だけどじわじわと心に浸みるいい話だなぁ、と思ったのですが、回数を重ねるごとに、ますます好きになる。

私がこれまでに観た景子先生の大劇場作品は(「パレルモ」以降は全作品観てますが)、最初はいいんだけど、途中で広げた風呂敷を畳みきれなくてツッコミどころ満載でラストがっかり・・・というものばかりだったので、正直全く期待していなかったのですが、こんなに素敵な作品を届けてくれるなんて!

まさに職人の手仕事で丹精込めて縫い上げたスーツのような。
てのひらの上にそっと乗せて大切に慈しみたい、時を超えて永遠に残る宝物のような。

肌寒い季節、大切なひとと一緒に観たい、心温まる作品です。



・幕開き、撮影所のセットは景子作品ではお馴染みの風景。

・レニーのアドリブ、初日は「ルドルフ・ヴァレンチノに似てるよね。アランチャ! ってやつ。知ってる?」みたいな感じだったけど、中日(なかび)以降は「ルドルフ・ヴァレンチノに似てるよね」だけでサラッと終わる回が多いような気がします。
 コアな組ファンばかりではない平日などは、確かにこれくらいが無難だな、と感じます。
 私は三成、銀ちゃんバージョンも遭遇しましたが、あとネルソン、リックもあったらしいですね。
 お茶会の日の11時公演で、照明のトラブル(?)か何かで開演が数分遅れたんですが、その日は開口一番「待たせてごめんねー♪」って言ってて、客席の心を掴んでました。
 我がご贔屓がこういう客席いじり系のアドリブはあまり得意ではない分(爆)、テル氏の的確な状況判断にはいつも結構感心します。

・タラちゃんカワユス。今回、どのお衣装もとっても可愛くて似合ってる。
 これが、あのパラプリ新公でウメちゃんのお衣装が壊滅的に似合わなかった同じひとかと驚くほどです(爆)
 役どころ的にもいいし、密かにタラちゃんファンな私は嬉しいです♪

・おもむろに登場する「夜の帝王」(爆)の素敵さといったら・・・!!!
 黒ずくめのスーツがこんなに似合うひとは現実の男性にはいないと思う。

・そこから始まるプロローグのファッションショーは、文字通り「目が足りない」状態で困ります!
 とりあえず、キラキララメお衣装のカワイコちゃん4人(えり、れーれ、ありさ、うらら)がゆひ得、いや俺得過ぎて(爆)
 初日、途中で、ゆうひさんがえりれーれを両脇に侍らせて2人の肩を抱きながら舞台奥から上手前方へゆったりと移動するのを見て、ああ、これだけでチケット代のもとは取れた、と思いました・・・!(爆)

・男役陣はもちろん素敵なのですが、正直、ゆうひさんと、かろうじてりくちゃんを観るのが精一杯で、他のひとたちをちゃんとチェックできていません(爆)
 あ、ただ、今回、春瀬くんがものすごくいい位置で踊ってるんですよねぇ。
 ゆうひさんの斜め後ろくらいなので、オペラで観ると、必ず視界に入る。 
 パーティーの場面でも目立つ役をもらってるし、新公もだし、いったい今回、春瀬くんを取り巻く状況に何があったの? と嬉しいながらもちょっと気になる・・・(笑)

・銀橋のジャーナリストたちは、ずんちゃん(桜木くん)がスッキリ綺麗になってて目を惹きます。
 ゆうひさんの若いころに似ていると言われるずんちゃんだけど、同じ学年のころのゆうひさんと比べると、圧倒的にずんちゃんの方が成長が早いですよねぇ。ゆうひさん、まだこのころはプクプクだったと思う・・・(爆)

・アメリカチーム、みーちゃんはこういう役はお手の物だし、カイちゃんのハイテンションも楽しいし、りくモンチがカワユイし、みんな大好きだ!(笑)
 りくちゃんのチェックのシャツに肩掛けニットスタイルが男の子っぽくて可愛いし、モンチほどAD役の似合うジェンヌはそうはいない、と思えるほどリアルに少年ぽくて可愛い。

・ミーナの客席登場、1階S席に団体さんが多い平日公演は特に驚きのどよめきが大きくて、組ファンとしてはなんだか嬉しい(笑)
 初日は5番スタジオの場所を聞かれたお客さんはリアクションできなくて、ミーナも「そうですよね、分かりませんよね・・・」とか言ってましたが、中日が近づくにつれ、「あっち」とか指さしてあげるお客さんが増えてきました(笑)

・りくちゃんの「頑張って、ミーナちゃん!」(小さくガッツポーズ)がなにげに好き。

・サルヴァトーレさんが入れ知恵してのミーナの泣きの芝居は、ヴァレンチノのパロディー、っていうかオマージュ、ですよね?
 いつも、ルディーのあの舌っ足らずな「子どもが3人・・・」を思い出して、目頭が熱くなる。

・銀橋に登場する、ちー桜子夫妻と職人3人。
 いつも桜子ちゃんのおっきなお腹を観た瞬間、涙腺決壊します。
 私の中で、桜子ちゃんって肉食系の、キツイ女性のイメージがずっとあったのですが、今回、退団オーラなのか、本当に母性がにじみ出るかのような優しい雰囲気が素晴らしくて。
 こんなに柔らかい、温かい、穏やかな表情が、お芝居ができるひとだったんだなぁ・・・と思うと、あらためてご卒業が惜しすぎてなりません。
 最初は、せっかくのダンサーなのにお腹がおっきい役であまり動けないのは残念かも、とチラッと思ったのですが、全然そんなことなかったです。
 ちーちゃんともお似合いで、本当に素敵な夫婦ですよね!

・そして、じゅまくん、こーまい、かけるくんの3人も、みんないい味出してて、3人とも大好き!!!

・作業場で、センター奥辺りで作業してる眼鏡まっぷーが、いかにも頑固職人! って感じで凄くイイです!

・パーティーの場面、春瀬くんがオイシイ。
 最初もだし、後半ずっと、酔っ払いえつ姐をエスコートしてるのも目を離せない。
 えつ姐の酔っ払い芝居も激しすぎて、いつもガン見してしまいます(笑)

・れーれは、ドレスのデザインのせいか髪型のせいか、ちょっと太ったように見えるのが若干気になりますが、小悪魔キャラはイイです。

・カチャえりカップルお似合いで可愛い♪
 こういうカップル芝居で組むこと結構多いですよね。サイズ的にぴったり合うからでしょうか。

・大ちゃんの美貌に貴族的なお衣装はぴったり。
 最後のところ、新公の侯爵は少し芝居が違ったような気がする。次に本公演見る時に確認しなきゃ。

・主題歌、最初は分からなかったけれど、何回も聴くごとに、心に染みるいい曲だなぁ、と思う。
 「本物の エレガンテ♪」のエレガンテの前の一瞬の溜めが大好き。

・「何もない所で転ぶドジっ娘」(命名・ねねシルヴィア)の威力をリアルに体現する野々すみ花、恐るべし・・・(爆)

・芸人たちの登場。口上役のじゅまくん、こういう役は安心して見られます。
 アルレッキーノ@七生くんとコロンビーヌ@りあんちゃんも可愛い。

・ピザ屋の場面、あもたまさん見ただけで泣ける(涙)
 ところであの店の看板(?)というのかな、出入り口の前に立ててある黒板みたいなヤツに描いてある絵、結構怖くないですか(爆)
 私、最初見た時、パタリロが描いてあるのかと思ったんですが(爆)・・・似てません?
 上に書いてあるアルファベットも一見、「MARINERA(マリネラ)」に見えるの(爆・・・ちゃんと確認してませんが、ホントは違うはず(汗))

・仮面劇を見ながらピザをつまんだ後、粉のついた指先をササッとこすり合わせて払うサルヴァトーレさんの仕草が死ぬほど好き。

・私、個人的には、96期生にはなるべく触れたくないのですが、花売り少年@和希そらくんは、上手いですね。
 悔しいけど泣かされます・・・。

・出番的に仕方がない(着替える間がない)のは分かるのですが、ここで、ゆうひさんのスーツが2日連続同じ服なのが、ものすごーく気になる。
 これだけファッションにこだわりを持ってる人が、昨日と同じ服はやっぱあかんやろ。
 もう一カ所、酔っ払ってから最後の作業場の場面もずっと一緒の服なんだけど、そっちは丸一日経ってるのかどうか、時間の流れがよく分からないので、まだましなのですが・・・。
 
・「マリオは必要な存在だ。私に・・・いや、会社にとって」
 初日に聞いた時、まあ景子センセったら、なんてあからさまな釣り糸を垂らしてきたんだろ、と思いました(爆)

・ともちん社長といちくんが濃くて素敵。
 秘書(という名の愛人)も濃いわ(笑)

・CMガールみんな可愛い!
 あのCMソング耳に付きますよねー。癖になる。

・フォロ・ロマーノの冒頭、立ち尽くすゆうひさんの後ろ姿が素敵すぎる。
 ここ、脚本削られたんですかね、プログラムの香盤はちょっと違いますよね。
 
・ジャコモチームのメンバー、さっつんとてんれーさんがワル顔すぎて素敵な件(笑)
 トラファルガーのナポレオンチームを思い出す。

・マリオは難しい役ですよね。
 でも、ただ頑固で怒ってるだけじゃなくて、この別れの酒場のシーンで、根は陽気なイタリア男なんだ、ってことがちゃんと表現されてて良かったなぁ、と思う。
 つか、マリオとサルヴァトーレのやりとりが、どうしてもリアルゆひみちの歴史を重ねてしまって、泣けて泣けて仕方ないわけですが。

・ジャケットを脱いで白シャツにベストのサルヴァトーレさん。
 せーこちゃんも言ってましたが、ホント、カッコよすぎますよね。
 お茶会で好きなお衣装選びがありましたが、私はこの姿が一番好き。

・ヴァイオリン弾きのあもたまさん、いつもお芝居ではおっさん役が多いですが、この役は普通に青年ですよね。すごく素敵だな、と思った。歌ももちろんいい。

・サルヴァトーレの夢の場面。
 「おやっさん変わらないなー」
 「これはお前の頭の中のわしの姿だ」
っていうやりとりに震えた。
 そう、夢って、そういうもんだよね。景子センセの巧さが光る描写だと思う。

・サルヴァトーレを探しに来たミーナに「・・・どうして?」って問いかけるセリフが素晴らしい件。
 声音といい言い回しといい、私の大好きな「ああ」と同じカテゴリーの言い方で、本当に素敵で、聞くたびに泣きたくなる。

・「あなたは自分が思うよりずっと皆に愛されてる」
 ・・・景子センセからゆうひさんへ、渾身のメッセージ。
 これが退団公演だったら、きっと大声上げて泣いてたと思う。

・最後の作業場、おやっさんとの再会、涙が止まる暇がありません。
 職人3人のインタビューも、この3人がこんな見せ場をもらって! しかもこんなにいいセリフで! って嬉しいし。
 映像を見上げるレニーの表情がなんともいえず優しくていいし。
 私、ものすごく近眼かつ乱視なので、結構前の方の席でオペラで見てもゆうひさんが泣いてるかどうかはっきり分かったためしがないのですが、いつも曲げた指の関節辺りでスッと涙を拭う仕草が好きすぎて息が止まりそうです。

・それにしても、汝鳥さんの「この道は、長いぞぉ・・・」って・・・まさかアテガキではないですよ・・・ね?(爆爆爆)

・ラストシーン、ラブ要素が物足りないというお友達もいらっしゃいましたが、私はゆひすみべったりよりもこれくらいの方が好きかも。
 恋愛というよりも、なついてくる子犬を気まぐれに拾っちゃった、みたいな感じが微笑ましいです(笑)



・・・と、ここまでが普通の感想。
妄想編は別立てにします(汗)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/568-952d9460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード